BUSINESS TIPSビジネスに役立つ情報がきっと見つかる

ソーシャルメディア運用代行のお役立ち情報

コミュニケーション能力って何?LINE、メール、チャットをうまく使うための心得

中高生のLINEでのトラブル例から考える こんにちは、コア・アド・インフィニティ編集部の中橋です。 先日夏休みだったので、たまたまお昼の情報番組を見ていると、 人と人とのコミュニケーションについて気づきがありました。 ある高校1年生の女子生徒は夏休みに入って一日中スマホで友達とやりとりをしていた。 「なんでくるの?」と移動手段を聞いたつもりが、 相手は「どうしてくるの?」と拒否されたと受け取り、 他の友達にそのことを拡散。女子生徒は居場所を失い、新学期から不登校になった。 スマホで起こる言葉の取り違えとして「その服センスよくない」と文末に?マークを付け忘れ、 相手はセンスが悪いと言われたと勘違いしたなどといった事例があったそうです。 --------------------------------------------------------------- LINEも対策に乗り出したようです。 「LINE、ネット上のコミュニケーショントラブル根絶目指す  児童のネット利用実態調査やマンガ教材提供」 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1507/28/news124.html --------------------------------------------------------------- ちょっとした誤字脱字、言葉の取り違えから、人間関係が壊れるところまでいってしまう。 これは中高生だけの問題でしょうか? 私の実感として、社会人においても、同様のコミュニケーションのトラブルが多々あるように思います。 --------------------------------------------------------------- 企業が最も求める能力=コミュニケーション能力(80.2%) 若年就業者の一番の悩み=コミュニケーション能力(54.64%) ・・・思っていることを上手く伝えられない --------------------------------------------------------------- そこで、LINEの問題からコミュニケーション能力について考えてみたいと思います。 言語と非言語のコミュニケーション 私がとあるセミナーで学んだことですが、 まず、相手に何かを伝え、共感を得るために必要な要素が3つありあます。 ●言語情報(Varbal):言葉そのものの意味 ●非言語情報 ・聴覚情報(Vocal):声の大きさ・口調・質 ・視覚情報(Visual):表情・態度・視線 この3つのVがそろうと、格段に相手に情報が伝わりやすくなります。 意外かもしれませんが、言語情報よりも非言語情報のほうが相手に伝わったりするものなのです。 また、3つのVの内容が一致していることも重要です。 たとえば、会社の中でこのような人に心当たりはありませんか? ・目を合わせずに挨拶やお礼をする人 ・口調は丁寧だが、覇気がなく暗い声で電話対応する人 ・不機嫌そうな表情で、「いいよ」と仕事を引き受ける人 これらは3つのVが一致していない状態です。 3つのVを一致させることを心掛けると、人とのコミュニケーションが格段にスムーズになると思います。 また、相手の非言語な部分に注目すると、より相手のことを理解できるようになります。 LINE、メール、チャットをうまく使うための心得 話をLINEに戻すと、LINEは言語情報のみを扱うツールです。 スタンプや絵文字で疑似的に視覚情報を補いますが、完全なものではないですよね。 LINE、メール、チャットは3つのVが揃わないコミュニケーションツールであることを自覚し、 正確に伝わらない可能性があるという前提に立つことが必要ではないでしょうか。 ただ、便利なツールであることは間違いないので、 少しでも正確に情報が伝わるように工夫して使うことを心掛けたいですね。 ・言語情報はとにかく正確に、きちんと相手に伝わるか文章になっているか熟考する ・文調を工夫して、文章にリズムを持たせ、聴覚情報を補う ・スタンプや絵文字をうまく使って、視覚情報を補う また、重要な話は、LINEやメール、チャットだけで済ませないで、 電話をして聴覚情報も合わせて伝えることも大事ですね。 相手に感謝や謝罪などの感情を正しく伝えたい場合は、直接会って、 3つのVをフル活用して、相手の心を動かし共感を得ましょう。 私も社会人になってから幾度となく、 コミュニケーション能力は大事だという話を聞かされてきましたが、 具体的な方法について教わることはありませんでした。 コミュニケーション能力が大事と言いつつも、どこか、 同じ日本人だから伝わるのが当たり前という思い込みが根底にあるような気がします。 今後も「伝わらない」を前提に、より良いコミュニケーション手法を模索していきたいと思います。 『共感の、その先へ。こころを動かすクリエイティブを』 コア・アド・インフィニティは企業のコミュニケーション戦略を支えるパートナーとして、 クオリティの高い広告コンテンツを提供いたします。

