• ECショップ構築
  • EC-Cube導入

「やれそうで中々踏み切れない」老舗店舗のEC導入


伝統的手仕事文化の継承と新たな一歩
外国人観光客で賑わう浅草。
東京・下町には職人さんが一つ一つ丁寧に仕上げをされるような”手しごと”を
されている老舗店舗が立ち並びます。時代の流れから、これまでの店頭販売だけでなく、ECも検討したいという老舗店様からのご相談をよくいただきます。
ですが、「いざやろうと思うと踏み切れない」という方も多くいらっしゃいます。
今回は、老舗店が抱える「踏み切れない」悩みを紐解いて、解消していきたいと思います。

【悩み1】どうしても在庫数が少ないから、納期まで時間がかかってしまう。
お客様が不満を感じられるのではないか
どうしても手仕事な分、注文いただいて直ぐに配送といかないケースがあります。
しかし、それは懸念ではありません。職人さんがされる”手仕事”だからこそ、丁寧な
手仕上げが必要だからそうなることを説明していただければ、お客様もご理解して
いただけます。

【悩み2】ECだと買う人の顔が見えないし、どんな人に買ってもらえるかがわからない
のは不安
→確かに、これまで店頭のみで販売されていた場合、お客様の顔が見えないのは不安かも
しれません。ですが、ECを始めたことによってこれまで出会えなかったお客様から問い合わせが増えるケースもあります。浅草の合羽橋の道具店さんがECを始められたときは、海外から買われるお客様が増えました。包丁なんか”このフォルムが気に入った”とか言われ、人気の商品です。

【悩み3】店頭で手にとってもらったり、匂いを感じてもらったり、五感で体験してもらうことで勝負してきたから、ECは手が引ける

いかがでしょうか?
先日、新仲見世通りにある明治になってすぐに創業した足袋店にECのご相談をいただき
伺いました。先代の奥様の女将さんと当代のご主人に迎えられ、掘り炬燵のある居間でお打ち合わせをしましたが、同様の不安と葛藤を抱えていらっしゃいました。
老舗だからと言うわけじゃないですが、お店にはお店なりの「こだわり」があります。
それを紐解いて、どういう風に「伝える」のがいいか-----それを一緒に考えていくとご納得され、来週にはコンテンツをどうするかなど、早速取材となっています。

弊社では、「浅草ユネスコ準備委員会」と一緒に、「浅草ブランド」として、こうした”手しごと”などの職人さんの伝統を文化保存(映像/写真/テキスト)する試みを行っており、老舗店さんとお話する機会が多いです。その際に、そうしたコンテンツを実際に各々の店舗さんにも活用していただこう、負担無くECも行って頂こうと思い、1件1件お話を伺いご提案しております。

他にも詳しい事例などを知りたい方は、どうぞストリートワイズまでご連絡くださいませ!

EDITOR PROFILE

有限会社ストリートワイズ

渥美 雄一郎

Street-Wise(ストリートワイズ)とは… かつて知人のNZ人経営者は、こう語りました。 「日本にはbussiness-Wiseの経営者や組織人は多いけど、Street-Wiseの人は少ないね」と。 この言葉を彼が語った当時は“ITバブル”の只中。 彼自身もIT企業の経営者でありましたが、企業が利益を産み出すために英知を駆使するのが“bussiness-wise”として是とされてた時世に、その対極として語られた“Street-Wise”という言葉にひどく新鮮なイメージを持ちました。 と同時に我々が社会の中で活動する上での行動の指針や理念を体現する言葉として濾過されて残ってきました。 “Street-Wise” 社名として掲げたからには、自分たちが関与する事業のジャンルにおいて、Bussiness-WiseよりはStreet-Wiseなノウハウ、アドバイス、サジェスション、判断、決断が促せるように・・・ それは時に子供の時の遊びの知恵や、伝わる自然と共生したところからのサヴァイバルであったり、一見、現在のビジネスシーンからかけ離れた地にあるようなものも援用してプロジェクト、そしてビジネスの「目的と達成」を成して遂げていきたいと考えています。 代表取締役 渥美雄一郎 よろしくお願いします。 僭越ながら、以下もご参照いただければ幸いです。 http://www.nippon-shacho.com/search/result.html?did=385

