BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

EC-CUBEを使ったECサイト構築方法

目次

EC-CUBEを使ったECサイト構築方法

ECサイトを構築する場合、いくつかの方法があります。
開発などをする必要がなくID登録をすればすぐにでも使えるモール型(楽天ショッピングやヤフーショッピングなど)のものから、インターネット経由で使えるASPサービス、既にパッケージソフトウェアとして用意されているパッケージ式などがあります。

そして、ここで紹介する「オープンソフトウェア」があるのですが、これはEC-CUBEが使われることが多いです。
では、なぜECサイト構築を行う場合、EC-CUBEが人気なのでしょうか。ここでは、EC-CUBEを使ったECサイト構築方法について説明します。

ECサイト構築の依頼先探しならリカイゼンにお任せください!

リカイゼンでは、ECサイト構築実績を多数持つ会社の中から、ご要望に合う会社を厳選して無料でご紹介します。
企画段階からのご相談も受付中!気軽に相談できるプロをご紹介いたします。

お電話でのご相談は 080-7948-5770
受付時間:平日10:00~18:30

1. EC-CUBEとは

ECサイトを構築する手段としてEC-CUBEが人気があります。そこで、まずEC-CUBEについての理解を深めておくと、EC-CUBEを利用すべきか否か判断がしやすいでしょう。

また、EC-CUBEについて学ぶ際は特徴や動作環境、向いているECショップまで知っているとさらに知識の幅が広がります。いずれもEC-CUBEに詳しくなるために必要な項目です。ここからはEC-CUBEにおける詳細を細かくご紹介するので、1つ1つ詳しく確認していきましょう。

EC-CUBEとは何か

EC-CUBEは、日本の株式会社ロックオンが提供しているECサイト構築用パッケージになります。
日本発のECパッケージとして、国内シェアNo.1のオープンソース・ソフトウェアになります。ECサイトの運営や管理に特化したCMS(コンテンツマネジメントシステム)で、専門的な知識がなくても導入が可能です。

大手のECパッケージの多くが有料な中、EC-CUBEは無料で使用できるのがシェアNo.1になっている理由の一つでもあります。「ドン・キホーテ」や「ジュンク堂」など業界を問わず、国内でも有名な企業で用いられているほど人気が高いです。

さらに、カスタマイズやプラグインの導入が可能になっているので定期購入やオンライン予約など、様々な販売形態や機能にも対応できます。そのため、対応力や使いやすさの部分においても非常に評価が高いのが特徴的です。

また、EC-CUBEはクラウド版インストール版が存在しているのも特徴的です。
クラウド版においても機能は一緒で、各種決済を含めたプラグイン、デザインテンプレートを利用することができます。したがって、自社の環境に合わせてクラウド版とインストール版を使うのかは検討すると良いでしょう。

EC-CUBEの特徴

EC-CUBEは無料で利用できることにプラスして、日本で開発されたCMSということで、日本語対応が充実しているだけではなく、機能や操作性についても日本人が使いやすい点で人気の理由とされています。

実際にEC-CUBEの特徴の特徴は数多く存在しています。まず挙げられる特徴としてはカスタマイズ性に優れていることが挙げられるでしょう。サイトデザインに必要なテンプレートが勢ぞろいしているので、初めてECサイトを作る場合でも安心です。

また、プラグイン機能も非常に充実しており、商品表示の速度向上、サイト内の自動翻訳、定期販売の実施など手軽に行うことができます。そのため、より充実したECサイト作りが可能です。

さらに、カスタマイズ性以外にも、開発コストや運用コストを抑えることができる点も大きなメリットです。ECサイトをゼロから制作するとなると、時間や費用といったコストが多く掛かるので、コストを抑えられるのは嬉しいポイントと言えるでしょう。

ただEC-CUBEであれば導入してすぐに使えるような環境が整っているので安心です。さらに、運用のための月額出店料や手数料と言ったランニングコストも発生しないため、コスパ面を意識している企業でも気軽に活用することができます。

EC-CUBEの動作環境

EC-CUBEを導入する際はしっかりと動作環境を理解しておく必要があります。そこで、EC-CUBEの動作環境は下記の通りです。

● サーバ
 Apache(ソフトウェア) 2.4.x mod_rewrite / mod_ssl 必須(バージョン)

● 言語
 PHP 7.1 〜 7.4(バージョン)

● データベース
 PostgreSQL  9.2.x / 10.x / 11.x / 12.x / 13.x pg_settingsテーブルへの参照権限 必須(バージョン)