SNS運用代行の費用相場

SNS運用代行の費用相場SNS運用代行の費用相場は非常に幅が広いと認識していただく必要があります。アカウントの初期制作費などは無料で行っている場合もあり、0円~10万円程度でおさまる場合が多いです。その後の運用に対する費用は月々5万円~15万円程度が一般的です。これにオプションでIDの追加や、Twitterへの広告の追加など、基本料金に入っている場合とそうでない場合で大きく金額が変わってきます。料金のシステム多くの場合は基本料金の範囲内に、Twiterやfacebookが含まれ、更にmixyやYouTubeなど他のメディアに対してもソーシャルメディア運用を行う場合は別料金が発生するという料金体系が多いようです。料金同様、運用方法にも会社により様々です。注意点として、運用会社の手腕によって得られる結果が大きく変わるため、費用重視で判断するのはおすすめできません。SNSではユーザーとのやり取りから、いかに情報を拡散していくかが重要です。成果が出るかどうかは、発想力やセンスも要因となるため、実際に運用して成功実績を積んだ方に依頼するとよいでしょう。まとめSNS運用以外にも言えることですが、費用が価値や結果と直結するわけではありません。注意したいのは、取りあえずで安い会社で始めたものの一向に効果が上がらず、本当のソーシャルメディア戦略自体に魅力を感じられなくなってしまうという弊害も起こりかねません。可能性は無限大にあるといわれているソーシャルメディア戦略による効果を最大限に発揮するために、事前の戦略も含め依頼できるプロモーション会社に相談しましょう。 複数社を比較検討する際には、無料でネクスゲートで見積もりや提案を取得できます。お気軽にご相談ください。

ニャンスタグラム、ニャンスタグラマーって知っていますか?

まだまだ止まらないネコノミクスの勢い。大流行のインスタグラムにもその波がきています。インスタグラマーではニャンスタグラマーの活躍が目立っています。 ニャンスタグラマーとは? 自分の愛猫の写真をインスタグラムにアップし、それが人気を博し、国内のみならず、海外からもフォロワーを集めて一躍有名ネコになった子もいるほど。普段の何気ないショットやちょっと変わったポーズ、例えば変な寝相、変な表情が世の中の猫好きを引き付けているそうです。 ネコノミクスの経済効果は2兆円を超えると言われており、まだまだ伸びる可能性が大な市場です。新しいビジネスのヒントも眠っているかもしれません。

コンテンツマーケティングではSNSの活用が必須?

現在コンテンツマーケティングに取り組む企業は多くあります。しかし、単に記事を量産したり、コンテンツを作って上げているだけになっていませんか?SEO対策で検索の上位にあがってくることも大切ですが、多くの人に価値を共有しその先の目的まで到達させるためには、拡散される事がポイントになってきます。 コンテンツマーケティングとは 記事や映像などのコンテンツを制作し発信することで、見込み客を引き寄せエンゲージメントをつくるマーケティング手法です。コンテンツに価値を感じてもらうことでコミュニケーションを発生させ、その後ユーザーとの関係性を維持し、購買につながる行動を促します。 拡散されるコンテンツを作るには? SNSで拡散されるコンテンツというのは、ユーザーが内容に共感したもの。自分と同じ想いを代弁してくれているものや、流行りのお店やファッションなどの新しい情報、アニメやスポーツ、車など専門性が高いもの、最近ではフォトジェニックなものなどが拡散される傾向が強いです。記事に関していうと、事実と一緒に書き手の考察や想いがのっていると人に響くようです。 SNSの中でも得にTwitterでは、一人がいくつもアカウントをもっており、趣味に合わせて使いわけています。そうすると同じ価値観のフォロワーでコミュニティができているため、1人がその情報を得て拡散されると、同じ価値観をもったフォロワーにその情報が伝わっていきます。各々のコミュニティ沿ったカテゴリで情報を発信すると、拡散が見込めそうです。また最近ではコンテンツの質より量を優先した結果、記事のコピペや画像の著作権侵害のあるコンテンツが出回ってしまうということもありました。それを防ぐためにも、まずはプロにお願いすることをおすすめします。コンテンツは1つ作って終わりではなく、更新していかなければなりません。最初はプロにお願いし、それをお手本として途中から社内で作っていくというのも良いのではないでしょうか。

