BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

採用サイトの制作で失敗しない!注意したい点や制作会社への依頼方法も解説

目次

採用サイトの制作で失敗しない!注意したい点や制作会社への依頼方法も解説

採用サイトの目的は「応募者を募る」ことがメインですが、このポイントに注力するだけでは、期待通りの効果を発揮できないかもしれません。企業・応募者、双方にとって、メリットになるような工夫が必要です。

そこで今回は、採用サイトの制作で失敗しないため、注意したい点や、制作時に押さえるべきポイントについて解説します。まずは、採用サイトが重要視される理由について解説するので、サイトを作る目的の参考にしてみてください。

また、おすすめの制作会社を3社もご紹介します。自社での制作が難しいときの参考として、各社のサービスやメリットをチェックしてみてください。

採用サイト制作の依頼先探しならリカイゼンにお任せください!

リカイゼンでは、採用サイト制作実績を多数持つ会社の中から、ご要望に合う会社を厳選して無料でご紹介します。
企画段階からのご相談も受付中!気軽に相談できるプロをご紹介いたします。

お電話でのご相談は 03-6427-5422
受付時間:平日10:00~18:30

1. 採用サイトが重要視される理由

採用サイトがなぜ必要なのか、重要視される理由を4つ解説します。

応募数の増加につながる

採用サイトの制作は、以下3つの理由で応募数の増加につながります。

<応募数の増加につながる理由>
  • 採用窓口が増える
  • 求人ターゲットに訴求できる
  • 自社イメージに合わせた情報発信ができる

採用サイトにより採用窓口が増えることで、求人者をより多く集めることができます。さらに、求人ターゲットのニーズに合わせた情報を発信できれば、新規の応募にもつながるでしょう。

また、他の求人媒体では、指定のフォーマットやデザインが用意されていますが、自社の求人サイトであれば、関係ありません。自由度が高いので、より自社のイメージに合わせた情報発信が可能です。どんな会社か具体的にイメージしてもらうことにより、応募者数アップも期待できます。

入社後のミスマッチ減少につながる

求人サイトは自社の詳しい情報を掲載できるため、新入社員とのミスマッチ減少につながります。情報が少ない場合、「入社前のイメージと社風が違う」「思っていた仕事内容じゃなかった」など、ミスマッチが起こることも少なくありません。

求人サイトの場合、給与や休日などはもちろん、社内の雰囲気や社員インタビューなど、求職者の気になる情報を、網羅的に掲載できます。入社後のミスマッチにつながり、早期退職を防ぐ効果にも期待できるでしましょう。

採用コストを削減できる

採用サイトを制作することで、採用活動にかかるコスト削減に期待できます。採用サイトは人材のフィルタリングのような機能もはたしています。

応募条件や求める人材像などを明確にすることで、自社とマッチしない人材との面接機会が減少します。これにより、面接や書類選考などにかかるコストを削減可能です。

また、他の求人媒体を利用する場合、掲載費用や手数料などが発生します。採用サイトはこれらの費用を必要としないため、ランニングコスト削減に期待できるでしょう。

自社のブランドイメージを向上させられる

採用サイトから企業としての認知度が広がることで、自社のブランドイメージ向上にも期待できます。採用サイトは、業内容や社風など、企業としての魅力を集約して発信できる場ともいえます。

従来の顧客層以外の目に触れることで認知度がアップし、ポジティブな印象を持ってもらえれば、ブランドイメージも向上させられるでしょう。

採用サイトを作る際に注目したい5つのポイント

採用サイト制作で失敗しないためにも、制作時に注目すべきポイントを5つ解説します。

①採用サイトを作る目的を明確化する

採用サイト制作の目的を明確化することで、より効率的な採用活動ができます。採用サイトは、自社とマッチング率の高い人材を見つけられることが強みです。しかし、目的が定まらないまま制作しては、能力や経験などがバラバラな人材を集めてしまう恐れがあります。

目的を明確化できれば、応募資格や経験、人柄など求める人材像も鮮明に浮き上がってくるでしょう。理想的な人材のみ選考にかけやすくなるため、採用活動の効率化が目指せます。

