13年のマッチング実績。完全無料0円!
  • ECショップ構築
  • キャンペーンサイト構築

本当に企業探しに採用ホームページは使われているのか

今まで書いてきたブログ記事は、全て学生が企業の採用ホームページを閲覧することを前提に書いてきました。しかし、この記事を読んだ中小企業の担当者から「本当に採用ホームページって読まれているの?」という根本的な質問をいただき、改めてその必要性を調べてみました。

毎度のことですがマイナビの調査資料から該当する情報を引用します。「2018年卒マイナビ大学生内定率調査(3月実施)」の中に「どのような方法で選考に参加する企業を探すか」という項目があります。この調査結果は以下のようになっています。

  • 就職情報サイト(マイナビ、リクナビなど) 80.0%
  • 企業の採用ホームページ 57.8%
  • 就職活動に関するアプリ 36.1%
  • 合同企業説明会 31.2%
  • 学内セミナー 25.7%
  • キャリアセンターの資料 16.0%
これを見ればわかるように約6割の学生が、選考に参加する企業を採用ホームページで選んでいると分かります。参考にしていない学生が4割もいるのが驚きですが、6割も見ているんですから無視できませんよね。就職情報サイトに掲載することはMUSTだと思いますが、採用ホームページも必ず用意しておきましょう。
おまけ

この調査結果の他に面白いデータがありましたのでご紹介します。就職活動に関するアプリの調査で「スマートフォンに入っていて、実際に使っているアプリ」というもの。この調査結果は以下の通りです。

  1. 地図アプリ 86.9%
  2. 電車乗換アプリ 77.5%
  3. 就職サイトのアプリ 64.5%
  4. ゲームアプリ 59.6%
  5. バーコード読み取りアプリ 58.6%
  6. メモ系アプリ 46.5%
  7. スケジュール管理アプリ 36.4%

地図や乗換は学生でなくても利用しますので上位に入るのは分かりますが、就職サイトのアプリが3番目に入っているのが就活中の学生らしいですね。あとは意外にもバーコード読み取りアプリをインストールしている学生が約6割もいることに驚きました。今後、採用ホームページなど採用制作物を企画する場合、バーコードを利用したコンテンツを作ってもよいかも(いまさらですが・・・)。

2019年卒向けの採用ホームページの制作が各社で始まっています。3月1日公開に向けて頑張りましょう。

EDITOR PROFILE

株式会社クーネスト

伊藤 泰行

2002年(株)毎日コミュニケーションズ(現マイナビ)に入社。企業の新卒採用領域において、採用広報の戦略立案、広報制作物の企画・進行管理に従事。幅広い業界の採用シーンに関わった経験を生かした業界を問わない企画提案が強み。2012年に京都のWEB制作会社に転職しWEBプランナーとしての経験を積み、2014年Qoonest立ち上げに参画。最近は日本酒の立ち呑みと旅RUNが楽しい。

すべての記事を見る



リカイゼン サポートデスクへの

完全無料ご相談はこちらから!

発注先探しのご依頼のほか、
ご質問・ご相談などもお気軽に
お問い合わせください。

お電話でのご相談

03-6427-5422 受付時間:平日10:00〜18:30

WEBでのご相談申し込み

WEBお申し込み後、即日または翌営業日に
サポートデスクからご連絡をさせていただきます。

ご利用の流れ
必須お名前
必須メールアドレス
任意電話番号
任意備考
利用規約及び、個人情報保護方針にご同意のうえ、送信ください。

申し込み完了後、サポートデスクから
お電話またはメールにてご連絡させていただきます。

本サイトは、reCAPTCHAとGoogleにより保護されています。(プライバシーポリシー利用規約)
13年のマッチング実績。完全無料0円!