ARTICLES NEC VALWAY株式会社の記事一覧

  • ソーシャルメディアコンサルティング

ブログとかいう生きた化石を私たちは愛している

時代はデジタルで、もっというとオートメーションで、さながらAIで… テクノロジーの進化には終わりがなく、何処までも突き詰めていける… そんな時代の、便利で賑やかなSNSの波よりは少しゆるやかな、【ブログ】の波。とりわけ注目したいのは、企業が発信をしている【企業ブログ】です…皆さんは見かけたとこはあるでしょうか。企業が自社のコーポレートサイト内で運用しているブログ…あるいは自社でも企業ブログを運用している!という方もいらっしゃるかもしれません。私の所属するインサイドセールスのチームでは、オペレーターも管理をするスタッフも、お客様へコンタクトをする前に必ず企業調査を行います。 どのような企業で、どのような事業形態で、どのようなサービスや商品をお持ちなのか…。WEBページを見れば、その企業が発信したい情報、課題、大雑把にでも予測が出来るので、その情報を以ってお客様へコンタクトをとります。 マーケティングのフローの中に企業調査を組み込んでいることもあり、この【企業ブログ】には良く出くわすのですが、企業によって様々な特色があり、いつも興味深く思っています。 例えば、ある広告代理店のブログでは、社員の方の手料理の紹介とレシピが掲載されていました。事業自体はデジタル系なので、あまり事業内容には関係ありません。また、ある企業では社員の営業成績を載せていたり…どちらもあまり良い例ではありませんが、「ブログ」はその企業がどのような位置づけで情報発信を行っているのかを明瞭にしてくれます。 【販促ブログはSNS企業アカウントへ進化】  各企業が営業活動の一環として行っていた「販促」の意味合いの強いブログは、今やSNSに活動範囲を替え、「企業アカウント」として活動しています。ですが、コーポレートサイトへのリンクだけでクローズしていた「ブログ」とは違い、SNSは多くの無関心な人の目にも触れることになり炎上リスクが想定されることもあり、企業によっては担当者マターでの投稿が難しくなってしまうことも…。  そしてなにより、商品はまだしも、サービス、コミュニケーション、また、おもてなしなど、形の無いものを提供している企業は「なぜその形無いものを大切にするのか」というストーリーから理解をしてもらう必要がありますので、SNSだけでの訴求に困難を極めている企業も多く見受けました。 【拡散力が「良い」訳ではない。】 「なぜ今になってブログに注目を?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。  理由はとても単純で、これまでの企業調査をする中で「SNSに移行せずブログで情報発信をしていたほうが良かったのに…」と思える企業が非常に多く出てきたからです。 今までブログがほぼクローズしていたことを考えると、SNSの拡散力はたしかに絶大なのですが、それがすべての企業の営業スタイルに合っているかというと、そうではありません。 たとえば、お歳暮用のお菓子を販売している会社…。 もともとブログで季節のお菓子の情報等をアップロードしていましたが、その後ブログを停止し、情報の発信源をSNS(この時はツイッターでした)に移行しました。ですが、なかなかブログのように長文が打てないツイッターでは、お菓子に込められた意味や贈るシーンなど表現するにも限度があります。また、これまでブログは店舗の社員が更新をしていましたが、流れの早いツイッターでは更新頻度が求められ、手が回らなくなり、ついには更新が止まってしまいました。  【ブログという古代魚を日本人は愛している。】 実は総務省統計によると、日本のブログの閲覧率というのは、74%となっており、韓国43%、米国 27%、イギリス23%、フランス22%と比べると圧倒的に高いことが分かります。SNSのようなコミュニケーションツールが多く広まった現在さえ、ブログは消えません。それはどのようなSNSより、ブログが日本人にとって適度な距離感でコミュニケーションが出来る媒体だからなのかもしれません。海外からすると「LINE」という一対一を主体とするコミュニケーションツールが現在の日本で一番普及していること自体も不思議なのです。そこに「距離感が近ければ近いほど良いというものではない。」「積極的にたくさんの人と繋がるよりも、気の合う人たちと小さく繋がりたい。」というような日本人的な感覚があることも、この日本で「ブログ」という媒体が衰退しないことのひとつの要因なのかもしれません。 【インターネットは古代の海に還る】 ここ近年、インターネットは最早若者のものではなくなりました。ニールセンの調査によると2017年から2018年の間でスマートフォンの利用者人数の増加率は18-34歳では1%、35-49歳は3%ですが、これが50歳以上という区分になるとぐんと跳ね上がって、27%増加という数値になっています。 50歳以上のシニア世代が現在になってインターネットの世界に参入してきたのです。その背景にはガラパゴスケータイの生産終了や、各携帯キャリアのガラパゴス携帯+タブレットのだき合わせ販売が主流となっていることなどが挙げられますが、インターネット端末がシニア世代が使えるほどシンプルな設計に落ち着いてきた影響とも云えるでしょう。【まとめ】かくして、これまでのWEBマーケティングの常識はこのシニア世代の参入で大きく変化を遂げていきます。若者のものだったインターネットは、かつての若者たちによって洗練され、シニア世代への間口を広げました。 そうすると、コンテンツマーケティングの対象となるペルソナも自ずと増えます。シニアペルソナを意識すると、あの時はさっぱりしていて味気のなかったUIが再び日の目を見たり、電子メモアプリひとつとってみても、各アプリケーションと連携する高機能よりも「いつも台所に置いてるメモ帳に似てる」ことが、使いやすさの基準になったりするかもしれません。もしかするとこの2018年を皮切りに、私たちはこれまでのインターネット上の様々な繋がりを捨てて、人間の生活を模すことから始まった「便利」を追求した【インターネットの始まり】をまた経験する日が来るのかもしれません。.【引用元】ニールセン デジタル株式会社:50歳以上のスマホの利用者数は1年で27%増加、全体の37%を占める~ニールセン 年代別のスマートフォン利用状況を発表~総務省 情報通信政策研究所:   ブログの実態に関する調査研究 ~ ブログコンテンツ量の推計とブログの開設要因等の分析 ~  