<目的の例>
  • 新規事業開発のため、ノウハウや実績のある人材を集めたい
  • 企業としての中長期的な目標達成のため、新規人材の育成に力を入れたい
  • 若い人材を集めて社内を活性化させたい

②ターゲット・求める人材を明確にする

ターゲット・求める人材像を明確にすることで、必要な人材をより的確に、多く集めることへつながります。競合他社と変わらない求人内容では、求職者にとって「候補のひとつ」にしかなりません。

しかし、ターゲットを明確にした内容を盛り込むことにより、求職者に自分自身が働く姿をイメージしてもらいやすくなります。給与や福利厚生など基本情報も大切ですが、デザインやテキストも、ターゲットに寄り添った内容を心がけましょう。

③サイトに掲載する情報を整理する

サイトに掲載する情報を整理して、唯一無二の会社というイメージを持ってもらうことも大切です。大量の情報を掲載してしまうと、求める人材や会社としての特徴・魅力がぼやけてしまいます。

競合他社との差別化を図るためにも、働き方やキャリア、待遇など掲載する情報を整理する必要があります。企業として明確なイメージを持ってもらい、求職者とのマッチング率アップ、働く意欲の向上などへつなげましょう。

例えば、若手にチャンスの機会を多く与える会社の場合、従業員へのインタビューやキャリア形成などを積極的に掲載します。求職者の将来像が明確になるので、入社への意欲向上に期待できます。

④広告や企業サイトとの連携・整合性をとる

求人広告や企業サイトとの連携・整合性をとることにより、求職者からの応募数アップや信頼感につながります。求人広告と採用サイトをリンクさせておけば、求人広告に興味を持った求職者からのアクセスやエントリーに期待できるでしょう。

エントリーページを採用サイトにだけ設けておき、アクセスしてもらった人へより深い情報を提供する、という方法もあります。

また、求人広告・企業サイトと採用サイトへ記載された内容が一部でも異なる場合、求職者はどちらが正しいのか判断できません。古い情報があれば更新し、すべての整合性がとれるよう調整しましょう。

⑤自社で制作できるのか判断する

採用サイト制作は、時間・コストにおけるリソースを確保しなければならいないため、自社で制作できるのか、判断が必要です。掲載情報やデザイン・イメージカラーの選定、サイト構築など、採用サイト制作には十分な時間を割かなければなりません。

さらに、採用サイトに関するノウハウがない場合、いつまでに効果が発揮できるかも不明瞭です。期待する効果が得られない場合、膨大なランニングコストもかかるでしょう。コストや時間、どのくらいの期間で効果を得たいのかを明確にし、自社で制作できるか判断する必要があります。

場合によっては制作会社へ依頼するほうが安く済み、スムーズに効果が得られることも理解しておきましょう。

2. 採用サイトはホームページ制作会社への依頼がおすすめ!

採用サイトのノウハウがない場合は、コストや時間だけがかかって、思うような効果を得られないこともあります。そのため、採用サイトはホームページ制作会社への依頼がおすすめです。制作会社の選定基準を3つ見ていきましょう。

会社の選定基準①:採用サイト制作の実績

採用サイト制作の実績を事前に確認し、同業界への理解がある制作会社を選びましょう。過去に自社と同じ業界の採用サイトを制作した実績がある場合、競合他社との差別化に期待できます。

また、経験が豊富な制作会社であれば、自社の特色や採用の目的に合わせたアドバイス・提案を受けられます。採用サイトは求職者向けの情報に特化したサイトなので、過去の実績から採用活動に関わるノウハウ・知識の有無も確認することが重要です。

会社の選定基準②:制作費用

採用サイトの制作を依頼する際は制作費用を確認し、費用対効果が高いかどうかを判断してください。採用サイト制作の費用相場は、1ページあたり5~10万円程度です。

見積もりは複数社へ依頼し、費用とクオリティのバランスを考えながら選ぶことをおすすめします。押さえておきたい条件は統一させ、各社で費用の違いがどのくらいなのか確認しましょう。

また、制作会社によっては、社員へのインタビューなど、採用効果に紐付けるコンテンツ制作にも対応しています。費用はかかりますが、応募者の入社意欲向上に効果的なコンテンツも重要です。制作会社へ依頼する場合は、コンテンツ用の予算も検討しておきましょう。

