BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

AIとは|AIの歴史や活用方法、今後の動向について紹介

AIとは|AIの歴史や活用方法、今後の動向について紹介

目次

AIとは|AIの歴史や活用方法、今後の動向について紹介

最近、テレビやSNSなどで「AI」「人工知能」といった言葉を耳にする機会が増えてきました。一種のバズワードのようなものなので、一定数は企業のブランディング目的で使われるケースも多いでしょう。

ただ、実際にほとんどの人は、「AIが使われると何が変わるのか分からない」「AIってなんとなく怖いイメージ」「そもそもAIという言葉は聞いたことあるけど何のことかさっぱり分からない」
このように感じているのではないでしょうか。

今回は、AIの意味や歴史、活用方法、今後の動向などをご紹介します。
AIという言葉の裏側に潜む、大きな物語を知ることが出来るでしょう。

*今回の記事では、著者:松尾豊氏 人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの を参考に作成されています。より詳しく知りたい方はそちらの本をご確認ください。

AIツール導入や業務効率化などの
DX支援ならリカイゼンにお任せください!

「AI関連ツールの導入を考えているけどなにから始めればいいのかわからない」、「業務効率化したいけど、どのツールを使えば良いのかわからない」など、こういったお困り事があれば、お気軽に弊社リカイゼンにご相談くださいませ。

リカイゼンではITにおける様々な問題に対してお手伝いをしております。
DX支援開発の依頼先探しやおすすめの会社のご紹介、一括見積もり比較など完全無料でご利用いただけます。まずは気軽にお問い合わせくださいませ。

お電話でのご相談は 03-6427-5422
受付時間:平日10:00〜18:30

そもそもAIとは

まずは言葉の定義から理解していきましょう。

AIとは「Artificial Intelligence」の略で、日本語訳で人工知能と呼ばれています。
辞書的な定義では「コンピューターで記憶・推論・判断・学習といった人間の知能の持つ機能を備えたコンピューターシステム」と記載されています。
(小学館 デジタル大辞泉より抜粋)

ただ一方、学術的な定義は実は決まっていないのです。
AIという言葉自体は1956年に出来たのですが、常に新しい技術が出現し、その度にAIという言葉が持つ意味の範囲が広がるため、明確に決めきれないのです。

とはいえ日本国内の有識者の方たちは下記表のように独自の定義をしています。

人工知能

参考:松尾豊「人工知能は人間を超えるか」

ここで、AI研究の第一人者である松尾豊氏の言葉を切り取ってみると、

人工的に作られた人間のような知能、ないしはそれをつくる技術。人間のように知的であるとは、「気づくことのできる」コンピュータ、つまり、データの中から特微量を生成し現象をモデル化することのできるコンピュータという意味である

要は、「コンピューターで人間の知能を模倣するための概念及び技術」といったところでしょうか。

AIの歴史

最近、よく耳にするようになったAIですが、前述したとおり、言葉自体は1956年に出来ました。
この章ではそんなAIの歴史について3つのAIブームを切り取って解説していきます。

3つのAIブーム

参考:松尾豊「人工知能は人間を超えるか」

第一次人工知能ブーム(1956年~1960年代)

AI(人工知能)という言葉は1956年に始めて使われました。
アメリカ東部で開催されたワークショップで「人間のように考える機械」のことをAIと呼んだと言われています。

この時代のAIは「推論」「探索」が可能になり、特定の問題に対して解を提示することが出来るようになりました。

しかしながら当時のAIでは迷路やチェスなどの単純な問題に対しては答えを出すことが出来ましたが、実際に現実の世界のような複雑な問題は解くことが出来ない「フレーム問題」が明らかになり、1970年代は一転して冬の時代となりました。

第二次人工知能ブーム(1980年代)

第二次人工知能ブームは1980年代に起こりました。
第一次人工知能ブームは「推論」「探索」がフォーカスされた時代でありましたが、第二次人工知能ブームでは「知識」の時代だと言われています。

知識とは、「コンピューターが推論するために必要な情報をコンピューターが認識できる形にしたもの」であり、AIに知識を導入することで現実世界で実現可能な「エキスパートシステム」が開発されました。

エキスパートシステムとは、あらゆる専門分野の情報を取り込み、そこから推論することでAIが専門家の様に振る舞う事ができるシステムのことです。

しかしながら、エキスパートシステムは自身で新しい情報を取り込むことが出来ず、人間が必要となる情報をコンピューターが理解できる記述に書き直さなければならなかったのです。

現実世界の膨大な情報をすべて、コンピューターに書き写すことは困難であり、実際にエキスパートシステムを利用する時は、専門分野をかなり限定する必要がありました。 こうした理由から1995年頃から2回目の冬の時代になりました。

第三次人工知能ブーム(2006年~現在)

第三次人工知能ブームは2000年代から現在まで続いています。
IOTの普及によって大量のデータ、(ビッグデータ)を取り込むことでAI自身が知識を得ることが出来る「機械学習」が開発されました。

