BUSINESS TIPSビジネスに役立つ情報がきっと見つかる

  • WEBシステム開発
  • マッチングサイト構築

マッチングサイト・サービス開発はいくらかかる?目安の開発費を解説。

最近よく耳にする「マッチング」という言葉ですが、実は世の中には「マッチングサイト」と言われるサービスが多く存在しています。
求職者と企業とを結びつける人材マッチングサイトや、結婚したい男女を結びつける婚活サイト、クリエイターと作品を購入したい人を結びつけるサイトなど様々な領域でこの仕組みが活用されています。
ここでは、マッチングサイト開発を考えている方に向け、開発方法とかかる費用についてご紹介します。

目次

マッチングサイト・サービス開発でお困りではありませんか?
一括見積依頼案件のご相談発注先探しならリカイゼンへ!

無料で相談する

リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ
総合ビジネスマッチングプラットフォームです。
より詳細はこちら

マッチングサイトとは?

マッチングサイトとは、ある商品やサービスを求める側と提供する側との双方のニーズをマッチングさせるサイトのことを指します。
必要な商品やサービス、事業者を結びつける際に、必要な条件をもとに効率よく探すことができます。個人・企業問わず、現在(2018年1月時点)ではBtoB、BtoC、CtoC等様々なニーズを対象にしたサイト・サービスがあります。

近年話題のマッチングサイト事例

近年、インターネットを通じて個人間でやり取りをすることが当たり前になり、個人向けの決済手段も数多く存在するようになりました。例えば、メルカリやAirbnbなどに代表されるCtoCのマッチングサイトは、ここ一年ほどで大幅にユーザーを増やしています

また、CtoBのユニークなマッチングサイトの例として、猫の飼い主同士をマッチングし、猫の飼い主が猫を預かれる人に世話を託すことができる「nyatching(ニャッチング)」等のサービスがあります。

BtoCのマッチングサイトとしては、美容師アシスタントとカットモデルをマッチングさせる「CUTTALOCA(カッタロカ)」や引越し業者を探すことのができる「引っ越し侍」などのマッチングサービスがあります。

BtoBのマッチングサイトでは、企業向けIT製品を比較検討できる「キーマンズネット」や、弊社サービスのような仕事の依頼先や制作パートナーを無料で探すことができる「リカイゼン」などがあります。

マッチングサイト開発の方法

マッチングサイトでは、多くのデータベースから参照し情報を検索してマッチングを行います。そのため、専用の仕組みが必要になります。
様々なシステムで開発することができますが、主に以下の2つの方法があります。

【1】Osclass

「Osclass」はインストールするだけでマッチングポータルサイトなどが開発できる画期的なWebシステムです。CMSのため、必要な機能を簡単に設置し自分で作成していくことが可能です。ただ、「全て英語表記」であることや「拡張できる機能が少ない」というデメリットもあるため使用の際には注意が必要です。

【2】WordPress

WordPressはWeb制作などに全世界で使われているCMSです。プラグインが豊富にあるため、様々なカスタマイズが可能です。マッチングサイトの開発でも、必要なプラグインを追加して柔軟に開発することができます。ただ、膨大な顧客情報を扱う際には、脆弱性対策を行うことが必須です。

マッチングサイト開発の費用相場

マッチングサイトの構築費用は、端的にいうとピンキリです。必要な機能や要望によりシステムの規模が変わります。100万円以下で作ることもできますし、逆に1000万円以上の規模になることもあります
例えば、マッチングサービスを行う際に必要なサポートをほぼアナログで完結すれば、100万以下で作ることも可能です。

リカイゼンで過去にあった一括見積もりを参考にすると、以下の必要な機能に応じて目安の費用は以下となります。

ログイン機能を付与したミニマムなシステムの場合

デザイン・開発費で70〜90万ほどが目安となっています。

会員情報管理・掲載情報管理・応募フォーム・検索機能等の基本機能を含みデザイン・開発を依頼する場合

200〜500万ほどが相場となります。

マッチングに必要なバイヤー側・サプライヤー側の情報管理や、サプライヤー選定、受発注管理、顧客管理、工程管理、決済など全てをシステムに盛り込んで自動化する場合

1000万以上かかると想定しておきましょう。

ただし、マッチングシステムの開発実績が豊富な会社であれば相場より費用を抑えることができます。
マッチングは業界・業種に問わず仕組みはほとんど同じであるため、一から開発せず既存のシステムを利用して開発することができるのです。費用を抑える点でも、開発をスムーズに進めるという点でも実績がある会社に依頼すると良いでしょう。