会社の選定基準③:アフターサポート

採用サイト制作では、アフターサポートの有無も、判断基準として重要なポイントです。制作会社によっては、アフターサポートとしてサイト納品後の更新対応や保守、解析などを行ってくれます。

採用サイトは、完成して終了ではありません。予定通りに応募者が増えているか、期待通りの人材が集まるかなど、サイトの適切な運用も求められます。サイト運用に関するノウハウや知識が乏しい場合は、アフターサポートまで対応している制作会社を選びましょう。

3. Webデザインを依頼するならこの会社!おすすめ3社を紹介

Webデザインの依頼におすすめの会社を3社紹介します。

SpiceSeek

幅広いジャンルで実績が豊富なSpiceSeekについて解説します。

項目 内容
【SpiceSeek概要】
得意分野 ・Webサイト制作
・紙媒体・ロゴ制作
・求人広告作成
過去の事例 ・工場、製造業の求人情報サイト
・ファミリーホスピス求人サイト
・動物病院グループの求人サイト
アフターサポートの有無 -
費用例 -

SpiceSeekでは、Webサイトやロゴ、求人広告などの制作が行われています。新卒・中途採用向けのサイトはもちろん、既存サイトのリニューアルなども依頼できます。幅広いジャンルの採用サイトを制作してきた実績があるため、企業の特色に合わせたオリジナリティあるサイト制作が依頼できるでしょう。

過去の実績は、SpiceSeekのHPから確認できます。各サイトのイメージを画像付きで紹介しているため、依頼する際の参考資料として活用してみてください。

また、SpiceSeekは写真付きで、シンプルなデザインのサイト制作実績が豊富にあります。自社の特色を明確に伝えたい、会社イメージが鮮明なサイトを作りたいといった場合におすすめです。

共栄ワークス

Webに関わるサービスをワンストップで提供する共栄ワークスについて解説します。

【共栄ワークス概要】
項目 内容
得意分野 ・ホームページ、Webサイト制作
・Webサービス開発
・動画制作(撮影・編集・制作)
過去の事例 ・新卒採用サイト制作〜採用クリエイティブ一式
・Webサイトネーミング
・採用管理システム
アフターサポートの有無 ・サイトの運用、保守
・コンテンツの運用代行
費用例 ・サービスサイト構築:1,000,000円~
・企業PR動画(採用サイト):500,000円~

共栄ワークスはWebサイト制作やWebサービス開発を得意としており、制作~運用までをトータルサポートしている制作会社です。各サービスはパッケージ化され、採用支援用のパッケージも用意されています。採用活動に関わる印刷物やシステム、サイト連携などを一括で依頼したい企業におすすめです。

パッケージ内には、サイト運用を考慮したシステムやワークフローの構築まで含まれています。採用担当者の業務効率化といったメリットも得られる制作会社です。

株式会社エーエイチレフ

小~大規模サイトの制作・設計なども得意とする、株式会社エーエイチレフについて解説します。

【株式会社エーエイチレフ概要】
項目 内容
得意分野 ・ホームページ・Webサイト制作
・コーディング
・UI/UX制作
過去の事例 ・ブランドサイト制作
・コーポレートサイト制作
・Webサービスサイトの設計
アフターサポートの有無 ・運用、保守
・サイトコンサルティング
・宣伝用写真の撮影
費用例 ・コーポレートサイト制作:500,000円~
・デザイン制作:300,000円~
・写真撮影:200,000円~
・運用、保守:50,000円~

株式会社エーエイチレフでは、Webサイト制作やコンサルティング、運用・保守などの幅広いサービスが提供されています。Webサイトの制作はすべて内制作業で行われるため、依頼者側の要望が通りやすく、納得のいく品質のサイトを仕上げてもらえるでしょう。

サイト制作に関するノウハウがない場合でも、丁寧にサポートしてもらえます。さらに、SEO対策や運用・保守まで依頼できるため、採用サイト制作が初めての企業にもおすすめです。