機械学習の技術は多くの分野で利用されており、企業でも顧客や従業員のデータを分析し、購買促進や組織マネジメントなどに役立てられています。

また、2012年には知識を定義する要素を人工知能が自ら習得することができるディープラーニングも大きな話題になっています。

最近の話題だと、「googleアシスタント」や「Amazon Alexa」などにもディープラーニングが使用されており、イメージが付きやすいのではないでしょうか。

AIのレベル

実はAIには実用生活に取り組むに当たってレベル分けがあります。
本章ではレベルごとにどういった事ができるのか紹介します。

レベル1 単純制御:単純な制御プログラムが組み込まれているもの

予め定められたルールに従い制御されているコンピューターです。
実際は「制御工学」や「システム工学」として長い歴史のある分野の研究によるものです。

(具体例)
スマート家電

レベル2 ルールベース:推論、探索を行い、数多くのパターンに対応するもの

世界を観測することによって振る舞いを変える事ができるコンピューターです。

(具体例)
チャットボット、掃除ロボット

レベル3 機械学習:サンプルとなるデータを基にルールや知識を学習し、自動的に判断するもの

人間が予めルールを細かく決めて組み込んでおかなくても、大量のデータから対応パターンを自ら見つけ出す事ができます。

(具体例)
将棋ソフト、IBMのWatson(ワトソン)

レベル4 深層学習:人間が介在やルールを設定しなくても、自律的に特徴やルールを学習し、自動的に判断するもの

対応パターンを自ら見つけ出すこと点はレベル3と同じですが、人間が学習に使う着眼点を与えなくても、コンピューター自ら見つけ出し、対応パターンを生成できます。
ディープラーニングとも言われています。

(具体例)
自動運転

現在では一般的にAIという言葉はレベル3、レベル4のことを指すようです。
世の中には多くのAIのようなものがありますので、上記を参考にしながら見極めるといいでしょう。

今後は、ディープラーニングの研究が更に進み、自動運転、音声認識など多くの分野で応用され、私達の生活は大きく変わっていくでしょう。

AIができること

現在のAI技術は非常に幅広い分野で応用されています。
今回は、具体的にどういった事ができるのか、どのように使われているのか、紹介していきます。

画像処理

人間は、目の前にあるモノや風景の光を認識して、意思決定や外界とのコミュニケーションを図ることが出来ます。
現在のAI技術も、人間同様、カメラやセンサーを駆使して、外界のモノや風景を認識することが出来ます。

(具体例)
グーグルの人工知能、今度は「モザイク画像の被写体を特定」する
世界880万車両で採用予定の自動運転物体認識AI『SVNet』が国際的な情報セキュリティ認証ISO 27001:2013(ISMS)を習得

音声処理

人間は空気中を伝わる様々な音を聞き分け、内容を理解し、他者とコミュニケーションを取ります。
現在のAI技術もマイクなどで音を聞き分け、物事を判断することが出来ます。

(具体例)
医療業界初!AI音声認識技術で新型コロナ禍での多様な医療記録を支援。「AmiVoice®IC-Support」、1月28日リリース

言語処理

人間は、自分の思いや感情を言葉にして他者とコミュニケーションを取ることが出来ます。
現在のAI技術も人間と同様に言葉を発することが出来るようになりました。

(具体例)
元女子高校生型AI「りんな」
amazon alexa

単純作業

今まで、人が行ってきたスーパーのレジ打ち、銀行窓口などのようないわゆる単純作業はAIが最も得意とする領域であり、すでに様々な分野で実用化が進んでいます。

(具体例)
横浜で”レジなしコンビニ”の実験 AIで商品を判別、持ち出すと自動決済

AIの今後の発展

AI技術は今後更に指数関数的に発展していくことが予想されます。
その上でAIと人間の付き合い方について様々な議論が上がります。

シンギュラリティ

シンギュラリティとは「AIの性能が全人類の知性の総和を超える転換点」を意味し、日本語では技術的特異点と呼ばれています。

人工知能研究で世界的な権威であるレイ・カールワイツ博士が2005年に提唱し、そこから世間に広く知られました。

人工知能が今以上に知能を持ち、本当の意味で人間よりも知能を持ってしまった場合、AIが独自の意思で人類に武器を向けてしまうのではないか。

早すぎる技術の革新に対して、ビル・ゲイツ(Microsoft創業者)やイーロン・マスク(テスラCEO)など多くの有識者がこのような危険信号を発しています。

▼詳しい記事はこちらから

AIが仕事を奪うのか

AIがこれから社会により普及していくため、今まで人間が行っていた仕事が必要なくなってしまうのではないか。

そうなると、多くの人達が職を失ってしまうのではないか。

このような議論がなされています。
実際にAIの普及によって今ある多くのいわゆる単純作業の仕事はなくなっていくでしょう。
しかし、その反面、AIの普及によっても新しく生まれる仕事もあるはずです。

