BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

Webサイト制作の流れを分かりやすく解説!確認すべき注意点も解説します

目次

Webサイト制作の流れを分かりやすく解説!確認すべき注意点も解説します

Webサイトの制作をする場合、チームで制作を行うことが多いため、Webサイト制作の大まかな流れを把握しておく必要があります。とくに自社制作ではなく外注先にWeb制作を依頼するのであれば、自社と外注先の担当者とで意識を擦り合わせることが重要です。

そこで今回は、Webサイト制作の流れを4ステップに分けて解説します。後半では、Webサイトの制作を実際に依頼する前に確認しておくべき注意点についても触れていきますので、ぜひ最後までご覧ください。

WEBサイト制作の依頼先探しならリカイゼンにお任せください!

リカイゼンでは、WEBサイト制作実績を多数持つ会社の中から、ご要望に合う会社を厳選して無料でご紹介します。
企画段階からのご相談も受付中!気軽に相談できるプロをご紹介いたします。

お電話でのご相談は 03-6427-5422
受付時間:平日10:00~18:30

1. 【全4STEP】Webサイト制作の流れ

Webサイト制作の大まかな流れは、以下のとおりです。

  1. 企画・サイト設計
  2. デザイン設計
  3. Webサイトの実装・システム開発
  4. リリース作業

とくに企画やサイト設計、デザイン設計の工程は、Webサイトにおける要となる可能性が高いため、Webサイト制作会社に依頼するのであれば十分にミーティングを行う必要があります。

①企画・サイト設計

まずは制作するWebサイトの企画およびサイト全体の設計について、自社担当者と外注先担当者とでミーティングを行います。企画段階におけるミーティングでは、以下の3つを中心に固めていくと良いでしょう。

  • Webサイト自体の方向性
  • ペルソナ(ターゲット選定)
  • Webサイトを提供する目的

注意しなければならない点としては、制作するWebサイト自体の明確な目的やサービスを、提供するターゲットを決めないで制作し始めてしまうことです。

サイト設計では、ワイヤーフレームやシステム導入についても固めておきましょう。Webサイトの制作に取り掛かる前には、「なぜこのWebサイトが必要なのか?」「どのような目的でWebサイトを制作するのか?」という点を擦り合わせておくことが重要です。

②デザイン設計

Webサイト全体の方向性やターゲット、目的が決まったら、サイトのデザイン設計を行います。メインの色や写真素材の選定を行い、ユーザーが視覚的に使いやすいデザインを設計するようにしましょう。

自社のブランドカラーやイメージカラーがある場合は、Webサイトのデザインカラーに入れることで、ブランド力の向上も見込めます。Webサイトの色以外にも、メニューバーの位置やコンテンツの配置についてもこの時点で固めておくと、フロントエンド構築やバックエンド構築がスムーズに進められます。

③Webサイトの実装・システム開発

サイト全体の設計とデザインがある程度固められると、いよいよWebサイトの実装とシステム開発を行っていきます。Webサイトの実装には、以下3つが必要です。

  • フロントエンド構築
  • バックエンド構築
  • テスト作業

Webサイト自体の実装ができても公開する場所を用意しておかなければリリースできないため、サーバーの設定やドメイン取得などもこの段階で行いましょう。

フロントエンド構築:ビジュアル面を調整する工程

フロントエンド構築とは、Webサイトにおけるビジュアル面を、HTML・CSS・Javascript・PHPなどの言語を駆使して実装する作業です。ユーザーが普段直接目にしているデザインや機能などは、フロントエンドの部分になります。

バックエンド構築:プログラム面を調整する工程

バックエンド構築とは、システム開発などのプログラム面を構築する作業です。ユーザーに直接見られる部分のフロントエンド部分に対して、バックエンド部分はユーザーの目には見えないデータベース周りなどの部分を指します。

テスト作業:動作検証を行う工程

フロントエンド構築とバックエンド構築によって、Webサイトの一部または全体の実装が終了した段階で、正しく動作するかテストする必要があります。フロー通りに動作するかの結合テスト・負荷テスト・プレ本番テストなどを行います。

④リリース作業

サイト設計からテスト作業まで一通り終了し、とくに問題がなければ、実際にユーザーが自社の制作したWebサイトを使えるようにするリリース作業をします。リリース作業は、外注した場合は依頼したWebサイトが納品されてから公開することで終了します。

ただし、リリースされてからバグや問題が見つかることも多々あるため、リリース後も問題なく動作しているかどうかを常に確認しなくてはいけません。

2. Webサイトの制作前に確認したい注意点

ここからは、Webサイトを実際に制作する前に確認しておきたい注意点を3つ紹介します。以下の3つは、自社制作および外注依頼に関わらず重要な注意点になるため、しっかりと把握しておきましょう。

ミーティングは必ず行う

前述したようにWebサイト制作を行う場合、最初の段階で企画・サイト設計とデザイン設計を決めるミーティングが複数回必要です。なぜなら、Web制作に関わるメンバーの意識を擦り合わせておかないと、Webサイトの方向性や一貫性が保てなくなるからです。

