BUSINESS TIPSビジネスに役立つ情報がきっと見つかる

通信制御開発のお役立ち情報

IoTデバイス組み込み系開発の見積もり依頼、発注先選定

1.IoTデバイスとは 昨今、家電製品を始め、オーディオ機器、空調機器、スマートウォッチなど、「モノ」がローカルネットワークやインターネットに接続して各種情報や制御のやり取りを行えるデバイスが増えています。これらのデバイスをIoT(Internet of Things/モノのインターネット)と言います。 そして、これらIoTデバイスの普及とともに、これらの開発に関わる案件が増えてきています。例えば、IoTデバイスのセンサーからデータを取集し、Bluetoothや無線LANなどを通してクラウドサーバ側へデータを渡す技術は、IoTデバイスごとに必須のものとなっています。そのIoTデバイスのセンサーからデータを収集するための技術を、組み込み系とも言われていますが、ここでは、この組み込み系開発に関する見積もり依頼や外注先選定について紹介をします。 2.IoTデバイスの組み込み系開発について 一般的な業務系のソフトウエア開発に比べて、まだ市場的にも新しい分野でもあることから、IoTデバイスにおける組み込み系開発を請け負える開発会社は、さほど多くありません。 ソフトウエアのプログラミングと組み込み系のプログラミングで大きく異なる点としては、メモリ容量の使い方があるかもしれません。最近のパソコンは、マシンスペックの向上によって大きなメモリを搭載しています。メモリ容量をあまり意識することなくプログラミングをしてもメモリを使い切ることは少なくなりました。しかし、IoTデバイスは、パソコンのように大きなメモリを搭載することは難しいので、容量を食わないような開発が必要なのです。 では、IoTデバイスの組み込み系開発において必要となる3つの技術を説明してします。 センサーを利用した各種データの計測・判別するセンシング センサーを利用して音や光、温度などを収集し、クラウドへそれらデータを集めます。IoT技術が使われていない頃は、家電製品も照明もそのほかの電化製品も、独立した製品でしかありませんでした。しかし、それらの製品がどのような動きをしているのか、またそれら製品を使う人間の人物像、温度なども読み取ることができるようになり、それらのデータを収集できることは、後のデータ分析からの推測が出来る事になります。つまり、単なる「モノ」だった製品に各種センサーを付けデジタル化することで、これまでの多くの課題を解決へ導けるのがセンシング技術になります。 コネクティビティによるデータ処理 IoTサービスを実現するために欠かせないコネクティビティの技術ですが、実環境で使えるように具体化できるものになります。IoTデバイスは、常にクラウドに接続しているわけではなく、接続していなかったとしても、検知ができるような基盤を搭載しておく必要があります。また、多くのデータを扱うことから、セキュリティ対応も重要になります。IoTデバイスは、とても小さな機械であるため、省エネルギー電力にも関わらず高いセキュリティ対応でデータ漏洩を防止できるように実現しなければいけません。 データ分析による新しい付加価値の付与 IoTデバイスから取得できるデータは膨大です。しかし、それらのビッグデータは、おいておくだけではただのデータでしかないため、データ分析を行いその先の推測を行うことが重要となります。例えば、人間の対応や行動データを取得できていたとして、ある時、体温がいつもと違う高温になっているなどあれば、何か病気の予測ができる可能性があります。これは、日々取得するデータを分析しつつ、異常探知のロジックを入れることで、単体の製品ではない新しい付加価値を付与できるものとなります。 3.見積もり依頼、比較、発注先選定 これまで説明してきたIoTデバイスの組み込み系開発に関して、とても高度な技術を必要とすることがわかったと思います。それ故に、開発できるエンジニアも決して多くはありません。ただ、これからは更に必要とされる技術であり、またIoTサービスももっと広まることでしょう。 では、見積もり依頼を行う場合、どのようなところに気をつければ良いのか。ここからはIoTデバイスの組み込み系開発を依頼する場合のポイントについて紹介します。 どのようなIoTデバイスを作るのかによって、依頼する開発会社は異なってくるでしょう。やはり組み込み系の開発実績があることはマストであり、且つお願いする開発と同様もしくは似たような開発実績があるのが望ましいです。そういった開発会社を見つけるためには、実現したいIoTデバイスに関する情報を正確にまとめておくようにしましょう。 見積もり依頼する際は、複数社の開発会社へお願いすることをお勧めします。特に組み込み系開発は、目には見えにくいものですし、また高度な技術を要します。更には、バッテリー寿命、信号の伊豆測定、無線インターフェースのテスト、負荷テストを含め、ソフトウエア開発とは違ったテストなども行う必要があります。IoTデバイス専門のテストソリューションが存在しているくらいです。 IoTデバイス開発において見積もりに必要な主項目は下記の通りです。 ・希望する搭載機能概要 ・機能に則ったおおよその仕様(電源や通信仕様など) ・予算感、スケジュール ・プロトタイプの数量(製品全体を依頼する場合) ・テスト範囲 ・その他要望など ソフトウエア開発とは違って、製品そのものを作り上げていくため、基本的にはいくつかプロトタイプ版を作ってテストと修正を繰り返し、最終的に製品化、量産化というステップを踏むことになります。 各社より見積もりを取得できたら、比較を行います。会社ごとで、得意なところと不得意なところは違いますので、あくまでも実現したいIoTデバイスを軸に、どの提案が一番効果的かをかかるコストとのバランスを見ながら検討する必要があります。 また、開発会社の技術力はもちろんのこと、コミュニケーション力も問われます。発注が決まるまでは担当窓口が営業マンの可能性があり、発注後にエンジニアの統括者やディレクターに変わる可能性がありますので、発注前に確認して面談をしておきましょう。 見積もり比較後、発注先が決定したら、契約書、発注書、機密保持契約書等の書面を確認し締結します。また、納品後の不具合対応等の瑕疵担保期間も明確にしてきましょう。 4.まとめ 今後も、増えていくと考えられるIoTデバイス。また、これまでなかったようなIoTデバイスを開発したいと考えていらっしゃるかもしれません。その際、どこから手をつければ良いのかわからないことが多いかもしれません。ビジネスマッチング業界で10年以上の実績があり、常時500社以上の受託会社をネットワークしているリカイゼンでは、予算が決まっていない相談レベルから無料で対応することが可能です。 組み込み系開発のみの依頼で良いのか、もしくはIoTデバイス開発を全体で依頼したいのか、依頼したい内容によって金額もスケジュールも異なってきますので、まずは一度ご連絡をお待ちしております。

