BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

【キャッチフレーズ・キャッチコピー】依頼メリットとポイント

【キャッチフレーズ・キャッチコピー】依頼メリットとポイント

自分で考えたいけれど時間がない、自信がないなど、様々な理由でキャッチフレーズを外注に依頼することがあります。
今回は、そんなキャッチフレーズの重要性とともに、依頼する際のポイントや注意点をまとめてご紹介していきます。

外部に依頼するメリット

重要なキャッチコピーは、自分で考えたいと思う気持ちも分かりますしかし、あなたにはキャッチコピーを考える以外にも、やらなければならないことがたくさんあるでしょう。良い宣伝文句を考えるためには、基礎知識や経験が必要になるため、誰にでも作れるとは限りません。
そういった際には、専門業者に依頼するパターンが多いでしょう。
プロに宣伝文句を考えてもらっている間に、あなたは他の仕事ができますから、作業性がアップします。かかった時間や宣伝文句の質を計算すれば、外部に依頼した方が安上がりだったということもあります。

プロにキャッチフレーズをすぐに依頼したい、費用感が知りたいなどお困りの場合は無料で一括見積比較が出来るリカイゼンにご相談下さい。法人特化で制作会社のご案内が可能ですので実績ある会社をご案内できます。

キャッチフレーズの重要性を理解する

優れたキャッチフレーズやキャッチコピーがあるだけで、人々の記憶に残りやすく、効果的な宣伝が可能です。

外部に依頼する前に、キャッチコピーの大切さを今一度理解しておきましょう。 まずは、短い文章で商品の特徴がはっきり伝わることです。
長々と書かれた宣伝文句を、端から端まできちんと読む方は、そうはいないでしょう。
やはり、短文ですっと商品の特徴が伝わるという点は、情報があふれている現代ではとても重要です。
また、キャッチコピーは商品の購入の背中を押す、付加価値を付けてくれます。
記憶に残るキャッチコピーだったら、ふとした瞬間に思い出して商品やサービスを購入してくれる確率も高いでしょう。
このように、短い文章の中に様々な消費者へのメッセージが込められているのが、キャッチコピーなのです。

依頼する前に準備しておきたいこと

専門の方に依頼するからといって、一から丸投げしてしまうのはよくありません。
先ほどご紹介したように、あなたの大切なキャッチコピーですから、あらかじめ考えておく必要がある骨組みがあります。
まず大切なことが、ターゲットを明確にしておくことです。
そのためには、そのキャッチコピーで伝えたい商品やサービスの特徴をはっきりさせておくことが大切です。
もちろん、せっかくキャッチコピーを作るのだから、ターゲットなど決めずに万人に向けたキャッチコピーにしたいという考えも分かります。
しかし、万人に向けたキャッチコピーというのは、無難で、結局誰の目にも留まらないケースがほとんどです。
たとえばダイエット食品のキャッチコピーを考えるときに、「痩せたい人へ」とあってもそのまま素通りしてしまうでしょう。
しかし、「夏までに綺麗に痩せて水着を着たいあなたへ」と、より具体的なターゲットになっていたらどうでしょうか。
これから、夏に向けてダイエットを考えている人の目に留まる確率は上がります。
このように、まずはキャッチコピーでどのような人物の目に留まってほしいのかを決めておくことが大切です。
また、「真面目」「おもしろい」「かわいい」など、キャッチコピーのイメージにも、ある程度の方向性を決める必要があります。

その業界での実績がある制作会社のご紹介もリカイゼンでは可能です。お電話でご要望・イメージなどを専任スタッフがヒアリングさせていただき合う会社のご案内・サポートさせていただきます。

依頼先の探し方

キャッチコピーを届かせたいターゲットや方向性が決まったら、いよいよ外部へ依頼しますが、依頼先はどのように探せばいいのでしょうか?
キャッチコピーの制作依頼先は大きく分けて2つあり、専門業者に依頼する方法とクラウドソーシングなどを利用して個人に依頼する方法です。
専門業者に依頼する場合は、複数の業者に見積もり依頼をして、比較検討を忘れずに行いましょう。 今回は、近年主流になったクラウドソーシング上でのキャッチコピーの依頼方法について詳しくご紹介します。

