BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

EC-CUBEを使ったECサイト構築方法

EC-CUBEを使ったECサイト構築方法

ECサイトを構築する場合、いくつかの方法があります。既に開発などをする必要がなくID登録をすればすぐにでも使えるモール型(楽天ショッピングやヤフーショッピングなど)のものから、インターネット経由で使えるASPサービス、既にパッケージソフトウェアとして用意されているパッケージ式などがあります。そして、ここで紹介する「オープンソフトウェア」があるのですが、これはEC-CUBEが使われることが多いです。では、何故ECサイト構築を行う場合、EC-CUBEが人気なのでしょうか。ここでは、EC-CUBEを使ったECサイト構築方法について説明します。

1. EC-CUBEとは?

EC-CUBEは、日本の株式会社ロックオンが提供しているECサイト構築用パッケージになります。日本発のECパッケージとして、国内シェアNo.1のオープンソース・ソフトウェアになります。ECサイトの運営や管理に特化したCMS(コンテンツマネジメントシステム)で、専門的な知識がなくても導入が可能です。大手のECパッケージの多くが有料な中、EC-CUBEは無料で使用できるのがシェアNo.1になっている理由の一つでもあります。

無料で利用できることにプラスして、日本で開発を割れたCMSということで、日本語対応が充実しているだけではなく、機能や操作性についても日本人が使いやすい点で人気の理由とされています。

EC-CUBEの導入から開店までの流れ

  • ①EC-CUBEが利用できるサーバ環境を準備します
  • ②EC-CUBEをインストールします
  • ③決済導入に必要な最低限の情報登録を行います
  • ④決済方法を導入します
  • ⑤必要な場合は、オーナーズストアから機能を追加します
  • ⑥カスタマイズが必要な場合は、プラグインを入れて機能拡張します
  • ⑦商品登録、各種設定を行い店舗情報の拡充を行います
  • ⑧ECサイトオープン

導入までの間に手続きで時間を要するのが、決済導入の部分です。クレジット決済やコンビニ決済など、各決済ごとに手続きと審査などで意外に時間はかかってしまいますので、そのあたりのスケジュールを考慮した上で導入計画を立てる必要があります。

2. ECサイト構築でEC-CUBEが使われる理由

EC-CUBEには、ECサイト運営で必要な基本機能が揃っているため、必要な機能を独自で探す必要がありません。また、プログラムの拡張性が高く、プラグインを導入することであらゆるカスタマイズを行えるのです。
では、EC-CUBEの基本機能がどのようなものが揃っているのか、機能一覧として紹介します。

主な機能例

商品検索
商品カテゴリや、商品名などのキーワードから検索ができます。
商品一覧ページ
カテゴリごとに登録されている商品の一覧表示ができます。
ショッピングカート機能
ECサイトには不可欠のショッピングカート機能では、複数商品をカートに入れるなどの機能が備わっています。
支払い方法選択
管理画面にて、支払い方法や手数料を登録すると、ユーザは支払い方法を選択することができます。
会員登録機能
ユーザは会員登録ができます。管理側では会員情報の管理ができます。
オススメ商品機能
設定したオススメの商品を、トップページにあるおすすめ枠に表示できます。
商品レビュー管理
ユーザが入力した商品レビューについての管理ができます。
売上状況
現在の売上、会員数の数値管理ができます。それらの数値をトップページに表示できます。
ポイント設定
各商品においてポイント付与率の設定が行えます。
メルマガ配信
メルマガの一斉配信だけではなく、絞り込み検索、配信予約設定が行えます。

3. EC-CUBEを使用するメリットとデメリット

この項目では、EC-CUBEを使用するメリットとデメリットを紹介します。基本的にはメリットの方が強いですが、ITリテラシーが高い、もしくは開発者が近くに居るなどの場合に、メリットを強く受けられるような印象です。自己責任に委ねられるがゆえのデメリットをどのように捉えるかは、ECサイト構築を検討している人それぞれによって考え方は異なるように思います。

メリット

無料でインストールできる

大手ECパッケージのほとんどが有料な中、EC-CUBEは無料でインストールができます。無料とは言え、ECサイトとして必要である基本的なプログラムがほぼ搭載されているので、初期投資のリスクを極力抑えられます。

日本での導入事例が多く、信頼性が高い

オープンソースのECパッケージは、多くが海外製のものです。EC-CUBEは日本製で、国内を中心に3万店舗以上の導入実績があるので、導入への安心感があります。

標準でECサイトに必要な機能がほぼ揃う

EC-CUBEには、最初の段階で必要な基本機能が組み込まれています。すぐに営業を開始したいというユーザの場合、パッケージに基本機能が組み込まれているものの、過剰な機能は運営に支障をきたす場合があるので、注意が必要です。

カスタマイズが自由

EC-CUBEでは、機能やデザインを自由にカスタマイズできる、拡張プログラム「プラグイン」が用意されています。誰でも入手することができるのですが、デザインテンプレート、決済、集客、販促など800種類以上、用意(一部有料)されています。また、業種ごとのデザインテンプレートや固有の機能のプラグインがあるので、あらゆるタイプのECサイトに対応できるようになっています。

