BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

レスポンシブ対応の外注相場、依頼ポイント解説【2021】

目次

レスポンシブ対応の外注相場、依頼ポイント解説【2021】

レスポンシブ対応とは、パソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末(デバイス)の画面サイズにあわせてWEBサイトを調整し、適切な大きさで表示させる仕様のことです。本記事ではレスポンシブ対応に必要な相場について紹介します。

レスポンシブ対応をする企業が急速に増えた理由の一つに、2016年にGoogleがPCよりもモバイル用サイトを検索結果のランキングで重視する「モバイルファーストインデックス」の導入を公式に発表したこともあります。

日々、SEO対策に余念のない企業にとってこれはとても大きな発表でした。レスポンシブ対応することで、スマートフォンユーザーにとってのユーザビリティが向上します。

パソコンだけに関わらず、スマートフォンやタブレットでも快適に自社サイトを閲覧してもらえれば、CVの機会損失をなくすことにも繋がります。また、これだけスマートフォンが人々の生活に普及しているため、今後のホームページ制作においてレスポンシブ対応は必須になるでしょう。

WEBサイト制作の依頼先探しならリカイゼンにお任せください!

リカイゼンでは、WEBサイト制作の実績を多数持つ会社の中から、ご要望に合う会社を厳選して無料でご紹介します。
企画段階からのご相談も受付中!気軽に相談できるプロをご紹介いたします。

お電話でのご相談は 03-6427-5422
受付時間:平日10:00~18:30

1. レスポンシブとは

ユーザーが使っているデバイスの画面サイズに応じて、レイアウトやデザインを最適化させる技術のことをレスポンシブといいます。

少し前まで企業ホームページや採用サイトなどは、パソコンでの表示デザインをメインとして考えられていました。しかし、スマートフォンやタブレットの普及によって、表示する画面サイズに応じてページのデザインを調整し、パソコンと同じように不備なく表示させる必要性が出てきました。

レスポンシブ対応とは

レスポンシブ対応は、1つのHTMLをCSSによって制御し、デバイスの画面サイズに合うように表示を調整します。具体的には、HTMLに「viewport」というmetaタグを記述し、CSSを「パソコン用CSS」「スマートフォン用CSS」のように分けて作成します。

よってレスポンシブ対応は、基本的にCSSを編集・追加することで実現可能です。これはWordPress(ワードプレス)やMovable Type(ムーバブルタイプ)などのCMS用サイトも同様です。レスポンシブデザインでは1つのHTMLを各デバイス共通で使うので、更新や変更の管理が煩雑にならない点がメリットです。

ちなみに、CSSはパソコン、スマートフォン、タブレットとデバイスごとに作成した方が分かりやすくなりますが、1つのCSSにまとめても問題ありません。

レスポンシブ対応しない場合

レスポンシブ対応せずに、パソコン版とスマートフォン版に分けてそれぞれWEBサイトを作ることもできます。共通のHTMLは使わずに、各デバイスにあわせて別々のHTMLを用意する方法です。

ただし、1つのコンテンツに複数のHTMLを必要とするため、更新や変更の作業量はレスポンシブ対応よりも増えます。運営には手間がかかるといえるでしょう。とはいえ、スマートフォン版に不要な画像・ファイルを読み込まずに済むため、サイトの表示速度を上げやすい点はメリット。それぞれのデバイスに合わせて高い自由度でデザインや仕様を変更できます。

2. レスポンシブ対応の費用相場

既存サイトをレスポンシブ対応にする場合の費用相場について、サイトの規模感とともに紹介します。

項目 ミニマム 小規模 中規模 大規模
規模感 10ページ以内の静的ページ 20〜30ページ程度で、一部サーバーアクセス等の処理有り 100ページ以内程度で、ECサイト有り 100ページ以内程度で、CMS化・サーバーアクセス処理有り
費用相場 20万円〜 80万円〜 200万円〜 500万円〜
毎月のランニングコスト 5,000円〜 1万円〜 2万円〜 10万円〜

※あくまでも相場目安です。サイトの仕様によって金額は変動します。

レスポンシブ対応の費用は「ページ数」「ブレイクポイントの数」「調整が必要な画像の数」でおおよそ決まります。

  • ページ数
  • ページ数が多いと調整箇所が増えるため、費用も高くなりやすい

  • ブレイクポイント
  • CSSの切り替えポイントのこと。「画面幅◯◯px未満のときはスマートフォン用CSSを利用する」のようにデバイスの画面幅によって設定され、この数が多いほど追加でCSSの作成が必要

