BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

Webブランディングとは?効果を上げるコツやおすすめの制作会社まで徹底解説!

目次

Webブランディングとは?効果を上げるコツやおすすめの制作会社まで徹底解説!

Webサイトなどを通じて商品やコンテンツを販売していくためには、自社のWebサイトがユーザーに対して信頼されている必要があります。信頼性を高めるためには、「Webブランディング」という戦略が有効といわれています。

そこで今回は、Webブランディングや効果を上げるために必要なコツについて詳しく解説します。後半では、Webブランディングを依頼できるおすすめの制作会社も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

1. Webブランディングとは?

Webブランディングとは、自社の商品やコンテンツの魅力を、Webサイトを通じてユーザーに正しく伝えるための方法です。

ユーザーに自社の商品やコンテンツを購入してもらうためには、商品の魅力を伝え、ブランドイメージに共感を得る必要があります。この、「イメージ」を正しく伝えるために必要な手段が、Webブランディングです。

Webブランディングは「指名買い」を目指す施策

Webブランディングの目的は、ユーザー側から自社の商品を特定して購入してもらう、「指名買い」を得ることです。一般的に、商品やコンテンツは宣伝して販売することが多いですが、Webブランディングを行うことで、ユーザー側が自社の商品を積極的に購入してくれます。

Webブランディングができていると、無理な営業や広告を行わなくても自社の商品を信頼しているユーザーに購入してもらえるため、売り上げが伸びやすいです。

企業におけるWebブランディングの必要性

企業がWebブランディングを行った場合、以下のようなメリットが得られます。

  • ブランドの認知度・価値を高められる
  • ブランドの詳しい情報を発信できる
  • 反応のあったユーザーの情報を入手できる
  • ユーザーと交流を経て、ファンを増やせる
  • 一般的な広告と比べてコストが低い

このようにWebブランディングを行うと、ユーザーに伝えたい正しい情報を発信できるだけでなく、ファンとして自社の商品やコンテンツを購入してもらいやすくなるのです。

2. Webブランディングを行う流れ

Webブランディングは、以下の流れで進めていくのが一般的です。

①自社のブランド価値の確認とゴールの設定をする
Webブランディングを成功させるためには、自社にどのようなブランド価値があるのかを見極める必要があります。誰に、どのようなイメージで伝えたいのか、ターゲットを明確に定義したうえで、目的となるゴールを設定しましょう。
②ゴール達成に向けて戦略を立てる
設定したゴールに向けて、どのようなアプローチでWebサイトを設計するべきかを考えます。場合によっては、SNS運用や外部サイトとの連携も視野に入れる必要があります。
③Webサイト設計を行う
目的と戦略が立てられたら、実際に運用するWebサイトの設計を行います。前述したようにWebブランディングでは、商品やコンテンツを求めているユーザーに、正しい情報を発信して共感と信頼を得ることが重要です。したがって、ユーザーが自社商品に対して求めている情報が自然とキャッチできるような設計を考えましょう。
④Webサイトのコーディング・システム開発を行う
Webサイト設計後は、コーディングおよびシステム開発を行います。Webブランディングで運用するWebサイトは、公開後もユーザーの満足度を高めるために、更新・運用を続けていく必要があります。そのため、更新しやすい機能や、さまざまなページの効果測定などの運用を行えるようなシステム開発を進めましょう。
⑤効果測定を行いながら運用する
Webサイトのコーディング・デザイン・システム開発が完了したら、実際に公開します。ただし、公開後すぐに結果が出るわけではありません。公開後はユーザーのアクセスデータを確認し、それぞれの施策にどれくらいの効果があるのかを測定しながら、運用していきましょう。

3. 効果的にWebブランディングを行うために意識したいこと

Webブランディング用Webサイトは、公開を目的とするのではなく、自社のブランド価値をユーザーに伝えたうえで、ユーザーにどのようなアクションを求めるのかを明確にしておく必要があります。Webブランディングの効果を高めるためには、以下のような点を意識しましょう。