開発依頼をする際の心得

相談や見積もり依頼をする際には、目的やターゲット、それに伴い必要な機能を項目出しすることが必要です。リリース後に追加改修や保守費用などで思った以上にコストがかさんでしまうケースがありますので、先々を見据えて想定することがポイントです。
要望をもとにマッチングシステム開発ができる会社に問い合わせし、各社の見積もりを比較検討した上で、最適な企業を選びましょう。
複数社にまとめて無料相談をしたい際にはリカイゼンのような見積もり比較サイトを活用することもできますので、お気軽にお問い合わせください。

マッチングサイト構築でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

マッチングサイト構築の関連記事

マッチングシステム開発の費用相場、発注の注意点まとめ

目次 1.マッチングシステムとは 2.マッチングシステムの分野と機能 3.マッチングシステム開発の費用相場 4.発注先選定の仕方、進行について 5.まとめ マッチングシステム開発の一括見積依頼や案件のご相談、発注先探しならリカイゼンへ! 無料で相談する リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォームです。 より詳細はこちら 1.マッチングシステムとは 昨今、あらゆる業界で増えているのがマッチングシステム。一言でマッチングシステムと言ってもどのようなものなのか、ピンとこない人も多いのではないでしょうか。 はじめに、マッチングシステムとはどのようなものになるのか説明いたします。 マッチングシステムとは、業務の請負、求人、中古品の売買など、物品やサービスを必要とする事業者や個人と、それらを提供する人を繋ぐWEBサイトのことを言います。なお、ビジネス系で事業者同士を組み合わせることをビジネスマッチングとも言います。 このサイト運営を行なっている「リカイゼン」もビジネスマッチングシステムの一つに当たります。リカイゼンは、約500社の制作会社(システム開発、WEB制作会社、デザイン会社、映像会社など)と、これら制作会社へ仕事を発注したい会社を仲介するマッチングシステムになります。 他にも様々なマッチングシステムがありますので、こちらではマッチングシステムの種類と機能、費用相場について紹介していきます。 2.マッチングシステムの分野と機能 この数年の動向としては、CtoC(個人間取引)のマッチングシステムが活発です。 日本発のサービスだと、フリマアプリとして日本最大で支持を得ている「メルカリ」もマッチングシステムにあたります。また、日本にいながらも世界中の商品を購入したい人向けにフリマサービスを行なっており、特に日本未入荷、未発売の商品が並んでいるサービスのBUYMAも、人気の高いマッチングシステムです。 その他、海外のものだと、「空いている部屋を貸したい人と借りたい人」をマッチングする「Airbnb(エアービアンドビー)」、「車に乗りたい人と乗せたい人」を繋ぐタクシーマッチングの「Uber」が世界的にも有名なマッチングサービスになります。 CtoC以外でも、BtoC(企業と個人間取引)、BtoB(企業間取引)などもあります。 BtoCでは、求人、不動産などのサービスは、企業(B)と個人(C)を繋ぐものになります。BtoC分野ではサイトに掲載している企業案内ページを、ユーザが探して流入するようなイメージになっており、企業側は見つけてもらうための施策を打っていくようになっています。 BtoBでは、ビジネス要素がより強く企業間取引のマッチングシステムのことを言います。 BtoB分野では、特に受託案件のビジネス取引が盛んで、仕事を発注したい企業と受注したい企業を結ぶシステムになっています。システム開発やWEBデザイン、パッケージデザイン、映像制作など、専門性に特化した案件の取引が活発なのが特徴的です。 では、マッチングシステムを開発するに当たり、どのような機能が必要なのか一般的なものを説明します。 基本機能では、利用ユーザの会員登録、登録内容の変更・削除、ログイン、マイページ機能が必要になってきます。マイページ機能の中に、それぞれのユーザ導線を考えた機能を搭載します。