BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

在庫管理のRFIDとは?メリットや注意点、適した環境などについて徹底解説!

目次

在庫管理のRFIDとは?メリットや注意点、適した環境などについて徹底解説!

小売業などの商品を管理する業界では、商品の在庫管理は非常に重要な業務です。バーコードリーダーやQRコードリーダーなどで商品についている情報を読み込んで在庫管理を行うのは一般的ですが、さらに進んだ技術としてRFIDがあります。

RFIDは在庫管理の効率化に非常に有効なのですが、どのような仕組みなのでしょうか?この記事ではRFIDについてメリットや注意点などについて、詳しく解説します。在庫管理を行う業界でRFIDの導入をご検討の場合、この記事を読めばRFIDについて詳しく理解できるでしょう。

在庫管理システム開発の依頼先探しならリカイゼンにお任せください!

リカイゼンでは、在庫管理システム開発実績を多数持つ会社の中から、ご要望に合う会社を厳選して無料でご紹介します。
企画段階からのご相談も受付中!気軽に相談できるプロをご紹介いたします。

お電話でのご相談は 03-6427-5422
受付時間:平日10:00~18:30

1. 在庫管理におけるRFIDとは

RFIDとは「Radio Frequency Identification」の略で、商品に付けた小さなICタグを読み取って商品情報を読み取れる小型の機械のことです。スーパーのレジで使われているバーコードリーダーのような形をしていますが、読み取るのはバーコードやQRコードではなく、ICタグ情報です。

商品情報を登録し、商品に対応するタグをつけておけば、RFIDをかざすだけで情報を読み取ることが可能です。RFIDを利用すれば検品や棚卸作業や在庫管理作業の効率化につながるほか、無人レジや万引き防止にも活用できます。

バーコード管理との違い

RFIDとよく似た仕組みにバーコードリーダーによるバーコード管理がありますが、RFIDと何が違うのでしょうか?それぞれの仕組みの違いについてご説明します。

【RFIDとバーコードの違い】
RFID バーコード
接触距離 長い 短い
一括処理 不可
データの書き換え 不可
データの寿命 長い 短い

RFIDのもっとも大きな特徴が、接触距離が長く一括処理が可能ということです。RFIDは遠くからでもデータを一括処理できるので、棚にある商品を手に取る必要がなくまとめて読み取れます。これまでバーコードにリーダーを近づけて一つ一つ読み取っていた手間を、大幅に省くことができるでしょう。 またRFIDはいったんデータを登録した後、新たにデータを追加したり書き換えたりすることも可能です。これもバーコードにはないメリットといえます。さらにICタグは直射日光にさらされるなどのことがなければ半永久的に使うことが可能です。 このように、RFIDは総じてバーコードよりも優れているといえるでしょう。

2. 在庫管理におけるRFIDのメリット

在庫管理におけるRFIDには以下のようなメリットがあります。

複数の在庫情報を読み取れる

ICタグを一つ一つ読み取る必要はなく、一括で複数の情報を読み取れるというメリットがあります。バーコードのように一つ一つの商品にリーダーを当てる必要はなく、まとめて一回で複数のタグの情報を読み取れます。

膨大な数の商品や在庫を一つ一つ読み取ると時間がかかるため生産性が悪く、人件費も上がってしまいます。そこでRFIDを導入すれば在庫管理の時間効率が向上し、コストダウンにつながるでしょう。

遠距離&非接触で情報を読み取ることができる

棚の上など多少遠くにある商品でも、非接触で情報を読み取ることが可能です。

物流倉庫などでは何段にも重なる棚の上に多くの商品が保管されていることがあります。しかし、RFIDならすべての商品を管理するために、棚の上の商品を下ろしたり自らが棚に上がったりする必要もありません。作業効率が向上し、人件費の削減にもつながります。

データを書き換えられる

RFIDなら、一度登録したデータの書き換え・追加が可能です。

バーコードではデータの書き換えができないため、内容変更をする場合はバーコードを新たに作り直し、貼り直さなければなりません。非常に無駄な手間とコストが発生するだけでなく、ヒューマンエラーの原因ともなります。

しかし、RFIDならそのような手間やリスクの発生を抑えることができ、手元での書き換えだけで完了します。いつでも自由にデータを登録し直すことができるほか、一度に多くの情報を入れることも可能です。

ICチップの寿命が長い

RFIDのICチップは非常に寿命が長いです。物理的なダメージが入って損傷する、紫外線に長時間さらされるなどのようなことがない限り、半永久的に使えます。

一方で、バーコードは擦り切れたり日焼けしたりすると、破損する可能性があります。ICチップは多くの商品などに貼って使うものなので、寿命が長い方がトータルコストを下げられるでしょう。

3. 在庫管理におけるRFIDのデメリット・注意点

在庫管理におけるRFIDには、以下のようなデメリットや注意点もあります。メリットとあわせて正しく理解してから、導入を検討することをおすすめします。

導入コストが高い

全ての商品にICチップを作成する必要があるので、バーコードを印刷するよりも導入コストが高額です。具体的には、ICタグ一枚あたり数十円~が相場です。

またRFIDはICチップのみならず、RFIDに対応した在庫管理システムや管理アプリの導入も必要です。さらに、商品情報を再度登録しICタグをすべての商品に取り付けるコストもかかります。これらの導入コストは必ず発生するものですので、あらかじめ把握・見積もりをしておく必要があります。導入コストと比較し、生産性向上やトータルコスト削減のメリットの方が相対的に大きいことが条件となるでしょう。

