• WEBシステム開発
  • WEBシステム開発

「見える化」と「視える化」の違い


※話が煩雑になりました。
 早急に答えをお求めのかたは、下部までスクロールしてください。

こんにちは。販売促進部の加藤です。

さて、弊社では地図をつかったシステム開発を行っているのですが、
これらのシステムは業務効率化やより情報を理解しやすくする方法として利用して頂いています。
(ビジネスマップと呼ばれることもあります。)

今日では、企業による業務効率化や業務改善が盛んに行われいますが、
その手法の一つとして、「見える化」がよく言われていると思います。

「見える化」といったとき、どのようなイメージをされるでしょうか?

◆「見える化」の学術上の定義はない

ウィキペディアによると、「見える化」は、

 「見える化(みえるか)とは、・・・(中略)・・・可視化されづらい作業の可視化を指す経営上の手法として、一部の人が使っている言葉である。学術的な用語として確立した言葉ではない。」

とされています。

この点、経営上の手法として用いられている「見える化」では、

 ・社員の工数を”見える”ようにしてコストの管理を徹底する
 ・受注から納品までの一連の流れを”見える”ようにして、無駄を省く
 ・営業マンの個々人の売上をグラフにして”見える”ようにし、経営戦略を立てる

・・・など、さまざまあるかと思います。

しかし、ときには「視える化」という言葉を目にすることがあります。

ただ、上記で述べたような経営的手法のことを、
社会通念上では、よく「見える化」と言います。

「見える化」と「視える化」、どのように違うのでしょうか。
私の個人的見解になりますが、以下のように捉えるとモヤモヤがすっきりするかと思います。

◆「見える化」の持つ意味

「見える化」を考えてみます。

一般社会上「見える化」は、「可視化されづらい作業の可視化を指す経営上の手法」です。

ここで、前述した例を引っ張ってみます。

 ・社員の工数を”見える”ようにしてコストの管理を徹底する
 ・受注から納品までの一連の流れを”見える”ようにして、無駄を省く

社員の工数というものは、いわば"時間"ですから、人間が目にすることはできないものです。
一連の流れというのも、"時間の経過"になるので、人間が目にすることはできないものです。

ただ、上記二つの例では、
たとえば、個々人で工数や働いた時間を管理していたり、
各部署がそれぞれ管理して納品まで完遂している場合がほとんどであると思います。

このとき、経営側としては、これらを"一括して見たい"わけですね。
その手法として、「見える化」を図り、たとえば新たに業務管理システムを導入するといったアクションがなされます。

つまり、この場面における「見える化」は、「情報の一元化」になります。
「情報の一元化」によって、隠れていた社内情報を"見える"ようにして、無駄の削減をして業務効率化を図るのです。

◆「見える化」と「視える化」の違い

ここで、「可視化」の意味を確認します。

 「可視化とは、人間が直接「見る」ことのできない現象・事象・関係性を「見る」ことのできるもの(画像・グラフ・図・表など)にすることをいう。視覚化・可視化情報化・視覚情報化ということもある。」

見ることができるものとして、画像・グラフ・図・表などが列挙されています。
この点、「情報の一元化」にはない意味合いです。

「見る」という漢字は、「ものをはっきりみる」という意味を持ちます。
「大きな目の人」を意味する文字から、「見」という漢字が成り立ったそうです。
(参考:http://okjiten.jp/kanji11.html)

ただ、画像・グラフ・図・表などではデータの情報量としては劣るものがあります。

たしかに、グラフや図を活用すると分かりやすくなります。
しかし、その分、文章による説明がなくなるため、詳しい説明をする必要性が生じます。
その意味では、画像・グラフ・図・表だけでは「ものをはっきりみる」(捉える)ことはできないわけです。

話が煩雑になってきました。

ではここで、なぜ「視える化」という言葉が使われているかを分析します。

「視る」という漢字は、「1点に視点を
集中させてみる」を意味して「視」という漢字が成り立ったようです。
(参考:http://okjiten.jp/kanji1002.html)
そして、この漢字は"しめすへん"ですので、「示してみる」という意味を持ちます。

つまり、「何かを描いたもの」を「示して」「見る」わけですね。
それはつまり、画像・グラフ・図・表を示して見ているのではないでしょうか?

