BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

【Webデザインの費用相場】フリーランスと制作会社に依頼する際の違い

目次

【Webデザインの費用相場】フリーランスと制作会社に依頼する際の違い

1.Webデザイン制作の費用の出し方

商品やサービスを新しく生み出すには、必ず「原価」というものがかかってきます。「コスト」という言い方をする場合もあります。

WEBデザイン制作も同様に、原価がかかります。
この場合、何かを仕入れて加工し生産する業態ではなく、デザインを生み出すための人にかかる技術費用と捉えてもらうのが良いでしょう。

それは、いわゆる「人件費」という項目になります。
そして、Webデザイン制作を依頼する上での費用の出し方としては、「人件費(単価)×時間(工数)」が一般的です。

この基本的な費用の出し方をもとに、Webデザイン制作を依頼する際の費用相場と、フリーランスと企業に依頼する際の違いなどを説明します。

Webデザイン制作の
依頼先探しならリカイゼンにお任せください!

Webデザイン制作を依頼したい、費用感が知りたいなどお困りの場合は無料で一括見積り比較のできるリカイゼンにご相談下さい。
専任スタッフがご要望をお電話にてヒアリングさせていただきます。

お電話でのご相談は 03-6427-5422
受付時間:平日10:00〜18:30

2.Webデザイン制作の費用相場

Webデザインの制作費用について、まずは相場を知りたいと考える人が多いでしょう。
Webデザイン制作の相場は、どこまでやるかによって大きく変わってきます。

費用が変わってくるポイントとしては、デザインテンプレートを使うか、全くのオリジナルで作っていくか、そしてデザインを行うページ数(ボリューム)によります。
つまり、デザイン技術のクオリティとデザイナーがどれくらいの時間を要するのかによるというところです。

では、費用相場によってどのようなWebデザインができるのかを紹介します。

10万円以下でできること

10万円以下の相場では、簡易的なページデザインができるというレベル感になります。

原稿や写真、イメージなど必要な情報は、自分たちで準備する必要があります。
ページのボリュームとしては、例えば全てのコンテンツを1ページで仕上げるもので、簡易的なサジェストメニューを用意して、そこから対象となるページ内の場所へ遷移するような作りです。

20万円以下でできること

20万円以下の相場では、数ページ程度の制作と考えておくべきでしょう。

この場合も、テキストや画像などの素材は、自分たちで準備する必要があります。

もしくは、ページ数をもう少し増やしたいなどの場合は、デザインテンプレートを使うことでコストを抑えることが可能です。

最近では、Webデザインのテンプレートのみを販売するサイトなども出てきていますので、他のサイトとデザインが類似してしまう可能性はありますが、コストを抑えながらそれなりのWebサイトに仕上げることが出来ます。
個人事業主の方や、期間限定でホームページを作る必要がある場合などには、この制作スタイルがオススメです。

30万円〜100万円以下でできること

一般的なホームページのWebデザイン制作を行う場合の相場感が、30万円〜100万円の費用になります。

しっかりとデザインオリエンテーションを行い、ワイヤーフレームを作成、デザイン案も2案ほどから選ぶなど、デザイナーによるオリジナルデザインを0から制作するものになります。

また、ページ数などのボリューにもよりますが、デザインで使用する写真なども、プロのカメラマンによる撮り下ろしなども可能な費用相場になります。
撮り下ろし写真が揃えば、サイトデザイン全体の統一感も出てきます。

100万円以上でできること

100万円以上の予算を持てる場合は、ただWebデザインを行うというよりも、事業サービスにおける課題や、そのほかの問題などに対して解決するための戦略的なデザイン制作及びサイト制作を行うことができます。
制作するWebデザインに持たせたい目的や背景などを明確にして、デザイン戦略として組み立てることができます。

また、静的なホームページで終わらせるのではなく、CMS機能などを搭載して、ニュースやお知らせ、ブログなどを誰でも更新できるようにする仕組みを入れることもできるでしょう。

