• モバイル・スマートフォン
  • iPhone対応サイト構築

【これって誰に何て聞けばいいの?】言葉にならないお客様の「困った」を見つけ出す方法

お客様の「困った」を読み解く方法

専門分野でないことは、何を伝えればいいのか、どのように話せば自分たちのやりたいことが実現してもらえるのか、言葉にすることが難しいと感じたことはないでしょうか。

弊社は千葉・船橋を拠点に、地域のお客様からコンピューターに関わる様々なご相談をお受けしています。
「パソコンの電源が入らなくなった」、「エクセルの条件に合わせて値を変えたい」など、小さなご相談もあります。
お客様の言葉に出てくるのは「目の前で起こっている困った出来事・できない作業」です。
しかし「本当のお客様がやりたいことは、その言葉の奥にあるのではないか」と思うことがしばしばあります。

「新しくしたい」に含まれるやりたいこと

「ホームページ、新しくしたいと思うんだよね。」
先日お客様の口からぽろっと出たこの言葉。
ホームページのリニューアルをしたいということですが、実際にリニューアルをする場合には、なぜリニューアルが必要になったのかを教えてもらう必要があります。
会話の中で、少しずつ「ホームページを新しくしたい」に含まれる要素に分解していきます。
お話していく中で、お客様から非常に共感を得たのは
「スマートフォンで見た時にもキレイなものがいいですよね」
という言葉でした。

「ホームページ、新しくしたいと思うんだよね」の本当の意図は
「自社ホームページをスマートフォン対応させたい」ということだったのです。
お客様がやりたいと思うことは、お客様の言葉に素直に現れているとは限りません。
お客様が言葉にしたくてもできないことを、言葉で伝えて理解してもらう、本当にやりたいことを言葉として教えてもらう。
案件を受ける際に、丁寧に質問を繰り返し、お客様がやりたいことを言語化できる「共通言語」を見つけることが大切だと思います。
決して一筋縄ではいきませんが、お客様の本来の「困った」を解決できるように努めております。

EDITOR PROFILE

株式会社ネクステージ

北 寿幸

近年企業の競争の中心が、実社会からインターネットへとシフトしてきています。 一昔前までは当たり前だったものが、時の流れとともに風化してしまうスピーディな時代変化の中で、今、お客様が最も必要としていることは、システムによる業務の効率化と、インターネット上でのマーケティングに他なりません。弊社はシステム・CM・WEBの3つの視点から御社の未来を切り開いていきます。 お客様の日々の業務でどんな些細なことでも、お気軽にご相談下さい。 弊社はお客様のニーズに合わせたさまざまな解決方法(ソリューション)をご提案・ご提供させていただきます。

株式会社ネクステージのその他の記事

【エラーになる】Accessのバージョンアップ移行にまつわる悩み

Microsoft製品のAccessは、プログラミング知識が豊富でなくても比較的簡単にデータベースをつくることができるので、数十人規模の事業所、部署単位などで、顧客管理や商品管理、在庫管理などに使っている会社も多いのではないでしょうか? しかし、社内でもAccessを使える人は限られていて、Accessが使える人が部署内にいるときはスムーズに使えていたのに、その人が部署異動になった/辞めてしまったという場合に誰もその後のAccessの管理ができなくて困った、ということも少なくないようです。 特に多い!バージョンアップの悩み 上記のような困り事で弊社もご相談を受けることも多いのですが、特に多いのがバージョンアップのお悩みです。 PCの買い替え、windows自体のバージョンアップはさせたものの、Accessを使える人がいないため、バージョンを以前のままにして使っているとこのようなことが起こりがちです。 ・自動計算されるはずの箇所が計算されない ・項目が抜け落ちている ・印刷レイアウトが崩れている ・そもそもAccessがエラーで開けない 大切な顧客情報、商品情報などのデータを扱うAccessが使えないと、業務に支障が出てきます。 Accessは扱う情報量が大きく複雑なため、バージョンアップする際はこれまでできていたことが正常に行えるか確認しなければいけません。 また、Accessはどのバージョンからどのバージョンに直すかによって、方式を変える必要があるため、一概に「こうすればいい」ということが言いにくいのが難しいところです。 それでもやっぱりバージョンアップはした方がいい! 今まで使っていたシステムが使えなくなるのは嫌だからと、バージョンアップをせずにAccessを使った方が…と考える人もいると思いますが、それでもバージョンアップは行ったほうが良いです。 特に大切な情報を扱うデータベースの場合、古いバージョンはウイルスに攻撃されやすい可能性があったり、不正アクセスに利用されてしまったりなどセキュリティが危ういものがあります。 すでにAccess2003までのサポートは終了しており、自社のお客様、社員を守るためにもバージョンアップは行いましょう。