まとめます。

 ・「見える化」とは、「情報の一元化」である。
 ・「視える化」とは、「ビジュアル化」である。

文字を大にして言います。

「見える化」とは、「情報の一元化」である。
「視える化」とは、「ビジュアル化」である。
(個人的見解)
◆まとめ

いかがでしたでしょうか?
意外とモヤモヤされていた方はいらっしゃるのではないでしょうか?
もちろん、個人的見解ですし、学術上の定義はございません。
実際に社会通念上、どのように捉えられている言葉なのかは、市場アンケートを取ってみないとわからないかと思います。

おそらく、「(最狭義の)見える化」と「視える化」の二つの言葉は、
「情報の一元化」の意味合いと「ビジュアル化」の意味合いをどの程度の割合で持ち合わせているか、といった話だと感じます。
完全なすみ分けはありませんし、言葉の使い方は人それぞれです。

しかし、貴社の求めるものは、「(最狭義の)見える化」なのか、「視える化」なのか。
個人的見解ではありますが、この二つをうまく把握することによって、
貴社の求めるシステムや外注企業様のイメージを少しでも具体化することのお手伝いができれば幸いです。

弊社では、「(最広義もしくは広義の)見える化」を扱っていますが、特に地図による「視える化」に力を入れています。
「視える化」においては、業務効率化だけではなく、エンドユーザーが「理解しやすい」システムの構築も可能なのです。

「視える化」の参考として、弊社のサイトにおいていくつか導入実績の紹介をしておりますので、ぜひご覧になってください。
また、弊社の開発しているSmartGarage Mapは、理解しやすく業務効率化につながる「視える化」の商品となっております。
ご興味がございましたら、ご覧になってください。
URL:http://www.nagagutsu-club.co.jp/smartgaragemap.php

