BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

【IT用語】システムのリプレースとは?4種類ある方式の特徴、成功事例を解説

目次

【IT用語】システムのリプレースとは?4種類ある方式の特徴、成功事例を解説

業務システムなどを長く使い続けていると、パフォーマンスが落ちて使い勝手が悪くなっていきます。しかし、システムを新しいものに変えたくても業務を止められない、システムを変えると弊害が起きるかもしれないなど、変更をためらうケースは少なくありません。

既存のシステムを新しいシステムに置き換えるリプレースは、システムを管理する中で必要になる重要なプロジェクトです。ここでは、リプレース方式の種類、成功事例と失敗事例、リプレースを失敗しないためのポイントなどについて詳しく解説します。

システムリプレースの依頼先探しならリカイゼンにお任せください!

リカイゼンでは、システムリプレース実績を多数持つ会社の中から、ご要望に合う会社を厳選して無料でご紹介します。
企画段階からのご相談も受付中!気軽に相談できるプロをご紹介いたします。

お電話でのご相談は 03-6427-5422
受付時間:平日10:00~18:30

1. リプレース(リプレイス)とは?

リプレースとは、交換・置換という意味の言葉で、古くなったシステムを新しいシステムに置き換えることを指します。

システムを使い続けていると動作が不安定になったり、データリソースが足りなくなったりすることがあります。このようなときに、システムをリプレースし新しいシステムに移行することでこれらの問題を解決し、より高機能なシステムに乗り換えることが可能です。

リプレースの目的

ITは日々進化していくため、システムやソフトウェアは使い続けていくと古くなっていきます。利用開始時よりもユーザー数やアクセス数が増加すると、従来のリソースでは処理しきれなくなっていくこともあるでしょう。

そのため、リプレースすることで最新の機能を持つシステムを利用できるようになり、リソースの増加対応が可能になります。

「更改」「マイグレーション」との違い

リプレースと似たような言葉に「更改」、「マイグレーション」という言葉もありますが、何が違うのでしょうか。

「更改」とはシステムを新しくすることを指しますが、古い契約を新しい契約に切り替えるという意味も含まれます。リプレースにはそのような意味は含まれておらず、単純にシステムやソフトウェアの移行を指しています。

「マイグレーション」とは、システムやソフトウェアを新しいプラットフォームやOSに移行することです。リプレースはプラットフォームやOSまでは変更せず、システムやソフトウェアを新しく入れ替えることを指しています。

2. 4種類のリプレース方式、それぞれの特徴とは?

リプレースを行う際には、ユーザーデータなどを新システムに移行するという重要なプロジェクトを実施する必要があります。リプレース方式には、移行するシステムの特性に合ったいくつかの方式が存在します。ここでは、4種類のリプレース方式について解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

一括移行方式

システムの全機能を一回でリプレースする方式です。移行コストを低く抑えられ、移行の手間がかからないというメリットがあります。また、移行が失敗した場合でも簡単に元に戻せます。

しかし、ユーザーデータや取引データなど移行すべきデータが多い場合は、移行に時間がかかり過ぎるため適していません。特に、24時間稼働が必要なシステムには不向きです。

段階移行方式

移行を何回かに分けて段階的に行う方式です。少しずつデータを移行させていくため、一回の移行時間を短縮することが可能です。メンテナンス時間を長く確保できない24時間稼働のシステムなどに適しています。

ただし、作業回数が多くなる、ユーザーに個別に案内が必要な場合がある、リプレース作業が失敗した場合の戻し作業が複雑になるなどのデメリットもあります。

並行移行方式

元のシステムと新しいシステムを、しばらくの期間並行して運用する方法です。しばらく運用して問題がなければ、旧システムを停止して移行を完全に完了させます。新システムに問題が発生した場合にもすぐに元に戻せる、新システムを検証した後に完全に移行できるというメリットが魅力です。

ただし、作業コストが大きい、並行してデータを保持する必要があるためデータの扱いが複雑になるなどの問題もあります。

パイロット方式

全てのシステムを一気に移行するのではなく、一部だけを部分的に新システムに切り替えていく方式です。問題が発生しても影響が少ない部分から移行していくことで、影響を見極めながら少しずつ安全にリプレースを進められます。

ただし、移行作業が複雑になるという問題点もあります。

3. リプレースの成功事例と失敗事例

リプレースの成功事例と失敗事例について見ていきましょう。

成功事例

古いデータが増え過ぎて動作が不安定になった古い業務システムから、新システムにリプレースしました。リプレースと同時に、メモリ容量の増加など、リソース面での見直しも行っています。

その結果、高機能のシステムを使えるようになり動作も安定しました。リソースを見直したことで処理速度も向上し、作業効率が大幅にアップしました。

失敗事例

あるショップのポイント管理システムを新しいシステムにリプレースしたところ、移行時にエラーが発生し、移行作業が失敗してしまいました。

作業の失敗でデータが破損しユーザーのポイントが失われ、ユーザーに個別に謝罪する事態に発展。影響範囲がどれくらいあるのか、全データを確認するためシステムを停止することになり、ユーザーへの影響が大きくなってしまいました。