利用者向けのコミュニティが充実

EC-CUBEを利用する1.8万人の「開発コミュニティ」があります。このコミュニティでは、技術的な質問やコミュニケーションができるので、 EC-CUBE初心者でも効率的に問題が解決できます。

物流サービスとの連携

ECサイトを運営する場合、物流(商品配)EC-CUBEでは物流サービス会社との連携により、いくつかのサービス連携先を案内しています。

デメリット

EC-CUBEはオープンソースなので無料で導入できるところは良いのですが、そこにデメリットがあります。懸念事項として、技術力や知識が求められるということです。
例えば、ショッピングモールやASPサービスなどは、不具合やトラブルはもちろん、利用方法で困ることがあったら、サポートを利用することができます。
しかし、EC-CUBEに関しては、全て自分で解決しなければいけません。全ては自己責任になります。

あと、無償で使えるオープンソースというところで、セキュリティ面の脆弱性には不安が付きまといます。これは、オープンソースの特性上、ユーザが広がっていきますので、悪意を持った利用者が脆弱性を狙ったサイバー攻撃を仕掛ける危険性が高いということです。また、プラグインの導入などカスタマイズをすることが知らない間に脆弱性を高めてしまうという可能性もあるということです。

このセキュリティ対策に関しては、常に意識しておかなければいけないことですし、脆弱性に対応したバージョンアップの案内があった場合は、遅れずに対応する必要があります。EC-CUBEのコミュニティなどで常に情報交換がされています。

4. まとめ

EC-CUBEを使ったECサイト構築に関するまとめを説明してきました。多くのECサイト事業者に人気のEC-CUBEは、オープンソースで公開されていることもあり、導入コストを抑えて始められるところが、これだけ広がっている理由の一つのようです。また、最初の段階で、ECサイトに必要な基本機能が備わっているというのもソフトウエアを選択する上では強みでもあります。
しかし、オープンソースだからこそユーザが増え、それとともにセキュリティの脆弱性を突かれるような悪意のある利用者も増えていることは確かです。その辺りはよく吟味して、EC-CUBEを利用するかどうかを決める必要があるでしょう。

LINEスタンプ
費用や依頼方法のモヤモヤを解消しよう!

ざっくり希望を書くだけで、発注サポート経験豊富な専任スタッフが、 あなたに変わって無料で見積取得を行います!
企画中の相談や金額だけが知りたい場合でもご利用いただけます。

サポートデスク

ECサイト制作を外注したいけれども不安がある方へ

・やっぱり自分で会社を探したり選定したりするのは不安
・専門知識がなくて不安、依頼するための要件をまとめるのに不安がある
という方は、ぜひリカイゼンにご相談ください!
発注サポート経験豊富な専任スタッフがあなたのご要望をお聞きし、最適な会社をご紹介いたします!
ご相談から会社のご紹介まで全て無料でご利用いただけます。お気軽にご相談ください。

サポートデスク

ECサイト制作の関連記事

ECサイト構築の手順と外注先選び

インターネットの進化、スマートフォンの普及、物流システムの向上によりEC市場が活況です。リアル店舗を持たないこと、ECサイトパッケージが用意されていることなどから、個人でもショップを開けるのが最近のEC市場状況です。今回は、...

越境EC構築|EC-CUBEで多言語対応するメリット解説

越境ECの市場規模は年々拡大しています。一つの理由として、世界中でスマートフォンが普及したことにあります。いつでもインターネットにつながり、ECサイトでは誰でもいつでも買い物ができるようになったからです。 ...

EC-CUBEを使ったECサイト構築方法

ECサイトを構築する場合、いくつかの方法があります。既に開発などをする必要がなくID登録をすればすぐにでも使えるモール型(楽天ショッピングやヤフーショッピングなど)のものから、インターネット経由で使えるASPサービス、既にパ...

【EC-CUBEの構築】導入メリット・費用相場・開発会社の選定ポイント

1.EC-CUBEとは EC-CUBEは、EC構築用に開発されたオープンソースになります。180万ダウンロードの実績があり、流通総額は1500億円を超えているとも言われるソフトウエアです。無料でダウンロード可能で、EC構...

今さら聞けない【ECサイト構築】費用相場・外注ポイント

目次 はじめに ECサイトに必要な機能とは? 販売するために必要な項目 管理システムに必要な項目 ECサイト構築にかかる費用・相場 ...

ECサイト制作に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す



完全無料ご相談はこちらから!

発注先探しのご依頼のほか、
ご質問・ご相談などもお気軽に
お問い合わせください。

お電話でのご相談

080-7948-5770 ※サポートデスク直通番号
受付時間:平日10:00〜18:30
上記お電話が繋がらない場合はこちらまで
080-7948-5480 / 080-7948-5807

WEBでのご相談申し込み

WEBお申し込み後、即日または翌営業日に
サポートデスクからご連絡をさせていただきます。

ご利用の流れ
必須お名前
必須メールアドレス
任意電話番号
任意依頼内容・希望
利用規約及び、個人情報保護方針にご同意のうえ、送信ください。

申し込み完了後、サポートデスクから
お電話またはメールにてご連絡させていただきます。

本サイトは、reCAPTCHAとGoogleにより保護されています。(プライバシーポリシー利用規約)
13年のマッチング実績。完全無料0円!