したがって、最初の設計段階におけるミーティングだけでなく、意識の擦り合わせや進捗共有のためにも定期的なミーティングの実施が理想といえます。

作る目的とターゲットを明確化する

Webサイトを制作するときは、とくに「目的」と「ターゲットの明確化」を意識しなければなりません。理由は、目的や利用してもらいたいターゲットが明確化していないと、曖昧な状態のWebサイトができあがってしまい、結果的に誰にも使ってもらえないWebサイトになってしまうからです。

繰り返しになりますが、「なぜ、このWebサイトが必要なのか?」「どのような人たちに使ってもらいたいか?」という問いに答えられる状態で、Webサイトの制作を行うことがとても重要です。

Googleなどの検索エンジンに公開を知らせる

Webサイトを制作してリリースしても、ユーザーに認知してもらえなければ、意味がありません。したがって、Webサイトの制作が終了しリリースするときは、Googleなどの検索エンジンに自社のサイトが公開されたことを知らせる必要があります。

とくにGoogleの検索エンジンは、クローラーと呼ばれるロボットが検索エンジン内を巡回しており、クローラーが認識していないと検索結果に反映されない仕組みになっています。Webサイトを公開したときは、Googleのクローラーに認識されるようにGoogle Search Consoleから「インデックス登録」をして、知らせるようにしましょう。

3. まとめ

今回は、Webサイト制作の大まかな流れから、サイト制作をする前に確認しておきたい注意点まで解説しました。Webサイトの制作は、自社制作するケースと外注するケースどちらもありますが、いずれも制作メンバー同士の意識を統一させることが重要です。

Webサイトを制作するときは、どのような目的でどのような人たちに使ってもらいたいかを明確化することが、Webサイトの質を左右します。単に制作するのではなく、リリース後にどのような人たちの生活を豊かにできるかを考えながら開発していくことが大切です。

Webサイトを制作する中で自社に適した外注先が見つからないと悩んでいるのであれば、「リカイゼン」が提供する、無料でビジネスパートナーや外注先を探せるビジネスマッチングサービスの利用してみてください。

ホームページ・WEBサイト制作依頼先探しなら、
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社をご紹介いたします!

かんたん3ステップ
お急ぎの方はお電話で 03-6427-5422
※サポートデスク直通番号
受付時間:平日10:00〜18:00

ホームページ・WEBサイト制作依頼先探しでこんなお悩みはありませんか?

お悩み
  • 会社の選び方がわからない
  • 何社も問い合わせるのが面倒くさい
  • そもそも依頼方法がわからない
  • 予算内で対応できる会社を見つけたい

発注サポート経験豊富な専任スタッフが
あなたのご要望をお聞きし、最適な会社をご紹介いたします!
ご相談から会社のご紹介まで全て無料でご利用いただけます。
お気軽にご相談ください!

ホームページ・WEBサイト制作
依頼先探しなら
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社を無料でご紹介いたします!

サポートデスク

まずはご質問・ご相談なども歓迎!
お気軽にご連絡ください。

この記事の監修
リカイゼン サポートデスク 
吉田・新町
BtoBマッチングサービスであるリカイゼンにおいて、発注企業からのご相談のヒアリング、企業選定のフォローなどを行う部門の担当です。出展企業であるシステム開発やWEB制作、クリエイティブ制作会社ともコミュニケーションを取りながら、年間数百件の受発注のサポートを行っています。

ホームページ・WEBサイト制作の関連記事

ホームページ制作から始めるDXとは【初心者の方向け】

ホームページ制作から始めるDXとは【初心者の方向け】

DXは、2004年に提唱され、日本国内では経済産業省が2018年に「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(現:デジタルガバナンス・コード2.0)」で定義を行い、その言葉が広がっています。 ...

ヘッドレスCMSのメリット・デメリット、利用検討するタイミングとは?

ヘッドレスCMSのメリット・デメリット、利用検討するタイミングとは?

自社でWEBサイトのコンテンツを管理するため、「CMS」を採用している企業も多いのでないでしょうか。 CMSを提供しているサービス・ツールは、WordPressをはじめ複数存在しますが、「ヘッドレスCMS」が...

【サイトの種類別】WEBデザインの特徴を調査・紹介

【サイトの種類別】WEBデザインの特徴を調査・紹介

WEBサイトと言っても、そのサイトの目的は、ターゲット、ユーザーに何を伝えたいか、どんな印象を持ってもらいたいかなどによって、制作の方向性は変わります。 今回は、サイトの種類や業界属性に応じた特徴をまとめてみ...

Webブランディングとは?効果を上げるコツやおすすめの制作会社まで徹底解説!

Webブランディングとは?効果を上げるコツやおすすめの制作会社まで徹底解説!

Webサイトなどを通じて商品やコンテンツを販売していくためには、自社のWebサイトがユーザーに対して信頼されている必要があります。信頼性を高めるためには、「Webブランディング」という戦略が有効といわれています。 ...

無限スクロールとは?ページネーションとの違いや向いているサイトの特徴を紹介

無限スクロールとは?ページネーションとの違いや向いているサイトの特徴を紹介

自社が提供するWebサイトの情報をユーザーに届ける場合、どれだけユーザーの負担を軽減しながら多くの情報を伝えられるかがポイントです。しかし、情報量が多くなるとその分読み込みスピードが低下したり、ユーザーが情報を見失ってしまっ...

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す