• 翻訳・通訳
  • 翻訳

訪日客をターゲットとしている方へ。ホームページの翻訳が、グローバル展開の必須ツール。


増え続けるインバウンド観光客

海外からの観光客が年間2000万人を超え、2020年東京オリンピックに向けてさらに増えそうな勢いです。
彼らが日本についての情報を得るのは、おそらくホームページで検索してというのがトップにランクされるのではないでしょうか。
当然、来日する前にネット検索で入念なチェックをしているはずです。
そしてそのような場合、彼らが理解できるのはもちろん日本語ではありません。

英語版ホームページがグローバルビジネスへの窓口

中国語(簡体字=大陸、繁体字=台湾)、韓国語、タイ語、ベトナム語など、多言語翻訳されたホームページがあればベストですが、すべての言語を網羅するのは時間もコストもかかります。
そんな場合にはまず英語版を作っておきましょう。
万国共通言語である英語なら、なんとか理解してもらえます。
せっかくのあなたの会社のサービス、商品を眠らせておくのはとてももったいないことです。
英語版ホームページで、グローバルビジネスへと大きく飛躍してください。

グローバル展開のお手伝い

弊社は、設立25年間で培ってきた翻訳の実績とノウハウで、皆様のビジネスをサポートいたします。
英語はもちろん、あらゆる言語の翻訳に対応しております。

もし、これからホームページの英語版、中国語版、韓国語版、タイ語版、ベトナム語版etc.を作成したいという方がおられましたら、お気軽にお声掛けください。
ぜひともお手伝いさせていただければ幸いです。

ホームページの翻訳から商品説明動画の字幕・吹替えまで、弊社におまかせください。
御社の強い味方、株式会社エムストーンをぜひご利用ください。

お問い合わせ

株式会社エムストーン
メール: info@mstone.co.jp
ホームページ:http://www.mstone.co.jp/

EDITOR PROFILE

株式会社エムストーン

藤原 祥隆

翻訳・通訳、字幕・吹替え、映像翻訳、PV制作、コンテンツ制作が主なサービス。

映像のわかる翻訳会社(=翻訳のわかる映像会社)を目指しています。

沿革:

■機械翻訳開発会社勤務を経て、1990年12月株式会社エムストーン設立。設立当初は、翻訳とコンテンツ(マニュアル)制作がサービスの中心でした。

■1995年8月、秋葉原初のインターネットカフェ開設。そこでの経験に基づいて『インターネット用語がわかる本』(日本実業出版社)、『テレビ会議システム活用ガイド』(日本実業出版社)、『スキャナでらくらく文字入力』(エーアイ出版)を相次いで上梓しました。

■1999年10月、米国コネチカット州のオンラインマーケットリサーチ会社GF社の日本法人設立準備に向けて活動しましたが、翌年に米国のITバブルが弾けて契約解消。

■2008年9月、S.スピルバーグ監修による小児ぜんそく患者向けアニメーションゲーム「Quest for the code」日本語吹替え版を制作したのを皮切りに、本格的に動画の字幕、吹替えを開始し、企業プロモーションビデオ(PV)の撮影制作も手掛けるようになりました。

すべての記事を見る



CONTACT 株式会社エムストーンへ案件の相談・見積もり

必須ご相談概要
必須お名前
必須メールアドレス
任意電話番号
利用規約及び、個人情報保護方針にご同意のうえ、送信ください。
本サイトは、reCAPTCHAとGoogleにより保護されています。(プライバシーポリシー利用規約)