BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

21世紀型新しい教育、STEM教育とは?

現代社会では、どのような業界でもIT技術は避けて通れないものになってきました。文系、理系という分けられ方をして専攻する教育も、今の世の中のニーズに合っていないのではないかとも言われています。そういった中で子供教育の新しい形として出てきたのがSTEM教育です。海外では、国が主体となってSTEM教育を積極的に行っていますが、日本ではどちらかというと民間企業がSTEM教育を行っている例をよく見かけます。
今回は、21世紀型の新しい教育となるSTEMに関してを解説します。

TEM教育とは

STEMとは、
S:Science
T:Technology
E:Engineering
M:Mathematics
それぞれの頭文字を取って作った単語で、科学技術工学数学の教育分野を総称した造語です。

STEM教育では、4つの学問をしっかりと学ぶことで、成長スピードの速いIT社会とグローバル社会に適応した国際競争力を持つ人材を生み出すことを目指した21世紀型の教育システムになります。

ただ、単純に科学技術やIT技術に秀でた人材を生み出すためだけではありません。STEM教育の根底は「自分で学ぶこと「自分で理解すること」があります。STEM教育を通して、自発性や創造性、判断力、問題解決力などの能力を高めることにあります。

日本でも、2020年からプログラミングが必須科目になります。
子供の頃から、タブレットやパソコンに触れてプログラミングをしたり、ロボットを組み立てるなどの経験を通して成長し、専門性の高い人材を増やすこと、国際社会および労働市場で価値の高い人材を生み出すことがSTEM教育の本質と言えます。

自発的に学んで、自身で理解し、発見することで、やがて独自の創造性(クリエイティビティ)につながります。一部では、STEMにART(芸術)を加えて、「STEAM」とする場合もあります。

STEM教育のバリエーション

STEM教育には、あらゆる要素を足して、さまざまなバリエーションが出てきています。ここではいくつかのバリエーションを紹介します。

STEAM(スティーム)

STEM教育にART(芸術)を足して、科学、技術、工学、数学、芸術を足した教育方針になっています。
芸術というと、絵を描くなどのイメージがあるかもしれませんが、そうではなくて芸術で培われる独創性、創造性を活かすという意味合いの方が近いです。それらの力は、現実社会の問題に取り組み、解決する力を養うことが期待されているのです。

eSTEM(イーステム)

eSTEMは、environmental STEMの略称になります。STEM教育に環境を足したものです。
環境教育は、多岐にわたっているのですが、異常気象、森林破壊などの自然環境のほか、近代における公害問題などの産業環境について含まれています。
人間関係、生きがいなどの生活環境問題、IT社会におけるネット環境など、身近なものから地球規模の環境に至るまで、あらゆる分野へ広がっています。
環境に配慮したより良い社会を作るための人材育成を目指しています。

GEMS(ジェムズ)

GEMSは、Girls in Engineering Math and Scienceの略称です。女性をSTEM分野に進出するためのプログラムです。女性の社会進出や男女平等の社会づくりが求められている中で、世界的にSTEM分野へ進出する女性の割合が少ないことは課題です。GEMSのような取り組みを行う国や機関が増えてきています。

海外と日本のSTEM教育

海外のSTEM教育

アメリカでは、オバマ大東力の就任後にSTEM教育が本格化しています。
年間の予算として数十億ドルが投入され、STEM教育を通して科学技術に優れた人材を多く育成しようという国家戦略が進められています。

STEM教育を受けた子供たちが、やがて社会に出て活躍する際に、創造力にあふれた人材を多く輩出していることは、アメリカとして国際協力を維持するということにもつながるのです。

アメリカでは子供の頃からSTEM教育を実施する取り組みが積極的に行われています。幼少期より、パソコンやタブレットに触れる、研究用のロボットを組み立ててみる、さらにプログラミングの授業を導入するなど、ITや先端技術に触れることが可能な環境や施設が整いつつあるのです。

シンガポールインドと行ったアジア新興国でもSTEM教育が盛んに行われています。シンガポールでは、国営のSTEM教育施設があるくらいです。インドでは2015年より子供たちを対象にした科学技術を学べるプロジェクトがスタートしています。

