BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

【比較紹介】ブログ型ホームページ・利用できるCMSは?

【比較紹介】ブログ型ホームページ・利用できるCMSは?

目次

【比較紹介】ブログ型ホームページ・利用できるCMSは?

ブログを始める際にどのような選択肢があるのか、今回はブログ向きのCMSの比較と、ホームページとの違いについて紹介していきます。

WEBサイト制作の依頼先探しならリカイゼンにお任せください!

リカイゼンでは、WEBサイト制作実績を多数持つ会社の中から、ご要望に合う会社を厳選して無料でご紹介します。
企画段階からのご相談も受付中!気軽に相談できるプロをご紹介いたします。

お電話でのご相談は 03-6427-5422
受付時間:平日10:00~18:30

1. ブログとホームページの違い

ブログとホームページ

最近のWEBサイトの形態動向を見ていると、ブログとホームページに二分されているとわかります。ブログはもともと日記形式で記事を投稿していくものでしたが、更新の簡単さから、ブログを利用したブログ型ホームページと呼ばれるサイトも増えました。

見た目は決して日記サイトの体裁ではなく、会社概要や事業内容の載った、立派な企業のコーポレートサイトとして成立しています。つまり、ブログの「機能」を持ったサイトとイメージしてもらえればよいでしょう。

WEBサイトの更新方法は異なりますが、見栄えは通常のホームページとブログでほぼ変わらなくなってきているのが最近の傾向といえます。

ブログ型ホームページのメリット

ブログ型ホームページのメリットは、その利便性の高さです。通常、ブログはブラウザ上から入力フォームに従って記事を入力・投稿することで、そのままサイト上に反映されます。フォームに従って必要事項を入力していけば自然にWEBページが出来上がるというのが、ブログの「機能」です。

従来のホームページの更新に必要だった、FTPソフトを使用してファイルを一つひとつアップロードするというような手間はかかりません。HTMLやCSSなどの専門知識も必要としないため、ブログのほうがホームページ制作の初心者でも簡単に更新が可能です。またインターネットに接続できる場所ならば、どこにいてもブラウザ上から投稿できるという意味でもブログ型ホームページのメリットは大きいといえます。

従来型ホームページのメリット

従来型のホームページのメリットは、自由度が高い点にあります。デザインを始めとして、フラッシュ画像の挿入や掲示板、ショッピング機能の追加などは、大規模なサイトづくりには欠かせません。ブログ型ホームページは、フォームに従ってページを作成する分、どうしても簡易的な印象を与えるので、従来型ホームページの方が閲覧するユーザーから信用されやすいと言われたこともありました。

しかし、最近ではブログ型ホームページのフォーマットデザインも多様化しており、一概に「ブログ型は簡易的な印象を与える」とは言えなくなってきています。誰が自社のWEBを運営するのか、担当者の知識レベルはどのくらいかを確認し、どちらを用いるか検討すると良いでしょう。

ブログ機能を持つサイト制作についてお考えでしたら、リカイゼンにお任せください!
リカイゼンでは、熟練のマッチングスタッフが、希望条件に応じて適した方法、また対応可能な開発会社候補を選定し、無料紹介いたします。
まずはご相談からでもお気軽にご連絡ください。

お電話でのご相談は 03-6427-5422
受付時間:平日10:00~18:30

2. ブログ型CMSを使う際のツール比較

ブログやブログ型ホームページの作成には、一般的にCMSというツールを使うと効果的です。CMSはContent Management Systemの略で、ホームページを制作・管理・更新するためのソフトです。

  • 独自ドメインを使いたい
  • デザインにこだわりたい
  • 自由度の高いブログ運営がしたい
  • ブログを自分だけの資産にしたい
上記のような人は、後述する無料ブログサービスではなく、ブログ型CMSの利用をおすすめします。
なお世界中で有償・無償のさまざまなCMSがありますが、その種類はオープンソース型と独自開発型に大別されます。

  • オープンソース型
  • ソースコードが公開されており、誰でも無償で利用できる。ベンダーからのサポートはないが、ソースコードの編集が自由にできるためカスタマイズ性は高い。ただし、CMSプログラムをサーバーへインストールして使うので、レンタルサーバー費とドメイン費は別途必要。

