13年のマッチング実績。完全無料0円!

BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

【理解しておきたい】企業ホームページ制作の基本と依頼の仕方

企業ホームページを制作する際に、ただ「デザインがカッコ良いから」とか、「このデザインが流行だから」という理由で制作に入るのは避けたほうが良いです。最近は、オシャレなホームページに仕上げたくなるような参考サイトがたくさんありますが、企業としての適切なデザイン表現とは何かの方が大切です。
ここでは、企業ホームページ制作に関するポイントを説明します。

企業ホームページの制作についてご相談があれば、リカイゼンにお問い合わせください。
見積もり比較や実績別での制作会社のご紹介など、無料でご利用いただけます。
初めての制作依頼の場合でも、専任スタッフがお電話でサポートしますので、安心です。



目次

1.企業のホームページ制作をする上での基本

企業ホームページを新規に制作する際も、またはリニューアルを行う際も、まずはターゲティングの設定をすることで、そのあとの動きがスムーズになります。それはなぜかというと、企業のホームページの方向性が定まり、どのような内容を作れば良いのかがはっきり見えてくるからです。的確な内容のホームページができれば、企業としてのブランディング確立はもちろんのこと、集客やサービス売上アップ向上、採用活動等で効果が出やすくなります。

そしてターゲットが設定できたら、いきなり制作に入るのではなく、まずは制作に必要な項目の洗い出しをしておきます。それら項目を、ホームページ制作を依頼する制作会社へ伝えましょう。
下記にて予め洗い出しておいたほうが良い項目を紹介します。

・ホームページ制作における目的と背景

なぜ、ホームページ制作をするに至ったのか、リニューアルが必要になったのかという目的と背景は書き出しておいたほうが良いです。それは、企業のホームページが持つ意味が明確になるからです。また、口頭で伝えるだけではなく書面にまとめておくことで、伝えたい内容が制作関係者へも届きやすくなります。

・一番伝えたいメッセージとは

ターゲティングが定まり、ホームページの持つ目的も明確になったら、トップページのファーストビューで一番伝えたいメッセージは何かを検討して書き出します。もし、一つに絞り込めない場合はデザイン制作時に数パターン作ってもらって、それを見て確定することでも問題はありません。まずは、ターゲットとしている人たちへ向けた強いメッセージを考えることはとても企業姿勢としても大切なことです。

・SEO対策におけるキーワード選定

企業ホームページを公開したら、検索サイトにおいてページが上位に上がって来ないと意味のないものになってしまいます。そこで、SEO対策の一環として検索で上位に上げたい主となるキーワード選定を行います。これは、自社で難しい場合はSEO会社などと連携して、キーワード戦略を立てます。

・サブターゲットも定めておく

メインターゲットとなるユーザ以外でも、サブターゲットの設定ができそうな場合は、定めておきます。もし競合企業やサービスなどがある場合は、他社が設定しているメッセージやキーワードなどから戦略を立てるのも一つの方法です。

2.企業ホームページのデザイン表現で大切にすること

ホームページ制作をする上での目的や背景、ターゲットなどが定まったところで、デザインの方向性を検討するためにいくつかのポイントがあります。
目的別にいくつかポイントを紹介します。

・ブランディングを目的としたホームページ

ブランディングを目的とした場合、デザインの流行やカッコ良さを追いがちになります。しかし、そもそもの企業のブランドイメージとかけ離れたデザインにしてしまっては意味を持ちません。企業ロゴやカラー、会社として定めているミッションや事業方針などを改めて見直して、その意向に沿ったデザインを考える必要があります。また、実際にデザインを起こすデザイナーへ、それらの意図を伝える必要があります。

・採用強化を目的としたホームページ

採用強化を目的とした場合、新卒と中途採用のどちらからも考える必要がありますが、基本的には「この企業で働いてみたい」「この企業で働いている人たちと一緒に働きたい」というような動機が考えられます。その際に大事になってくるのは、ある程度のおしゃれさは必要かもしれませんが、それ以上に働きたいと思ってもらえるメッセージが伝わっているかどうかということです。打ち出すメッセージとページのデザインがかけ離れてしまっては、メッセージもデザインも個別では優れていても、うまく融合しなければ意味のないものになってしまいます。採用ページとして効果的なデザインの方向性へ持っていくことが大事です。

・販促を目的としたホームページ

販売促進を目的とした場合、オシャレさ等は一旦忘れた方が良いです。どちらかというと、わかりやすいメッセージやユーザがベネフィットとして感じられるコンテンツ内容であること、最終的にボタンを押してもらえないと目的は達成できないので、押したいメッセージに似合ったデザイン且つ分かりやすい構成であることが重要になります。「導線が分かりやすい」をポイントにデザイン組みを行う必要があります。

・SEOや資料請求、問い合わせを目的としたホームページ

ランディングページに近しいイメージかもしれませんが、とにかくまずは認知を広げたいという場合、想定するキーワードで検索された際に、しっかりと上位表示されるサイトに仕上げることが重要です。デザイン以上にメッセージやキーワード選定をしっかり行って、上位表示されるようにすることが必要です。そして、上位表示された際にデザイン面で離脱されないような方向性に持っていくことが大事になります。

3.企業ホームページの制作依頼の仕方

では、これまでの内容が固まってきたら、社内でホームページ制作を行えるチームが居ない場合は、外注で制作依頼を行う必要があります。 ここでは、制作をお願いするにあたり見積り依頼を行うための注意すべきポイントを紹介します。