案件取引であれば、案件を掲載する機能と掲載案件に対してアクションを起こす機能、またユーザ間で個別にやり取りを可能にするメッセージ機能、決済機能、SNS連携などが必要になって来るでしょう。 BtoBの事例として、リカイゼン機能について簡単に説明します。 ・出展(受注)者機能 企業登録・変更機能、案件受注管理、メッセージ送受信、検索機能など ・発注者機能 企業登録・変更機能、案件登録管理、メッセージ送受信、検索機能など ・運営者機能 会員管理、案件管理、契約管理、システム管理 マッチングシステムでは、受発注のそれぞれから見た役割の画面設計が必要なことと、それらのやり取りを管理する運営側の管理システムが必要になってきます。画面デザインとしては、一般のユーザ含めた誰でも見られるフロントシステムの画面、会員向けのマイページ画面、スマートフォン対応するならばスマート対応する画面、それらの制作が必要になり、それらを動かすバックエンドのシステム開発は、それなりに複雑になっています。 3.マッチングシステム開発の費用相場 開発したい分野や機能によって、マッチングシステムの仕様は異なるので、費用相場を決めるのは非常に難しいですが、目安としては安くても一つのマッチングシステムを開発するためには100万円前後〜500万円は見ておく必要があります。さらに、毎月のシステム運営管理としては、開発費の10%前後を見ておく必要があります。 開発費用に関して、システム開発会社によって算出の仕方は違います。見積り比較をしやすいように、下記の手順について確認しておくことをお勧めします。 まず、開発会社へマッチングシステムの見積り依頼をする場合は、RFP(提案要件書)を作成します。これは、目安となる予算、想定している納期、マッチングシステムで組み込みたい機能概要、課題となっていることなど、現時点でわかる範囲で必要要件を取りまとめして開発会社へ書面で渡すことが望ましいです。 見積り依頼は、複数社の開発会社へ行い、RFPをもとに各社より見積りを取得できるようにします。その際に、各社の見積り項目を合わせられるように調整を行うと、より見積り比較がしやすくなります。 見積り項目の例として、 ・要件定義 ・システム設計 ・画面デザイン ・システム開発、テスト ・全体ディレクション これらが代表的項目になりますが、各企業のルールや要件によっての項目などもあると思いますので、それらを盛り込みながら、開発会社と調整を行うのが良いでしょう。 また、システム開発においてサーバ構築等も必要になってきますので、レンタルサーバやクラウドサーバ含めて、そのあたりも項目として盛り込む必要はでてきます。 4.発注先選定の仕方、進行について システム開発会社から見積り取得ができたら、発注先選定を行います。見積り取得したのち、選定に進む開発会社とは必ず1度は面談を行なっておきましょう。書面やメールだけでは見えない部分などもありますので、しっかりとコミュニケーションを取れるのか、会社のスタンスなど見ておく必要があります。また、会社の基本情報を始め、会社の体制、プロジェクトに関わる人数などもしっかり確認をしましょう。 開発会社でありがちなこととして、一次受けの会社には人がおらず、さらに二次受け、三次受けの会社が出てきて、意思疎通がなかなかはかれなくなることです。 しっかりと話し合い、見積り比較を行なって発注先を選定しましょう。発注先が決定したら、スケジュール、発注書、契約書、機密保持契約書など契約書周りの書面締結をしっかり行います。また、システム開発の場合は瑕疵担保期間など、不具合対応などがどこまで瑕疵担保に入るかを確認して契約書等に盛り込んでおく必要があります。 5.まとめ これまでマッチングシステムの開発に関する見積り依頼、費用相場、発注選定ポイントについてまとめてきました。 マッチングシステムの開発が初めて、またはシステム開発自体が初めての企業担当者の場合、どのように見積り依頼をして良いかわかりにくい、どのように開発会社を選定すれば良いかわからない、など不安なことがあると思います。 ビジネスマッチング業界にて10年以上の実績を持つリカイゼンでは、見積り依頼から発注先選定まで完全無料で対応しています。もちろん、予算がまだ決まっていないまずは相談からでも承っています。マッチングシステムの開発について相談してみたいというのがあれば、まずのご連絡お待ちしております。

