BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

API連携の方法をわかりやすく解説|APIの具体例やメリットも紹介します

目次

API連携の方法をわかりやすく解説|APIの具体例やメリットも紹介します

例えば、自社システムのログイン認証機能のセキュリティを高めたいけれど、コストがかかりすぎて難しいと悩むケースは多いのではないでしょうか。新しく機能追加をするとコストがかかってしまいますが、API連携を活用すれば低コストで高度な機能追加を行えます。

API連携とはアプリケーションやソフトウェア同士を連携させるもので、新しく開発するのではなく必要な機能を外部の機能を差し込むことによって、システムの利便性を高めることができる仕組みです。今回の記事では、API連携とは何か、具体例やメリット・注意点、API連携の方法などについて詳しく解説します。

API連携の依頼先探しならリカイゼンにお任せください!

リカイゼンでは、API連携実績を多数持つ会社の中から、ご要望に合う会社を厳選して無料でご紹介します。
企画段階からのご相談も受付中!気軽に相談できるプロをご紹介いたします。

お電話でのご相談は 03-6427-5422
受付時間:平日10:00~18:30

1. APIとは?

APIとは、アプリケーションやソフトウェア同士がお互いにやり取りをする際に使う、インターフェース仕様のことです。インターフェースとは「接点」という意味ですが、IT用語では2つのものをつなぐ部分のことを指します。

例えば、パソコンとスマホをつなぐ場合、USBで連結する部分がありますが、ここがインターフェースです。パソコンのユーザーインターフェースとはユーザーとパソコンをつなぐ部分で、具体的には文字入力やボタン、画面表示などを指します。

したがって、APIとはアプリケーションやソフトウェア同士が情報をやり取りする際に使う情報のことです。

API連携の具体例

世の中に存在するアプリケーションやソフトウェアは、そのほとんどがAPI連携をしています。例えば、ショップのアカウントにはYahoo!IDを使ってログインできるものがありますが、これはYahoo!とショップのアプリがAPI連携しているからできることです。

このようにSNS認証を連携させることで、ショップアカウントのIDとパスワードをショップの数だけ覚えておく必要がなくなり、Yahoo!IDだけでログインできます。

SNSアプリと配信アプリや音楽アプリなどを連携させれば、配信開始や新曲発表のお知らせをSNSで共有することが可能です。他にも、銀行システムと会計ソフトの連携、Amazonとブログの広告表示連携などさまざまなものがあります。

このように、すでにAPI連携をしていないアプリケーションやソフトウェアはないのではと思えるほど、多くのシーンでAPI連携が行われています。

2. APIの連携とは?

API連携を行えば既存のアプリケーションやソフトウェアを使いまわせるため、新たに開発を行うコストを削減できます。さらに、ユーザーにとって使い勝手が良くなることも多く、メリットが大きいです。セキュリティレベルが高い既存のSNS認証の仕組みを利用することで、セキュリティの強化も狙えます。

一方で、外部のアプリケーションやソフトウェアを使うため、利用していたサービスが停止した場合、自身のサービスにも影響を受けるというリスクがあります。複数のシステムが連携しているため、障害が起こったときの切り分けが難しいという点もリスクです。

このようにメリットは非常に大きいですがリスクもあるので、導入時には十分検討を重ねる必要があります。

3. APIの連携のメリットと注意点

ここからは、API連携のメリットと注意点について詳しく説明します。

メリット➀:ソフトウェア開発にかかるコストを削減できる

すでに存在するアプリケーションやソフトウェアを利用できるので、新しく機能を開発する必要がありません。

例えば、セキュリティレベルの高いログイン認証システムを新規で作ると、時間もコストもかかります。しかし、すでに存在するYahoo!IDやTwitterなどの認証の仕組みを使えば、ログイン認証部分の開発に必要なコストを最低限まで抑えられます。

このようにソフトウェア開発にかかるコストを大幅に削減できるのは、非常に大きなメリットといえるでしょう。

メリット②:サービスの質が向上する

上記のようなSNS認証連携を行うと、ユーザーは普段使っているYahoo!IDやTwitterのIDなどを使ってログインできます。新たにID登録を行い、IDとパスワードを覚える必要がないので、ユーザーにとっても非常に使いやすい仕組みです。

また、会計ソフトと銀行アカウントが連携していれば、口座の明細情報を会計ソフトにエクスポートできるのでいちいち入力する必要がありません。

このように、API連携をするとユーザーが使いやすくなることが多く、サービスの質が向上するというメリットがあります。コストをかけずにサービスの質を向上できるのは、非常に大きなメリットです。

メリット③:セキュリティ強化ができる

Yahoo!IDやTwitterなど、セキュリティレベルの高い既存の認証機能をAPI連携で使えば、セキュリティの強化につながります。既存のSNS認証にはIDとパスワードで認証するだけでなく、メール認証や電話番号認証などのよりセキュリティレベルの高い認証方式が実装されています。

これらの何種類もの認証方式を新しく実装するためには、多大なコストと時間がかかりますが、既存のSNS認証を使えばセキュリティを簡単に強化することが可能です。

注意点①:サービス停止の可能性がある

他のサービスと連携している場合、そのサービスが停止してしまうとこちらにも影響が出てしまいます。例えば、Yahoo!IDやTwitterで障害が起こった場合、SNS認証連携をしているシステムでもログインができなくなります。

