ARTICLES 株式会社キタックの記事一覧

  • 広告代理事業
  • 広告代理事業

クライアントの要望に合わせ、 ウェブ広告を適切に組み合わせる

ウェブ広告の運用は、当社の主軸業務のひとつです。実際に、観光関係や専門学校などを中心に、その存在を広く知ってもらいたいというクライアントからのご依頼をいただいています。当社の強みは、Google Adwordsの認定資格保持者が在籍していることです。知識と経験をもとに、最適な広告手法を組み合わせ、費用対効果の高い広告運用を実現しています。――リスティング広告とディスプレイ広告の違い――ご存知の方が多いと思いますが、ウェブ広告には「リスティング広告」と「ディスプレイ広告」があります。リスティング広告とは、GoogleやYahoo!で検索をかけたときに、結果表示の上下に掲載されるものです。対してディスプレイ広告とは、ウェブサイトやアプリ内に掲載される、画像やテキストを組み合わせた広告です。スペースに対して掲載料を支払う「枠買い」もありますが、現在の主流はクリックされるごとに広告料金が発生する「運用型広告」になっています。リスティング広告は、ユーザーの検索ワードに合わせて表示されます。そのため、すでにその商品やサービスに興味をもっているユーザーに対して集中的にアピールすることが可能です。一方のディスプレイ広告は、ユーザーが閲覧しているウェブサイト上に表示されるので、まだその商品やサービスを知らない人に広くアピールできます。また、一度、自社のウェブサイトを訪れたユーザーを追跡して、再度、同じ広告を表示させる「リマーケティング」という機能もあります。たとえば新しいブランドを立ち上げた際、まずは多くの人に認知してもらうことが必要です。ここでは、ディスプレイ広告が効果的です。SNS広告も、ディスプレイ広告と同じような効果があります。そして、ある程度認知が拡大し、ターゲットが絞り込まれた段階でリスティング広告を打つという流れが一般的です。通常、最初からクライアントに「これはリスティング広告で」「SNS広告で」と、出稿先を指定されることはありません。当社は、まず広告の目的、そして予算や目標とするコンバージョン数、クリック数(イベントなら集客数)をヒアリングし、そこから逆算して最適な広告を提案させていただいています。リスティング単体、ディスプレイ単体ということもありますが、通常は双方を組み合わせます。また、同じリスティング広告、ディスプレイ広告でもGoogleとYahoo!では特性やターゲットが異なります。それを踏まえ、クライアントの要望に合わせて提案を組み立て、シミュレーションしながら運営しています。――知識と経験で効果的なプロモーションを実現――ところで、リスティング広告で上位表示させるには、どうしたらよいかご存知でしょうか?多くの方が、クリック単価が高いほうが上位表示されると思っているようですが、実はもうひとつの要素が絡んでいます。それが「品質スコア」というものです。品質スコアが高ければ、低いクリック単価でも上位に表示される可能性が高まるのです。品質スコアの評価方法は非常に複雑なのですが、「検索キーワードと、広告テキスト、およびランディングページ(広告をクリックした先のページ)との関連性が高いこと」がひとつの大きな評価基準になっています。たとえば、キーワードを細かくグループ分けし、そのグルーブごとに広告テキストをカスタマイズすれば、その関連性を高くすることが可能です。予算が許すのであれば、ランディングページの内容を変えるのも有効です。こうした細かいところまで意識して運用型広告を制作することも、当社のこだわりです。当社は、すでに紹介させていただいたSNSの活用や、ウェブサイトのSEO対策など、ウェブ広告以外のさまざまな面でプロモーションをお手伝いさせていただいています。グラフィック、動画制作など、ウェブサイト制作・運営に関わるすべての業務をトータルに請け負うことが可能です。先述のGoogle Adwordsの認定資格保持者に加え、Googleアナリティクスやウェブ解析士(一般社団法人ウェブ解析士協会)の有資格者もおりますので、ぜひ一度ご相談ください。

