BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

ランディングさせるためのランディングページの作り方

初めてのランディングページ制作を依頼する際に、予め知っておいた方が良いポイントがいくつかあります。既にいくつもランディングページの制作を手がけたことがあり、どのようなページを作ればコンバージョンが獲得できるのかがわかるという場合は良いのですが、何度も制作を手がけているにも関わらず、全く効果が出ないという方もいらっしゃるでしょう。ランディングページは1枚で作られているものになりますが、商品やサービスの内容によって見せ方や紹介する文章構成などで変化をつけることによって、ページの下まで見られるかどうかが決まってくるなどがあります。
ここでは、これらの内容を含めて改めてランディングページ制作依頼する際に知っておくべき大事なポイントを紹介します。

1. ランディングページ制作で大切なこと

始めに、ランディングページ制作の依頼をする際に、制作会社へ伝えることとして重要なポイントを説明します。

✔︎目的の設定

WEBページ制作全般に共通することですが、ランディングページを制作依頼する際に準備しておくこととして、どのような目的でランディングページを制作しようとしているのかを明確にすることです。そしてその目的を達成するために、どのようなランディングページを制作するのが良いか、どのようなデザインがターゲットに合っているのか、予めイメージをつけておくことで、制作をスムーズに進めることができます。

✔︎自社の予算と費用相場の把握

ランディングページ1ページあたりの自社の予算を確認しておく必要があります。基本的には、ページ制作するにあたり、見積もり比較等を行って制作会社を決定することになりますので、予め予算を伝えることで、どれくらいのランディングページの制作が可能かの判断ができるようになります。

2. 文字数の多いランディングページで注意するポイント

ランディングページの構成を考える上で、商品やサービス概要やその特徴、伝えたいポイントなど説明するための文章がとても長くなってしまうことはないでしょうか。特に商品やサービスの値段が高額になるほどに、丁寧な説明をつけようとして長文になりがちです。

しかし、ランディングページを長く構成する場合は、注意すべきポイントがあります。

✔︎デザインが派手で、メッセージが入ってこない

一番やりがちなこととして、目立つようにと考えた結果、デザインやカラー展開がとても派手なランディングページを作ってしまうことです。
ランディングページが長くなったとして、しっかりとストーリーのある文章であれば、あっという間に既読できてしまいます。しかし、イメージやイラスト、カラー展開が派手になってしまうと、タイトルや文章が目に入ってこないということが起きるのは問題です。
文章、写真、イラスト、デザインなど、お互いにケンカしない形で、でも¥しっかりとメッセージが入ってくるようなデザイン構成を目指すべきでしょう。

✔︎フォントが見づらい

文字数が多くなってしまうランディングページでは、上手く写真やイラストを取り入れて商品やサービスのイメージを膨らませることが一般的です。しかし使用するタイトルや文章のフォントタイプが考えられていないと、印象が薄くメッセージが入ってこないよくわからないページが出来上がってしまいます。
そこで、タイトルや本文のフォントタイプやサイズを変えて表現の差別化をすることで、効果が現れます。しかし、フォントタイプに関しては、一つのページ内で風数の種類が混在すると、それはそれでよくわからないページになってしまいますので、多くても2,3種類までのフォントタイプに押さえましょう

3. 長文ランディングページが適している場合と、見やすくするコツまとめ

では、実際に長文ランディングページとして適しているものがあります。ここではまず、長文ランディングページが適している場合を紹介します。

✔︎高い価格にユーザーは抵抗感を感じる

価格の高いショッピングをする際、ユーザの購入への心理ハードルは上がり、警戒心や不安感は大きくなります。それでも必要だなとか、欲しいなと思うと、検索サイトを利用してその商品やサービスが本当に購入するに値するものなのかどうかを徹底的に調べるのではないでしょうか。
そういったユーザ心理を鑑みて、ランディングページでは、「購入してもらう商品やサービスは、お金を払う価値がある」、「購入することでユーザにとってのベネフィットがある」というようなことが明確になるための説明を入れることがとても重要となります。
一方の誰もが知っているような商品やサービスなどでは、価格帯も比較的手が出やすいこともあるので、シンプルな内容で完結にまとめることで効果を出せるページに仕上げることができます。
長文のランディングページでは、購入するにあたり価格が高くリスクの高いサービスを表現するために、ユーザの不安を払拭するような、サービスの根拠や利益を十分に説明することが必要なのです。