マッチングサイトを構築する際の外注費用、相場、注意点などまとめ

目次 マッチングサイトとは B2Cマッチングサイトの市場性・ニーズ マッチングサイトのビジネスモデル マッチングサイトの外注費用・相場は? マッチングサイト構築相場の内訳まとめ 例:ハンドメイド品のマッチングサービス構築の場合 マッチングサイト構築の見積もりを取る流れ 見本サイトを見つける マッチングサイトを通じて、ユーザー行動の理想を洗い出す 複数の製作会社へ見積りを依頼し、相見積りを取る 危険、ゼッタイに選んではいけない外注先3つのポイント マッチングサービス構築実績がない会社 スケジュール策定をきちんと行わない会社 ヒアリングやコミュニケーションを疎かにする会社 【まとめ】マッチングサイト構築には相見積りが必要 マッチングサイトとは マッチングサイトは『クライアント(依頼者)とカスタマー(受注者)』を繋ぎ、サービスの提供を行うモデルのサイトとなります。誰でも一度は使った事のある不動産サイトや、予約サイトなどもマッチングサイトの一つです。 本記事ではマッチングサイトの中でも、B2B向け、B2C向けのサービスを構築する際の外注費や相場、発注の際の注意点をまとめて紹介します。 B2B/B2Cマッチングサイトの市場性・ニーズ 2017年度のBtoB/BtoCマッチングサイト総市場は432億7,700万円。2021年度には1,000億円と予想されています。 (参考:https://mic-r.co.jp/mr/01520/) 近年スマホ出現により、インターネットと人の生活が密着し、インターネットを介した会話や交流、情報交換などが頻繁に行われています。その中でライフイベントや物品売買、サービス見積もり、申込みなど、インターネット上のプラットフォームを通じて手軽に行える「マッチングサイト」の市場規模が急速に拡大しています。 マッチングサイトのビジネスモデル ビジネスモデルとして主に4つ収益モデルがあります。 仲介料 マッチングが成立したときに、利用者が提供者へ支払う額の一定の割合を運営者が受け取る、もしくは利用者と提供者の両方からそれぞれ一定の割合を運営者が受け取る課金方法です。 例えば、SUUMOなどが仲介料モデルです。不動産会社が不動産情報を掲載し、そしてユーザーが不動産の問い合わせする際に課金が発生します。 掲載料(月額料金) 掲載料による課金とはマッチングが成立有無に関わらず、サービスを掲載した時点で掲載料が発生するモデルです。 例えば、リクナビが掲載料(月額料金)モデルです。成立関係なく、固定の掲載料が発生します。 オプション収入 サイト内に掲載したサービスに、より付加価値を付けることで課金するモデルです。 例えば、ウォンテッドリーがオプション収入モデルです。初期費用は無料ですが、スカウトやより多くの求人数を出すために課金が発生します。 広告収入 サイトにバナー広告やテキスト広告を表示させることで収入を得るモデルです。 マッチングサイトの外注費用・相場は? マッチングサイトの相場は100~300万円程度になることが多いです マッチングサイト構築相場の内訳まとめ マッチングサイト構築において、基本となる内訳は以下となります。 仕様要件策定:20万円~40万円 デザイン費用:30万円~100万円 サービス構築費用:50万円~200万円 サーバー保守運用:1万円~10万円 合計:100万円~350万円 程度になるケースが多いです。 例:ハンドメイド品のマッチングサービス構築の場合 では、マッチングサイトを作成する際の相場事例が下記となります。 リカイゼンでの事例をベースに実際の見積もりを見てみましょう。 サービス概要 ハンドメイド品のマッチングサービス構築 デザイン及びWEBシステム ミニマムなスタート希望 希望必要機能 クリエイターは自分のプロフィールや商品を自身のマイページからアップロード サイトに訪れた顧客は様々なハンドメイド品を閲覧できる。※ログアウト状態でも可能 管理者、クリエイター、顧客の管理画面を用意 自動配信メールの仕組みを用意 クリエイターと顧客双方のメッセンジャーの仕組みを用意 管理画面よりプロフィールなどの基本情報及び作品の画像をアップロードできる仕組みを用意 提示会社 株式会社A 項目名 単価 数量 単位 金額 仕様打合せ、作成 400,000 1 式 400,000 デザイン作成 300,000 1 式 300,000 システム構築 450,000 1 式 450,000 テスト・稼働支援 450,000 1 式 450,000 合計金額 1,728,000円 株式会社C 項目名 単価 数量 単位 金額 サイト構築 800,000 1 人月 800,00 SSL証明書 9,600 1 個 9,600 SSL証明書 9,600 1 個 9,600 SSL証明書組込 8,000 1 個 8,000 サーバー月額利用料 5,000 1 月 5,000 合計金額 888,408円 マッチングサイト構築の見積もりを取る流れ 制作会社へ見積もり依頼する際に正確な見積もりを取るための流れを解説します。