BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

【ホームページ制作の費用】個別で見積取得をするべき理由を解説

目次

【ホームページ制作の費用】個別で見積取得をするべき理由を解説

ホームページ制作の相場感を知るために、インターネットで検索をすることもあるでしょう。実際に調べてみると、たしかに費用や見積もり例が出てきますが、実際に依頼するときとその相場費用に差はないのでしょうか。

ホームページ制作の依頼時に想定していた見積もりと実際に依頼してみたら費用感が違ったということがないように、 今回は正確な見積もりを取得するためのポイントを紹介したいと思います。

自社の依頼したいホームページの見積もりを知りたいという場合はリカイゼンにご相談ください!
リカイゼンでは、実際のご依頼内容に応じて複数の制作会社から概算の見積もりを無料で集めることができます。希望内容に沿って見積もり算出しますので、より実際に作る際の費用感に近いかたちで必要コストを知ることが可能です。



目次

1.ホームページ制作の見積もり相場は決まっていない?

一概にホームページ制作の費用感といっても、実は制作会社によって見積もり金額は様々で、実際は依頼元の要望や意向を確認しないことには正確な見積もり金額を出すことは厳しいものなのです。
制作会社各社が出している定価のような見積もり金額は、それまでの実績をベースに最低金額か平均額を出している場合が多いでしょう。

基本的にホームページ制作などの制作費用は、制作側がその成果物を仕上げるのにどのくらい時間がかかるかという観点から算出されます。
つまり、ホームページ制作の費用は、目的や背景、必要ページ数や規模、スケジュールなど、複数の条件に応じて、制作に必要な時間が変わってくるため、それに伴って必要になる費用も変わるのです。

2.ホームページ制作の見積もり方法

ホームページ制作の見積もりを依頼する場合、制作会社側がどのような見積もり手法を取っているのか、見積もりの手法を紹介します。
大きく、ホームページの見積もり方法は2つの方法があります。

・工数単価での見積もり算出

「成果物を仕上げるのにどのくらい時間がかかるか」という観点で算出される見積もり方法です。これは比較的に中・大規模の開発等に用いられる見積もり手法になります。工程ごとに開発にかかる作業時間を算出して、それにかかる工数をもとに価格を決めます。開発規模が大きくなるごとに、不確定要素が増えます。詳細内容を見積もり時点で洗いだすのは非常に難しく、またリスクなども考慮して工数に余裕を持たせた見積もり算出をすることが多いです。

単に閲覧を目的としたホームページではなく、ユーザーにサイト上で購入や予約、検索などのアクションを起こさせたい場合など、ホームページ上に機能をもたせたい場合などはこのケースに当てはまることが多いです。

・ページ単価での見積もり算出

これは特に、小規模のサイトになりますが、1ページあたりの制作単価を試算し、制作するページ数分を1ページあたりの制作単価にかけ算を行います。
主に機能を持たず、「見せる」「読ませる」ホームページの場合は、こちらの方式を取ることが多いです。

例)ホームページ想定数:20ページの場合、

5万円(1ページ単価)×20ページ → 100万円 となります。
この手法は、ページ数が明確に見えていることと、1ページあたりの単価も分かりやすいので、さほど大きくないホームページの制作の時に向いている見積もり手法になります。

上記のように、どのような規模感のホームページを作るかによっても見積もりの算出方法も変わってきますので、「どのくらいの費用を想定しておけばよいのだろう」と思った際はプロに相談してみるのが早いです。
リカイゼンでは、ホームページ制作の実績を多数持つ制作会社から、完全無料で概算見積もりを取得することが可能です。

お気軽にお問い合わせください!

3.ホームページ制作の見積もり項目の内訳

ホームページの制作見積もりを取得する場合は、その見積もり項目も理解しておきましょう。特に複数の会社から見積もりを取得して比較する場合は、この項目で差が出る場合もあります。見積項目は依頼したいと思っている範囲の確認にもなりますので、いざ制作会社に依頼する場合、「この部分もやってくれると思っていたのに見積もりに含まれていなくて別途費用が発生してしまった」などのトラブルを起こさないためにもしっかりと確認しましょう。
今回は、ホームページ制作の中でも、データの入出力が発生するような中規模以上の制作で出される見積もり項目に関する内訳を紹介します。