  • 営業リスト

インサイドセールスとデジタルマーケティングの融合が、マーケティングを加速させる

■コールセンターを活用したテレマーケティング事業も展開私たちはWebマーケティングを通じてお客様を支援していますが、それ以外にもコールセンターを活用したテレマーケティングなど、BPO事業を展開しています。お客様の売上拡大、そして事業拡大を実現するために、「複合的なアウトソーシングサービス」を展開しているのが当社の特徴です。特に当社のコールセンター事業は歴史があるためテレマーケティングのノウハウが確立されており、席数も1席〜150席まであるので、大規模な案件にも対応できる体制が整っています。■インサイドセールスとWEBマーケティングを融合した、オートメーションサービスとはこれらのテレマーケティングのWebマーケティングの強みをそれぞれ掛け合わせたサービスも展開しています。マーケティングオートメーション導入と体制確立の基盤として、インサイドセールスとデジタルマーケティングを融合したワンストップのマーケティングサービスも提供しています。マーケティングオートメーションとは、通常メールの問い合わせから得られる顧客の属性やWebサイトへ訪れる訪問者のユーザーフロー、また様々なキャンペーン管理など、顧客育成に関わる多面的な要素を1つに統合。それにより業務を効率化し、より効果的なマーケティングとセールスの体制づくりを行う仕組みを指します。様々な要素が複合的に絡んでくるため、わかりにくい点があるかもしれませんが、マーケティングオートメーションに特化したツールを用いて見込み顧客作りを促進し、効率的な形で有効なセールスにつなげていく手法だと認識していただければ良いかもしれません。■NEC VALWAYの『マーケティングオートメーション』とは当社では前述の通り、インサイドセールスとWebマーケティングの両方に強みを持っています。そのため、一般的なマーケティングオートメーションツールありきでサービス展開をしている企業とは違い、導入したツールに寄らない【マーケティングオートメーションを上手くまわす仕組みのみ】の提供が可能になっています。この【仕組み】により作られた見込み顧客を両部隊に共有し、顧客開拓を実践していきます。テレマーケティングで顧客の温度感を直接図れるインサイドセールスチームと、顧客の無意識のアクションから定量的なデータをファイリングするデジタルチーム。リアルとデジタル、両側面のマーケティング部隊が1社にそろっているので、施策を進めて行くうえでスピード感と情報共有の両方を欠けることなく実施し、PDCAを回しマーケティング全体の質を上げながら、より効率的な形でセールスの成功率を上げていくことができます。■強みを活かし、お客様と時代に応じたサービスを提供する 私たちは様々な手法を駆使し、最適なマーケティング戦略を構築してきました。「人の数と質」が強みである私たちは、今後もテレマーケティングとWebマーケティングの強みを掛け合わせたサービスを展開していければと思っています。もちろんワンストップでのサービスだけでなく、必要な部分を切り出したサポートも。お客様のマーケティングのアウトソースという観点で、時代の流れに合わせて必要なものを適宜提供し、今後も売上向上、事業拡大につながるサービスを展開していきたいと思います。