  • 独自開発型
  • ベンダーが独自開発したCMS。多くは有償だが、なかには個人利用のみ無料のものもある。ベンダーのサポートがあるためセキュリティ面でメリットが大きい。サーバー不要で利用できるクラウド型と、サーバーへのインストールが必要なオンプレミス型(パッケージ型)がある。

    ここでは個人利用が無料のCMSとして人気の高い「WordPress」「MovableType」「Jimdo」の3つを取り上げ、比較表と特徴を紹介します。

    ブログCMS一覧表

    CMS WordPress Movable type Jimdo
    タイプ オープンソース型 独自開発型 独自開発型
    独自ドメイン ☓(有料版のみ○)
    アフィリエイト
    アドセンス
    自動広告非表示 (広告なし) (広告なし) ☓(有料版のみ○)
    テンプレート・プラグイン
    カスタマイズ性
    セキュリティ
    開発元 WordPress Foundation Six Apart社 Jimdo GmbH社

    WordPress

    WordPressは世界シェアNo.1のオープンソース型CMSです。個人から企業まで幅広く利用されています。維持管理やセキュリティ対策は自分の責任で行う必要があるものの、個人・法人問わず誰でも無料で利用できます。

    ただ初心者からすると、レンタルサーバーへのインストールやデータベースの設定部分でハードルが高く感じるかもしれません。多くのレンタルサーバーでWordPress導入の手順が公開されてはいますが、まったくWEBサイトの知識がない人は少し勉強が必要です。

    とはいえ、利用者の多いオープンソース型CMSのため、膨大な数のテンプレートやプラグインが公開・配布されている点は初心者にとって大きなメリットでしょう。もちろん知識がある人なら独自にカスタマイズすることも可能です。

    なおWordPressは「WordPress.com」というブログサービスもあります。こちらは後述するはてなブログやAmebaブログに近いもので、レンタルサーバーにインストールして使うWordPressとは別物です。WordPressというと一般的には「WordPress.org」を指しますので、利用の際は間違えないよう注意してください。

    Movable Type

    MovableType日本製のCMSです。パッケージ型やクラウド型などの種類があり、パッケージ型は個人のみ無料で利用できます(1ライセンスまで、サポートなし)。また法人利用は有料ですが、こちらは日本語でサポートが受けられます。

    特にセキュリティを重視したいコーポレートサイトの運営では、WordPressよりMovableTypeが選ばれるケースも少なくありません。また静的コンテンツが作れるため、ECサイトなど高負荷な環境になりやすいWEBサイトに向いています。

    なおプラグインやデザインテンプレートでカスタマイズは可能ですが、その多くは有償での提供です。数もWordPressに比べると多くないため、機能やデザインにこだわるならば専門知識が必要になるでしょう。

    Jimdo

    Jimdoはドイツ製のCMSで、日本語版はKDDIウェブコミュニケーションズが協業パートナーです。

    Jimdoには「AIビルダー」と「クリエイター」の2種類あります。簡単にいうと「AIビルダー」は今すぐに簡易的なホームページを作りたい人向け、「クリエイター」は少し手間をかけられる人向けです。どちらも無料版がありますが、ブログ運営を前提にするならばクリエイターを利用しましょう。

    Jimdoはメールアドレスだけで利用できるオンラインのホームページ制作サービスになるため、レンタルサーバーやドメインの用意は不要。無料版でもオンラインショップ(制限あり)が作れて、各種SNSとの連携も簡単です。とにかく簡単に、おしゃれなホームページを作りたいときにおすすめです。

    ただし無料版には広告が入ってしまう上、独自ドメインは設定できません。ブログやホームページでの収益化を目指すなら、有料版への移行が必要になるでしょう。

    上記のようなCMSを使ったブログサイト制作のご相談は、リカイゼンにお任せください!
    リカイゼンでは、熟練のマッチングスタッフが、希望条件に応じて適した方法、また対応可能な開発会社候補を選定し、無料紹介いたします。
    まずはご相談からでもお気軽にご連絡ください。