EDITOR PROFILE

株式会社シグナイト

根津 典幸

販売促進部



映像業界から飲食業界を経て、制作部として入社するも半年で営業部に転属され今日に至る。

「よく働き、よく遊ぶ」をモットーに日々取り組んでいます。

株式会社シグナイトのその他の記事

GISという聞き慣れないワードの意味

こんにちは。 販売促進部の加藤です。 今回は、弊社が「地図ソリューション」事業として活用している「GIS」について説明いたします。 ◆GISとは何か? GISとは、道路や建物の地理情報や建物等と関連のある顧客情報を、「場所」を手がかりとして地図上にまとめて、分析をするシステムです。 従来、紙の地図上に書き込んでいた情報や付箋で貼られていた情報をより大量により把握しやすくしたものがGISです。 イメージとしては、まず、地図上のそれぞれの土地・建物のふたを開ければたくさんの情報が詰まっているという状態です。そして、それらの中身を見るとき見たいものが常に一番上にあるというようなものだと思います。 ◆GISでできること GISで主にできることは、 ①異なる情報のつながりをみる。分析する。 たとえば、支店の売上データと地域環境のデータをまとめることで、地域に特化した戦略を作成することができます。 ②情報を視覚的に表示する。 数字データやグラブデータの分析結果を地図データと組み合わせて表現することができるので、地域特性を把握したマーケティングや分析を行うことができます。 たとえば、人口分布のデータと売上データを地図に落とし込んでマーケティングをすることで、問題点を洗い出すことをより感覚的に行うようにできます。 感覚的に、というのは頭をガチガチに使わないで理解できる、ということだと思います。 GISはあくまでツールの一つですので、実際にはどのような分析を行うか、という点でマーケターのスキルが問われるところです。 ◆GISには二つのメリットがある GISを活用する上での手順としては、主に2つあるかと思います。 (a)情報を入力する。 いままで紙やエクセルなどで作成していたものを感覚的に地図に入力をすることができます。 業務の作業量が減ることが想定されるので、作業工数の削減に役に立つと考えられます。 また、弊社のようにクラウドシステムを導入している場合には情報を収集する現場から直接事務所に情報やデータを報告することができるので、(b)の作業との時間差などが解消されスムーズな業務を行うことができます。 帳票出力のあるGISシステムであれば、わざわざエクセルを作成する必要がないのでなお良いです。 (b)情報を分析する。 地理的情報が必要となる業務(たとえば、建設・不動産・観光業界・自治体など)やエリアマーケティングを必要とする販売活動を行う場合には、GISが能力を発揮します。 図表やグラフ、地図上に必要とされる情報のアイコンなどを落とし込むことによって、情報を感覚的に分析することができるようになります。 どのような土地・建物に関連する属性情報を入力するかという点では、マーケティング力によるところではありますが、数字を追って分析を行うという難しい作業の負担は軽減されます。 ※GISは地図を前提とするシステムですので、インターネットショッピングなどにおいては活用が難しいかもしれません。 必要となる情報によって、表示の仕方がそれぞれ異なってきますので、ビジネスに一律的なシステムを利用するということは難しいかもしれません。 各業界や各企業にあわせたシステム設計が求められるのも、GISの特徴かもしれません。