画像が重要!ビジュアルリサーチユーザーの獲得術

電通総研メディアイノベーション研究部が行なった調査によると、10代女性の約半数がファッショントレンドや芸能人・著名人の情報をSNSから取得しているというデータがあります。SNSのユーザー同士の写真や動画をサーチし、そこから商品購入の動線へと動いているものも存在します。テキスト検索から情報を取得するのではなく、画像や動画などの視覚的情報からほしいもの、購入したいものを検討している傾向があります。 画像・写真の撮り方 しかし、画像であればなんでも注目されるというわけではありません。誰でも画像を投稿することができる、加工もできるようになったからこそ、その中で目を引く画像を用意することは非常に難しくなってきています。自身で試行錯誤を繰り返しながら進めていくのは一つの方法ですが、時間的コストも非常にかかることになります。時間を短縮するのであれば、プロに相談して適した画像制作のポイントを知り、それに倣って自身で撮影、加工を行うことでロスを少なく済ませる方法があります。どのようなスピード感でどのような効果を求めていくのか、それに応じてかける時間的コストと金銭的コストを考えながら遂行していくことが大切です。

《フォトジェニック》とは?〜「思わず写真を撮りたくなる心理」を商品・企業PRに利用する〜

そもそも「フォトジェニック」とは? 最近、よく「フォトジェニック」という言葉を目にしたり、聞いたりすることはありませんか?フォトジェニックとは、一言でいうと「写真映えする」ことを表す言葉です。この言葉がよく使われるようになったのは、ここ数年Instagramなど撮影した写真を投稿できるSNSの利用が盛んになってきたことで、日常生活や出かけた先で意識的に写真を撮る方が増えているという背景があるようです。 「思わず写真を撮りたくなる心理」を企業・商品PRに利用しよう! 思わず写真を撮りたくなってしまう、フォトジェニックな商品やお店の内装、イベント演出などは企業のPR手法として非常に有効です。 SNSで写真を共有することが当たり前になっている今、写真をSNSへ投稿しそれに対する「いいね!」や「拡散」を意識して撮影する人も多くなっています。投稿された写真を見た人がいいね!や拡散をしたり、実際に自分も足を運んで写真をさらに投稿したり、という連鎖ができていくのです。企業においても「フォトジェニック」な見せ方は意識されてきています。商品開発や店頭での展示、イベント企画などを行う際に、認知度を上げる施策として、写真映えするビジュアル作りを取り入れてみてはいかがでしょうか。

EC運営の集客においてSNS活用のポイント

経済産業省の電子商取引に関する市場調査の結果だとECの市場に関しては、25兆円が見込まれるとのことです。現在の5倍程の成長が見込まれる中で、改めて集客させるポイントをお伝えできればと思います。 現在、商品を知るキッカケ~購入に至る迄SNSは集客において大切なツールです。購入前にSNSでチャックする割合は、日本でも47%という結果がある中、SNSの役割としては、知るキッカケ・企業、商品としての安心材料・自身に近いユーザーがどのような活用をしているのか共感、比較迄も全て行えます。その中で大事なポイントとして、興味喚起のための写真素材、ユーザーのとって価値のある付加価値の情報、ファンに対してのフォローになります。またSNSの役割に関してもビジュアルで魅せるインスタグラム、簡潔に伝えるツイッター、フェイスブックも変わる中で、何が最適なのかはまずコアなターゲットを知ることが大きいと思います。短期的な施策には不向きかも知れないが、市場が変わる中で長期的な施策において、メインターゲットの選定、運用の効率化を考えるべきタイミングかもしれません。

ビューアビリティって何!?~広告表示の視認性を重視する指標~

インプレッションされても広告が見られてない!? アドテク技術は様々な広告フォーマットが日進月歩で移り変わっています。一方で「そもそもどれだけインプレッションしても広告が本当に見られてないのではないか!?」矛盾を感じるWeb担当者の方は多いのではないでしょうか。Webサイトが読み込まれていても広告の表示箇所によっては、表示箇所に到達する前にWebページを遷移されて見られてない、スクロールされて広告をスルーされ、見られてないなど考えられます。そこで数年前からビューアビリティという広告指標が浸透し始めています。2014年にGoogleが発表した情報ではディスプレイ広告の約56.1%が視認性を確保できてないとの衝撃的な調査結果(https://www.thinkwithgoogle.com/infographics/5-factors-of-viewability.html)があり、広告効果を担保するよう広告が閲覧される状況であることを前提にした指標をつくる業界内の動きがあります。しかしながら、現時点で統一の基準は無いのが実情です。 広告指標の把握が難しいその為、広告主は広告配信事業者(パブリッシャー)それぞれの広告指標に踊らされるのではなく、本当に価値あるデータ・指標を見つけて判断することはとても経験値が必要な為、専門的に時間と工数をかけて学ぶもしくは、専門家に相談してみることが必要となります。

シンプルな機能で魅せる「Instagramの特徴」とは?

