BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

オンプレミスとクラウド|メリット注意点をわかりやすく解説します

目次

オンプレミスとクラウド|メリット注意点をわかりやすく解説します

業務システムや社内システムなどを管理するときには、自社にサーバー環境やネットワーク環境などを準備しているところもあるでしょう。しかし、この方法ではコストがかかり過ぎる、導入時や運用の手間も大きいなど、デメリットが大き過ぎると悩む企業も多いかもしれません。

自社環境にシステムを構築する方式をオンプレミスといいますが、近年はサーバー環境などをすべて外注するクラウドの利用が増えています。この記事では、オンプレミスとクラウドはどう違うのか、それぞれのメリットや注意点などについて詳しく解説します。

インフラ構築の依頼先探しならリカイゼンにお任せください!

リカイゼンでは、インフラ構築実績を多数持つ会社の中から、ご要望に合う会社を厳選して無料でご紹介します。
企画段階からのご相談も受付中!気軽に相談できるプロをご紹介いたします。

お電話でのご相談は 03-6427-5422
受付時間:平日10:00~18:30

1. オンプレミスとクラウドの違い

オンプレミスとクラウドのもっとも大きな違いは、サーバーやネットワーク環境などの現物を自社で保持するかどうかです。サーバー環境を自社で保有するのがオンプレミス、運営会社が保有している環境を利用するのがクラウドです。

これら2つの環境のコスト面や導入期間、セキュリティ面などの違いについて、以下の表にまとめました。


表にあるとおり、それぞれの性質は大きく異なるため、どちらが自社に適しているかを見極める必要があります。ここでは、オンプレミスとクラウドのメリットと注意点について、それぞれ詳しく解説していきます。

2. オンプレミスとは

オンプレミスとは、自社にサーバー環境やネットワーク環境などを構築・管理する方式です。サーバーやネットワーク回線、ソフトウェアなどをすべて自社で購入し、自社のサーバールームやデータセンター内に環境構築します。環境構築後は、運用管理も自社で行う必要があります。

セキュリティレベルを高めたい場合や、独自の環境設定などを自由に行いたい場合などに選ばれる方式です。

ここからは、オンプレミスを選ぶメリットと注意点について、詳しく見ていきましょう。

オンプレミスのメリット

オンプレミスを選ぶと、以下のようなメリットを得られます。

<オンプレミスのメリット>
  • セキュリティレベルを高めることが可能
  • サーバー環境やネットワーク環境を自由にカスタマイズ可能

自社内に環境構築するため、ファイアウォールなどのネットワーク機器のセキュリティレベルを高めることが可能です。自社環境を高いセキュリティレベルに保てば、外部から情報を盗まれたり漏洩したりするリスクを下げられます。

また、自社で構築する環境なので、自由に設定を変更したりサーバーや回線を増設したりとカスタマイズが可能です。

オンプレミスの注意点

オンプレミスを選ぶ際に知っておきたい注意点についてご説明します。

<オンプレミスの注意点>
  • 初期費用が高額
  • 導入までに時間がかかる
  • 運用コストが発生する

オンプレミスの場合、サーバー機器やネットワーク機器、ソフトウェアのライセンスなどのすべてを自前で購入する必要があり、初期費用が高額です。すべての環境を構築し、システムを導入するまでに時間がかかるという注意点もあります。運用時のメンテナンスやハードウェア、ソフトウェアのアップデート、障害対応などの運用コストも発生します。

このようにオンプレミスには注意点が多いため、それを上回るメリットがあるのか、検討してから導入するのがおすすめです。

3. クラウドとは

クラウドとはクラウドサーバーの運営会社が保有するサーバーを、月額料金を支払って利用する方式です。サーバーやネットワーク環境などはすべて運営会社が用意し、ランニングコストを支払うことで利用できます。自社で環境を維持したくない、コストを抑えたい、導入の手間を省きたいなどの場合に利用する方式です。

ここでは、クラウドを選ぶメリットと注意点について、詳しく見ていきましょう。

クラウドのメリット

クラウドを選ぶと、以下のようなメリットを得られます。

<クラウドのメリット>
  • 初期費用が安い
  • 導入がスムーズ
  • セキュリティ対策が講じられている

クラウドはすでに用意された環境を、ランニングコストを支払って利用する形態です。そのため、初期費用が安く、導入が非常にスムーズです。クラウドの運営会社がセキュリティ対策を講じているため、自社でセキュリティ対策を行う必要がない点もメリットといえます。

クラウドの注意点

クラウドはコストを下げられる方式ですが、一方で以下のような注意点もあります。

<クラウドの注意点>
  • 自由に環境をカスタマイズできない
  • 長期的に見るとコストがかかり過ぎる可能性がある

オンプレミス環境は自社環境なので自由に環境変更できますが、クラウドは運営会社が管理する環境なので自由にカスタマイズできません。オプションや設定変更などで対応してくれるサービスもありますが、いつでも自由にカスタマイズできるわけではないことに注意が必要です。

また、利用期間中はずっとランニングコストを支払う必要があるため、長期的に見るとコストが高くなる可能性があります。

4. オンプレミス型からクラウド型に移行できる?