下記3点は必ず準備しましょう。 見本サイトを見つける まずは見本となるサイトを見つけることが重要です。もし非常に新規性があるテーマであれ、類似サービスは必ずあります。 見本サービスがあると良い点として ・開発会社へイメージ見本を共有しやすい ・機能要件に落とし込みやすい ・ユーザーの行動遷移がわかりやすい があります。 一から自身ですべての設計を考える必要もなくなり、スピードが向上します。 マッチングサイトを通じて、ユーザー行動の理想を洗い出す SUUMOを例にあげると、 ■ユーザー側(物件を探してる側) 自身の条件にあった物件を見つけることができる ■クライアント側(物件を提供している側) 物件を探している人が集まる 上記のように自動的にユーザーとクライアントがマッチします。ユーザーが不動産屋に行く前に、希望の物件を見つけることがサイトを通じて提供します。それがユーザーのゴールです。細かい機能や要件についてはこの段階では必要ありません。それは制作会社と相談しながら、整理していくほうが良いです。まずはユーザー理想を考えた上で相談することが重要です。 複数の製作会社へ見積りを依頼し、相見積りを取る 外注先によって制作費用は大幅に変わります。安かろう悪かろうといったわけでもなく、制作会社の相性も重要です。また多くの制作会社と相談していく中で仕様要件が整理できることも多くあり、複数社と相談することをおすすめします。 Rekaizenでは、開発や制作等の案件を、複数の制作可能業者に一括で見積もりを取ることが可能です。 危険、ゼッタイに選んではいけない外注先3つのポイント マッチングサービス構築実績がない会社 マッチングサービスの構築にはサーバーサイドの知識、経験が必要になります。 しかし、制作会社によってはホームページ程度しか制作経験がなく、HTML、CSSぐらいしかできない。といった会社も多くあります。その様な会社に依頼してしまうと、開発の遅れや期待している機能要件が開発できないなど、途中で事故が起こってしまうケースが多々あります。 依頼決定する際に、マッチングサービスの開発経験の有無は確認することが重要です。マッチングサービスの構築実績がある制作会社へ依頼するようにしましょう。 スケジュール策定をきちんと行わない会社 スケジュールのマイルストーン(各工程で主要ポイントを設定し、予定通り達成しているか)を策定が曖昧な会社も危険です。 曖昧になる理由としては ・スケジュールを握られたくない→責任感がない ・要件定義をしたものの、経験が少なく工程毎の工数の見積もりができない→経験が少ない といった責任と経験が乏しいケースが多いです。 しっかりと各工程のスケジュールを明確化できる会社を選定しましょう。 ヒアリングやコミュニケーションを疎かにする会社 発注元の希望をうまく言語化し、仕様要件に落とすという工程を重視しない企業も要注意です。 例えば、システム関連技術者の求人と求職のマッチングを行うサイトの構築。サイト内にて求職者の会員情報のデータベースから検索機能を用いて、求人とマッチさせたい。と考えていた場合です。 ・どういった求人情報を取り扱うのか ・マッチングさせる際、どの求人情報項目を検索するのか 上記の様な情報の取扱いや、ユーザー行動フローについてヒアリングを行わない場合、開発していく中でズレが生じてしまうケースがあります。また悪質な制作会社によってはあえて、事前確認を疎かにし、仕様変更と称し、改修費用を請求するケースもありますので、注意が必要です。 【まとめ】マッチングサイト構築には相見積りが必要 相場についてはサービス仕様や制作会社によって非常にばらつきがあります。 サービス仕様によって金額の相場が変わるのはイメージつきますが、制作会社によって、制作会社のターゲット顧客や高価格帯しか受けない。また規模が大きい会社の場合、営業メンバーや総務などの間接コストが多くかかり、その分高単価になるケースが多いです。 例に出したように提示金額の明細もばらばらなので、細かい機能要件は決める前に、まずは要望をまとめて見積もり依頼、詳細が決まっていない場合もまずは相談することが、サービス構築の第一歩です。