有限会社ストリートワイズのその他の記事

人材で悩むシステム会社

【システム会社の悩み】 システム会社と一言に行っても様々な種類の会社がありますよね。 大きな案件を一挙に受ける会社・大手から仕事を受ける少数精鋭の中小企業・中小企業ながらクライアントと直接取引している会社。また受託の案件をメインに受ける会社もあれば、常駐案件をメインに受けて社員を常駐先に送る形をとっている会社。さらに対応する言語も会社によって多種多様ですし、基幹系が得意だったりWEB系が得意だったり、ゲーム関係が得意だったりとその内容も会社によって様々でしょう。   そんな全てのシステム会社の社長様や人事担当の皆様、こんな悩みを抱えていませんか?   ・新しい案件を受けるにあたって人が足りないからスタッフを増やしたいが採用がうまくいかない。 ・いざ新しいスタッフを採用しても、未経験スタッフを育てるのが難しい。 ・せっかく育てたのに辞めてしまって、採用の振り出しに戻った。   今回はこんな悩みを抱えた皆様に向けた記事です。   【例えば…】   会社を運営していくうえで、人材に関する悩みは絶えないのではないでしょうか。 その中でも「採用」「教育」「離職」が大きな悩みの種になっている方は少なくないでしょう。 特にシステム会社はエンジニアの数が足りていないと言われていることも考えると、目をそらせない課題ですよね。   「採用」の場合 まず新人を取るのか、中途を取るのかを選択しないといけません。そしてさらに、どんな手法で人を探すのかも大切なポイントですよね。 限られた予算の中で、自社に適した人を見つけるのはなかなか難しいでしょう。 WEBを使うのか、採用イベントに出店するのか、人材会社に頼むのか… その“人”がどんな人でどんな技術を持っているのか、わかりやすいといいなと思ったことはありませんか?   「教育」の場合 実際に採用して次にやらなくてはいけないのが教育ですよね。 技術はもちろん、社会人としての教育も必要です。しかし、システム会社でよく耳にするのが、コミュニケーションがうまく取れないということ。もちろん円滑に進む人もいるでしょうが、技術は持っている人でもコミュニケーションがうまく取れなくて困っているという経験はありませんか?   「離職」 そして最後に気がかりなのは、せっかく雇った人が早々に辞めてしまうことですよね。 時間と労力とお金をかけて採用して育てた人が“これから”というときに辞めてしまったという経験はありませんか?   【ワークアカデミー社をご存知ですか?】   ワークアカデミーという会社をご存知ですか? もともと関西を中心に事業を展開している会社ですが、今年の7月から東京に進出されました。そこでは、第2新卒と呼ばれるくらいの年代の方を中心に、エンジニアを育てています。 “資格を取りたい”と学びに来る人に対してCCNAを取るまでの教育をしています。 ネットワークエンジニアとしての知識をもった状態で卒業です。なので、初めてシステム業界に入って来ても、知識がある状態からスタートでき技術を教育する時間が短縮できます。 さらに、受講生には社会人のいろはとして社内でのコミュニケーションの取り方なども学んでもらっています。実際に会社に入ってコミュニケーションミスで離職するのを防ぐためです。   そんなワークアカデミー社は、卒業生たちを採用する会社を探しています。 システム会社はもちろん、システム事業部のある他業種の会社でも構いません。 受講している段階から、教室を見に行くことも可能なため、あらかじめ“人”を知ることが出来ます。 採用するまで料金が発生しないのも嬉しい魅力ですね。   【http://workacademy.com】   もし、さらに詳しく聞きたいとご興味頂いた方は、質問だけでも構いませんのでお気軽にお問合せください!   【http://street-wise.jp/】

ネットワークエンジニアの資格をご存知ですか?