4. まとめ

採用サイトは応募数増加や採用者のマッチング率アップなど、採用活動における重要なメリットが豊富にあります。応募条件から外れた人材の選考もある程度は省かれるため、業務効率の改善にも期待できます。

ただし、採用サイトは作るだけで効果がでるわけではありません。以下のポイントを押さえて制作することが重要です。

<採用サイト制作のポイント>
  • 採用サイトを作る目的を明確化する
  • ターゲット・求める人材を明確にする
  • サイトに掲載する情報を整理する
  • 広告や企業サイトとの連携・整合性をとる
  • 自社で制作できるのか判断する

「【採用サイト】制作の目的と費用相場、依頼方法を解説!」の記事も参考に、応募者へ自社の魅力が伝わる採用サイトを制作しましょう。

ホームページ・WEBサイト制作依頼先探しなら、
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社をご紹介いたします!

かんたん3ステップ
お急ぎの方はお電話で 03-6427-5422
※サポートデスク直通番号
受付時間:平日10:00〜18:30

ホームページ・WEBサイト制作依頼先探しでこんなお悩みはありませんか?

お悩み
  • 会社の選び方がわからない
  • 何社も問い合わせるのが面倒くさい
  • そもそも依頼方法がわからない
  • 予算内で対応できる会社を見つけたい

発注サポート経験豊富な専任スタッフが
あなたのご要望をお聞きし、最適な会社をご紹介いたします!
ご相談から会社のご紹介まで全て無料でご利用いただけます。
お気軽にご相談ください!

ホームページ・WEBサイト制作
依頼先探しなら
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社を無料でご紹介いたします!

サポートデスク

まずはご質問・ご相談なども歓迎!
お気軽にご連絡ください。

この記事の監修
リカイゼン サポートデスク 
吉田・新町
BtoBマッチングサービスであるリカイゼンにおいて、発注企業からのご相談のヒアリング、企業選定のフォローなどを行う部門の担当です。出展企業であるシステム開発やWEB制作、クリエイティブ制作会社ともコミュニケーションを取りながら、年間数百件の受発注のサポートを行っています。

ホームページ・WEBサイト制作の関連記事

Webブランディングとは?効果を上げるコツやおすすめの制作会社まで徹底解説!

Webブランディングとは?効果を上げるコツやおすすめの制作会社まで徹底解説!

Webサイトなどを通じて商品やコンテンツを販売していくためには、自社のWebサイトがユーザーに対して信頼されている必要があります。信頼性を高めるためには、「Webブランディング」という戦略が有効といわれています。 ...

無限スクロールとは?ページネーションとの違いや向いているサイトの特徴を紹介

無限スクロールとは?ページネーションとの違いや向いているサイトの特徴を紹介

自社が提供するWebサイトの情報をユーザーに届ける場合、どれだけユーザーの負担を軽減しながら多くの情報を伝えられるかがポイントです。しかし、情報量が多くなるとその分読み込みスピードが低下したり、ユーザーが情報を見失ってしまっ...

Webサイト制作の流れを分かりやすく解説!確認すべき注意点も解説します

Webサイト制作の流れを分かりやすく解説!確認すべき注意点も解説します

Webサイトの制作をする場合、チームで制作を行うことが多いため、Webサイト制作の大まかな流れを把握しておく必要があります。とくに自社制作ではなく外注先にWeb制作を依頼するのであれば、自社と外注先の担当者とで意識を擦り合わ...

インクルーシブデザインとは?事例やWebサイトにおける重要性を解説

インクルーシブデザインとは?事例やWebサイトにおける重要性を解説

近年では、SDGsがあらゆるビジネスで促進されている影響から、Webサイトのデザインにもインクルーシブデザインが注目を集めるようになってきました。とくに日本の場合は、障がいを抱えている人だけでなく高齢者の人口も増えていること...

【2022年最新】東京都のホームページ制作会社おすすめ10社を厳選して紹介

【2022年最新】東京都のホームページ制作会社おすすめ10社を厳選して紹介

東京都は、他の道府県に比べるとかなり企業数も多く、ホームページ制作会社も例外ではありません。そのため、新たに企業ホームページやWebサイト制作を依頼しようとしても、どの制作会社に頼めばいいのか見極めることはかなり難しいです。...

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す