● ライブラリ
 pgsql / mysqli (利用するデータベースに合わせる)/pdo_pgsql / pdo_mysql / pdo_sqlite (利用するデータベースに合わせる)pdo、phar、mbstring、zlib、ctype、session、JSON、xml、libxml、OpenSSL、zip、cURL、fileinfo、intl

EC-CUBEを使ったECサイト構築の依頼先でお悩みの場合は、リカイゼンにお任せください!
リカイゼンでは、ご要望に応じた制作会社の候補を選定し、無料紹介いたします。まずはご相談からでもお気軽にご連絡ください。

お電話でのご相談は 080-7948-5770
受付時間:平日10:00~18:30

2. EC-CUBE向きなECショップとは

EC-CUBEの魅力はカスタマイズ性の広さです。
そのため、スクラッチで開発するよりも工数を少なく、かつ自身の使い勝手にあわせた構築が可能となっています。そのため、EC-CUBEを得意とする外注先に依頼してオリジナルのECショップを構築するのに向いていると言えるでしょう。

その一方で、商品点数が少なく、初めてECショップを作る、スモールスタートで始めたいという場合は、EC-CUBEなどで構築するよりも簡単にスタートできるASPであるBASEやSTORESなどのASPサービスを利用するがおすすめです。
BASEやSTORESはEC-CUBEよりもさらに早くECショップを始めることができるのでスモールスタートに最適です。EC-CUBEと同様に0円で開始することができるのでコスパの面でも信頼感が高くなっています。

ただ、BASEやSTORESは手軽にスタートできる反面、EC-CUBEよりもデザイン面が弱く、カスタマイズ性が低くなっているので注意が必要です。そのため、あらかじめメリットとデメリットを理解した上で、EC-CUBEと比較検討を行いましょう。

ECサイトの構築にあたってどのようなサービスを利用するのがよいかお悩みの場合は、リカイゼンにお任せください!
リカイゼンでは、ご要望に応じて適した方法のご案内やマッチする制作会社候補を選定し、無料紹介いたします。まずはご相談からでもお気軽にご連絡ください。

お電話でのご相談は 080-7948-5770
受付時間:平日10:00~18:30

3. EC-CUBEの機能

EC-CUBEは機能面でも優れており、数多くの機能が存在するので非常に使いやすくなっています。ここからはEC-CUBEにおける主な機能について詳しくご紹介するので、是非ご参考にしてください。

主な機能例

● 商品検索
商品カテゴリや、商品名などのキーワードから検索ができます。

● 商品一覧ページ
カテゴリごとに登録されている商品の一覧表示ができます。サムネイル表示も可能となっているので、お客様に対する訴求力の向上につなげることが可能です。在庫が不足している場合も表示してくれるのでお客様にとって親切な形になっています。

● ショッピングカート機能
ECサイトには不可欠のショッピングカート機能では、複数商品をカートに入れるなどの機能が備わっています。非会員のユーザでも購入可能な上に、配送時間についても指定ができるので非常に便利です。

● 支払い方法選択
管理画面にて、支払い方法や手数料を登録すると、ユーザは支払い方法を選択することができます。

● 会員登録機能
ユーザは会員登録ができます。管理側では会員情報の管理ができます。過去の注文履歴や、現在の注文状況、お気に入りの商品を確認することも可能です。

● オススメ商品機能
設定したオススメの商品を、トップページにあるおすすめ枠に表示できます。

● 商品レビュー管理
ユーザが入力した商品レビューについての管理ができます。

● 売上状況
現在の売上、会員数の数値管理ができます。それらの数値をトップページに表示できます。

● ポイント設定
各商品においてポイント付与率の設定が行えます。一括付与率だけではなく、個別に変更したい場合、商品ごとに付与率の変更を行うことも可能です。

● メルマガ配信
メルマガの一斉配信だけではなく、絞り込み検索、配信予約設定が行えます。

EC-CUBEを使ったECサイト構築の依頼先でお悩みの場合は、リカイゼンにお任せください!
リカイゼンでは、ご要望に応じた制作会社の候補を選定し、無料紹介いたします。まずはご相談からでもお気軽にご連絡ください。

お電話でのご相談は 080-7948-5770
受付時間:平日10:00~18:30

4. EC-CUBEのメリット

EC-CUBEにおけるメリットは数多く存在しますが、その中でも特に嬉しいメリットとしては開発パートナーが一定数いることや、無料インストールからスタートできることが挙げられるでしょう。