日本のエンジニア人口は年々増加しているようで、課題とされているのが慢性的な人材不足。この課題に頭を抱えている代表の方も多いのではないでしょうか?直近では、エンジニアの人材派遣も進み人材不足を補おうと動いているように思いますが、まだまだ追いついていない部分も多いですよね。仕事はあるのに、人がいなくて受けられない。そんな苦い思いをされた経験をされたことのある方も少なくないのではないでしょうか?ただ一方で、これからエンジニアになりたい!と考えている若者がいるのも事実です。よって、大切になるのは欲しい技術をもった人材をいかにマッチさせられるかなのですが、前回の記事にも書いた様に、システム専門の会社ではない場合、実際にそのエンジニアが『どんな資格があって・どんな技術をもっていて・何ができるのか』を理解しないまま採用してしまっているケースもあります。それはとても勿体ないですよね。そこで、今回はエンジニアにはどんな資格があってその資格を持っている人はどんな技術を持っていて何ができるのかをご紹介したいと思います。 【ITの資格の種類】 一言にITの資格といっても、実は様々な種類があります。対象別に分類しても「IT技術者全般」「システム設計・管理者」「プロジェクト管理者」「ユーザーサポート/ヘルプデスク」「プログラマー」「ネットワーク管理者」「データベース管理者」「制御系エンジニア」「Webデザイナー/クリエイター」「システム監査/コンサルティング」と多種多様。これらすべてを一気にご紹介するのは難しいので、今回は「ネットワーク管理者」に絞ってご紹介させていただきます。 【ネットワーク管理者の資格】 ネットワーク管理者としての資格は大きく2つ・シスコ技術者認定・ネットワークスペシャリスト試験です。簡単に概要をまとめると、シスコ技術者認定(Cisco CareerCertification)とはネットワーク技術者にとって高い評価と最先端の確かな技術を身につけた証明となる資格です。シスコ製品を扱えることはネットワーク技術者にとって必須条件となっていて就職・転職において大きな強みとなります。自分の実力とニーズに合わせてコースとレベルが選択でき、ネットワーク技術者として確実にレベルアップすることができる資格となっています。そしてネットワークスペシャリスト試験は、ネットワークに関する固有技術の専門家として、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行うものを対象とするものです。2009年春季に公表された新試験制度のスキルレベル4に該当します。シスコ技術者認定はコースとレベルが選べることもあり、エンジニア初心者でも入りやすい資格ですが、ネットワークスペシャリスト試験は合格率が15%前後の難易度高めの資格になっています。 【試験内容は?】 ネットワークエンジニアには2種類の資格があることはわかりましたね。ではどうしたら取得できるのか、試験内容で比べてみましょう。 シスコ技術者認定はネットワークに関する知識を問うものを中心に、筆記試験が行われます。認定取得モデルは「ルーティング&スイッチング」、「セキュリティ」、「ボイス」、「ワイヤレス」、「ストレージ」、「サービスプロバイダ」、「デザイン」の7分野あり、それぞれ「エントリーレベル」、「アソシエイト」、「プロフェショナル」、「エキスパート」「アーキテクト」の5レベルに分かれています。一番、難易度が簡単なものが「エントリーレベル」となっておりますが、最もポピュラーなものが「アソシエイト」レベルに属する「CCNA」です。 次にネットワークスペシャリスト試験は四肢択一の多肢選択式と記述式の試験をパスしないといけません。四肢択一の多肢選択式ではコンピュータシステム・技術要素・開発技術の問題が出題され、記述式では「ネットワークシステムの企画・要求定義・開発に関すること」「ネットワークシステムの運用・保守に関すること」「ネットワーク技術・関連法規・標準に関すること」「ネットワークサービス活用に関すること」などを問われる難易度の高い問題となっています。 最後は少し専門的な内容となってしまいましたが、ITの資格といっても様々な種類があり、その中でもさらに複数の資格があることはお分かりいただけたかと思います。今回はまず慢性的に技術者不足となっているネットワークエンジニアの資格に関して、概要をまとめさせていただきましたが、初心者でも入りやすいシスコ技術者認定に関して、次回はもう少し深堀できればと思っています。 最後に今まさにネットワークエンジニアを募集している!というあなたに朗報です!ネットワークエンジニアの資格をしっかり取ったエンジニアを育成しているワークアカデミーでは、育てたエンジニアを必要としている企業様を募集しています!ご興味ございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。http://street-wise.jp/service/make/jinzai/

エンジニア人材の獲得にお困りではありませんか?