目的を明確にしたうえでブランド戦略を立てる

自社商品のブランド価値を正しく伝えるには、自社における経営戦略や事業計画をもとにブランド訴求に必要となる要素をまとめなければなりません。そのため、Webブランディング用に制作するWebサイトが自社の事業でどのような役割があるのかを明確にして、ブランディングサイトを運用する目的がブレないようにしましょう。

ビジネスフロー・購買フローを把握する

Webブランディングを行う中で、自社のビジネスやユーザーの購買行動がどのように動いていくのかという点を把握することも重要です。あらかじめビジネスの方向性やユーザーが商品を購入するまでの傾向を把握しておくことで、Webブランディングの運用改善と効率化が図れるようになります。

SEO対策を行う

Webサイトを通じてブランディングする場合、検索で上位表示を狙うためのSEO対策も必要です。SEO対策については、さまざまな施策がありますが、Webブランディングを行うのであれば以下の4つがポイントです。

  • ペルソナ設定
  • KW分析
  • E-A-T
  • ユーザー目線のUI・UX作り

Googleなどの検索エンジンでは、「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」の3つを基準にWebサイトの品質を評価しています。つまり、Webサイトのコンテンツなどを改善するときは、上記の基準を意識した対策を講じることで、SEO対策を行えます。

ユーザーの購買心理をかき立てるコンテンツ設計をする

ユーザーが自社の商品やサービスを見たときに「これは必要」「他社よりもよさそう」、または「安心・信頼できる商品」と思ってもらえるようなコンテンツ設計が必要です。さらに商品やサービスの情報をコンテンツ内で伝える中で、どの部分で購入してもらうかというコンバージョンポイントも明確に決めておくとさらによいでしょう。

デザイン・ビジュアルはすでに使っているものを踏襲する

新たにWebブランディング用のサイト制作を行う場合は、デザインやビジュアルは既存のものを引き継ぎ、広告やパンフレットなどでもブランドイメージを統一させます。ブランドイメージに統一性がないと、ユーザーに自社の商品やサービスを正しく伝えられなくなるため、十分注意しましょう。

公開後もユーザーとの交流やサイト改善を欠かさず行う

Webサイトは、制作するだけでなく公開してからのメンテナンスも重要です。定期的にユーザーにアンケートを行い、積極的に交流することで新たな改善点を見つけられます。ユーザーの声をもとに、使いやすい機能の追加や、コンテンツの改善を行うなどのメンテナンス体制を整えておきましょう。

4. Webブランディングを依頼できる制作会社5選

最後に、Webブランディングを依頼できるおすすめの制作会社を5つ紹介します。自社の商品やコンテンツに適した制作会社があるか見ていきましょう。

株式会社BUS

株式会社BUSは、ブランディング全般や事業戦略構築、動画コンテンツの制作を得意とする会社です。一般的な企業と比べ、ブランディングだけでなくマーケティングや事業戦略も組み合わせてWebサイトを制作できます。商品を購入してもらうためのマーケティングも含めて依頼したいという企業に適しています。

ondo株式会社

ondo株式会社は、商品のパッケージデザイン制作やホームページ・Webサイト制作、広告コピー制作を得意とする会社です。ブランディングはもちろんですが、パッケージデザインに長けているため、自社商品のパッケージデザインなども依頼したい企業におすすめです。
また、広告のコピー制作も請け負っているため、広告も合わせて運用したい適しています。

株式会社BLY PROJECT

株式会社BLY PROJECTは、ホームページ・Webサイト制作やパンフレット・カタログ制作、LP制作などを強みとする会社です。
さまざまな業種のWebサイト制作を請け負っている実績があり、制作するだけでなくシステムやサーバーなどの保守・運用も行っています。そのため、ブランディングサイトを制作できるだけでなく、その後の運用面についても依頼したい企業に適しています。

株式会社エム・ディー・シー

株式会社エム・ディー・シーは、広告コピー制作を得意分野とする会社です。もちろん、ホームページ・Webサイト制作や動画制作にも長けていますが、広告をはじめとするブランディングおよびブランド戦略を重視したい企業におすすめです。

株式会社エーエイチレイフ

株式会社エーエイチレイフは、ホームページ・Webサイト制作をはじめ、精度の高いコーディング、ユーザー目線のUI・UX制作を得意とする会社です。とくにHTMLコーディングやアニメーションによる演出など、高度なデザインおよびブランディングが可能なため、ユーザーへの魅せ方を工夫したい企業に適しています。Webサイト公開後のアクセス解析など運用面のサポートも可能です。