・ディレクション(プロジェクトマネジメント)費用

ある程度以上のWEB関連の制作プロジェクトになると、全体の取りまとめ役としてディレクション担当者が発注者と開発チームとの間に立ちます。ディレクション担当は、発注者側の要望を取りまとめ開発側に伝えたり、スケジュール確認や定期的な進捗会議の開催など、開発を取り巻く事務処理を含めて全体進行を行います。ディレクション費用は、制作費の10〜30%程度の金額が計上されるのが相場になります。

・デザイン制作費用

ホームページ全体のサイト構成の策定、グランドデザインの作成、全体ページのデザインを行います。グランドデザインは、見積もり金額にもよりますが、おおよそ2〜3案が提案され、そこから決定することが多いです。

・フロントエンド開発費用

デザインが出来上がったら、HTML・CSS、Javascriptなどを用いてWEB用ページに仕上げる工程になります。もしパソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットなども対応する場合は、この工程の中でレスポンシブ対応などを行います。

・バックエンド開発費用

フロントエンド開発で画面が一通り出来上がったら、データの入出力がある部分をデータベースとの連携を含めて開発を行う工程になります。例えば、データベースはSQL ServerやPostgreSQLなどを使い、プログラム言語としてはPHPやDelphiなどを使います。

・インフラ、ネットワーク構築費用

単純に静的なホームページを稼働させるだけであれば、WEBサーバがあれば良いですが、データベースを設ける必要がある、またトラフィックが当初より膨大になるという想定がある際には、複数のサーバを準備し、ロードバランサーの設置なども必要になることから、インフラ・ネットワーク構築もそれなりにコストとしてはかかってきます。

この他、ホームページに必要なテキストや画像なども制作してもらう場合は、素材制作費用、もしくは素材購入・レンタル費用などが発生することもあります。

4.ホームページ制作で発注側が準備すべきポイント

ホームページ制作を外注でお願いしたとしても、発注元では何もしなくて良いというわけではありません。全て丸投げではなく、発注元でもリリースに向けての準備や、制作そのものへの情報提供を合わせて考慮しておくべきポイントの紹介をします。

・提供する素材準備、リリースに向けての準備

もし、ホームページで掲載する予定のコンテンツやイメージ素材などを発注元で準備を行う場合は、これは早急に準備する必要があります。また、強くブランディングを意識するという方針がある場合、写真などはプロのカメラマンによる撮り下ろしになる可能性もあります。その場合は、カメラマンの手配なども必要です。また、そのほかにもリリースに向けての告知、サイトURLの別媒体での紹介、名刺等への記載など横展開を考えている場合は、そのあたりも漏れの無いように洗い出しが必要です。

・リリースするシステム環境の確認

すでにシステム環境を社内で持っている場合は、新しく制作しているホームページを何処に置くかということを考える必要があります。一般的な静的なHTMLページのみであれば問題ないですが、CMSを導入していたり、またデータベースと繋げているホームページの場合は、それらの環境が入れようとしているシステム環境にマッチするかどうかは、とても重要で肝の部分になります。リリース前までに、どのサーバ環境に何を置くかを決めておく必要があります。

5.まとめ

ここまでホームページ制作の見積もり相場の考え方と見積もり方法のポイントについて説明してきました。制作会社がどのような手法で見積もり金額を算出しているのか、またホームページ制作における工程とその内訳はどのようになっているのか、発注者側はなかなかその辺りを知ることが出来ません。もちろん、発注先へ聞けば教えてもらえるかもしれませんが、それ以上に制作関連のすり合わせに入ると、それ以外のことに会話が行くのが厳しいでしょう。

そして、初めての依頼の時はどこから手をつければ良いか分からないことも多いものです。ビジネスマッチング業界において10年以上の実績があるリカイゼンでは、これまでに8000社以上の取引ノウハウを持っていますので、見積もり依頼に関するお問い合わせは、あらゆる面においてサポートをさせていただくことが出来ます。
また、発注先が決まってもマージンを請求することはありませんので、ご安心ください。

まだ、予算も決まっていない、スケジュールもこれから。という担当者の方でもリカイゼンサポートデスクでは、丁寧にご対応させていただきます。案件に関する相談、見積もり依頼や一括見積もりなど、あらゆるビジネスシーンでのお問い合わせにサポートさせていただきます。

サポートデスクへお問い合わせいただけるのをお待ちしております。

ホームページ制作
費用や依頼方法のモヤモヤを解消しよう!