【ネットワークエンジニア?】 ネットワークエンジニアという職種の人々をご存知ですか?おそらく多くの企業に属している職種の方なのです。例えば、社内のネット接続がうまくいかないであったり、東京本社・大阪支社間でMTGする際になかなか相手と接続されないなど、社内のちょっとしたネット接続の困ったに対応してくれるのがネットワークエンジニアさんです。システム系の会社様はもちろん、システム以外の会社にも部門として数人WEBに強い人を採用しているケースは多くあるかと思います。ですので今、人材不足になるほど需要がある、そんな職種です。  ですが、専門的な知識がないとできないからこそ採用時には注意が必要な職種だということはご存知でしたか?   【あなたの会社でも起こるかもしれない】 販売系のサービスを展開しているA社 従業員は100名ほどの企業で、メインは販売のため自社サービスのメンテナンスなどを行うようなエンジニアさんを3名雇用していました。 もちろん、この3名以外の社員さんはみなシステムの知識がありません。 上層部も専門的な部分はわからないので、ネットワークのトラブルがあるたびに彼らを呼び、直してもらうような動き方をしていました。 ある日、3人のうち1人(Oさん)が退社することになり、新たに1人雇用して引き継がせることにしました。 新人のZさんは中途採用で前職でもネットワークエンジニアをしていました。 働き始めて数日、ネットワークの不具合で呼ばれ、直そうとコードを見て驚きました。 今まで対応していたOさんは確かにネットワークの知識はあったのでしょう。 ただ、その方法が我流過ぎて、Oさん以外の人はわかりません。よって、Zさんは一からコードを書き換える必要が出てきました。それは通常の何倍も手間のかかる作業です。 その後、Zさんは今日の出来事を上司に報告するとともに、尋ねました 「私を含めたエンジニア個々のスキルは会社として把握していらっしゃるのでしょうか?」 そこに対して、上司は頭にはてなを浮かべて答えました。 「私にはわからないなぁ」 それからも、何度かOさんが担当していた部分でZさんが一から修正しなければいけないことになりました。   【なにがいけなかったのか?】   A社の問題は大きく2つ。 1つ目は会社が雇用している人材のスペックを理解していなかったこと。 2つ目は個人が自分の技術をアップデートしていなかったこと。   大手企業のネットワーク人材はスペックを確認してからプロジェクトのメンバーをアサインしているはずだが、中小企業はそこを意識しすぎると人をとれなくなってしまっている。 よって、そのエンジニアがどのような技術的な背景があるのか、何ができるのかわかっていないことがある。また、実際にネットワークを復旧してくれていても、それが正しいのかどうか確認できる人材がいないため、我流で済ませてしまっている可能性もある。結果、その人が辞めてしまうと次の人がコードを読んでもぐちゃぐちゃになっていることがあるのだ。 このシステムの世界は進歩も激しいため、新しい技術についていけているのかを判断するのも難しい。一般のシステム会社はもちろん資格はわかっているだろうが、専門ではない会社のエンジニア部からするとネットワークエンジニアの母数が少ない今、採用が難しくなっているようだ。   【CCNAとは?】   「CCNA(Cisco Certified Network Associate)」という資格をご存じだろうか? CCNAは、世界最大手のネットワーク関連機器メーカーであるシスコシステムズ社が実施する、ネットワークエンジニアの技能を認定する試験です。同社の主力商品であるCiscoルータ、Catalystスイッチに関する技術力の証明となるだけでなく、基礎的なネットワーク技術 を持つことの証明にもなります。 CCNAを持っていることで、ネットワークエンジニアとしての基本的スキルが備わっているということが証明できるだけでなく、自分自身のスキルチェックにもなります。 CCNA試験範囲は、ネットワーク の基礎を系統だって、とても丁寧に網羅しています。 固定の業務をこなしていると、どうしても知識が偏ってくる場合があります。自分に足りない知識はないか、また得意な分野はどこなのか、客観的にチェックすることができます。 ということは、A社の人材もCCNAを持っていることが分かれば会社としてもどのクリアの技術の持ち主なのか把握できたし、持っていないのであれば取りに行かせることで、個々の技術がアップデートされる機会にもなったバズだ。   【CCNAを持っている人材を育成しているところがある?】   ここまで読み進めてくださった、あなたはおそらくA社と近しい経験があるのでは? または、今現在そういった状況にいるのかもしれませんね。 そして技術者さんのスペックを把握することの重要性もイメージできているのではないかと思います。 ではあとは、どうやって資格をもった人材を雇用するかですよね。   今、ワークアカデミーではCCNAの資格を取った人材の育成を始めています。   http://street-wise.jp/service/make/jinzai/   実際に意欲のある人材を集め、ネットワークの技術を教え、さらにコミュニケーション能力もあげられるように指導しているので、エンジニアさんに多いコミュニケーションのミスで会社を辞めてしまうような心配もありません。 毎月、新しく人材を育てているのでこれからどんどん新しいネットワークエンジニアを送り出すことが出来るでしょう。 もし、近々エンジニアの採用に関して検討している方がいらっしゃれば、ご相談承りますので、ご連絡下さい。

すべての記事を見る

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。