IoTが生活を変える!?活用方法の変化とは

IoTとは? 「モノのインターネット」であるIoTは、世の中にあるあらゆるものをインターネットにつなげる技術のことを指します。IoTは数年前から話題に上がるようになり、現在では実際に導入されている事例も増えてきました。食品生産工場での異物チェックや生産ラインで生じる在庫数の管理などでの導入など、主に製造業における「生産性向上」を目的とした導入が目立ちましたが、次なるトレンドとして「日常生活の最適化」への導入が高まっています。 身近なIoTの搭載事例〜家電がコミュニケーションツールになる〜 IoTを身近なものに導入した事例として、「ネスカフェ ゴールドブレンドバリスタi[アイ]」という商品があります。テレビCMで見かけてご存知の方も多いのではないでしょうか?昨年10月に発売したコーヒーマシンなのですが、自分の好みに合わせたレシピのオリジナルレシピの登録や家族や友達との繋がりを作ることができる機能が搭載されているというものです。 専用のアプリを登録することで、どんなコーヒーを飲んだか・またその時の気分などを共有することができます。メールや電話で連絡を取って家族とコミュニケーションをとることはもちろんあると思いますが、リアルな日常生活を共有できることで、離れて住む家族や友達の安否を確認できるツールともなります。今後より日常生活へのIoT導入が進み、離れていても同じ生活を共有できる世界が来るかもしれません。

ビジネスに大いに役立つスマートデバイスの特徴とは

スマートデバイスとは スマートデバイスとは、iPhoneやiPad、Androidフォン、Windows phone、スレートPCなどのことで、情報処理端末(デバイス)のうち、単なる計算処理だけではなく、あらゆる用途に使用可能な多機能端末のことを指します。今回は、そのスマートデバイスとノートPCを比較しながら、スマートデバイスの特徴を紹介します。起動が早い まず、スマートデバイスは、ノートPCと比較して、立ち上がり、つまり起動が素早いという点が挙げられます。この起動速度は、当然タブレットの端末により差はありますが、一般的なノートPCより早い起動が可能であることは事実であるようです。利便性がある また、インタラクティブなコミュニケーションが可能であったり、カタログやサービス資料を電子化することで、スムーズな情報訴求をすることが可能になったり、という特徴があります。これは、営業の交渉の場や、実際にお客さんと対面する店舗において、大いに有効活用できる特徴であり、実際に多くの企業で、そのコミュニケーションツールという特徴を生かして、スマートデバイスが利用されています。 当然、ノートPCと比較して、その持ち運びの利便性からも、多くの場所で利用できることにメリットがあるでしょう。ビジネスに活用できる さらに、対顧客のシーンだけでなく、地図やGPSなど、マーケットビジネスに活用できるアプリが多数存在していることも見逃せません。つまり、実際の仕事ツールとしても、活用できるということです。  これだけ幅広い活用が行えるスマートデバイスは、今まさに普及の一途を辿りながら、さらなる機能の向上、追加が求められています。