このように、他サービスによる影響を受ける可能性があるため、注意が必要です。

注意点②:不具合への対応が難しい

いくつかのサービスと連携していると、他のサービスで不具合が発生した場合に対応が難しいという問題もあります。他サービスの不具合を直接直すことはできないので、サービスの復旧待ちをしなければいけません。

4. APIの連携方法

ここからは、API連携の一般的な方法について、解説します。連携の方法は連携したいAPIによって異なるので、詳しくは個別にご確認ください。

➀API提供会社に情報を登録する

連携したいAPIの提供会社に情報を登録します。ここでは、必要になることが多い情報の例をあげていきます。

<API提供会社に登録する情報の例>
  • アプリケーションやソフトウェアの名称
  • アプリケーションやソフトウェアの概要
  • 国名
  • トップページURL
  • 戻り先URL
  • APIを活用したい理由

登録後に審査が必要な場合もあります。TwitterやInstagramなど、連携したいシステムによっては英文による記述が必要な場合もあるのでご注意ください。

②APIキー、シークレットキーを取得する

通常ログインする際のログインIDとパスワードに当たる、「APIキー」と「シークレットキー」を取得し、ソフトウェアやアプリケーションに設定します。「APIキー」と「シークレットキー」は重要な情報なので、厳重に保管しましょう。

③APIの仕様書に沿って実装する

連携したいAPIが公開している仕様書に沿って、ソフトウェアやアプリケーションの連携部分を実装します。APIによって仕様が異なるので、ホームページなどで公開されている仕様書をよく読んで実装しテストを行いましょう。

5. まとめ

ここではAPI連携とは何か、具体例やメリット・注意点、API連携の方法などについて詳しく解説しました。API連携をすることで、低コストで優れた機能を実現できる、セキュリティを強化できるなどの多くのメリットがあります。

WEBサービス開発依頼先探しなら、
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社をご紹介いたします!

かんたん3ステップ
お急ぎの方はお電話で 03-6427-5422
※サポートデスク直通番号
受付時間:平日10:00〜18:30

WEBサービス開発依頼先探しでこんなお悩みはありませんか?

お悩み
  • 会社の選び方がわからない
  • 何社も問い合わせるのが面倒くさい
  • そもそも依頼方法がわからない
  • 予算内で対応できる会社を見つけたい

発注サポート経験豊富な専任スタッフが
あなたのご要望をお聞きし、最適な会社をご紹介いたします!
ご相談から会社のご紹介まで全て無料でご利用いただけます。
お気軽にご相談ください!

WEBサービス開発
依頼先探しなら
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社を無料でご紹介いたします!

サポートデスク

まずはご質問・ご相談なども歓迎!
お気軽にご連絡ください。

この記事の監修
リカイゼン サポートデスク 
吉田・新町
BtoBマッチングサービスであるリカイゼンにおいて、発注企業からのご相談のヒアリング、企業選定のフォローなどを行う部門の担当です。出展企業であるシステム開発やWEB制作、クリエイティブ制作会社ともコミュニケーションを取りながら、年間数百件の受発注のサポートを行っています。

WEBサービス開発の関連記事

iPaaSとは?IaaS・PaaS・SaaSとの違いやメリットなどを徹底解説!

iPaaSとは?IaaS・PaaS・SaaSとの違いやメリットなどを徹底解説!

最近はビジネスに役立つクラウドサービスが増えており、業務の効率化に役立っています。しかし、サービスが増えすぎて、それぞれのサービスのデータを手で入力し直す手間などが増えたと悩むケースもあるのではないでしょうか。 ...

開発環境のクラウド化とは?メリット・注意点や代表的なサービスをご紹介

開発環境のクラウド化とは?メリット・注意点や代表的なサービスをご紹介

自社でITシステムを開発する際に、自社内に開発環境を用意するとコストや手間がかかってしまうため、お悩みの方は多いのではないでしょうか。サーバーやネットワーク環境、プラットフォームやソフトウェア、ツール類などが必要になるため、...

クラウドとは?仕組みや導入するメリット・デメリットをわかりやすく解説

クラウドとは?仕組みや導入するメリット・デメリットをわかりやすく解説

自社でシステムを構築する場合、サーバーやネットワーク環境の導入や管理などのコストがかかります。運用やメンテナンスも自社で行う必要もあり、管理が大変と悩む企業も多いのではないでしょうか。 クラウドサービスを利用...

Web3(Web3.0)とは?注目を集める理由やサービス例をご紹介

Web3(Web3.0)とは?注目を集める理由やサービス例をご紹介

インターネットは今やなくてはならないものですが、その仕組みは日々進化しています。現在の主流はWeb2.0ですが、最新のWeb3(Web3.0)が登場しました。Web3の登場によって一部の企業に独占されていた情報がユーザーのも...

テレワークにおすすめのリモートワークツール8選!比較方法や導入メリットも解説

テレワークにおすすめのリモートワークツール8選!比較方法や導入メリットも解説

在宅勤務やサテライトオフィスでの勤務など、多様な働き方が求められる中、リモートワークができる仕組みづくりは非常に重要です。中でも、自宅や出張先から社内のファイルに安全にアクセスできるリモートワークツールは、必要不可欠な存在で...

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す