そこでここからはEC-CUBEのメリットについて詳しくご紹介します。いずれもEC-CUBEを利用する上で非常に重要なポイントとなっているのが特徴的です。EC-CUBEを導入する予定がある場合は、是非ご参考にしてください。

開発パートナーが一定数いる

サイトを構築する中で、重要なのがそのパッケージを使ってECショップの構築ができる開発会社が複数いることです。例えば海外経由のパッケージなどでは、対応できる会社が限られ、なかなか開発会社を見つけらないという場合や、新しい開発会社を探したいという時に苦労する可能性があります。
そうなってしまうと中々開発に結び付かず、時間を無駄にしてしまうこともあるでしょう。

ただ、EC-CUBEは対応パートナーが複数おり、開発環境もPHPなど対応できる開発会社が多い分野でもあるので安心です。開発パートナーを見つけられず、開発できないことで難航してしまうということはないので、不安になることなくECサイトの開発を進められます。

無料インストールからスタートできる

大手ECパッケージのほとんどが有料な中、EC-CUBEは無料でインストールができます。無料とは言え、ECサイトとして必要である基本的なプログラムがほぼ搭載されているので、初期投資のリスクを極力抑えられます。

無料インストールできるため、開発のスタートラインに乗せるまでが比較的容易である点が嬉しいポイントです。気軽にインストールできるので、そのままECサイトの解説に結び付きます。

ECショップの機能も一通り揃っている上に、プラグインも充実しているので、スクラッチ開発よりもスピード感を持って構築を進めることができます。なるべく急いでECサイトを作りたいという企業に最適です。

また、無料でスタートできるだけではなくカスタマイズ性も高いので、「無料だからデザインが良くなさそう」と悩む必要はありません。そのため、EC-CUBEはなるべくコストを掛けず質の高いECサイトを開設したい企業にも向いています。

EC-CUBEを使ったECサイト構築の依頼先でお悩みの場合は、リカイゼンにお任せください!
リカイゼンでは、ご要望に応じた制作会社の候補を選定し、無料紹介いたします。まずはご相談からでもお気軽にご連絡ください。

お電話でのご相談は 080-7948-5770
受付時間:平日10:00~18:30

5. EC-CUBEのデメリット

EC-CUBEは非常に便利なシステムとなっており、メリット面が目立っていますが同時にデメリットも存在します。特に導入時に技術や知識が必要な面や、セキュリティ面でのカバーが必要な点はあらかじめ把握することが大切です。

そこで、ここからはEC-CUBEのデメリット面について詳しくご紹介します。いずれもEC-CUBEを検討する際に非常に重要なポイントとなっているので、導入を検討している場合は細かくチェックしていきましょう。

導入に技術・知識が必要

EC-CUBEはオープンソースなので無料で導入できるところは良いのですが、そこにデメリットがあります。懸念事項として、技術力や知識が求められるということです。


例えば、ショッピングモールやASPサービスなどは、不具合やトラブルはもちろん、利用方法で困ることがあったら、サポートを利用することができます。
しかし、EC-CUBEに関しては、全て自分で解決しなければいけません。全ては自己責任になります。

無料インストールできるものの、EC-CUBEを使ってECショップを構築するには、WEBサイト構築に触れたことがない人にとっては難しいです。導入に関しては、ある程度自身でWEB周りの知見を持っているか、開発パートナーと一緒に取り組む必要があります。

全くWEB周りの知見を持っていない企業がインストールしても、EC-CUBEの機能を最大限に引き出すことはできません。実際に開発パートナーとなりうる企業は国内に多く存在するのでEC-CUBEを導入する際は、開発パートナーとなりうる企業を見つけてから導入しましょう。

セキュリティ面でのカバー

無償で使えるオープンソースですので、公に開かれている分、セキュリティ面の脆弱性のカバーが必要になります。
オープンソースの特性上、ユーザが広がっていきますので、悪意を持った利用者が脆弱性を狙ったサイバー攻撃を仕掛ける危険性が高いということです。

オープンソースはメリット面だけではなく、こういったデメリットの面も理解することが重要となります。また、プラグインの導入などカスタマイズをすることが知らない間に脆弱性を高めてしまうという可能性もあるということです。