ネットワーク設置後に追加したい制御系システムの制御内容

制御系システム社内LANなどの社内ネットワークを設置後、意外と忘れがちなことですが、制御系システムの導入を考えましょう。端末PCの外部デバイスの利用管理だけではなく、ネットワーク利用制限、プリンタ利用制御、また外部メディアへの書込み制御などがそれに当たります。PCからUSB等の各種デバイスへのデータ持ち出しを綿密に管理し禁止することで、個人情報漏洩を防止し、組織レベルでのPCセキュリティ対策が実現します。 このような制御を一括で行うデバイス制御ソフトなどが販売されているので、それらを利用するのも良いでしょう。 制御システムの制御対象他に制御システムの制御対象としては、フロッピーディスク書き込み制御、リムーバブルディスク読み込み、書き込み制御、CD/DVD読み込み・書き込み制御、シリアルポート制御、Bluetooth制御、プリンタ出力制御、接続先IPアドレスを規制してアクセスさせたくない場所への接続を防止するなどがあります。また、リムーバブルディスクを利用禁止にしながら、SDだけを利用可能にする、といった制御も可能なソフトもあります。さらに、PC使用時に利用するUSBメモリを限定して、使用を制御することも可能な場合もあります。 その価格帯は100ライセンスまで1ライセンスあたり5000円といった具合となっています。

情報系システムが進化するにつれてますます重要になる制御系システム

制御系システム制御系システムは、高度に情報化されたIT社会では欠かせないものとなっています。つまり情報系システムと制御系システムがうまく融合していることが重要となってくるのです。 制御系システムの構造制御系システムは、物理的な設備を確実・安全に動かすための、安全性・信頼性・リアルタイム性を最優先に設計されるものです。また数十年という長期間の稼働を前提としているため、大部分が垂直統合的・すりあわせ的なシステム構造になっています。 応報系システムの構造一方、情報系のシステムは、品質の内容はサービスやネットワークの種類によって異なるけれど、通信速度は最低限保証される、といったようなベストエフォート型であることがほとんどです。また、次々と出現する新しいサービスに対応するために、水平分業・オープンというシステム構造になっています。 どちらにも言える共通点制御系システムも情報系システムも、24時間稼働が求められるのは同じですが、情報系では絶対にデータを失わないトランザクション型の情報処理であるのに対し、制御系では絶対に重大事故を起こさない、何かあったら人や社会の安全を守るために対象となる設備を止める、という実世界での安全性確保を重視する、という大きな違いがあります。 まとめこのように制御系システムは情報系システムの進化が進むにつれてますます重要になってくるシステムであると言えます。

情報機器設置と同時に考えること~必要なデバイスとその追加方法

デバイスの追加自分のオフィスにPCやOA機器などの情報機器を導入、設置する際に、同時に考えるべきことがあります。それは、デバイスの追加に関することです。 デバイスとはそもそもデバイスとは何を指すのでしょうか。 デバイスとは、CPUやメモリ、ハードディスク、ビデオカードなどコンピュータを構成する各装置や、キーボードやマウス、プリンタ、ディスプレイなどの周辺機器のことを言います。これらのデバイスを動作させるには、制御するソフトウェアが必要であり、これをデバイスドライバと言います。主要な製品のデバイスドライバはOSに同梱されていることが多いため、普段はあまり意識することは無いですが、新しく導入する機器を接続する際には、ユーザがデバイスドライバを導入する作業を要求されることが多いです。 情報機器と同時に必要なデバイス情報機器設置と同時に必要なデバイスには、次のようなものが挙げられるでしょう。 仮想ハード ディスク ドライブ、CD/DVD-ROM ドライブ、フロッピー ディスク ドライブ、ネットワークアダプタ、シリアルポート、プリンタポート、サウンドデバイス、USBコントローラなどです。 デバイスとデバイスドライバこのデバイスを使用する際には、デバイスドライバを追加する必要がありますが、Windows NT、Windows 2000、Windows XP環境のPCで、デバイスドライバを設定するには、「管理者権限」が必要となります。もし作業中に「セキュリティ特権が不足しているため、このコンピュータでデバイスのインストールまたは削除はできません。サイトの管理者に問い合わせるか、またはログオフした後、管理者としてログオンしてください。」というメッセージが表示される場合には、使用中のユーザーアカウントの権限が制限されているということなので、管理者権限のあるアカウントで再度ログオンし、作業を進める必要があります。