どのような機能・項目で作るべきか、実績ある会社に相談しながら進めたい場合、ぜひリカイゼンにご相談下さい。
無料でWebサイト制作の実績のある制作会社をご案内します。専任スタッフがヒアリング~サポートさせていただきます。

お電話でのご相談は 03-6427-5422
受付時間:平日10:00〜18:30

3.フリーランスに依頼する際のメリットとデメリット

Webデザインの制作を外部へ依頼した場合、大きく2つのパターンがあります。

それは、フリーランスのデザインに依頼するパターンと、デザイン等を行えるWebの制作会社へ依頼するパターンです。
とにかくコストを抑えたいなどの場合は、制作会社よりもフリーランスの方が良いでしょう。
ここで、フリーランスに依頼する場合のメリットデメリットについて紹介します。

先ほども説明したように、フリーランスへ依頼する場合は制作会社へ依頼するよりも安くお願いできるでしょう。
その理由としては、企業よりも時間単価が安いためです。フリーランスへ依頼するメリットとしては、費用を抑えられるということでとても大きな意味があります。

しかし、デメリットもあります。それは、依頼していたフリーランスと、急に連絡が取れなくなってしまったなどの場合です。

そして、フリーランスに転身したばかりの人などは、おおよそ見積り費用が安い場合が多いので、なぜ安いのかについては面談をするなりしてしっかりと確認を取る必要があります。
また、安い理由として、それまでデザイン以外でかかってくる打ち合わせやクライアントの意向調整など、それらがデザイナー自身にとって初めて行う場合は、原価の想定から外れている可能性もあります。

したがって、規模的には掲載情報も少なく、ごく小さいホームページであればフリーランスのデザイナへ依頼するのもありかもしれませんが、中規模以上のサイトデザインになると、依頼する側の企業としての責任問題も出てきますので、プロの制作会社へ依頼したほうが良いのではないでしょうか。

4.制作会社へスムーズに見積り依頼をする方法

Webデザインに限らずですが、何が重要かというと、Webデザインを制作することによって、そこにどのような価値を持たせいと思っているかです。
この軸となるものを決めないことには、プロの制作会社へ依頼したとしても、制作はなかなか進まないでしょう。

制作会社へ、Webデザイン制作の依頼をする場合は、上にもあるようにサイト施策における目的と背景を明確に伝えることはとても重要です。
そして、予算感やスケジュール、また掲載情報の素材準備があるのかないのか。滞りなくプロジェクトが稼働するため、最初の段階で必要な情報は多くあります。

これらを準備して、RFP(提案依頼書)と言われる文書としてまとめ、制作会社へ見積り依頼をお願いします。

また、1社だけではなく、数社の制作会社へ見積り依頼することをオススメしています。
それは、1社だけでは見積り比較もデザイン比較もできないからです。

つまり、決定するための判断材料がないに等しいのです。しかし、数社から見積もり額が提示されることで、自分が考えていた相場感のズレや、今のデザインにおけるトレンドなどもキャッチしやすく、また比べやすくなります。

見積り比較を行ったのち、発注先を決定できたら、発注前に面談を行い、コミュニケーションのズレがないかどうかなども確認することも重要です。

5.まとめ

今回、webデザインの制作依頼をする場合の費用相場と、フリーランスと企業に依頼した場合の違いなどをまとめてきました。

結論としては、依頼元の予算を確認しつつ、webデザインが持つ目的や役割などがどこまで正しく理解するのが良いかの見極めは非常に難しいです。
そして、その予算範囲内でどのようなことができるのかを依頼元と一緒に考えられるデザイナーでないとwebデザインの業界では難しいのではと思います。

また、Webデザインは1度作って終わりではなく、一定期間が来たら効果を見ながら手を入れていく、いわゆる企業の発展とともに成長させていくものです。
今後のことも踏まえ、信頼できるweb制作会社をパートナーとして見つけることは、企業成長する上で重要なポイントになるのではないでしょうか。

ご要望・ご予算に合うWeb制作会社を探したい場合は、リカイゼンにご相談下さい。
完全無料で複数社から見積り・実績の取得が出来るため、比較検討した上で依頼したい会社を選定することができます。
法人特化で15年のマッチング実績のあるリカイゼンだと安心です!専任スタッフがヒアリングからしっかり行いサポートさせていただきますので、気軽にご相談ください

ホームページ・WEBサイト制作依頼先探しなら、
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社をご紹介いたします!

