BUSINESS TIPSビジネスに役立つ情報がきっと見つかる

Windows系データベースのお役立ち情報

データベースの種類と構築するための外注先選び

企業がシステム開発を行う中でも、データベース構築は目には見えにくいのに、重要度が高くシステム運用にダイレクトに影響してくるので外注先選びは悩ましい部分があります。 ここでは、データベースに関する基本的な概念を紹介しますので、データベース構築をする前に一つの知識を身につけて最適な外注先探しに役立ててもらえればと思います。 1. データベースとは? データベースとは、特定の条件で収集されたデータを1つの場所に集約し、追加・削除などの更新ができるように保管、管理する箱のようなシステムです。 あらゆるデータ(Data)が、一つの土台(Base)で管理できることから「データベース」と名付けられ、DBと省略されることもあります。データベースを扱う場合はSQL言語を使って、データの抽出・追加・削除・並び替えなどを行います。 データベースでは、膨大なデータの管理、データ検索、データのグループ化や編集が容易にできるようになっています。バラバラな情報をデータベースにまとめることで、データ抽出を容易にできます。データ編集は、共通しているデータをグループ化して目的に応じてデータを編集することができます。それまでの紙にあるデータをデータベース化することで、情報を紛失せず、情報を探すスピードを早めることができるようになります。 2. 代表的データベースの種類と特徴 データベースには、製品種類と型種類の2つに分類され、それぞれに特徴があります。まずは、世界的にシェアの高い幾つかのデータベース製品とその特徴を紹介します。 オープンソースMySQL Oracle社が開発したリレーショナル型データベースになります。MySQLは、オープンソースのデータベースで、無償ながらも膨大なデータを取り扱え、且つ処理能力が早いことで人気です。現在、世界でもっとも使用されているオープンソースのデータベースになります。最近では、法人向けに有償で商品提供を始めています。また、WEBとの親和性が高く、WEB開発の際に選ばれるケースが多いです。 商用データベースOracle Oracle社が開発した世界初の商用系リレーショナル型データベースになります。Oracleのデータベースは、大規模システム用で使用されるケースが多いです。法人が使用しているDMBSの中では、もっとも使用されているデータベースです。 ネットワーク用データベースDB2 IBMが開発したリレーショナル型ネットワーク用データベースになります。Unix、Windowsのプラットホームにも対応しており、Oracleデータベースと並んで高いシェアを誇っています。 無料でダウンロードが可能なSQLite パブリックドメインのリレーショナル型データベースになります。MySQLと同様に無料でダウンロードすることができます。 PostgreSQL 通称「ポスグレ」と呼ばれているオープンソースソフトウェアのリレーショナル型データベースになります。Unix系に対応していること、C,C++,Java,Pythonなどのプログラム言語に対応しています。背負い能力重視のMySQLとは異なり、バランスの取れた機能に一定の支持があります。 法人向けSQL server マイクロソフト社が販売している法人向けリレーショナル型データベースになります。Oracleと同様、ネットワーク用・大規模用になっています。法人向けのリレーショナルデータベースの中では特に中小企業からの人気が高く、Oracleに次ぐ人気を誇っています。Windows環境ではSQL serverを使うケースが多いです。 3. データベースの種類 関係(リレーショナル)型 リレーショナル型は、表形式で表現するデータベースになります。エクセルのような表で構成されたデータベースで、データの集まりが行と列からなる数学の集合論に基づく表形式になっています。代表的な製品としては、日本オラクルの「Oracle Database」、マイクロソフトの「SQL Server」、日本IBMの「DB2」などがあります。 特徴としては、表形式のデータベースなのでデータ同士の関係を定義しなくても、柔軟に関係性を設定できるところです。また、全ての処理で平均的な処理速度を提供します。ですので、特定の処理速度を向上させるために工夫が必要です。リレーショナル型では、異なる表同士を結ぶ同一の属性(列)に同じ値を持つ行が関係付けられることになり、これを「リレーショナルシップ」と言います。 階層型 階層型は、会社の組織図のようにデータの階層関係に着目してデータを表現するデータベースになります。データ構成が親子関係として表現する木構造になっています。親データと子データは「1対多数」の関係を持ちます。 検索する際は、検索ルートが1つのルートに限られるので、速度が早い点がメリットとして挙げられます。しかし、データの追加、削除された際は、処理経路の構造を変更しなければいけないので、柔軟に対処できないのがデメリットです。また、重複データが登録される場合もあります。早いデータベースでは、データを登録する度にルートを再構築する場合もあります。 ネットワーク型 ネットワーク型は、基本的には階層型と同じで、データの関係を網目(ネットワーク)状に構築するので、親と子の関係は「多対多」になります。検索を行うスタート時点を複数個儲けることができるので、階層型に柔軟性を持たせたものということができます。 階層型と比較すると、多少の柔軟性はありますが、否定期処理の際(突発的に発生した処理)に対応しづらいところがあります。ネットワーク型は、以前はメインフレームで採用されていましたが、最近はあまり見られなくなりました。 NoSQL NoSQLは、No=「Not Only」の意味でつけられた比較的新しいデータベースで、膨大なデータをより早い速度で処理するために開発されたものになります。NoSQLは、処理能力に重点を置いているので、利用シーンとしてはデータの整合性より処理パフォーマンスを重視する場合に使用されることが多いです。 4. データベース構築の外注先選び 日本の大手企業の多くは、自社開発ではなくシステムインテグレーター(SIer)などを介して発注してシステム開発やデータベース構築を行なっています。ただ、中小企業などではそこまで規模は大きくないので、コスト的にもSIerへ依頼するには少々大げさになりすぎてしまうかもしれません。 また、最近はクラウドへの実装が主流になってきているので、各企業が実サーバを所有する必要も無くなっています。そういったことを含めて、データベース構築の外注選びに関しては、業種、データ量、OS種類によって使い分けが必要になります。これは、システム開発同様にデータベース構築の実績やノウハウのある開発会社へ依頼することが重要になります。 基本的には、システム開発を依頼する際にデータベース構築もその中に含まれてきますので、システム開発実績に業種が、依頼する内容に近いものであれば、その開発会社はデータベース構築の実績があるはずなので、確認してみてください。但し、プログラム開発とデータベース構築は専門性が少し違いますので、開発を請け負った会社からデータベース構築は別の専門会社や外部のデータベースエンジニアへ外注している可能性は考えられます。 何れにしても、必ずデータベース構築の実績を確認してからどのように依頼をするか決める必要があります。 個別で見つけるのは難しいところもありますので、ビジネスマッチングサイトなどを利用するのも一つの方法です。 5. まとめ システム開発の中でも、目には見えにくい部分であるデータベース構築に関する内容をまとめてきました。データベースの種類は代表的なものがいくつか使われていること、それぞれ特徴とメリット、デメリットがあるということです。そして、データベース構築を外注する際は、近しい業種での構築実績があるかどうかの確認を行いましょう。 データベース構築は、専門性が高くわかりづらい部分もありますが、実績とノウハウのある会社であれば、問題なく構築をしてもらえますので、いくつかの会社を比較してベストな外注先を見つけることが大事です。

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。