実際に2021年5月にクロスサイトスクリプティングの脆弱性に対しての報告があり、セキュリティ面が完壁ではないことが分かります。
このセキュリティ対策に関しては、常に意識しておかなければいけないことですし、脆弱性に対応したバージョンアップの案内があった場合は、遅れずに対応する必要があります。EC-CUBEのコミュニティなどで常に情報交換がされています。
実際にEC-CUBEのコミュニティは数多く存在するため、EC-CUBEを導入して運用する場合は細かくチェックしておくと良いでしょう。

6. EC-CUBE構築のまとめ

EC-CUBEを使ったECサイト構築に関するまとめを説明してきました。多くのECサイト事業者に人気のEC-CUBEは、オープンソースで公開されていることもあり、導入コストを抑えて始められるところが、これだけ広がっている理由の一つのようです。
また、最初の段階で、ECサイトに必要な基本機能が備わっているというのもソフトウェアを選択する上では強みでもあります。

しかし、オープンソースだからこそユーザが増え、それとともにセキュリティの脆弱性を突かれるような悪意のある利用者も増えていることは確かです。その辺りはよく吟味して、EC-CUBEを利用するかどうかを決める必要があるでしょう。

ECサイト制作依頼先探しなら、
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社をご紹介いたします!

かんたん3ステップ
お急ぎの方はお電話で 03-6427-5422
※サポートデスク直通番号
受付時間:平日10:00〜18:30

ECサイト制作依頼先探しでこんなお悩みはありませんか?

お悩み
  • 会社の選び方がわからない
  • 何社も問い合わせるのが面倒くさい
  • そもそも依頼方法がわからない
  • 予算内で対応できる会社を見つけたい

発注サポート経験豊富な専任スタッフが
あなたのご要望をお聞きし、最適な会社をご紹介いたします!
ご相談から会社のご紹介まで全て無料でご利用いただけます。
お気軽にご相談ください!

ECサイト制作
依頼先探しなら
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社を無料でご紹介いたします!

サポートデスク

まずはご質問・ご相談なども歓迎!
お気軽にご連絡ください。

この記事の監修
リカイゼン サポートデスク 
吉田・新町
BtoBマッチングサービスであるリカイゼンにおいて、発注企業からのご相談のヒアリング、企業選定のフォローなどを行う部門の担当です。出展企業であるシステム開発やWEB制作、クリエイティブ制作会社ともコミュニケーションを取りながら、年間数百件の受発注のサポートを行っています。

ECサイト制作の関連記事

BASEのショップ運用にかかる費用はいくら?内訳や計算方法など丁寧に解説していきます

BASEのショップ運用にかかる費用はいくら?内訳や計算方法など丁寧に解説していきます

ネットショップをかんたんに作成できるBASEは、テレビCMなどにも力を入れているため、BASEを利用したECサイトの運用を検討している企業も多いでしょう。 しかし、実際にBASEでネットショップを開設するとき...

カラーミーショップのカスタマイズ方法!おすすめのテンプレートもご紹介

カラーミーショップのカスタマイズ方法!おすすめのテンプレートもご紹介

カラーミーショップを利用して、自社のECサイトをさらにオリジナリティのあるデザインにしたいと考える企業は多いのではないでしょうか。カラーミーショップのカスタマイズ方法は、初級から上級までさまざまな難易度が用意されているため、...

Shopifyのデザインはカスタマイズできる!初心者でもわかる編集方法を解説

Shopifyのデザインはカスタマイズできる!初心者でもわかる編集方法を解説

一般的にECサイトを自社で制作するには、コストと時間をかける必要があります。しかし、Shopifyを利用してデザイン部分をカスタマイズすれば、自社に適したECサイトを比較的簡単に制作することが可能です。 そこ...

イーコマースとは?ECサイトのメリット・デメリットや種類をわかりやすく紹介!

イーコマースとは?ECサイトのメリット・デメリットや種類をわかりやすく紹介!

自社の商品やサービスを販売する上で重要となるのが、商圏です。当然ながら広い商圏で自社商品やサービスを販売できれば、売上がアップするだけでなく認知度も高くなり、ブランディングにも大きな影響を与えられます。 しか...

オムニチャネルとは?実行するメリット、成功させるための手法を解説

オムニチャネルとは?実行するメリット、成功させるための手法を解説

「オムニチャネル」とは、顧客への新たなアプローチ方法として注目されている販売戦略です。SNSやスマートフォンの普及に伴い、企業にとって欠かせない戦略のひとつになってきました。オンライン上からも積極的なアプローチをはじめる企業...

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す