長文ランディングページを見やすくするコツ

どうしても長くなりがちなランディングページですが、見やすくするためのコツをいくつか紹介します。

・文章と写真、イラストをバランス良く使う
・タイトルと文章を表現において差別化をはかり見やすいものにする
・そのほか、字間を調整して整える
もしかすると、上記内容は当たり前にやるべきことかもしれませんが、改めて見やすくするための必要事項になります。
また、その他にも効果的な方法があります。

・読ませたいメッセージに対して、フォントサイズにメリハリをつける
・背景や文字色を反転させてみたり、読みやすいデザインにしながらインパクトもアップする
・文字間を調整する
・タイトルに合う写真やイメージを組み込む
こういったものが挙げられます。

長文で縦に長いランディングページは、下までスクロールしてもらわなければなりません。読んでほしい文章やタイトル、サブタイトルなどにフォーカスしてフォントタイプやサイズを変えて変化を付けたりするとメリハリをつけることができるのです。
しかし、これらはあくまでも全体のページデザインが統一されているという前提でのディテールになりますので、文字や写真で変化をつける場合は、プレビューやパソコンなどでしっかりと拡大して見て確認することで次に何が必要か?というのが理解できるのではないでしょうか。

4. まとめ

これまで、ランディングページでランディングさせるためのページの作り方について説明してきました。ランディングページの構成として、伝える商品やサービスの費用が高額なものなのかそうでなはないのかによって、表現方法や説明文章に変化を付けてみるということ。高い商品では丁寧な説明を入れて長文のランディングページになる傾向にあり、逆に一般価格のサービスの場合は、シンプルで完結なページに仕上げるなど、それぞれ変化をつけることが大切だということです。
尚、ランディングページはコンバージョンして次のページへ遷移してもらい、商品やサービスの購入、会員登録など、ユーザから共感を得てからのアクションを促す役割になるため、ユーザ心理をつくやり方を色々と試す必要があるでしょう。作ろうと考えているランディングページが、他で色々と展開しているランディングページと何が違うか、どこが同じか、コンバージョンしているのかなど比較してみるのも良いのではないでしょうか。

LP(ランディングページ)制作でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

LP(ランディングページ)制作の関連記事

【LP作成】工務店のLP作成:

相談内容 対面の営業を中心に多くの顧客を獲得されておりましたが、更に事業規模を拡大するためオンラインでの集客を始めるにあたり、運用型広告に使うLPが必要とのご相談をいただきました。 課題 「火災保険を利用して工事費用を無料に...

航空会社キャンペーンLP

・ページデザイン ・ロゴデザイン

lp(ランディングページ)制作を外注する際に注意するポイント

インターネットが普及する中で、SEO対策というキーワードが活発化し出したタイミングから、lp(ランディングページ)制作というワードをセットで耳にするようになりました。実際、ランディングページもWEBページの一つに変わりはない...

ランディングさせるためのランディングページの作り方

初めてのランディングページ制作を依頼する際に、予め知っておいた方が良いポイントがいくつかあります。既にいくつもランディングページの制作を手がけたことがあり、どのようなページを作ればコンバージョンが獲得できるのかがわかるという...

ランディングページ制作を依頼する際に知っておくべきポイント

ランディングページ制作を依頼する際に知っておくべきポイントとして、納品までの流れ、制作の費用相場、見積もり依頼、制作会社選びがあります。ここでは、これらのポイントをそれぞれ説明します。 ランディングページは、商品やサー...

LP(ランディングページ)制作に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す



案件の相談・見積もり

必須ご相談概要
必須お名前
必須メールアドレス
任意電話番号
利用規約及び、個人情報保護方針にご同意のうえ、送信ください。
本サイトは、reCAPTCHAとGoogleにより保護されています。(プライバシーポリシー利用規約)