  • 広告代理事業

あなたの会社は大丈夫?Web運用の落とし穴

■Web広告やSNSの運用で気をつけるべきことたくさんの企業様が取り組んでいる、Web広告やSNS。これらの運用に関して、外部の代理店や広告会社に委託している企業様は少なくないかと思います。「自社に専任者や詳しいメンバーがいなくとも、専門家に任せているから安心」と考えていらっしゃる方も多いかと思いますが、必ずしもそれが最善策とは、言えないかもしれません。■頻度はどのくらい?運用で最も大切なことWeb広告と一口に言ってもその種類は多岐にわたりますが、多くの企業様はGoogleアドワーズやYahoo!リスティングなどの運用型広告を使っていると思います。これらは売上を上げるにおいて非常に有益な手段ですが、使い方によっては効果を十分に引き出せない場合があります。特に気をつけなければいけないのは、毎日状況を見て、リアルタイムで適切な対応をすること。週に一度や二度の確認では、対応が後手に回ってしまうこともあります。毎日チェックをするのは面倒で時間がかかるものですが、この作業をサボってしまうと広告効果は下がってしまう(CPA、顧客獲得単価が上昇してしまう)もの。大切ですがコストのかかる作業のため、自社担当者の運用はもとより、広告代理店でも毎日チェックをしていない、すなわち即座に変化への対応ができていないケースも少なからずあるのです。これはSNSも同様で、アカウントを作って更新をしない、というケースも多いのではないでしょうか。特に広告の場合はキーワードトレンドの変化、また自社に追い風となる時事ネタが発生した場合の対応は、「週1回の計測と運用」ではカバーしきれないもの。リアルタイムでの対応が、広告効果を最大化させるのです。■「タイムリーな時にタイムリなー広告をだす」運用体制「もちろん毎日チェックをするのは理想だけど、それに対応できるだけの人員がいない」と言われる企業様もいらっしゃるでしょう。実はそれは、広告代理店も同様。たくさんのクライアントがいるなか、特定の企業様のみ毎日チェックをするというのは労力のいる作業なのです。そのため、どうしても週に1回〜2回の作業になりがち。しかし当社では毎日の確認をすることで、適切な形での運用を心がけています。 当社は以前から、テレマーケティングをやっている会社。そのため、「人が足りないので、これだけの運用しかできません」という提案はせず、確実に人が介在する形での工程を割り出し、それに応じた見積もりを出すという形をとることが当たり前の対応となっています。 日々適切な運用をし、タイムリーなときにタイムリーな広告をだす。それがCPAを下げるのに最も重要なのではないでしょうか。■Web接客ツールの導入が、マーケティングの鍵になるまた最近ではユーザーとのコミュニケーションを可視化することを目的に、Webチャットなどの「接客ツール」導入も支援しています。ツールを用いることで、お客様の質問や要望をデータとして保存。これらを解析、素早いPDCAを回していくことで、その後の運用に活かすことができます。これらもリアルタイムでの解析が大事になってきますが、当社では広告だけでなく、Web接客ツールの運用におけるスペシャリストを育成。専門の人材が対応をしますので、質の高いサービスを提供することが可能です。次回は、当社が得意としているインサイドセールスと、これらのデジタルマーケティングを掛け合わせたワンストップのマーケティングサービスについて、お話していきます。