  • 画像の調整
  • デバイスの縦横比に応じて適切に画像が表示されるよう調整する作業。1点につき2,000円〜6,000円が相場
上記3つに注目しつつ、各サイト規模の費用について考えてみましょう。

ミニマム

ミニマムサイトのレスポンシブ対応で想定している作業内容は、静的ページのみ、10ページ以内のデザインとコーディングが目安になります。

静的ページとは、いつ・誰が・どのタイミングでアクセスしても表示内容が変化しないページです。少し前に主流だった動きのないページをイメージしてください。対して、動的ページはサーバーアクセスによるデータの入出力が必要なページ。最新情報が常に表示されるようなページやお問合せフォームなどは動的ページに入ります。動的ページのレスポンシブ対応が多くなると20万円以内では収まらないので注意してください。

小規模

小規模サイトは、オープンソース(WordPressなど)のCMSを導入しているサイトを想定。ニュースやブログなどの更新ページがある小さめのコーポレートサイトなどがこの規模に入ります。

動的ページとCMSのレスポンシブ対応が入るため、全ページで80万円ほどが相場です。ちなみに、WordPressのみであればプラグインやテーマの利用で安価にレスポンシブ化できます。ここでは、あくまでWEBサイト全体と合わせたオリジナルデザインでレスポンシブ対応する場合の費用と考えてください。

中規模

中規模サイトでは、EC機能を付加してるサイトや、サーバーアクセスによるデータの入出力、マイページ機能を搭載しているサイトを想定しています。

この規模のサイトは画像が多くなるため、画像調整費も高額になります。特にECサイトでは、商品点数が多いほど費用も大きくなるでしょう。どうしてもコストが厳しい場合は、レスポンシブ対応のASPカートなどへ乗り換えるのも1つです。

大規模

中規模サイトをさらに拡大したサイトになります。大規模サイトでは、DBとの連携によるデータの入出力がより高度になったり、データ量が多くなったりします。ページ数もさることながら、独自機能を付けているサイトになると、その分だけ対応に技術力が必要。よって全体的に高額になりやすいといえます。

上記はあくまで費用の目安です。実際は、現状のサイトやこれから作りたいサイトの詳細に応じて必要な費用は異なります。

また、制作会社によっても費用に差があります。例えば、首都圏の会社と地方の会社では、同じ内容で見積り金額に大きな差が出ることも珍しくありません。あまり予算をかけられない場合は、リモートのやり取りにはなりますが、地方の会社へ依頼することも選択肢の一つです。

レスポンシブ対応の検討に際し「このような場合はいくらくらいなのだろう」と疑問に感じることがあれば、プロに相談するのが一番です。想定していた金額と実際に見積もりで出てきた金額にずれがあると、プロジェクト自体が頓挫する要因にもなります。

レスポンシブ対応のご相談なら、リカイゼンにお任せください!
リカイゼンでは、熟練のマッチングスタッフが、希望条件に応じて適した方法、また対応可能な制作会社候補を選定し、無料紹介いたします。
まずはご相談からでもお気軽にご連絡ください。

お電話でのご相談は 03-6427-5422
受付時間:平日10:00~18:30

3. レスポンシブ対応外注時の見積取得のポイント

WEBサイトのレスポンシブ対応を外注する場合、どの点に注意して見積りを取得すればよいのでしょうか?ポイントを3つ紹介します。

対応デバイスの確認

どのデバイスに対応できるのか、ブレイクポイントなどを確認しておきましょう。

ひと口にスマートフォンやタブレットといっても、機種によって画面サイズはさまざまです。よってスマートフォン向けにブレイクポイントを設定しても、すべての機種に対応できるわけではありません。もし対応範囲から外せない特別な機種があるならば、見積り段階で伝えておくとよいでしょう。

ちなみにブレイクポイントは「スマートフォン」と「タブレット」で2つ設定するのが一般的です。しかし、コスト削減のために「スマートフォン」のみの設定に数を減らすケースもあります。ただし、これはタブレット表示をなくしても問題ないサイトの話。本当に減らしてよいかは、アクセス解析を元に閲覧デバイスを調査した上で決めることをおすすめします。

追加対応か?新規制作か?