    お電話でのご相談は 03-6427-5422
    受付時間:平日10:00~18:30

3. ブログサービスで書くときのサイト比較

ブログサービス(ブログ作成サービス)とは、その名の通りオンライン上でブログを制作・更新できる機能を持ったサービスです。「無料ブログ」と総称されることも多いですが、拡張機能付きの有料版があるのが一般的。

  • メールアドレスだけですぐにスタートしたい
  • サービス利用者同士でコミュニケーションを楽しみたい
  • デザインや機能のカスタマイズにこだわらない
上記のような人には、手軽に始められるブログサービスがおすすめです。自由度は低めですが、レンタルサーバーや独自ドメインの用意は不要。完全無料でブログに挑戦できます。ただし、多くのブログサービスでは独自ドメインが設定できません(一部、有料版にすれば可能)。加えて自動広告が表示されるので、アフィリエイトやアドセンスなどの広告収入でブログの収益化を図りたい人には不向きといえます。

またブログサービスの多くは、日記のように記事を更新していく本来のブログのデザインになります。ブログ型ホームページを作成したい場合は、Jimdoのようなオンラインホームページ作成サービスのほうが適しているでしょう。とはいえ、ブログ開始直後でもプラットフォーム経由の流入が期待できる点はブログサービスの魅力です。

ここでは「はてなブログ」「Ameba」「note」の3つの人気無料ブログサービスを比較表とそれぞれの特徴で紹介します。

ブログサービス比較一覧表

サービス名 はてなブログ amebaブログ note
データ容量 毎月300MB 1TB -
アフィリエイト △(一部のみ) △(一部のみ)
アドセンス
自動広告非表示 (広告なし)
デザインテンプレート
HTML・CSS編集
運営 はてなブログ Ameba note

はてなブログ

はてなブログの特徴は、無料でありながら個人(個人事業主を含む)の商用利用を認めている点。アフィリエイトやアドセンスが使えるので「無料でブログの収益化にチャレンジしたい」という人に有用なブログサービスです(法人が営利目的で使う場合は法人向けの有料プランに入る必要があります)。

また、はてなブログには「読者になる」や「はてなブックマーク」などの集客・交流システムがあり、ユーザー同士でお互いのブログを行き来しやすい仕組みになっています。WordPressでブログをスタートすると、初期はほとんどPVがありません。一方、はてなブログなら最初から記事を読んでもらいやすいので、SNSなどで周知する手間が省けます。

さらに有料の「はてなpro」にすると独自ドメインも使用可能。無料版でブログ運営に慣れてから独自ドメインを取得し、有料版へ移行する人も少なくありません。もちろんカスタマイズ性ではWordPressやMovableTypeの方が上ですが、セキュリティやサーバーの安定性を考えてはてなブログの有料版を選ぶのも1つです。

ameba

通称アメブロと呼ばれるブログサービス。芸能人が使っているブログとしても有名です。ユーザー同士のつながりを促進する仕組みが多く、「アメーバピグ」などの系列サービスからの流入も期待できます。

ただし、営利目的での利用にはやや厳しい方針を取っており、アフィリエイトは公式のAmeba Pickのみ利用可能(2018年に他社アフィリエイトも解禁になりましたが、その後また制限されました)。アドセンスは使えません。さらに有料版にしても独自ドメインは設定できないため、「ゆくゆくは独自ドメインで…」と考えるなら、利用は慎重に検討すべきでしょう。

とはいえ、ブログの収益化を目的としないのであれば、特に大きなデメリットはありません。記事内で使える絵文字が豊富で、ユーザー同士のコミュニケーションも活発です。SNS感覚で楽しく個人ブログを運営してみたい人におすすめです。

note

noteは”クリエイターの創作活動を応援するプラットフォーム”の側面を持つブログサービスです。
noteの特徴は、自動広告やブログパーツなどを極力排除している点。ブログは白を基調としたシンプルなデザインで統一されており、他のブログサービスのようにCSSを編集してデザインを自分好みに変更したり、HTMLで記事に装飾を付けたりはできません。ブログのカスタマイズ性はほぼないといえるでしょう。その分、写真やイラスト、音声、動画といったさまざまな創作物が簡単にアップできるシステムになっています。

またnoteでは「有料記事設定」「投げ銭」などでブログ記事そのものを販売できます。創作物を販売したいクリエイターには便利なブログサービスです。

なおnoteでは法人向け有料サービス「note pro」も提供しています。note proでは独自ドメインの設定や軽微なデザインのカスタマイズが可能。公式ブログや公式メディアとして利用する企業も増えています。

ホームページ・WEBサイト制作依頼先探しなら、
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社をご紹介いたします!