タグ取り付けに時間がかかる

RFIDの導入にあたっては、すべての商品にICチップが埋め込まれたタグを取り付ける必要があります。タグの取り付けは手動で行う必要があるため、その分の作業時間や人件費が発生します。計画段階で、すべての商品にタグを取り付けるまでの所要時間を織り込む必要があるでしょう。

水や電波に気を付ける必要がある

ICタグに組み込まれているICチップは、水や電波に弱いという性質があります。水分は電波を吸収するため、電波がうまく届かなくなる可能性があります。

また、他の電波が存在すると、電波干渉が発生する場合もあります。干渉が多い場所でRFIDを使用すると情報の読み取りがうまくいかない可能性もあるため、水や電波による影響を避けて利用しましょう。

4. 在庫管理におけるRFIDが適した対象物と環境

ここでは、RFIDによる在庫管理が適している対象物と環境についてご説明します。

RFIDで管理する対象物として適しているのは、以下のようなものです。

RFIDが適した対象物
  • 単価が高い商品
  • 大きい商品や商品のまとまり

ICタグは高価なので小さい部品など一つひとつに取り付けるのは費用対効果が低すぎるため、高価な商品に使うことをおすすめします。または、箱ごとに取り付けるなどでも良いでしょう。

RFIDが適した環境
雨や紫外線などの影響が少ない室内で、外部からの電波干渉が少ない遮蔽された場所が適しています。また、RFIDの電波が効率良くすべての商品に届くような配置にしておくことも重要です。

5. まとめ

この記事ではRFIDについてメリットや注意点などについて、詳しく解説しました。

RFIDは従来のバーコードリーダーなどよりも高性能ですが、その分導入コストが高いという問題もあります。在庫管理に適していると判断した場合は、ぜひ導入を検討してみてください。

ソフトウェア・業務システム開発依頼先探しなら、
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社をご紹介いたします!

かんたん3ステップ
お急ぎの方はお電話で 03-6427-5422
※サポートデスク直通番号
受付時間:平日10:00〜18:00

ソフトウェア・業務システム開発依頼先探しでこんなお悩みはありませんか?

お悩み
  • 会社の選び方がわからない
  • 何社も問い合わせるのが面倒くさい
  • そもそも依頼方法がわからない
  • 予算内で対応できる会社を見つけたい

発注サポート経験豊富な専任スタッフが
あなたのご要望をお聞きし、最適な会社をご紹介いたします!
ご相談から会社のご紹介まで全て無料でご利用いただけます。
お気軽にご相談ください!

ソフトウェア・業務システム開発
依頼先探しなら
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社を無料でご紹介いたします!

サポートデスク

まずはご質問・ご相談なども歓迎!
お気軽にご連絡ください。

この記事の監修
リカイゼン サポートデスク 
吉田・新町
BtoBマッチングサービスであるリカイゼンにおいて、発注企業からのご相談のヒアリング、企業選定のフォローなどを行う部門の担当です。出展企業であるシステム開発やWEB制作、クリエイティブ制作会社ともコミュニケーションを取りながら、年間数百件の受発注のサポートを行っています。

ソフトウェア・業務システム開発の関連記事

【発注初心者向け】システム開発の失敗リスクを減らす発注ガイド

【発注初心者向け】システム開発の失敗リスクを減らす発注ガイド

初めてシステム開発を行うを行うときに知っておきたい記事コンテンツをまとめました。 ぜひ、こちらを参考にしていただき、失敗リスクを最小限に、システム開発を進めていただければと思います! ...

システム開発におけるドキュメントの目的とは?種類や改定タイミングなどについて徹底解説!

システム開発におけるドキュメントの目的とは?種類や改定タイミングなどについて徹底解説!

システム開発を外注先に依頼するとプログラムが納品され、開発過程で作成されたドキュメント類も一緒に納品されることがあります。このドキュメントがなんのために存在するのかと疑問に感じたことはありませんか。 ドキュメ...

【IT用語】システムのリプレースとは?4種類ある方式の特徴、成功事例を解説

【IT用語】システムのリプレースとは?4種類ある方式の特徴、成功事例を解説

業務システムなどを長く使い続けていると、パフォーマンスが落ちて使い勝手が悪くなっていきます。しかし、システムを新しいものに変えたくても業務を止められない、システムを変えると弊害が起きるかもしれないなど、変更をためらうケースは...

プロジェクトライフサイクルとは?意味や種類、4つのフェーズをわかりやすく解説

プロジェクトライフサイクルとは?意味や種類、4つのフェーズをわかりやすく解説

プロジェクト管理はプロジェクトライフサイクルという型にそって推進することで、円滑に運営できるようになります。本記事ではプロジェクトライフサイクルの重要性や種類について解説します。 プロジェクト管理を任されたプ...

プロジェクト管理はどんな体制で進める?プロジェクト体制図のポイントを解説します

プロジェクト管理はどんな体制で進める?プロジェクト体制図のポイントを解説します

プロジェクトの運用には多くの人が関わり、さまざまな情報が飛び交います。そのため、プロジェクトを円滑に進めるためのチーム体制が組まれ、指揮命令系統を定めることがほとんどです。 しかしプロジェクトの一員という立場...

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す