迫力アップ!ウェアラブル3Dメガネ

ウェアラブル端末みなさんはウェアラブル端末という言葉を耳にしたことはありますか? ウェアラブル端末とは、身につけて持ち歩くことができる情報端末のことです。 次世代の情報端末として注目されており、いくつものウェアラブル端末が開発されています。 メガネ型ウェアラブル端末そしてその一つに、メガネ型のウェアラブル端末が存在します。 ある会社はウェアラブルメガネのことを「内側をみるデバイス」と表現しています。 ウェアラブルメガネについて簡単に説明すると、まず左側には光量センサーとカメラホールがあり、カメラは写真撮影のほか、ムービー撮影も可能です。 右側面部分はタッチパネルになっていて、メガネに映し出される画面を操作することができます。 メガネとは思えないほど多くの機能を取り付けていますね。 3Dメガネの凄み しかしそれだけではないのです。 このウェアラブルメガネはカメラ機能以外にも拡張現実(AR)機能を搭載しています。 拡張現実とは普通に見ると静止画ですがレンズを通すと動き出すという仕組みです。 なんて高性能なメガネなのでしょう。 メガネ型ウェアラブル端末の実用化 そこで思いました、さらに3D機能がついていれば最強のメガネが誕生するのにと。 そして調べてみると、ありました。3D機能付きのウェアラブルメガネが。 まだ商品として販売されてはいませんが、実用に向けてすでに動き出しているようです。 まとめ 試作品ができた際は遊園地のアトラクションなどエンターテイメントに利用してほしいです。 展示会などで体験できる時が待ち遠しいですね。

スマートデバイスとは何か?

ウェアラブル端末スマートデバイスとは、iPhoneやiPad、Androidフォン、Windows phone、スレートPCなどのことで、情報処理端末(デバイス)のうち、単なる計算処理だけではなく、あらゆる用途に使用可能な多機能端末のことを指します。普通、スマートデバイスと言うと、スマートフォンとスマートタブレットの端末の総称として使用されることが多いようです。スマートデバイス近年、この「スマートデバイス」をビジネス利用の目的に導入する企業も増えているようです。このスマートデバイスは、中にOSが入っていてパソコンの機能があり、パソコンに引けを取らない作業が行えます。また、3GやWi-Fiを利用してインターネット接続ができること、大画面でタッチパネル仕様になっており、キーボードをわざわざ接続しなくても、それ単独で操作できることなどが大きな利点となっています。また、このスマートデバイスは、営業支援ツールや店舗支援ツールとして、ビジネスの現場で有効活用することができます。営業支援ツール営業支援ツールとしての活用例としては、お取り扱い商品・サービスのカタログ、パンフレットなどのコンテンツ表示、見積もりシュミレーション機能や見積もり作成機能の利用、展示会などでのアンケート実施・集計などがあります。このように、スマートデバイスは、営業の場において、効果的なコンテンツとデバイスを利用し、取引先企業の担当者と相互に画面を操作しながら、情報を共有できることで、互いの理解促進を得るのを助けます。店舗支援ツールの活用例また、店舗支援ツールとしての活用例としては、ePOPと呼ばれる店舗用サイネージとして、顧客情報の取得、会員登録支援機能の利用、お取り扱い商品・サービスのカタログ、パンフレットなどのコンテンツ表示、カウンセリングサポートなどのコンテンツ表示機能の利用などがあります。このように、スマートデバイスは、店舗販売の場においても、インタラクティブなコンテンツ提示で顧客とのコミュニケーション促進を行うことができます。