プロジェクト形式で依頼する

プロジェクト方式とは、クラウドソーシング上でキャッチコピーの作成募集をします。
その依頼に応募してくれた方の中から、正式な契約をして、キャッチコピーを作成、納品してもらいます。

コンペ形式で依頼する

もう一つの方法が、コンペ形式で依頼する方法です。
コンペ形式の場合は、募集する際にキャッチコピーのターゲットや方向性をきちんと提示し、それに見合ったキャッチコピーを応募してもらいます。
その中から気に入った作品を選んで、その作成者に料金を支払います。

コンペ形式の場合は、応募者が直接キャッチコピーを応募してくれるため、納品時間の短縮につながります。 また、採用となったキャッチコピーの制作者にだけ報酬を支払う形式となっているので、キャッチコピー作成予算を抑えることも可能です。
もちろん、応募されたキャッチコピーに対して、修正依頼もできるため、より洗練されたキャッチコピーに仕上がります。 クラウドソーシングによっては、コンペ形式でキャッチコピーを募集して、一定より応募がなかった場合、全額返金してくれる提案数保証制度やタイトルだけ公開される非公開のコンペ形式機能のあるものもありますので、安心です。 このようにキャッチコピーにはコンペ形式での依頼の方が相性が良く、主流になっています。

キャッチコピーの相場と納期

さて、続いてはコンペ形式でキャッチコピーを募集する場合の、相場費用の目安をご紹介します。
募集期間を5日とした場合、1万円で提案数は200件前後2万円で300件前後4万円で500件前後となります。
募集期間が短ければ、同じ金額でも提案数は減っていきますので、納期と予算のバランスを計算してください。
ですが、比較的安心の予算で依頼できる相場ではないでしょうか。
納期は最短で1日というケースもありますので、急にキャッチコピーが必要になった場合でも問題ありません。

キャッチコピーの修正依頼のコツ

キャッチコピーの依頼先が見つかり、ターゲットや方向性を伝えて一安心、ではありません。
初回納品のキャッチコピーで満足のいくものが納品されれば問題ありませんが、そういったケースは少ないです。 「もうちょっとここをこうして欲しい」と思って修正点を伝えても、曖昧な指摘をしてしまうと、修正後のキャッチコピーが今までと180度違って、方向性があやふやになってしまうこともあります。 そのため、修正依頼は具体的に明確に、「ここをこうして欲しい」と伝える必要があります。
ターゲットや方向性を伝えていても、肝心の商品についてキャッチコピー制作者が詳しく知らなければ、クオリティーの高いキャッチコピーは作れません。
可能な限り、キャッチコピーを作ってほしい商品やサービスについての情報を伝えるようにしましょう。
商品の情報に加えて、会社のHPやSNSなどの情報も共有すると、より目指す方向性が一緒になります。 「こうして欲しい」というイメージは、なかなか言葉だけでは伝わりにくいものです。 参考になる写真や画像、カラーなど、目で見て伝える方法も有効的です。
このように、修正依頼を伝えるときには、相手に分かりやすく明確な依頼をしなければなりません。 そのため、はっきりと自分の考えを伝える、コミュニケーション能力も必要になってきます。
最初に依頼するときからしっかりとコミュニケーションを取っていれば、後々もスムーズなやり取りが可能になります。

まとめ

今回は、キャッチコピーの重要性とともに、外部に依頼する際に事前に準備しておくことや依頼先の探し方、修正依頼のコツについてご紹介しました。
とくに商品の特徴やターゲットは、キャッチコピーを作成する上で大切なポイントですから、しっかりと決めましょう。

依頼先を見つけたい時、法人特化のマッチングサービス【リカイゼン】ではご予算・ご要望に合う実績ある会社のご紹介が可能です。完全無料で専任スタッフがご案内・サポート致しますのでご気軽にご相談下さい。

キャッチフレーズ・キャッチコピー
費用や依頼方法のモヤモヤを解消しよう!