  • ソーシャルメディア
  • ソーシャルメディアコンサルティング

SNSのハッシュタグを活用したプロモーション方法とは

前回、紹介させていただいた事例のなかで、ハッシュタグを使ったプロモーションについて触れました。今回は、別の事例を通して、もう少し具体的な内容を紹介いたします。当社が主軸に据える業務のひとつであるウェブ広告、および運営についても、ご理解いただけるのではないかと思います。近年、多くの企業が活用しているハッシュタグを活用したプロモーションには、広告とは異なるメリットがあります。一番のメリットは、ユーザーが投稿しやすく、企業側(前回の事例では地方自治体でした)が投稿を集めやすいということです。キャンペーンなどでは、このことがとくに有利に働きます。また、ほかのユーザーの目に触れる機会が増えることも、メリットとして挙げられます。ユーザーの投稿を、そのユーザーのフォロワーが見ることで自然に拡散していくわけです。ただし、投稿してもらう最初のきっかけはウェブサイト。一般的には、ユーザーはウェブ広告やSNS広告からウェブサイトに入り、そこでキャンペーンの存在や企業側が設定したハッシュタグを知り、SNSに投稿するという流れになります。――女性フォロワーを増やしてブランドを訴求――クライアントは大手電機メーカーで、ご要望は男性に人気のある商品を、女性にもプロモーションしたいということでした。大手ですから、当然ながら自社ウェブサイトは存在し、商品紹介のページも充実しています。当社はまず、自社ウェブサイトとは別のキャンペーンサイトを開設・運営しました。キャンペーンサイトへは、ウェブ広告やSNS広告から誘導するかたちです。当社は、これと並行して、インスタグラムのアカウントを立ち上げることを提案しました。つまりこれが、ハッシュタグを活用したプロモーションです。前回、紹介させていただいた観光スポットのプロモーション同様、ユーザーにこちらで指定したハッシュタグを使って写真を投稿してもらい、投稿者には関連商品をプレゼント。女性フォロワーを増やすことが目的ですので、商品との関連性が高いかどうかではなく、女性が投稿しやすいテーマを設定しました。SNSはユーザーと直にコミュニケーションがとれる場ですので、生の声が聞ける喜びがある反面、怖さもあります。運営にあたっては、クライアントと密にやり取りをし、それこそコメント一つひとつに対して協議するようなことも行ないました。とくに気を遣わなければならないのが「炎上」です。インスタグラムではあまり起こりませんが、ツイッターなどではこちらの発言が拡大解釈されることがあるので、クライアントとよく相談し、取り扱うテーマそのものを十分に検討するなどの対処をとりました。――経験がものをいう、フォロワー数の増やし方――立ち上げから半年ほど経ち、フォロワーが順調に増えたことを評価していただいて、その後はツイッターやフェイスブックの運営なども任せていただくようになりました。インスタグラムやフェイスブックのフォロワーをどうやって増やすのかは、とても難しい問題です。公式があるわけではないので、手探りで試していくしかありません。ですが、分析ツールを使い、フォロワーの数や年齢、性別などを知ることは可能です。これまでの実績をもとにレポートを分析することで、インスタグラムやフェイスブック、ツイッターで、フォロワーの増やし方が異なることがわかってきました。目標数を達成するためのロードマップも見えつつあります。もちろん、広告でどうやってPRするかも重要です。ウェブ広告やSNS広告については次回紹介しますが、それよりもSNSの運営の仕方やフォロワーの増やし方を理解しているということが、他社にはない強みであると思います。