この先に生き残る会社とは

メリークリスマス。販売促進部の加藤です。 私事ですが、先日プライベートで飲食店の経営者の方とお話をする機会がありました。 仕事上の相談などをしましたが、おもにヒトに関するお話を伺いました。そのなかで伺ったことですが、飲食点での3年後の生存率は約30%だとのことです。 いかにして組織を維持し、いかにして組織を反映させるか。その要になるのはヒトですが、ヒトが十分に活躍できるように環境を整えることは非常に難しいかと思います。 そこで、この先、生き残る会社とは何か、求められる組織構造は何なのかについて記述いたします。 ◆「企業が成長し続けること 会社が存在し続けるためには、会社が成長し続ける必要があります。 では、会社が成長するためにはどのような方法が考えられるのでしょうか。 ①既存製品を既存顧客へ販売する(市場浸透) ②新たな地域へ参入する(地理的拡大) ③既存製品を新たな顧客グループへ販売する(セグメント侵攻) ④改良を加えた製品をより多くの既存顧客へ販売する(製品改良) ⑤新たな地域へ改良製品で参入する ⑥改良製品を新たな顧客グループへ販売する ⑦既存顧客へ訴求することができる新製品を開発する(新製品開発) ⑧新たな地域のために新製品を開発する ⑨新たな顧客グループへ販売するための新製品を開発する(多角化) ディズニーを例にとれば、1920年代にアニメ制作からはじまり、アニメ映画、音楽出版、テレビ放送、映画、ディズニーランド、ホテル開発、ディズニーストア、ライブシアター... 現在では、キャラクター、音楽、出版を極め、映画、放送、ライブ・エンターテインメント、テーマパーク、旅行業、リゾート、不動産開発まで幅広く市場を拡大しています。 しかし、闇雲に新製品開発や地理的拡大、市場進出を行っても失敗が待つだけでしょう。ここではもちろんマーケティングが重要になってきます。 ◆営業マンはアイデアを持ち帰らないと心得る とはいえ、いかに有望な機会を見つけるか? 会社は通常、新しいアイデアを得るためにさまざまな情報源を利用しています。 たとえば、自社の営業マンかもしれません。顧客からのニーズを営業マンが会社に持ち帰ることを期待しているかもしれません。 しかし、必ずしも営業マンからよいアイデアを摘み取れるというわけではありません。 なぜなら、営業マンは非常に忙しいし、新製品やサービスのアイデアを会社に報告する手間が惜しいと考えるでしょう。 また、営業マンが社内にアイデアを持ち帰っても報酬として見返りがあるわけではないからです。 そこで考えられるのが、「アイデア・マネジャー・モデル」です。 ◆「アイデア・マネジャー・モデル」 企業が新製品やサービスのアイデアを求めるならば、新しいアイデアを集め、検討し、評価するシステムの構築が必要となります。 そうでなければ、優れたアイデアであっても、ちりばめられていずれ消失してしまうからです。 アイデア・マネジャー・モデルの構築にあたって、以下のことが必要だといわれています。 ①周囲の尊敬を集めている役職の高い人物をアイデア・マネジャーとして任命する。 ②科学者、技術者、購買担当、製造担当、営業マン、マーケター、財務担当をメンバーとする部門をまたがる委員会を編成し、提案された新製品やサービスを定期的に評価する。 ③新しいアイデアをアイデア・マネジャーのもとに伝えたいと考える人たちのために、システムを設ける。 ④企業のすべてのステークホルダーに対して、自分のアイデアをアイデア・マネジャーに伝えることを奨励する。 ⑤年間を通じて最高のアイデアを出した人たちに報いるための報酬プログラムを正式に設ける。 このシステムが社内で確立すれば、アイデアはより自由に流れるようになるし、 誰に優れたアイデアを伝えればよいかが明確であり、また報酬を与えられることから、革新思考の企業文化を生むことができます。 ◆まとめ 社会の変動や業界の推移はめまぐるしいものです。3年後に何が起きているのか、私たちは想像もつかないことでしょう。 いまから5年前に、スマートフォンがここまで普及すると誰が考えたでしょうか? メールや電話の代わりにLINEや無料通話を使うようになるなんて、予想できたのでしょうか? 長続きする競争優位がほとんど存在しない町競争市場では、イノベーションこそが企業にとっての最良の防御だということができます。 イノベーションにはリスクがありますが、イノベーションを行わないことは破滅につながることもありうると心得るべきなのでしょう。 イノベーションを起こすための良いアイデアは、宙に漂っているのです。 弊社ではフラットな社風であるため、社内でアイデアがよく飛び交っていますが、 大きな企業体になればなるほど、アイデアの共有は難しいもの。 手始めに投函箱を設置するなどの措置はすることができるかと思いますが、その管理も大変なものです。 システムとしてデータベースを構築し、アイデアを一括管理。 序列を問わないアイデアを集めてイノベーションを起こしていく必要があるように思います。 ※弊社はWebシステム開発の会社です。 参考文献:フィリップ・コトラー著、木村達也訳『コトラーの戦略的マーケティング』ダイヤモンド社、2000年