5. まとめ

Webブランディングは、自社の商品やコンテンツをユーザーへ効率よく届け、購入してもらうために重要な施策です。しかし、ブランディングの効果を高めるには、あらかじめ自社商品の魅力やユーザーへ届けるための戦略などを十分に考え、定義しておく必要があります。

したがって、これからWebブランディングを意識したWebサイト制作に着手する場合、ブランド戦略やコンテンツ設計などを重点的に固めるようにしましょう。

ホームページ・WEBサイト制作依頼先探しなら、
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社をご紹介いたします!

かんたん3ステップ
お急ぎの方はお電話で 03-6427-5422
※サポートデスク直通番号
受付時間:平日10:00〜18:30

ホームページ・WEBサイト制作依頼先探しでこんなお悩みはありませんか?

お悩み
  • 会社の選び方がわからない
  • 何社も問い合わせるのが面倒くさい
  • そもそも依頼方法がわからない
  • 予算内で対応できる会社を見つけたい

発注サポート経験豊富な専任スタッフが
あなたのご要望をお聞きし、最適な会社をご紹介いたします!
ご相談から会社のご紹介まで全て無料でご利用いただけます。
お気軽にご相談ください!

ホームページ・WEBサイト制作
依頼先探しなら
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社を無料でご紹介いたします!

サポートデスク

まずはご質問・ご相談なども歓迎!
お気軽にご連絡ください。

この記事の監修
リカイゼン サポートデスク 
吉田・新町
BtoBマッチングサービスであるリカイゼンにおいて、発注企業からのご相談のヒアリング、企業選定のフォローなどを行う部門の担当です。出展企業であるシステム開発やWEB制作、クリエイティブ制作会社ともコミュニケーションを取りながら、年間数百件の受発注のサポートを行っています。

ホームページ・WEBサイト制作の関連記事

Webブランディングとは?効果を上げるコツやおすすめの制作会社まで徹底解説!

Webブランディングとは?効果を上げるコツやおすすめの制作会社まで徹底解説!

Webサイトなどを通じて商品やコンテンツを販売していくためには、自社のWebサイトがユーザーに対して信頼されている必要があります。信頼性を高めるためには、「Webブランディング」という戦略が有効といわれています。 ...

無限スクロールとは?ページネーションとの違いや向いているサイトの特徴を紹介

無限スクロールとは?ページネーションとの違いや向いているサイトの特徴を紹介

自社が提供するWebサイトの情報をユーザーに届ける場合、どれだけユーザーの負担を軽減しながら多くの情報を伝えられるかがポイントです。しかし、情報量が多くなるとその分読み込みスピードが低下したり、ユーザーが情報を見失ってしまっ...

Webサイト制作の流れを分かりやすく解説!確認すべき注意点も解説します

Webサイト制作の流れを分かりやすく解説!確認すべき注意点も解説します

Webサイトの制作をする場合、チームで制作を行うことが多いため、Webサイト制作の大まかな流れを把握しておく必要があります。とくに自社制作ではなく外注先にWeb制作を依頼するのであれば、自社と外注先の担当者とで意識を擦り合わ...

インクルーシブデザインとは?事例やWebサイトにおける重要性を解説

インクルーシブデザインとは?事例やWebサイトにおける重要性を解説

近年では、SDGsがあらゆるビジネスで促進されている影響から、Webサイトのデザインにもインクルーシブデザインが注目を集めるようになってきました。とくに日本の場合は、障がいを抱えている人だけでなく高齢者の人口も増えていること...

【2022年最新】東京都のホームページ制作会社おすすめ10社を厳選して紹介

【2022年最新】東京都のホームページ制作会社おすすめ10社を厳選して紹介

東京都は、他の道府県に比べるとかなり企業数も多く、ホームページ制作会社も例外ではありません。そのため、新たに企業ホームページやWebサイト制作を依頼しようとしても、どの制作会社に頼めばいいのか見極めることはかなり難しいです。...

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す