BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

【便利】ECサイト構築でCMS導入するメリット解説

目次

【便利】ECサイト構築でCMS導入するメリット解説

年々、拡大傾向にあるEC市場では、企業が相次いでECサイトを立ち上げています。もちろんフルスクラッチでサイト構築することもできますが、パッケージ・ソフトウエア、オープンソース・ソフトウエアも豊富に揃ってきています。ECサイト運営で大事なことは、ECサイトの特徴である更新作業がミスなく誰でも作業ができるような仕組みにすることです。それを実現できるのがCMSになります。ここではECサイト構築においてCMSを導入する理由について説明します。

ECサイトにおけるCMS導入をお考えならリカイゼンにご相談ください!
基本的に現在展開されているECサイト構築サービスなどにはCMS機能がついているものがほとんどです。ただし、展開したい商品点数やECサイトの規模感によって、どのようなかたちでECサイトを構築すべきかが変わりますので、まずはプロの制作会社に相談してみるのがよいでしょう。
リカイゼンでは、掲載中のECサイト構築実績多数の会社の中から、希望にマッチした制作会社を選定して無料紹介いたします。気に入った会社があれば、具体的な費用や開発手法など直接制作会社とやりとりが可能です。



目次

1. ECサイトの特徴と、必要な機能

ECサイトにおけるCMSとの相性を解説するにあたり、まずはECサイト自体の定義を確認したいと思います。

ECサイトとは

ECサイトは、Eコマース(E-Commerce)の略称です。Eコマースはインターネット上で行われるモノやサービスの売買を行う通称です。すなわち、ECサイトはインターネットを使ったモノやサービスの販売を行うサイトのことです。

ECサイトの種類

ECサイトには大きく2つの種類があります。それは、「モール型」と「自社サイト型」になります。
モール型とは、楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングなど、モールに出店するタイプを言います。モール型では、そのプラットフォームで提供されているシステムを利用し、決済もモールが代行します。出店するにあたり、ひな型や店舗管理システムが既に用意されているので、出店者は自身でECサイトを構築する必要がありません。
一方、自社サイト型は自らECサイトを構築するタイプで、例えばオープンソース・ソフトウエアなどを使って構築を行います。自由度は高いですが、決済システムやセキュリティ対応など自前で作る必要が生じます。

ECサイトを取り巻く環境

2017年の日本BtoC(経産省調べ)におけるEC市場規模は16.5億円(前年比9.1%増)でした。インターネットの普及とともに楽天やAmazonなどを始め、さまざまなセグメントのニーズに対応して、市場規模は拡大傾向にあります。
また、スマートフォンの普及もECサイトに大きな影響を与えており、楽天市場では流通総額のモバイル比率は70%を超えていると言うことですので、今後は、各ECサイトはスマートフォンへの移行が活発になるのではないでしょうか。

ECサイトの機能

では、ECサイトではどのような機能が必要なのでしょうか。基本的にECサイトの機能は2つに分けられます。
一つはサイト来訪者のための商品紹介、会員登録、商品注文などを行う「販売機能」で、もう一つは管理側が利用する注文処理、在庫管理、顧客管理などの「管理機能」になります。それぞれの機能について内容を説明します。

・販売機能

  • 商品紹介(商品タイトル、イメージ、紹介文、カテゴリ、一覧など)
  • 商品注文(カート機能、決済方法と配送方法の選択、配送先の編集、注文処理)
  • マイページ機能(会員登録・編集、退会処理、注文履歴)
  • スマホ対応(モバイルページ生成、表示)
  • 多言語対応(日本語以外の他言語への対応)
  • その他(更新情報、オススメ商品、問い合わせフォーム、キャンペーン情報)

・管理機能

  • 基本情報設定(出店者の基本情報掲載、支払い方法、手数料、配送料の設定、配送業者、配送時間などの設定)
  • 出店者管理(出店者情報編集、アクティブ有無、検索、一覧)
  • 商品管理(商品一覧、検索、商品登録状況、レビュー管理など)
  • 受注管理(受注一覧、検索、配送状況など)
  • 売上集計(商品別、カテゴリ別、集計業務)
  • コンテンツ管理(キャンペーン、ブログ、オススメ商品、サービス管理)
  • その他、システム設定(サイトのデザイン管理、バックアップ管理)