利益アップに「見える化」と「視える化」

こんにちは。販売促進部の加藤です。 前回、「見える化」と「視える化」の違いについて触れました。 (「見える化」と「視える化」の違いについてはこちらをご参照ください:http://www.nexgate.jp/company/nagagutsu/timeline_detail/786 ) さて、「見える化」(以下、最狭義の「見える化」を指します。)と「視える化」、 どちらが自社にとって必要かと言われれば、どうお答えになりますか? まず、「見える化」は隠れていた情報を表面に出し、情報を一元化するところに意味を持ちます。 そのことによって、把握していなかった無駄を削り、コストを下げることを可能とします。 つまり、収入に対するコストが下がったので、利益率があがることになります。 一方、「視える化」では、数値データを分かりやすくビジュアル化することで、 経営的分析をかんたんにし、問題や課題の発見をすることによって、売上アップにつなげることが可能です。 つまり、コストに対する収入が増えたので、利益率があがることになります。 ただし、この二つにおいて忘れてはならないことは、”見る”ことによって課題を発見し、解決することです。 ◆利益率を上げるだけでは利益アップではない 両者において、利益率の向上につながってはいるものの、問題点があります。 「見える化」では、コストがかかっていたところを改善した意味では、「マイナスをゼロにした」と言えます。 この点では、利益自体はアップしていないということです。 これに対して、「視える化」は、マイナス部分をゼロに戻していない状態で、売上をアップしたわけですから、 名目上プラスであっても、客観的には「プラスマイナスゼロ」の状態になります。 つまり、「視える化」においても、利益自体はアップしていないということです。 したがって、「見える化」によるコスト削減とともに、「視える化」による売上アップを行う必要性が生じます。 これによってはじめて、企業の利益がアップするという数字を得ることができます。 ◆"見える"ようにするだけでは解決しない 「見える化」も「視える化」も、利益アップのためのツールにすぎません。 忘れてはならないことは、「経営上の手法」としてこれらが存在するということです。 つまり、”見える”ようになっただけで満足してはいけません。 ”見て”、経営上の判断をする必要性が出てきます。 経営上の判断というと、経営側にのみ責任があるように感じられますが、個々人にもいえることです。 たとえば、社員の工数を管理するようにして"見える化"したのであれば、 社員一人一人が無駄を省くような工夫をしていかなければなりません。 「この仕事は○○したほうが効率が良いから△△しよう」という判断を個々人においても行っていく必要性があります。 営業マンの業績や売上をグラフなどで「視える化」したのであれば、 営業マンそれぞれがグラフを見て、戦略的営業を考えていくことも求められます。 従来のやりかたを分析し、 「この時間帯の顧客のレスポンスは悪いから○○の時間帯にアプローチをするようにしよう」という判断を行い、 より効果的な、売上アップにつながる戦略を模索していくことが求められるのではないでしょうか。 もちろん、経営側として戦略を立てたり方針を決定することになるとは思いますが、 それらを実行するのは、あくまで現場であり、現場にこういった意識が求められることになります。 ◆「見える化」システムにパッケージ商品は存在し得ない 以上のことを踏まえて、システムについて少し触れます。 企業によって、問題や課題はさまざまであり、それに対する戦略や方針も同じくそれぞれです。 この状況下において、システムとしてパッケージ化された商品を取り扱うことは困難です。 というのも、パッケージ商品は品質が画一化されているため、企業それぞれの問題や課題に 必ずしもマッチするという保証はないからです。 極論を言えば、そのパッケージ商品に従ってしまうと、 すべての企業が同様のシステムを持ち合わせていることになり、 それぞれの戦略や方針内容も画一化されかねません。 (そんなことは万に一つありませんが。) そうすると、他社との差別化が図れなくなるわけですから、 市場としては価格競争に追い込まれることになってしまいます。 その結果として、企業の財政を圧迫することとなり、最悪の場合、倒産に追い込まれます。 一度、価格を下げた市場を元に戻すのは困難なことです。 (大衆居酒屋チェーン同士では、品質の差別化が難しいため価格競争に陥り、 その価格が市場に浸透したため値上げをすれば客離れが起きる現象が起きています。) 話をもとに戻しますが、「見える化」「視える化」などのツールを扱うのであれば、 自社の問題や課題にマッチしたカスタマイズのシステム構築が必要となってくるということです。 ◆まとめ 弊社で開発しているシステムのすべては、カスタマイズを前提としています。 その代表例がSmartGarageシリーズであり、ゼロからシステムを構築するのではなく、 ユニットを組み合わせてカスタマイズをするため、システム開発のコストを削減することができます。 しかし、企業様に合わせたカスタマイズを行うため、それぞれ独自のシステムが構築されるのです。 ご興味のあるかたは、参考に、弊社のSmartGarageシリーズのページをご覧いただければと思います。 URL:http://www.nagagutsu-club.co.jp/smartgarage.php 参考:http://pmstyle.biz/column/maturity/maturity20.htm

すべての記事を見る

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。