マッチングサイト・サービス開発はいくらかかる?目安の開発費を解説。

最近よく耳にする「マッチング」という言葉ですが、実は世の中には「マッチングサイト」と言われるサービスが多く存在しています。 求職者と企業とを結びつける人材マッチングサイトや、結婚したい男女を結びつける婚活サイト、クリエイターと作品を購入したい人を結びつけるサイトなど様々な領域でこの仕組みが活用されています。 ここでは、マッチングサイト開発を考えている方に向け、開発方法とかかる費用についてご紹介します。 目次 マッチングサイトとは? 近年話題のマッチングサイト事例 マッチングサイト開発の方法 【1】Osclass 【2】WordPress マッチングサイト開発の費用相場 開発依頼をする際の心得 マッチングサイト・サービス開発でお困りではありませんか? 一括見積依頼や案件のご相談、発注先探しならリカイゼンへ! 無料で相談する リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォームです。 より詳細はこちら マッチングサイトとは? マッチングサイトとは、ある商品やサービスを求める側と提供する側との双方のニーズをマッチングさせるサイトのことを指します。 必要な商品やサービス、事業者を結びつける際に、必要な条件をもとに効率よく探すことができます。個人・企業問わず、現在(2018年1月時点)ではBtoB、BtoC、CtoC等様々なニーズを対象にしたサイト・サービスがあります。 近年話題のマッチングサイト事例 近年、インターネットを通じて個人間でやり取りをすることが当たり前になり、個人向けの決済手段も数多く存在するようになりました。例えば、メルカリやAirbnbなどに代表されるCtoCのマッチングサイトは、ここ一年ほどで大幅にユーザーを増やしています。 また、CtoBのユニークなマッチングサイトの例として、猫の飼い主同士をマッチングし、猫の飼い主が猫を預かれる人に世話を託すことができる「nyatching(ニャッチング)」等のサービスがあります。 BtoCのマッチングサイトとしては、美容師アシスタントとカットモデルをマッチングさせる「CUTTALOCA(カッタロカ)」や引越し業者を探すことのができる「引っ越し侍」などのマッチングサービスがあります。 BtoBのマッチングサイトでは、企業向けIT製品を比較検討できる「キーマンズネット」や、弊社サービスのような仕事の依頼先や制作パートナーを無料で探すことができる「リカイゼン」などがあります。 マッチングサイト開発の方法 マッチングサイトでは、多くのデータベースから参照し情報を検索してマッチングを行います。そのため、専用の仕組みが必要になります。 様々なシステムで開発することができますが、主に以下の2つの方法があります。 【1】Osclass 「Osclass」はインストールするだけでマッチングポータルサイトなどが開発できる画期的なWebシステムです。CMSのため、必要な機能を簡単に設置し自分で作成していくことが可能です。ただ、「全て英語表記」であることや「拡張できる機能が少ない」というデメリットもあるため使用の際には注意が必要です。 【2】WordPress WordPressはWeb制作などに全世界で使われているCMSです。プラグインが豊富にあるため、様々なカスタマイズが可能です。マッチングサイトの開発でも、必要なプラグインを追加して柔軟に開発することができます。ただ、膨大な顧客情報を扱う際には、脆弱性対策を行うことが必須です。 マッチングサイト開発の費用相場 マッチングサイトの構築費用は、端的にいうとピンキリです。必要な機能や要望によりシステムの規模が変わります。100万円以下で作ることもできますし、逆に1000万円以上の規模になることもあります。 例えば、マッチングサービスを行う際に必要なサポートをほぼアナログで完結すれば、100万以下で作ることも可能です。 リカイゼンで過去にあった一括見積もりを参考にすると、以下の必要な機能に応じて目安の費用は以下となります。 ログイン機能を付与したミニマムなシステムの場合 デザイン・開発費で70〜90万ほどが目安となっています。 会員情報管理・掲載情報管理・応募フォーム・検索機能等の基本機能を含みデザイン・開発を依頼する場合 200〜500万ほどが相場となります。 マッチングに必要なバイヤー側・サプライヤー側の情報管理や、サプライヤー選定、受発注管理、顧客管理、工程管理、決済など全てをシステムに盛り込んで自動化する場合 1000万以上かかると想定しておきましょう。 ただし、マッチングシステムの開発実績が豊富な会社であれば相場より費用を抑えることができます。 マッチングは業界・業種に問わず仕組みはほとんど同じであるため、一から開発せず既存のシステムを利用して開発することができるのです。費用を抑える点でも、開発をスムーズに進めるという点でも実績がある会社に依頼すると良いでしょう。 開発依頼をする際の心得 相談や見積もり依頼をする際には、目的やターゲット、それに伴い必要な機能を項目出しすることが必要です。リリース後に追加改修や保守費用などで思った以上にコストがかさんでしまうケースがありますので、先々を見据えて想定することがポイントです。 要望をもとにマッチングシステム開発ができる会社に問い合わせし、各社の見積もりを比較検討した上で、最適な企業を選びましょう。 複数社にまとめて無料相談をしたい際にはリカイゼンのような見積もり比較サイトを活用することもできますので、お気軽にお問い合わせください。

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。