2. CMSが優れている理由

続いて、CMSについて理解を深めたいと思います。

CMSとは

CMSとは、Content Management System/コンテンツ・マネジメント・システムの略称です。ホームページ等のサイトを構築するためのプラットフォームで、簡単に言うとHTMLなどのWEBの専門知識がない人でも、簡単にホームページの作成、更新、運営ができるシステムのことを言います。CMSは、ホームページ更新だけではなく、ECサイトやブログ、SNSなど特定の用途を対象とした特化型があります。

CMSの特徴

CMS導入には2つの提供形態があります。それは「パッケージ・ソフトウェア」と「オープンソース・ソフトウェア」になります。
パッケージ・ソフトウエアは、必要な機能が一通り用意された形で既製品として販売されているソフトウェアです。アップデートや不具合などは、メーカー保証があることと、マニュアルや導入教育なども整備されている点は良いですが、導入コストはある程度かかってきますので、ECビジネスとしてある程度規模のある企業向けのシステムになります。
一方のオープンソース・ソフトウエアは、無償で公開されているソースコードを自由に改良してECサイトを構築するものです。当然、アップデートや不具合は自己責任になります。導入コストはソフトウエアの改良や実装するコストなので、小規模ビジネスでも似合ったコストで導入することは可能です。

CMS導入で期待できること

CMSの最大の特徴は、テンプレートに基づいてページを自動生成できるため、HTML等の専門知識がなくてもサイト運用が容易にできることです。
CMS導入により期待できる効果として下記が挙げられます。

  • ・商品登録等のコンテンツの新規登録や編集、更新作業が社内で誰でもできるようになります。
  • ・自動的にWEBページが生成されるので、HTMLコードの記述ミスやリンク切れなどが無くなります。
  • ・サイトデザインが一貫しているので、サイト全体の統一感を図れます。
  • ・予期せぬトラブルなどが発生した際でも、誰でもページを修正、更新、削除などを行うことが可能です。

CMS導入で注意するポイント

CMS導入で注意する点もあります。CMSは自動的にページ生成されますので、デザインの統一が図られます。これはメリットとして捉えられる反面、制約があると捉えられる場合もあります。
また、操作は容易にできるものの、導入段階では操作対象となるスタッフへの教育は必要です。また、既に運営しているCMSがある場合は、移行を行う手間が生じることです。

3. ECサイト構築でCMSを導入する理由

さて、ECサイトとCMSについてそれぞれ確認してきました。お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、ECサイト構築でCMSを導入する最大のメリットは、更新作業のしやすさにあります。ECサイトでは、複数の商品を取り扱います。そしてその商品には、商品名を始めイメージ、商品説明など多くの情報を登録する必要があります。その更新作業は、数が増えるほどに入力ミスなどを発生する確率を高めます。

このような更新作業をCMSでは簡単にできることで、ミスの発生する確率を低くすると考えられます。また、ECサイトに特化したCMSであれば、予め必要な機能が用意されているので、サイト構築を効率化することが可能なのです。

ECサイト構築で高いシェアを誇っているCMS機能として、EC―CUBEがあります。日本で開発されたEC-CUBEは、公式サイトを始め、開発者のコミュニティから豊富な情報を得ることができます。また、豊富にプラグインが用意されているので、ECサイト構築で必要な機能に応じて拡張することができるのです。また、多言語対応もされたため、英語を始め複数言語にも対応できるようになっています。

4. まとめ

今回は、ECサイト構築でCMS導入をする理由について説明してきました。更新作業を頻繁に行わなければいけなく、また誰でもその作業を容易にしなければいけないECサイトとして、CMS最大の特徴である更新のしやすさの仕組みを導入することは、円滑な運営を目指せます。
小さいコストで、大きな売り上げを見込める仕組みは、ECサイト運営者であれば誰でも導入したくなる機能です。今は、さまざまなCMSが出ていますので、自社のECサイトに合ったCMSを検討して導入してみるのが良いでしょう。

ECサイトのCMS導入をお考えなら、リカイゼンにご相談ください!新規開発でも、現在のECサイトの改修でも、ご希望に応じて対応可能な会社を選定して無料紹介いたします。
企画中や検討段階のご相談を受け付けております!