写真が投稿できるSNSは複数ありますが、Instagramにはどのような特徴があるのかご紹介します。 ▼写真加工機能の充実これがInstagramの一番の特徴だと言えるのではないでしょうか。 Instagramでは写真をアプリ上で明るさ・コントラスト・色合いなどを細かく感覚的に調整することができます。そのため、写真を自分の見せたいイメージに仕上げることが可能です。 ▼正方形の写真Instagramと言えば正方形の写真。最近ではアップデートにより長方形での投稿も可能になりましたが、これはイメージが浸透しているのではないでしょうか。投稿される記事のフォーマットが統一されていることが大きな特徴です。正方形の同じ大きさの写真と、テキストが一部表示になっていることで写真のビジュアルが目に留まりやすくなっています。 ▼シェア機能がないFacebookやTwitterなどのSNSではシェア機能があり、他の人に見てもらいたいと思った記事をシェアすることができますが、Instagramではデフォルトでシェア機能がついていないことが特徴です。 自分のフォロワー以外の不特定多数に対し必要以上に広がらないため、プライベート感のある投稿がしやすい傾向があります。 最近では、美容院やアパレルショップ、一般企業などでもあえてプライベート感を出した投稿をすることで見る人との距離が近づいたり、より自分の日常生活の延長としてイメージしやすくなるようです。 Instagramには機能や画面デザインをシンプルにすることで、「ビジュアル」をより魅力的に伝える効果があるのです。まだ使ったことがない方や今後活用していきたいという方は、今回ご紹介したような特徴を活かしてみてはいかがでしょうか。

コトの体験価値はアナログから

SNSの話題は結局アナログ?SNSやインターネットの普及から、ネットで話題をどうつくるかが販促に関して重要視されがちになりましたが、その話題性になるものは消費者のコトの体験価値であることが多いと思われます。例えば2017年3月DM大賞が開催され、大賞を獲得したとある企業のDMの内容が、新居が完成した際にその新居をモチーフにした飛び出る絵本のようなカードを転居のお知らせなどに使えるように顧客にプレゼントしたという内容でした。(参照:日経MJ5月12日)最近では1998年に発売されたチェキがまた注目され始め世界的に販売数が伸び、2016年の販売台数は過去最高の660万台を突破したそうです。(参照:宣伝会議6月号)両社に共通するのは、オンリーワンのコトの体験価値です。新居のDMはそれぞれの顧客に合わせたカードであること、チェキはデジカメやスマホで写真を撮ることが当たり前になり、同じようなアプリで同じような加工をされた写真より、その時その瞬間、その人にしか撮影できない写真が撮れることでオンリーワンの価値が生み出されます。 こうしたアナログで生み出したオンリーワンのコトの体験価値はSNSに投稿されると、ほかの投稿より少し物珍しかったり、際立つため、話題性を集めます。体験者からすると自分にしかできない、自分しか体験できなかったという優位性を生み出し、商品のファンになってもらいやすくなります。SNSやネットの話題は案外アナログの体験から生まれてくるのかもしれません。

巷で話題の「インスタグラム」とは?基本機能と活用方法

ここ数年利用者が拡大しつつある「インスタグラム」。 皆さん、名前は聞かれたことがある方がほとんどなのではないでしょうか? 最近では個人だけではなく、著名人や企業、ショップなど公式利用も増えてきました。 そろそろ手を出して見たいと思っている方に向けて、基本的な機能についてご紹介します。 Instagram(インスタグラム)とは?写真を投稿できるアプリです。自分で撮影した写真をアプリ上で簡単に加工して、投稿することができます。 写真の加工機能が充実しており、スマホで撮った写真をアート風にしたり、修正したりすることで好みの仕上がりにできることがポイントです。 Instagramの基本機能とは?Instagramには、大きく以下の3つの基本的な機能があります。 1.閲覧他のアカウントをフォローすると、フォローした人によって投稿された写真を見ることができます。デフォルトでは時系列で並んでおり、写真に対して「いいね!」や「コメント」をすることができます。 2.検索検索タブから、Instagram上に投稿されている写真を検索することができます。 検索は、主にハッシュタグと言われる「#」を頭につけたキーワードと、アカウント、場所を入力し行うことができます。 3.投稿自分で撮影した写真や持っているデータを選び、アプリ上で明るさや色合い・構図を調整したり、用意されたフィルターをかけて編集し、投稿することができます。 投稿された写真は、自分をフォローしている人や写真のキャプション内のキーワードを検索するなどしてたどり着いた人などから主に見られます。 最近ではフォロワー数の多い一般人がインフルエンサーとなって情報発信をしたり、企業やショップでも自社の商品プロモーションに使ったりなどと幅が広がっています。 Instagramの活用に精通した企業も増えている今、新たなプロモーション施策をお考えの際に一度相談してみることもおすすめです。