ざっくり希望を書くだけで、発注サポート経験豊富な専任スタッフが、 あなたに変わって無料で見積取得を行います!
企画中の相談や金額だけが知りたい場合でもご利用いただけます。

サポートデスク

LINEスタンプ
費用や依頼方法のモヤモヤを解消しよう!

ざっくり希望を書くだけで、発注サポート経験豊富な専任スタッフが、 あなたに変わって無料で見積取得を行います!
企画中の相談や金額だけが知りたい場合でもご利用いただけます。

サポートデスク

広告コピー制作(キャッチコピー、ボディコピー)を外注したいけれども不安がある方へ

・やっぱり自分で会社を探したり選定したりするのは不安
・専門知識がなくて不安、依頼するための要件をまとめるのに不安がある
という方は、ぜひリカイゼンにご相談ください!
発注サポート経験豊富な専任スタッフがあなたのご要望をお聞きし、最適な会社をご紹介いたします!
ご相談から会社のご紹介まで全て無料でご利用いただけます。お気軽にご相談ください。

サポートデスク

広告コピー制作(キャッチコピー、ボディコピー)の関連記事

【コピーライティング】外注先の探し方・依頼の際の注意点とは?

コピーライティングは自社の商品やサービスをターゲットとなる顧客層に売り込む際になくてはならないものです。 社内でコピーを執筆してくれる人を用意するのが困難な場合や多忙な中で時間を節約したいという場合、コピーの外注を考えて...

【キャッチフレーズ・キャッチコピー】依頼メリットとポイント

自分で考えたいけれど時間がない、自信がないなど、様々な理由でキャッチフレーズを外注に依頼することがあります。 今回は、そんなキャッチフレーズの重要性とともに、依頼する際のポイントや注意点をまとめてご紹介していきます。 ...

ユーザーの目にとまる 特徴のあるWEBサイトの作り方

ユーザーの視点で客観的に考えることで『選ばれるサイト』へと近づきます。ホームページを作成する目的は様々ですが、集客を目的としている場合に、何を売りにしてPRすればいいのかという点に悩まれている企業が多いように思います。できる...

リクルーティングサイトの制作におけるキャッチコピーのすすめ。

ここ最近超売り手市場と言われる就職活動ですが企業は人材確保のために様々な工夫、施策を考えなければなりません。そこで改めてリクルーティングサイト、あるいはコーポレートサイトを見直す動きが増えています。今の時代、就活生は情報は全...

ビジュアルよりもワードインパクト!刺さるキャッチコピーとは?

企業や商品の広告やプロモーションではいかに消費者にインパクトを与えるか、ということでデザインをメインに考えることがあると思います。しかし、ビジュアルだけではなくキャッチコピーも重要であるため、キャッチコピーから考えてデザイン...

広告コピー制作(キャッチコピー、ボディコピー)に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す



完全無料ご相談はこちらから!

発注先探しのご依頼のほか、
ご質問・ご相談などもお気軽に
お問い合わせください。

お電話でのご相談

080-7948-5770 ※サポートデスク直通番号
受付時間:平日10:00〜18:30
上記お電話が繋がらない場合はこちらまで
080-7948-5480 / 080-7948-5807

WEBでのご相談申し込み

WEBお申し込み後、即日または翌営業日に
サポートデスクからご連絡をさせていただきます。

ご利用の流れ
必須お名前
必須メールアドレス
任意電話番号
任意依頼内容・希望
利用規約及び、個人情報保護方針にご同意のうえ、送信ください。

申し込み完了後、サポートデスクから
お電話またはメールにてご連絡させていただきます。

本サイトは、reCAPTCHAとGoogleにより保護されています。(プライバシーポリシー利用規約)
13年のマッチング実績。完全無料0円!