4. リプレースで失敗しないためのポイント

ここからは、リプレースで失敗しないための重要なポイントについてご説明します。

現状の課題、リプレースの目的を明確化する

まずは、現状の課題を把握し、リプレースする目的を明確にしましょう。作業コストと問題を解決した際のメリットを比較し、本当にリプレースすべきなのかを判断する必要があります。

情報整理などの事前準備を入念に行う

リプレースするために必要な作業は何か、人員や期間はどれくらい必要か、既存業務への影響はどれくらいかなど、事前に情報を整理しましょう。リプレースはイレギュラーな作業なので、できるだけ情報を整理しておきましょう。

ベンダー選びを慎重に行う

リプレース作業を外注するベンダー選びは慎重に行うべきです。リプレースの経験豊富で実績のある企業に外注することがおすすめです。

良い企業を探すためには、ビジネスマッチングサービス『リカイゼン』をぜひご利用ください。リプレース作業を任せられるビジネスパートナーを無料で探せます。

お電話でのご相談は 03-6427-5422
受付時間:平日10:00〜18:30

既存のシステムとの連携がとれるようにする

企業の業務システムでは会計システムや顧客管理システムなど、既存システムと連携しているケースも多いです。業務システムをリプレースした際に、これらの周辺システムとの連携がとれるようにしておく必要があります。

新システムにリプレースした後に連携システムを使えなかった、ということがないように計画しましょう。

5. まとめ

今回の記事では、リプレース方式の種類、成功事例と失敗事例、リプレースを失敗しないためのポイントについて解説しました。システムのリプレースは重要なプロジェクトなので、外注先を選ぶ際には慎重に行う必要があるでしょう。

リプレースを外注する企業をお探しなら、ビジネスマッチングサービス『リカイゼン』をぜひご利用ください。リプレースを任せられる外注先を無料で探せます。

ソフトウェア・業務システム開発依頼先探しなら、
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社をご紹介いたします!

かんたん3ステップ
お急ぎの方はお電話で 03-6427-5422
※サポートデスク直通番号
受付時間:平日10:00〜18:00

ソフトウェア・業務システム開発依頼先探しでこんなお悩みはありませんか?

お悩み
  • 会社の選び方がわからない
  • 何社も問い合わせるのが面倒くさい
  • そもそも依頼方法がわからない
  • 予算内で対応できる会社を見つけたい

発注サポート経験豊富な専任スタッフが
あなたのご要望をお聞きし、最適な会社をご紹介いたします!
ご相談から会社のご紹介まで全て無料でご利用いただけます。
お気軽にご相談ください!

ソフトウェア・業務システム開発
依頼先探しなら
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社を無料でご紹介いたします!

サポートデスク

まずはご質問・ご相談なども歓迎!
お気軽にご連絡ください。

この記事の監修
リカイゼン サポートデスク 
吉田・新町
BtoBマッチングサービスであるリカイゼンにおいて、発注企業からのご相談のヒアリング、企業選定のフォローなどを行う部門の担当です。出展企業であるシステム開発やWEB制作、クリエイティブ制作会社ともコミュニケーションを取りながら、年間数百件の受発注のサポートを行っています。

ソフトウェア・業務システム開発の関連記事

【RPA開発|初心者の方向け】シナリオ作成から失敗回避のポイント、導入支援まで

【RPA開発|初心者の方向け】シナリオ作成から失敗回避のポイント、導入支援まで

単純な業務の自動化に非常に有効なRPAですが、RPAツールの機能向上や生成系AIとの連携により、さらに複雑な業務の自動化にも効果的になってきました。 しかし、いざRPAツールを導入し...

ソフトウェア開発の制作工程とは?各工程の目的や役割を解説

ソフトウェア開発の制作工程とは?各工程の目的や役割を解説

 ソフトウェアの開発には、基本的な制作工程が存在します。決められた手順に沿って進めることで、高品質なソフトウェア開発が可能になります。しかし、この制作工程について、一般の方は知らないことが多いのではないでしょうか。...

【発注初心者向け】システム開発の失敗リスクを減らす発注ガイド

【発注初心者向け】システム開発の失敗リスクを減らす発注ガイド

初めてシステム開発を行うを行うときに知っておきたい記事コンテンツをまとめました。 ぜひ、こちらを参考にしていただき、失敗リスクを最小限に、システム開発を進めていただければと思います! ...

システム開発におけるドキュメントの目的とは?種類や改定タイミングなどについて徹底解説!

システム開発におけるドキュメントの目的とは?種類や改定タイミングなどについて徹底解説!

システム開発を外注先に依頼するとプログラムが納品され、開発過程で作成されたドキュメント類も一緒に納品されることがあります。このドキュメントがなんのために存在するのかと疑問に感じたことはありませんか。 ドキュメ...

【IT用語】システムのリプレースとは?4種類ある方式の特徴、成功事例を解説

【IT用語】システムのリプレースとは?4種類ある方式の特徴、成功事例を解説

業務システムなどを長く使い続けていると、パフォーマンスが落ちて使い勝手が悪くなっていきます。しかし、システムを新しいものに変えたくても業務を止められない、システムを変えると弊害が起きるかもしれないなど、変更をためらうケースは...

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す