ECサイト
費用や依頼方法のモヤモヤを解消しよう!

ざっくり希望を書くだけで、発注サポート経験豊富な専任スタッフが、 あなたに変わって無料で見積取得を行います!
企画中の相談や金額だけが知りたい場合でもご利用いただけます。

サポートデスク
お急ぎの方はお電話で 03-6427-5422
受付:平日10:00〜18:30

WEBサービス開発依頼先探しなら、
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社をご紹介いたします!

かんたん3ステップ
お急ぎの方はお電話で 03-6427-5422
※サポートデスク直通番号
受付時間:平日10:00〜18:00

WEBサービス開発依頼先探しでこんなお悩みはありませんか?

お悩み
  • 会社の選び方がわからない
  • 何社も問い合わせるのが面倒くさい
  • そもそも依頼方法がわからない
  • 予算内で対応できる会社を見つけたい

発注サポート経験豊富な専任スタッフが
あなたのご要望をお聞きし、最適な会社をご紹介いたします!
ご相談から会社のご紹介まで全て無料でご利用いただけます。
お気軽にご相談ください!

WEBサービス開発
依頼先探しなら
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社を無料でご紹介いたします!

サポートデスク

まずはご質問・ご相談なども歓迎!
お気軽にご連絡ください。

この記事の監修
リカイゼン サポートデスク 
吉田・新町
BtoBマッチングサービスであるリカイゼンにおいて、発注企業からのご相談のヒアリング、企業選定のフォローなどを行う部門の担当です。出展企業であるシステム開発やWEB制作、クリエイティブ制作会社ともコミュニケーションを取りながら、年間数百件の受発注のサポートを行っています。

WEBサービス開発の関連記事

iPaaSとは?IaaS・PaaS・SaaSとの違いやメリットなどを徹底解説!

iPaaSとは?IaaS・PaaS・SaaSとの違いやメリットなどを徹底解説!

iPaaSは、クラウド上で提供されているサービス同士を「連携」する仕組みであり、サービスです。 この記事では、iPaasが注目されている理由、導入するメリットや具体的なサービスについて説明します。 ...

開発環境のクラウド化とは?メリット・注意点や代表的なサービスをご紹介

開発環境のクラウド化とは?メリット・注意点や代表的なサービスをご紹介

自社でITシステムを開発する際に、自社内に開発環境を用意するとコストや手間がかかってしまうため、お悩みの方は多いのではないでしょうか。サーバーやネットワーク環境、プラットフォームやソフトウェア、ツール類などが必要になるため、...

クラウドとは?仕組みや導入するメリット・デメリットをわかりやすく解説

クラウドとは?仕組みや導入するメリット・デメリットをわかりやすく解説

自社でシステムを構築する場合、サーバーやネットワーク環境の導入や管理などのコストがかかります。運用やメンテナンスも自社で行う必要もあり、管理が大変と悩む企業も多いのではないでしょうか。 クラウドサービスを利用...

Web3(Web3.0)とは?注目を集める理由やサービス例をご紹介

Web3(Web3.0)とは?注目を集める理由やサービス例をご紹介

インターネットは今やなくてはならないものですが、その仕組みは日々進化しています。現在の主流はWeb2.0ですが、最新のWeb3(Web3.0)が登場しました。Web3の登場によって一部の企業に独占されていた情報がユーザーのも...

テレワークにおすすめのリモートワークツール8選!比較方法や導入メリットも解説

テレワークにおすすめのリモートワークツール8選!比較方法や導入メリットも解説

在宅勤務やサテライトオフィスでの勤務など、多様な働き方が求められる中、リモートワークができる仕組みづくりは非常に重要です。中でも、自宅や出張先から社内のファイルに安全にアクセスできるリモートワークツールは、必要不可欠な存在で...

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す