・依頼内容を書面でまとめる

これまで説明してきたホームページ制作における目的と背景、メッセージやキーワードなど、口頭で伝えるのではなく書面でまとめておくことが重要です。制作会社側は、直接依頼元とコミュニケーションを取る人はディレクターなどになりますので、全員が依頼元からの要望を直接聞いているわけでもありません。そこで、キッチリとした書面があることで、直接コミュニケーションをとっていないスタッフでも意図を汲みやすくなります。

・複数社へ見積り依頼を行い、相見積もりをする

基本的には見積り比較をすることが重要なので、1社だけではなく複数社へ見積り依頼を行います。相見積もりをすることで、各社の見積り算出の仕方、要望や意図の汲み方からの提案手法など金額だけではない比較が可能になります。
複数社から見積もりを集めるのであれば、リカイゼンが便利です。
実績ある制作会社から1度の問い合わせでまとめて見積もり取得をすることが可能です。
1社1社連絡する手間が省け、同じ内容・条件での提案を集めることができるので比較検討しやくなります。

・制作費用やデザイン以外の提案内容を確認する

安いから良い、デザインがかっこいいから良いというのだけで判断するのはとても危険です。見積り金額やデザインポートフォリオなど以外である、依頼元の課題感や目的、背景がうまく整理されているか、どのような方向性で制作を進めるとうまくいくのかなどの認識が近しいなど、コミュニケーションや価値観も比較するようにしましょう。

4.まとめ

ここでは、企業ホームページ制作をする場合の基本と考慮すべきポイントを説明してきました。企業の顔となるホームページは、印象がとても大事になるので誰も失敗したくないのは当然です。そのためにも、これまで説明してきたポイントを改めてやろうとしている内容と照らし合わせてみてはいかがでしょうか。
最近は、様々な制作会社がありますので、自社の意向に一番合う外注先を決めることが、ホームページ制作がうまくいくことにつながります。

自社に合う制作会社を探すなら、リカイゼンにご相談ください!
リカイゼンでは、専任サポートデスクがあなたのご要望をお電話でお伺いし、適した制作会社候補を選定して無料紹介いたします。気に入った会社があれば、直接やりとりいただいて大丈夫です。手数料やサービス利用料もかかりません。

コーポレートサイト制作
費用や依頼方法のモヤモヤを解消しよう!

ざっくり希望を書くだけで、発注サポート経験豊富な専任スタッフが、 あなたに変わって無料で見積取得を行います!
企画中の相談や金額だけが知りたい場合でもご利用いただけます。

サポートデスク

システム開発でお困りではありませんか?

\あなたにぴったりの発注先企業無料でご紹介します!/

リカイゼンはあなたの条件にぴったりの発注先企業をご紹介いたします。

貴社の悩みやご要望を細かくヒアリングし、あなたの条件にぴったりの会社をご紹介いたします!
サービスについてより詳しくはこちら→リカイゼンとは?

リカイゼンは、仕事の発注先探し、新規顧客の開拓など、
ビジネスパートナー探しに役立つ、ビジネスマッチングのプラットフォームです。

ホームページ制作の関連記事

様々な業界のウェブサイトを手がけたデザイン力と技術力

ブランディング×ビジュアルデザイン 「ブランディング」・・・・市場・環境の分析、ターゲットの分析、プロジェクトの目的を元に、コンセプトを策定。ビジュアルクリエイティブを用いたお客様のブランディングを支援します。 「ビジュアル...

株式会社キャスティードについて

キャスティード!はじめまして。株式会社キャスティードと申します。当記事をご覧いただきありがとうございます。これからどんどんお客様に役立つ記事を掲載してまいりますので、よろしくお願いいたします!

【オフィシャルサイト作成】ミニクラブのサイト作成

相談内容 ミニクラブの経営にとってレベルの高い女性スタッフの獲得は非常に重要です。求職者が求人媒体を見た後に確認できるお店のサイトを作り、応募数を増やしたいとのご相談をいただきました。 課題 本来であれば求人に特化したサイト...

OOHって?昔はただの看板。今は見ている人を見られるメディア。

OOH(Out of home:アウト・オブ・ホーム)というのはOOH広告、OOHメディア。 直訳すると「家の外」という意味になり、「家の外にある広告」の総称。 このアウト・オブ・ホームメディアには、建設中のビルの仮囲い、街...

2020年、意匠法改正で変革が起きるWEBデザイン業界

WEBサイトづくりの中で、見渡せば同じようなデザインと構成のWEBサイトだらけ。ということはこれまでに1度はあるのではないでしょうか。2020年に向けて、WEBサイトのデザインを保護するための意匠法改正が決まりました。 ...

ホームページ制作に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す



完全無料ご相談はこちらから!

発注先探しのご依頼のほか、
ご質問・ご相談などもお気軽に
お問い合わせください。

お電話でのご相談

03-6427-5422 受付時間:平日10:00〜18:30

WEBでのご相談申し込み

WEBお申し込み後、即日または翌営業日に
サポートデスクからご連絡をさせていただきます。

ご利用の流れ
必須お名前
必須メールアドレス
任意電話番号
任意依頼内容・希望
利用規約及び、個人情報保護方針にご同意のうえ、送信ください。

申し込み完了後、サポートデスクから
お電話またはメールにてご連絡させていただきます。

本サイトは、reCAPTCHAとGoogleにより保護されています。(プライバシーポリシー利用規約)
13年のマッチング実績。完全無料0円!