ざっくり希望を書くだけで、発注サポート経験豊富な専任スタッフが、 あなたに変わって無料で見積取得を行います!
企画中の相談や金額だけが知りたい場合でもご利用いただけます。

サポートデスク

ホームページ・WEBサイト制作依頼先探しなら、
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社をご紹介いたします!

かんたん3ステップ
お急ぎの方はお電話で 080-7948-5770
※サポートデスク直通番号
受付時間:平日10:00〜18:30
上記お電話が繋がらない場合はこちらまで
080-7948-5480 / 080-7948-5807

ホームページ・WEBサイト制作依頼先探しでこんなお悩みはありませんか?

お悩み
  • 会社の選び方がわからない
  • 何社も問い合わせるのが面倒くさい
  • そもそも依頼方法がわからない
  • 予算内で対応できる会社を見つけたい

発注サポート経験豊富な専任スタッフが
あなたのご要望をお聞きし、最適な会社をご紹介いたします!
ご相談から会社のご紹介まで全て無料でご利用いただけます。
お気軽にご相談ください!

ホームページ・WEBサイト制作依頼先探しなら
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社を無料でご紹介いたします!

サポートデスク

まずはご質問・ご相談なども歓迎!
お気軽にご連絡ください。

ホームページ・WEBサイト制作の関連記事

ホームページ作成に必要な準備

ホームページ作成に必要な準備

早速ですが、これから自社ホームページを作ろうと考えてる会社様がいると思います。「頑張れば自分達で作れるんじゃないか?」と考えますよね!もちろん可能です。この記事では、自分達で作るか予算を使って外注するかの判断になるような内容...

ホームページに動画を載せるときに起きる問題点とその対処法

ホームページに動画を載せるときに起きる問題点とその対処法

ホームページ作成の際に、動画をトップに載せるサイトも増えてきました。ホームページに動画を乗せると今風のかっこいいサイトにすることができ、企業のブランドイメージも良くなります。動画を載せるだけであればHTMLに<vide...

様々な業界のウェブサイトを手がけたデザイン力と技術力

様々な業界のウェブサイトを手がけたデザイン力と技術力

ブランディング×ビジュアルデザイン 「ブランディング」・・・・市場・環境の分析、ターゲットの分析、プロジェクトの目的を元に、コンセプトを策定。ビジュアルクリエイティブを用いたお客様のブランディングを支援します。 「ビジュアル...

【target=“_blank”問題】クリックしてもサイトが開かない場合の対処法

【target=“_blank”問題】クリックしてもサイトが開かない場合の対処法

最初に、すぐにでもこの問題の解決方法を知りたい人のために一言で解決方法を示すとすれば、 リンクに rel=“noopener” を追加しましょう です。 詳しくは、こ...

【オフィシャルサイト作成】ミニクラブのサイト作成

【オフィシャルサイト作成】ミニクラブのサイト作成

相談内容 ミニクラブの経営にとってレベルの高い女性スタッフの獲得は非常に重要です。求職者が求人媒体を見た後に確認できるお店のサイトを作り、応募数を増やしたいとのご相談をいただきました。 課題 本来であれば求人に特化したサイト...

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

一括見積もりはこちらから

見積もり依頼や発注先探しのご依頼のほか、
依頼に関するご質問なども
お気軽にお問い合わせください。

お申し込み後のフロー
お急ぎの方はお電話で
080-7948-5770 電話で一括見積もり 080-7948-5770 ※サポートデスク直通(平日10:00〜18:30) ※サポートデスク直通(平日10:00〜18:30)
上記お電話が繋がらない場合はこちらまで
080-7948-5480 / 080-7948-5807
必須お名前
必須メールアドレス
必須電話番号
必須会社名
任意依頼内容・希望
利用規約及び、個人情報保護方針にご同意のうえ、送信ください。

申し込み完了後、サポートデスクから
お電話またはメールにてご連絡させていただきます。

本サイトは、reCAPTCHAとGoogleにより保護されています。(プライバシーポリシー利用規約)
13年のマッチング実績。完全無料0円!