  • マーケティング支援

「Web戦略の立案」が、企業の売上向上を実現する

私たちはコールセンターやWebマーケティングなどの領域を中心に、ワンストップのマーケティングサービスを提供し、最適な施策、オペレーションを立案、実行することでお客様を支援しています。一般的に「アウトソーシング」や「BPO」と呼ばれる領域ですが、単なる「アウトソース先」にとどまらず、「お客様(パートナー様)と共に進める業務解決=アライアンス・パートナー・ソリューション」を提供する企業として、課題解決を図ってきました。今回は私たちの提供しているサービスのなかでも、主にWebマーケティング領域においてお話ができればと思います。■多くの企業が取り組む、Webマーケティングの魅力とは 業種や業態、規模を問わず、多くの企業が取り組んでいるWebマーケティング。少額の投資で始められ、方法も多岐にわたることがWebマーケティングの魅力ですが、効果的な運用をしている企業はごくわずかです。私たちも様々な企業様のWeb運用に携わらせていただいていますが、思うような成果が出ず、コストだけがかかってしまっていた・・・というケースも少なくありません。効果的な運用を実現するためには、果たして何が大切なのでしょうか。■Webマーケティング成功のカギは、Web戦略を立てること Webを運用するうえで最も大切なのは、まず「戦略を立てること」です。戦略とは、Webマーケティングのゴール(目標)を決め、それに向かってどのような施策を実行し、改善していくのか。いわゆる現状の分析と達成すべき目標の決定、そして実行においてPDCAをどのように行うのか、という体制の構築です。当たり前のように聞こえるかもしれませんが、これができている企業は、実はそう多くありません。企業によっては、Webの先任者が他業務と兼業のため運用・改善に時間が取れず、サイトを作って終わりになってしまっている、また社内にWebに詳しい人材がいないため何を改善していいかわからない、といったケースも多くございます。しかし、これらの部分をしっかりと行えるかどうかで、その後の成果が大きく変わってしまいます。■期日を決めた行動が、Webマーケティング改善を実現する では、どのように戦略を立てていくべきなのでしょうか。私たちは分析におけるスキームの提供や目標設定、またPDCAを行ううえで具体的なスケジューリングなどを提案、実行することで、お客様のWeb戦略やマーケティング、プロモーション戦略の策定を支援しています。 分析スキームの提供では3C分析やSWOT分析などを行い、ターゲットを明確化。「ペルソナ」と言われる商品・サービスを利用するユーザー像を確立し、顧客が購入に至るまでのプロセスである「カスタマージャーニー」を明確化していきます。このような分析が終わった後、「いつまでに何を達成するか」という目標を立案。数字に落とし込んでいきます。そして、それを達成するためのPDCAを確立していきます。 PDCAで特に大切なのは、はじめに「C=チェック」をいつするのか、期日を決めてしまうこと。通常ですとプランがあって、実行があって、チェックがあって・・・と順番に行なっていくかと思いますが、時勢や時期によって顧客の興味度合や売上は変化します。そのため「どの期間のデータをとるか」を先に決めることが、正確なデータ分析、またWebマーケティングにおける正確なROI分析の実施につながるため、日付の決定を大切にしています。 そして、その後に商品・サービスをどのようにしていきたいというビジョン、すなわちプラン=Pを決め、実行。そしてチェック=Cをし、改善点を分析。次のアクション=Aを行います。Web戦略の成功事例において、業種や業態はあまり関係ありません。大切なのは計画をきちんと立て、それを実行していけるかどうかです。次回は、SNSやWeb広告の効果的な運用について、お話していきます。

無料¥0

業社の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。