時代の流れから逆算し、10年後はどのような仕事が残っているのか。社会から必要とされているのか、常にブラッシュアップを繰り返しながら自身のキャリを作っていくことが必要になります。

▼詳しい記事はこちらから

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回はAIについて様々な角度からご紹介させていただきました。

人類は今まで先人たちの知恵を紡ぎ続け、今日まで発展してきました。その土台の上で、現在のAI技術があります。
イノベーションには多くの人をより良い人生にする力があります。

ただ一方、既得権益で守られていた人、時代の流れについていけなかった人は逆に不利益を被る可能性もあります。
そういったことを加味しても人類はこのイノベーションの連鎖からは抜けることは出来ないのです。

人工知能が私達の今後の生活に大きく関わっていくからこそ、当事者意識を持って理解を深めていくことはとても重要です。

最後までお読みいただきありがとうございました。


「AI関連ツールの導入を考えているけどなにから始めればいいのかわからない」
「業務効率化したいけど、どのツールを使えば良いのかわからない」
こういったお困り事があれば、お気軽に弊社リカイゼンにご相談くださいませ。
リカイゼンではITにおける様々な問題に対してお手伝いをしております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

DX支援開発(AI、IoT、5G)依頼先探しなら、
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社をご紹介いたします!

かんたん3ステップ
お急ぎの方はお電話で 03-6427-5422
※サポートデスク直通番号
受付時間:平日10:00〜18:30

DX支援開発(AI、IoT、5G)依頼先探しでこんなお悩みはありませんか?

お悩み
  • 会社の選び方がわからない
  • 何社も問い合わせるのが面倒くさい
  • そもそも依頼方法がわからない
  • 予算内で対応できる会社を見つけたい

発注サポート経験豊富な専任スタッフが
あなたのご要望をお聞きし、最適な会社をご紹介いたします!
ご相談から会社のご紹介まで全て無料でご利用いただけます。
お気軽にご相談ください!

DX支援開発(AI、IoT、5G)
依頼先探しなら
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社を無料でご紹介いたします!

サポートデスク

まずはご質問・ご相談なども歓迎!
お気軽にご連絡ください。

DX支援開発(AI、IoT、5G)の関連記事

クラウド会計ソフトfreeeとは?|詳細や評判などを解説!

クラウド会計ソフトfreeeとは?|詳細や評判などを解説!

freee(フリー)はクラウド会計ソフトと呼ばれる、会計ソフトの一種です。 Google出身の佐々木大輔氏が創業したfreee株式会社が販売しているサービスです。 freeeは確定申告や日々の経理業務などをまとめて効...

concur(コンカー)とは?|詳細や評判などを解説!

concur(コンカー)とは?|詳細や評判などを解説!

Concur(コンカー)は日本で売上NO1、世界でも6600万人が利用する世界的に有名な経費精算システムです。 日本では現在、1000社以上もの企業から利用されており、ファーストリテイリンググループやサイバーエージェント...

【10分で分かる】自動運転とは?|自動運転社会実現に必要なこと

【10分で分かる】自動運転とは?|自動運転社会実現に必要なこと

最近、テレビや新聞などのメディアで自動運転が取り上げられるケースが増えてきました。 ただ、自動運転についてしっかりと理解をしている人は少ないのではないでしょうか。 そこで、今回は、自動運転とはどういったものなのかにつ...

【10分で分かる】ITによって変わる農業の未来

【10分で分かる】ITによって変わる農業の未来

テクノロジーの発展が急速に進む昨今、様々な領域でITの活用が進んでいます。 農業分野においてもアグリテックという文脈でIT化が進んでいます。 今回は私達が生きて行く上でなくてはならない野菜や穀物を育てる農業分野におい...

【10分で分かる】AIによって医療業界どうなる?

【10分で分かる】AIによって医療業界どうなる?

テクノロジーの発展が進む中で、様々な領域でAI技術の活用が進んでいます そんな中でも医療業界は法や倫理などの様々な障壁が存在しているため、他の分野に比べ中々参入が難しいと言われています。 そういった問題と折り合いを上...

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

一括見積もりはこちらから

見積もり依頼や発注先探しのご依頼のほか、
依頼に関するご質問なども
お気軽にお問い合わせください。

お申し込み後のフロー
お急ぎの方はお電話で
03-6427-5422 電話で一括見積もり 03-6427-5422 ※サポートデスク直通(平日10:00〜18:30) ※サポートデスク直通(平日10:00〜18:30)
必須お名前
必須メールアドレス
必須電話番号
必須会社名
任意依頼内容・希望
利用規約及び、個人情報保護方針にご同意のうえ、送信ください。

申し込み完了後、サポートデスクから
お電話またはメールにてご連絡させていただきます。

本サイトは、reCAPTCHAとGoogleにより保護されています。(プライバシーポリシー利用規約)