オンプレミス型の環境からコスト削減のためにクラウド型に移行することも可能です。移行する際には、十分に検討を重ねてクラウド環境を選定しましょう。データの移行を行う場合は綿密な計画と作業準備が必要です。

クラウド環境への移行手順は以下のとおりです。

<クラウド環境への移行手順>
  • クラウド環境を選定する
  • 移行できるか検証する
  • 移行作業を準備する
  • 移行作業を行う

今までの環境で実現できていたことを同じようにできるクラウドを選びましょう。データを移行する場合は、綿密な作業計画と失敗した場合の対応なども計画しておく必要があります。

オンプレミスとクラウドの連携も可能

オンプレミスとクラウドを連携させる「ハイブリッドクラウド」を利用することで、デメリットを補いながら両方のメリットを享受することが可能です。連携した環境を構築するためには、以下のような点を検討する必要があります。

<ハイブリッドクラウド環境構築時に必要な検討内容>
  • ネットワーク構成の検討
  • 異なるプラットフォームの連携方法の検討
  • 既存の環境への影響を検討

構成の違う環境を連携させるため、環境構成や運用方法が複雑になることが多く、かえってコストがかかることもあるので注意しなくてはいけません。

5. まとめ

この記事では、オンプレミスとクラウドはどう違うのか、それぞれのメリットや注意点などについて詳しく解説しました。

オンプレミスは構築や運用のコストがかかりますが、自社システムとして自由に利用可能です。一方、クラウドを選ぶとコストを下げることができ、システム部門の負担を減らせます。サーバー環境のコスト削減を望んでいる場合は、クラウド環境への移行を検討してみてもよいでしょう。

インフラ構築依頼先探しなら、
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社をご紹介いたします!

かんたん3ステップ
お急ぎの方はお電話で 03-6427-5422
※サポートデスク直通番号
受付時間:平日10:00〜18:00

インフラ構築依頼先探しでこんなお悩みはありませんか?

お悩み
  • 会社の選び方がわからない
  • 何社も問い合わせるのが面倒くさい
  • そもそも依頼方法がわからない
  • 予算内で対応できる会社を見つけたい

発注サポート経験豊富な専任スタッフが
あなたのご要望をお聞きし、最適な会社をご紹介いたします!
ご相談から会社のご紹介まで全て無料でご利用いただけます。
お気軽にご相談ください!

インフラ構築
依頼先探しなら
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社を無料でご紹介いたします!

サポートデスク

まずはご質問・ご相談なども歓迎!
お気軽にご連絡ください。

この記事の監修
リカイゼン サポートデスク 
吉田・新町
BtoBマッチングサービスであるリカイゼンにおいて、発注企業からのご相談のヒアリング、企業選定のフォローなどを行う部門の担当です。出展企業であるシステム開発やWEB制作、クリエイティブ制作会社ともコミュニケーションを取りながら、年間数百件の受発注のサポートを行っています。

インフラ構築の関連記事

GCP(Google Cloud Platform)とは?主なサービスや特徴について解説

GCP(Google Cloud Platform)とは?主なサービスや特徴について解説

  近年、クラウド利用が一般的になり、多くの企業でクラウドサービスが利用されています。その中でも、Googleが提供するクラウドサービス「GCP(Google Cloud Platform)」は、高性能なインフラと...

マッチングシステムの仕組みとは?概要をかんたんに解説

マッチングシステムの仕組みとは?概要をかんたんに解説

マッチングシステムとは、異なる情報を結びつけるための仕組みです。この仕組みは、求職者と企業をつなげるシステムや、飲食店とユーザーをマッチングさせるシステムなど、様々な場面で利用されています。 本記事では、マッチング...

デジタル時代の革新的サービスChatGPTとは?企業の活用方法をご紹介

デジタル時代の革新的サービスChatGPTとは?企業の活用方法をご紹介

近年、急速に発展するデジタル時代において、人工知能(AI)は中核的な技術となっています。自然言語処理や機械学習の飛躍的な進歩により、自動化されたカスタマーサービスからバーチャルアシスタントまで、AIを利用したサービスを色々な...

AWS(アマゾン ウェブ サービス)について|ビジネスに取り入れるメリットとは

AWS(アマゾン ウェブ サービス)について|ビジネスに取り入れるメリットとは

近年、業務効率の向上やコスト削減を目的に、多くの企業がクラウドサービスを導入しています。中でも「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」は大規模なインフラと多数のサービスを提供しており、多くの企業で利用されています。 &nbs...

オンプレミスとクラウド|メリット注意点をわかりやすく解説します

オンプレミスとクラウド|メリット注意点をわかりやすく解説します

業務システムや社内システムなどを管理するときには、自社にサーバー環境やネットワーク環境などを準備しているところもあるでしょう。しかし、この方法ではコストがかかり過ぎる、導入時や運用の手間も大きいなど、デメリットが大き過ぎると...

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

【オンプレミスとクラウドの違い】
オンプレミス クラウド
サーバーやネットワーク環境 自社で保有 運営会社が保有
初期費用 高い 安い
導入期間 数週間から数か月 登録すればすぐに使える
カスタマイズ 自由にカスタマイズが可能 制限がある
運用管理 自社で運用管理が必要 運営会社が管理してくれる
セキュリティ 自社のセキュリティレベルによる 運営会社がセキュリティ対策をしているためセキュリティは高い
災害リスク 一か所に環境が集中していると災害リスクが大きい 分散管理しているため災害リスクは小さい