かんたん3ステップ
お急ぎの方はお電話で 03-6427-5422
※サポートデスク直通番号
受付時間:平日10:00〜18:30

ホームページ・WEBサイト制作依頼先探しでこんなお悩みはありませんか?

お悩み
  • 会社の選び方がわからない
  • 何社も問い合わせるのが面倒くさい
  • そもそも依頼方法がわからない
  • 予算内で対応できる会社を見つけたい

発注サポート経験豊富な専任スタッフが
あなたのご要望をお聞きし、最適な会社をご紹介いたします!
ご相談から会社のご紹介まで全て無料でご利用いただけます。
お気軽にご相談ください!

ホームページ・WEBサイト制作
依頼先探しなら
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社を無料でご紹介いたします!

サポートデスク

まずはご質問・ご相談なども歓迎!
お気軽にご連絡ください。

ホームページ・WEBサイト制作の関連記事

ホームページ作成に必要な準備

ホームページ作成に必要な準備

早速ですが、これから自社ホームページを作ろうと考えてる会社様がいると思います。「頑張れば自分達で作れるんじゃないか?」と考えますよね!もちろん可能です。この記事では、自分達で作るか予算を使って外注するかの判断になるような内容...

ホームページに動画を載せるときに起きる問題点とその対処法

ホームページに動画を載せるときに起きる問題点とその対処法

ホームページ作成の際に、動画をトップに載せるサイトも増えてきました。ホームページに動画を乗せると今風のかっこいいサイトにすることができ、企業のブランドイメージも良くなります。動画を載せるだけであればHTMLに<vide...

様々な業界のウェブサイトを手がけたデザイン力と技術力

様々な業界のウェブサイトを手がけたデザイン力と技術力

ブランディング×ビジュアルデザイン 「ブランディング」・・・・市場・環境の分析、ターゲットの分析、プロジェクトの目的を元に、コンセプトを策定。ビジュアルクリエイティブを用いたお客様のブランディングを支援します。 「ビジュアル...

【target=“_blank”問題】クリックしてもサイトが開かない場合の対処法

【target=“_blank”問題】クリックしてもサイトが開かない場合の対処法

最初に、すぐにでもこの問題の解決方法を知りたい人のために一言で解決方法を示すとすれば、 リンクに rel=“noopener” を追加しましょう です。 詳しくは、こ...

【オフィシャルサイト作成】ミニクラブのサイト作成

【オフィシャルサイト作成】ミニクラブのサイト作成

相談内容 ミニクラブの経営にとってレベルの高い女性スタッフの獲得は非常に重要です。求職者が求人媒体を見た後に確認できるお店のサイトを作り、応募数を増やしたいとのご相談をいただきました。 課題 本来であれば求人に特化したサイト...

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

一括見積もりはこちらから

見積もり依頼や発注先探しのご依頼のほか、
依頼に関するご質問なども
お気軽にお問い合わせください。

お申し込み後のフロー
お急ぎの方はお電話で
03-6427-5422 電話で一括見積もり 03-6427-5422 ※サポートデスク直通(平日10:00〜18:30) ※サポートデスク直通(平日10:00〜18:30)
必須お名前
必須メールアドレス
必須電話番号
必須会社名
任意依頼内容・希望
利用規約及び、個人情報保護方針にご同意のうえ、送信ください。

申し込み完了後、サポートデスクから
お電話またはメールにてご連絡させていただきます。

本サイトは、reCAPTCHAとGoogleにより保護されています。(プライバシーポリシー利用規約)