スマートデバイスの設置する際の注意点

スマートデバイス先の記事でも述べたように、ビジネスレベルでの活用の可能性を、存分に秘めたこの「スマートデバイス」ですが、その導入にあたっては、端末の選定から目的を実現するためのアプリケーション開発、社内の運用フローの策定など、検討すべき事柄が多くあるのも事実です。スマートデバイスの導入このスマートデバイスの導入に失敗しないためにも、事前に十分な検討が必要であるようです。実際にiPhone/iPad端末の導入を行うといった際には、導入前と導入後に行うべき事柄が多数あります。導入前例えば、導入前には、自社ポリシーに則り、どのような運用をするか十分に検討する必要があります。そして、導入にあたり、必要なアプリを選定します。また、スマートデバイスを導入する拠点が多拠点に及ぶ場合は、その導入展開も考える必要が出てくると言えるでしょう。導入時次に、導入時においては、管理者側で配布するiPhone/iPadの構成ユーティリティを設定しておく必要があります。また、端末の配布後に実際に端末を使うユーザー側で設定しなければならない作業もあります。管理者側が行うこと例えば、管理者側が行うことの中には、端末管理に利用するPCの手配や、アプリケーションのメンテナンス作業、OSのアップデート、バックアップ等のため、PCにはiTunesをインストールしておくことなどがあります。ユーザー側が行うことまた、実際に使用するユーザー側においても、個々で利用するアプリケーションのインストールや、ケース、保護シートなど周辺機器のセッティングなどを行う必要があります。

制御系システムの概要と、制御系システム開発の流れ

制御システムとは制御システムとは、他の機器やシステムを管理し制御するための機器、あるいは機器群のことを指します。制御系の代表例で身近なものとしては、駅の自動改札機や切符の自動販売機等が挙げられます。これらは機械の制御を行うための情報システムであり、ソフトウェアで機器の動きを制御しようとするものです。この制御システムは、電子レンジや電器炊飯器にも入っています。制御系に適したプログラム言語は、アセンブラ言語、JAVAなどがあります。制御システム開発の流れこの制御系システムを開発する大まかな流れとしては、「要件定義・外部設計→内部設計→実装作業・コーディング→テスト→運用・保守」というのが主流です。制御システム開発の流れ【要件定義・外部設計】要件定義・外部設計では、ユーザーが何を必要としているかを入力と結果によって見極めます。制御システム開発の流れ【内部設計】内部設計では、ユーザーの要求をどのようにして実現するかを考えます。制御システム開発の流れ【実装作業・コーディング】実装作業・コーディングでは、設計にしたがってコーディングを行います。制御システム開発の流れ【テスト】テストでは、設計通りに動くかをテストし、想定外の動作をしないかを確認します。最後に運用・保守ではユーザーの改善要求や不具合などに対応し、改修や機能追加を行います。制御システム開発の流れ【モデルベース開発】制御系システム開発をもっと詳しく見てみると、モデルベース開発というプロセスが存在します。制御対象をモデリングし、制御コントローラを設計・解析します。そしてシュミレーションなどでコントローラを検証し、実装および実地テストを行います。 これは制御系システム開発ならではの開発方法です。

ネットワークプリンター設定の流れ

ネットワークプリンターの設定方法社内でネットワークプリンターを使用する場合、社内LANと呼ばれる社内のネットワークを介する環境で行うために、IPアドレスの設定が必要となってきます。 このIPアドレスの設定方法など、ネットワークプリンターの設定はどのように行えば良いのかをご説明します。 以下は、WindowsXP上における設定例です。 ①まずはじめに、IPアドレスの確認をする必要があります。 IPアドレスを確認するには、スタートメニューからコントロールパネルを開き、 ネットワーク接続>ローカルエリア接続 と進みます。 ここで右下の「詳細」の部分で、自分のIPアドレスが確認できます。 もし、パソコンのIPアドレスが「192.168.0.3」なら、ルーターのIPアドレスは「192.168.0.10」になります。 ネットワークプリンターにこのIPアドレスを設定するわけですが、各メーカーによって設定方法は異なりますので、各ネットワークプリンターのマニュアルを参照するなどして設定しましょう。 ②プリンターのIPアドレス設定が完了したら、実際にプリンターへアクセスできるかを試します。 インターネットブラウザを開き、URL入力欄へプリンターに設定したIPアドレスを「http://192.168.0.10」と入力して「Enter」を押します。 プリンターへアクセスが成功すると、プリンタ設定画面が表示されます。 ③次に、設定を行います。 再度スタートメニューからコントロールパネルを開き、プリンタとFAXのネットワークプリンターを右クリックし、プロパティを開きます。 ここで、プリンターへ印刷データを送信するために、プリンタポートを指定します。プロパティの「ポート」タブを開き、「ポートの追加」をクリックします。 ここで「Standard TCP/IP Port」を選択し、新しいポートボタンを押すと、「標準TCP/IPプリンタ ポートの追加ウィザードの開始」ウインドウが出てきます。 そして、「プリンタ名またはIPアドレス(A);」の箇所にプリンタへ指定したIPアドレスを入力します。 ④最後にプリンタのドライバを読込ませて、デバイスを追加してウィザードを終了します。 追加したプリンターのプロパティにおける、「テストページの印刷」から印刷が開始されれば、設定完了となります。

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。