かんたん3ステップ
お急ぎの方はお電話で 03-6427-5422
※サポートデスク直通番号
受付時間:平日10:00〜18:30

ホームページ・WEBサイト制作依頼先探しでこんなお悩みはありませんか?

お悩み
  • 会社の選び方がわからない
  • 何社も問い合わせるのが面倒くさい
  • そもそも依頼方法がわからない
  • 予算内で対応できる会社を見つけたい

発注サポート経験豊富な専任スタッフが
あなたのご要望をお聞きし、最適な会社をご紹介いたします!
ご相談から会社のご紹介まで全て無料でご利用いただけます。
お気軽にご相談ください!

ホームページ・WEBサイト制作
依頼先探しなら
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社を無料でご紹介いたします!

サポートデスク

まずはご質問・ご相談なども歓迎!
お気軽にご連絡ください。

この記事の監修
リカイゼン サポートデスク 
吉田・新町
BtoBマッチングサービスであるリカイゼンにおいて、発注企業からのご相談のヒアリング、企業選定のフォローなどを行う部門の担当です。出展企業であるシステム開発やWEB制作、クリエイティブ制作会社ともコミュニケーションを取りながら、年間数百件の受発注のサポートを行っています。

ホームページ・WEBサイト制作の関連記事

Webブランディングとは?効果を上げるコツやおすすめの制作会社まで徹底解説!

Webブランディングとは?効果を上げるコツやおすすめの制作会社まで徹底解説!

Webサイトなどを通じて商品やコンテンツを販売していくためには、自社のWebサイトがユーザーに対して信頼されている必要があります。信頼性を高めるためには、「Webブランディング」という戦略が有効といわれています。 ...

無限スクロールとは?ページネーションとの違いや向いているサイトの特徴を紹介

無限スクロールとは?ページネーションとの違いや向いているサイトの特徴を紹介

自社が提供するWebサイトの情報をユーザーに届ける場合、どれだけユーザーの負担を軽減しながら多くの情報を伝えられるかがポイントです。しかし、情報量が多くなるとその分読み込みスピードが低下したり、ユーザーが情報を見失ってしまっ...

Webサイト制作の流れを分かりやすく解説!確認すべき注意点も解説します

Webサイト制作の流れを分かりやすく解説!確認すべき注意点も解説します

Webサイトの制作をする場合、チームで制作を行うことが多いため、Webサイト制作の大まかな流れを把握しておく必要があります。とくに自社制作ではなく外注先にWeb制作を依頼するのであれば、自社と外注先の担当者とで意識を擦り合わ...

インクルーシブデザインとは?事例やWebサイトにおける重要性を解説

インクルーシブデザインとは?事例やWebサイトにおける重要性を解説

近年では、SDGsがあらゆるビジネスで促進されている影響から、Webサイトのデザインにもインクルーシブデザインが注目を集めるようになってきました。とくに日本の場合は、障がいを抱えている人だけでなく高齢者の人口も増えていること...

【2022年最新】東京都のホームページ制作会社おすすめ10社を厳選して紹介

【2022年最新】東京都のホームページ制作会社おすすめ10社を厳選して紹介

東京都は、他の道府県に比べるとかなり企業数も多く、ホームページ制作会社も例外ではありません。そのため、新たに企業ホームページやWebサイト制作を依頼しようとしても、どの制作会社に頼めばいいのか見極めることはかなり難しいです。...

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す