海外では、国が主体となり、早い時期から子供にSTEM教育を受けさせることで、魅力的な人材育成につなげる施策が打たれています。

日本のSTEM教育

日本では、海外に比べてSTEM教育は遅れています。その理由として、教育プログラムを変更するには4年先になるからです。文科省が2016年に「小学校でのプログラミング授業の必修化」に関しても、実施自体は2020年からになっているのが、一つの例です。
日本では国レベルでSTEM教育の導入は遅れているものの、民間でのさまざまな会社や機関がSTEM教育を念頭においたサービスや活動を開始しています。

2020年の小学校でのプログラミング教育の必修化が決定し、文科省は全国200校以上の指定校があるスーパーサイエンスハイスクールへの支援や、科学の甲子園、国際科学技術コンテストなど、次世代科学者育成プログラムなどの推進を行っています。

日本におけるSTEM教育の専門研究を行う機関として、埼玉大学のSTEM教育研究センターがあります。

STEM教育で、具体的にどのようなことをやるのか具体的ないくつかの例を紹介します。

プログラミング

2020年から小学校で必修化が決まっているプログラミングの教育です。子供むけのプログラミング教育では、画面上にイラストやアイコン、画像などを並べてあり、手軽にプログラミングを楽しめるようになっている「ビジュアルプログラミング」と呼ばれるアプリを使って、ゲーム感覚でプログラミングの基礎を学んでいきます。

ものづくり

人気のロボットプログラミングの他、コンピュータ操作だけではなく、ものづくりから行える教室です。STEM教育のモノづくりは、自分で考えて作り、出来上がったものを動かすまでが含まれています。自分で考えて組み立てから動かすまでの全行程を体験することで、問題解決をするための思考力、行動力などの技術を身につけることを目的としています。

科学実験、ほか

科学への理解を深められるのは、不思議な体験や経験を通じて得られる科学実験です。
そのほか、STEM教育の基礎である算数の教室もあります。STEM教育の算数は、学校で学ぶのとは違い、遊びをうまく取り入れながら楽しく学ぶことが出来るのです。

まとめ

今回は、21世紀型の新しい教育、STEMに関して概要を説明してきました。
海外では国レベルで力を入れていますが、日本ではどちらかというと民間企業や期間が積極的に動いているのが目立ちます。これまでの「用意をされた答え」を出すための教育ではなく、答えを導くためのプロセス、そのための思考力などが大切であるということで、180度教育方針が変わっています。それは、答えを暗記するだけでは、社会を生きられなくなっているということなのです。2020年の小学校のプログラム必須化が始まると、新たな課題も出てくると思いますし、STEM教育の機関も増えてくるでしょう。

システム開発でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

システム開発の関連記事

ファッションテックとは?IT活用における次の施策は「パーソナライズ」化

ファッション業界に興味がない場合、「ファッションテック」という分野にはあまり触れる機会がないかもしれません。 衣食住の一つとして、衣は誰もが生活に必要となるものです。そこから考えると、ファッションテックも身近なものになる...

2019年、最も注目されるテクノロジー「RPA」とは?基本知識と活用例

この十数年で、オフィスワークのあらゆる仕事がデジタル化・IT化されたことで、紙や帳票系などのアナログで業務を行うことは随分減ったと思います。しかし、オペレーション業務ごとにIT化がされていくことで、システムが行う作業と作業の...

話題のシェアリングエコノミーとは?広がりの背景と基本知識、利用者メリットまとめ

人々が持つ「遊休資産」を活用したサービスが世界中でムーブメントを起こしています。利用者も安価で利用でき、遊休資産を持っている提供者は、ちょっとした隙間で収入を得ることができることは、IT時代の今だから実現できることです。今後...

フードテックとは?注目される「食のIT革命」の世界潮流

食分野とテクノロジーの融合は、世界的に注目されているイノベーション分野です。この数年は、フードテックという言い方をされていますが、とても広範囲での意味合いになっています。 そこで、今回はフードテックについての基本とどの...

いまさら聞けないeスポーツとは?基本知識と、日本と海外の違い

この数年で日本でも、「eスポーツ」というキーワードが認知度を高めています。特に10〜20代の若年層のユーザがほとんどのため、その層へアプローチしたい各企業がスポンサー参入しているのを見ると、今後の可能性に期待が持てます。 ...

システム開発に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。