【失敗しない】わかりやすいシステム開発のために行っている2つのこと

「システム」という言葉を聞いただけで、なんのことかわからないと苦手意識を持つ方もいるのではないでしょうか。 専門用語(カタカナやアルファベット含め)が多かったり、どうやってその仕組を自動化させているのかが複雑でわからなかったりなどと、普段あまりIT業界と呼ばれるところとお付き合いがないと、とっつきにくいイメージがあるようです。 とはいえ、システムは業務の中で使われて意味があるものなので、依頼されるお客様に理解をしてもらわなければいけません。 そのために、弊社がお客様に少しでもわかりやすく思ってもらえるように行っている2つのことを紹介したいと思います。 1. 業務ありきで説明を行なう よく手作業で繰り返し入力している項目を自動で入力させることはできないか、というシステム開発のご相談を受けます。 まず、システムを導入することでどうなるのか。これを伝えるときも業務の内容にそってお伝えします。 例えば、 ・「お客様の情報を入力するときに、これまでは同じ内容を3ヶ所入力しなければいけなかったですよね。でも、システムを導入することで、これまで1時間かかっていた作業が5分で終わるようになりますよ」 何を入力するとどのように反映されるのかもお伝えします。 ・「最初に入力するところのお客様情報はこれまで同様に入力してくださいね。すると、2ヶ所目、3ヶ所目に入力していたところが、最初に入力したものが一緒に自動的に入るので、手作業で入力する必要がなくなります」 このように、実際に行なう業務内容に応じて一つずつ順を追ってお伝えしていくと、わからないこともその場でご質問いただけるので、業務フローの流れでの「分からない」によるトラブルを防ぐことができます。 2. 営業担当とエンジニアが一緒に訪問する お客様先でお話を聞いているときに、どうしても現場でシステムをつくるエンジニアでないとどのように対応できるかわからない場合があります。 そのときに迅速に応えられるようにエンジニアと一緒に伺うようにしています。 またエンジニアだけですと、専門的な話になった場合にお客様が質問しづらくなってしまうこともあるので、必ず営業担当もその場にいてお話しています。 お客様の歩幅に合わせて進めることで、本来の使いやすいシステムになると思います。

【これって誰に何て聞けばいいの?】言葉にならないお客様の「困った」を見つけ出す方法

お客様の「困った」を読み解く方法 専門分野でないことは、何を伝えればいいのか、どのように話せば自分たちのやりたいことが実現してもらえるのか、言葉にすることが難しいと感じたことはないでしょうか。 弊社は千葉・船橋を拠点に、地域のお客様からコンピューターに関わる様々なご相談をお受けしています。 「パソコンの電源が入らなくなった」、「エクセルの条件に合わせて値を変えたい」など、小さなご相談もあります。 お客様の言葉に出てくるのは「目の前で起こっている困った出来事・できない作業」です。 しかし「本当のお客様がやりたいことは、その言葉の奥にあるのではないか」と思うことがしばしばあります。 「新しくしたい」に含まれるやりたいこと 「ホームページ、新しくしたいと思うんだよね。」 先日お客様の口からぽろっと出たこの言葉。 ホームページのリニューアルをしたいということですが、実際にリニューアルをする場合には、なぜリニューアルが必要になったのかを教えてもらう必要があります。 会話の中で、少しずつ「ホームページを新しくしたい」に含まれる要素に分解していきます。 お話していく中で、お客様から非常に共感を得たのは 「スマートフォンで見た時にもキレイなものがいいですよね」 という言葉でした。 「ホームページ、新しくしたいと思うんだよね」の本当の意図は 「自社ホームページをスマートフォン対応させたい」ということだったのです。 お客様がやりたいと思うことは、お客様の言葉に素直に現れているとは限りません。 お客様が言葉にしたくてもできないことを、言葉で伝えて理解してもらう、本当にやりたいことを言葉として教えてもらう。 案件を受ける際に、丁寧に質問を繰り返し、お客様がやりたいことを言語化できる「共通言語」を見つけることが大切だと思います。 決して一筋縄ではいきませんが、お客様の本来の「困った」を解決できるように努めております。

すべての記事を見る

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。