  • マーケティング・PR
  • プロモーション支援

グラフィックからシステムまでトータルに制作

当社(株式会社キタック・CGソリューションセンター)は、ふたつの事業を軸に展開しています。ひとつはDTP、グラフィックデザイン制作。もうひとつはウェブマーケティング事業です。ウェブについては、ウェブサイト制作にとどまらず、ウェブ広告、運用、解析、そして改善提案など、幅広く対応しています。当社がもつ、ひとつめの強みは、このふたつの軸があることによって、ウェブサイトとパンフレット、チラシ、動画など、さまざまなメディアの制作をトータルで提供できることです。スタッフのおよそ半数はプログラマーですので、ウェブサイトについてはバックエンドを含めたシステム全体の構築も請け負うことが可能です。その強みが活かされた事例をひとつ、紹介しましょう。クライアントは地方自治体。ご要望は、観光スポットを周知してもらうためのウェブサイトをつくってほしいというものでした。自治体のお仕事ですから、プロポーザル(企画提案)から始まります。数社が応募するなかで当社が請け負うことができたのは、企画はもとより、グラフィックデザインで培ったデザイン力を認めていただいたからだと思います。実際、このウェブサイトを開設した後に、イベントなどのために配布するチラシやポスターの制作も依頼されました。もちろん、ウェブサイトのみ、チラシ、ポスターのみといった単体の業務も数多くいただいていますが、トータルで請け負うことで、当社の強みがより一層活かされると思っています。――継続的なお付き合いのなかで効果的なプロモーション方法を確立――この事例では、ウェブサイトの運営についても当社が協力させていただきました。目的は単にウェブサイトを制作することではなく、ウェブサイトを通して観光スポットを知ってもらうこと。その手段を考えなければなりません。当社が提案したのは、ユーザーを巻き込んだ参加型のキャンペーンです。まずユーザーに、ツイッターやインスタグラム上で、こちらで指定したハッシュタグをつけた画像を投稿してもらいます。その投稿画像を特設サイトに表示し、投稿者には抽選で地域の特産品をプレゼント。多くのユーザーが担い手になってくれることで、効果的、かつ予算を抑えたプロモーションができました。サイトを開設して1年ほど経った時点で、クライアントからさらなる要望が出てきました。それは、投稿画像を自治体自身がプロモーションのために使用したいということです。そこで、たびたび投稿してくれるヘビーユーザーを囲い込み、密にコミュニケーションをとることで、自治体が使用できる写真を集めようと考えました。具体的には、ヘビーユーザーの方々に、サポーターとして登録してもらい、自分専用のマイページから投稿ができるようシステムを改変。数多くの投稿をしてくれたサポーターには商品を授与するなど、ユーザーの喜びと自治体のメリットが両立することを目指しました。投稿した画像が地域PR誌などに掲載されることも、ユーザーの喜びにつながっていると思います。システム面でみると、マイページ(サポーターが利用する管理ページ)とサイト管理者の管理ページが必要になるなど、プログラムはある程度複雑になります。ですが、当社には優秀なプログラマーがおりますので、こうした改変も問題なく対応が可能です。プロモーションを目的とするウェブサイトは、制作だけでなく、運営も重要です。クライアントの要望を聞き取り、効果を見ながら企画を考え、必要であればシステムを改変して、効果を高めていくことが成功のカギだと思います。もちろん、クライアントの要望は千差万別。当社は、どんなご要望をいただいても、まずはお話をよく伺って、何がもっとも重要かを考えることを第一に考えています。スピード重視のケースもあれば、打ち合わせを重ねながらじっくりとつくり上げていくこともあります。ときにはウェブサイトにとどまらず、チラシやポスターを絡めることも必要でしょう。こうしたさまざまなご要望にお応えできるのは、グラフィックからウェブまでトータルに提供できる当社の強みだと思っています。

  • 写真撮影
  • デジタル写真撮影

【写真撮影テクニック】流し撮りで疾走感のある写真を撮ろう!

昨今、一人一台カメラを持っていても不思議ではないくらいカメラが普及していますよね。 デザイナーや編集者の方はもちろんですが、ご自身で写真撮影される機会も増えているのではないでしょうか。 そこで、プロのような本格的な写真とはいかなくとも、少しでもご自身で撮影できる幅を広げたいという方のスキルアップのお手伝いができればと思います。 今回は、同僚の小林氏のご協力のもと「流し撮り」に挑戦です! 動きを表現! 流し撮りのテクニック 「走っている子どもや、動物、乗り物など動く被写体の疾走感や迫力も写真に収めたい」 そんなときは「流し撮り」という写真撮影テクニックを使ってみましょう。 1. 基本となるのはシャッタースピード 流し撮りで重要なのが、シャッタースピードの設定です。 被写体の動く速度や被写体をどのくらい画面の中に収めるかにもよりますが、 目安としては、1/60秒〜1/125秒程度から練習すると良いのではないでしょうか。 *ちなみに記事のTOPの写真は1/60秒で撮影しました。 2. 上手に被写体を撮影するためのポイント TOPの写真のような流し撮りを行う場合には、縦の揺れに気をつけましょう。 ポイントは撮影時の姿勢です。 カメラは両手でしっかりホールドしつつ、リラックスして持ちましょう。カメラを支える両手と額の3点で支えると安定しやすいと思います。 また、被写体の動きに合わせてカメラを水平方向に振るときは、カメラを固定したまま、体全体を回すようにしてあげましょう。 3. ピントを合わせよう 電車やリレーなど予め動く被写体が通るところがわかっている場合は「置きピン」という前もってピントを被写体の通り道にセットしておく方法があります。 しかし、現在のカメラにはコンティニュアスAFという被写体を追いかけながらピントを合わせ続けてくれる機能があると思いますので、便利な機能はどんどん使っちゃいましょう。 4. 背景を選ぼう 最後に、流し撮りで気をつけなくてはいけないのが背景の選択です。 背景に樹木や建物が全くないなど、単調なところは避けましょう。TOPのような流し撮りの場合は被写体の背景に流れる要素をしっかりと入れてあげることが大切です。 以上のようなことに気をつけて練習すればきっと素敵な写真が取れるはず。 写真ライフを楽しみましょう!

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。