ソーシャルメディアガイドライン

ソーシャルメディアインターネットでは、新たなネットサービスの形として、ソーシャルメディアのサービスが提供されています。ソーシャルメディアは、高い発信力を持ち、そのため企業が広報活動を目的として利用することも多くあります。しかしながら、ソーシャルメディアは、大きなトラブルを引き起こす可能性をも持っている側面を持っています。 ソーシャルメディアの問題を防止するためにソーシャルメディアから端を発する問題を防止するため、ソーシャルメディアガイドラインを定める必要があります。ソーシャルメディアガイドラインによって、従業員がどのようにソーシャルメディアに携わるべきかについての基本指針が定められます。しかし、どのようなガイドラインが実際に効果があるのか分かりづらい点もあります。ソーシャルメディアコンサルタントへ一括見積りで、ソーシャルメディアガイドラインの作成について見積りを出す事ができます。ソーシャルメディアに関する仕事は、ソーシャルメディアコンサルタントが上手くこなすことができます。 一括見積り企業がソーシャルメディアと上手く付き合っていくためにも、ソーシャルメディアガイドラインの作成について一括見積りが手掛かりとなり、企業が安全にソーシャルメディアと関わる事が出来るようになります。これから企業は、ソーシャルメディアと無関係でいることは難しくなります。そのことから、事前にソーシャルメディアガイドラインをコンサルタントに依頼して作成しておく準備を一括見積りから始めることは重要なことです。

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアのマーケティング今話題のソーシャルメディアなどを巧みに使ったマーケティングには、一括見積りでマーケティングプランナーを選定するのが良い方法です。 ソーシャルメディアが花盛りの事態となっています。たくさんのユーザーがこのウェブサービスに夢中になっており、毎日何1000000というアクセスがある場合もあるほどです。こういったソーシャルメディアを広告宣伝活動に結び付けようという考えは以前からありましたが、最近ではどの企業もソーシャルメディアを巧みに利用して自社の商品を宣伝したり、企業のイメージアップを図ることに躍起になっています。企業選びは一括見積りでその統括に当たるマーケティングを担当する企業は、一括見積りてたくさんの会社の中から選びぬくことがとても大切です。一つの会社に絞って交渉をする場合には、いろいろな弊害が生じてきてしまいます。相手の交渉力が強い場合には、こちらの要望がなかなか通りにくかったり、相手の言うがままになってしまうこともあります。一括見積りの強みところが一括見積りは、たくさんの企業が同じ土俵の上で競争することによって、サービス合戦を繰り広げるので、クライアントが有利な条件がすべて整っています。仕事を受注する会社は、どうにかしてほかの企業よりも自社を選んでほしいと考えているため、費用を安くしたり提供するサービスのクオリティーを上げたりしてクライアントのお気に召すように必死の努力を繰り返してきます。したがって、クライアント側としてはその中から好きなものを選ぶだけでよいのです。

大切なソーシャルメディアパートナー

ソーシャルメディアの運用代行ソーシャルメディアの運用を代行してもらう業者を選ぶ時、重要なことのひとつとして、運用を代行した実績などにより、それが依頼する内容にとって沿ったものであるか、ということを調べる事が必要です。業者が実績をweb上で公開している場合は、それを選択する判断材料にすることができます。また、業態により様々な対応が要求されるので、その発想力や企画力が重要とされます。それは上記の実績を見る事でもある程度の把握は可能ですが、実際にfecebookなどで公開されているFANページを見る事でも知ることはできます。企画力お任せする内容が、広まりやすい内容である場合には、単に告知程度であっても十分に効果を発揮するといえなくもないですが、それが難しい場合に、とくに企画力が求められるのです。企画力とは、総合的にみてソーシャルメディアを広く、そして深く理解している必要があり、情報の発信源としての根本から考えられることができるかが重要でしょう。まとめこれらは非常に把握しつらい事ですが、問い合わせに対する応対や、質問や疑問をぶつけてみてから判断するというのも大切になってくるでしょうし、費用の幅も大きく、コスト面での比較もソーシャルメディア運用代行業者を選ぶ上で重要であります。

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。