すでにあるサイトにレスポンシブ対応を追加したいのか、ゼロからデザインを含めてレスポンシブ対応サイトを新規構築したいのかで費用が変わります。

「既存サイトがあるなら、レスポンシブ対応だけ追加した方が安いのでは?」と考えがちですが、実際はそうとも限りません。特に古いサイトになると、CMSなどを利用して新規に作り変えてしまった方がコストを抑えられ、しかも見栄えまで良くなる可能性があります。”レスポンシブ対応のみ”と”新規構築”の両方で見積り依頼してみることをおすすめします。

その際、分かる範囲で以下の情報をまとめておくとスムーズです。

  • WEBサイトの目的や概要
  • 画像やテキストなどの素材の提供有無
  • ページ数などのサイト情報

3社以上に見積もりを取る

見積もりは複数社へお願いするようにしましょう。レスポンシブ対応を含めて、WEBサイト制作の費用や対応範囲は一定ではありません。

  • 依頼内容の費用相場
  • コミュニケーションの取りやすさ
  • サポート内容の違い
複数社の見積りを取得することで、上記が見えやすくなります。特に費用感については1社のみでは掴みにくいもの。できれば3社以上に見積り依頼するとよいでしょう。

レスポンシブ対応の見積もりのご相談なら、リカイゼンにお任せください!
リカイゼンでは、熟練のマッチングスタッフが、希望条件に応じて適した方法、また対応可能な制作会社候補を選定し、無料紹介いたします。
まずはご相談からでもお気軽にご連絡ください。

お電話でのご相談は 03-6427-5422
受付時間:平日10:00~18:30

4. レスポンシブ対応外注時の依頼先選びのポイント

複数社の見積りが出そろったら、いよいよ依頼先選びです。選定にあたって注意したいポイントを紹介します。

CMS系での制限はないか

CMS利用などの制限がないか確認しましょう。WordPressやBootstrapなどのCMS系でのサイト構築をメインにしている制作会社の中には、CMSを利用しないページコーディングやレスポンシブ対応は請け負っていない会社もあります。

もちろん、はじめからCMS導入を希望しているのであれば、制限のある会社でも問題ありません。しかし、レスポンシブ対応にするためだけに既存サイトをCMS系で作り変えた方がよいかは判断が分かれるところです。「運営担当者がCMSに慣れるまで時間がかかる」「トラブルが発生したときに対応できる知識がない」など、レスポンシブ対応以外の部分で想定外のコストが発生する可能性があります。

「どうするのが良いのかな」と迷う場合は、見積り段階で相談し、複数の制作会社からアドバイスをもらうとよいでしょう。

打ち合わせを行ったか

正式に発注する前に、必ず制作会社と打ち合わせを行いましょう。WEBサイト制作では、見積り金額と同じくらい制作会社の対応力も重要な選定ポイント。依頼主がいったことしかやらない制作会社の場合、依頼内容に抜けがあると、その部分は対応してもらえないケースもあります。

特に初めてWEBサイト制作を依頼する場合は、こちらの依頼内容の不備はきちんと指摘し、必要な部分をアドバイスしてくれる制作会社を選びましょう。

  • 対応範囲は明確か
  • リードして打ち合わせを進めてくれるか
  • 理解できない専門用語ばかりを使わないか
打ち合わせでは上記の部分も合わせてチェックし、コミュニケーションを取りやすい会社に依頼してください。

見積もり比較をした時に、費用感と内容が各社でさほど差がなければ、あとはコミュニケーションのスムーズさとデザインの好みで決めてよいでしょう。ただし、もし飛び抜けて高い、または安い見積もり金額が出てきた場合は、その理由を確認すべきです。見積り依頼時には見落としていた内容が含まれている可能性があります。

また外注先選定にあたっては、金額のみ、デザイン性のみで決めると失敗しがちです。予算とクオリティ、サポート内容のバランスがよい外注先を選んでください。

発注先が決まったら、発注書、契約書など書面でのやり取りを正式に行います。確認事項や質問のやり取りなど、交わした書面やメールは必ずエビデンスとして残しておきましょう。後から振り返るときや何かトラブルが発生したときに役立ちます。

レスポンシブ対応の見積もりのご相談なら、リカイゼンにお任せください!
リカイゼンでは、熟練のマッチングスタッフが、希望条件に応じて適した方法、また対応可能な制作会社候補を選定し、無料紹介いたします。
まずはご相談からでもお気軽にご連絡ください。

お電話でのご相談は 03-6427-5422
受付時間:平日10:00~18:30

5. レスポンシブ対応のまとめ

これまで、レスポンシブ対応の費用相場、見積もり依頼の仕方についてまとめてきました。ミニマムな数ページ程度の静的ページであれば費用も安いですし期間もさほどかかりません。一方、サーバーアクセスが発生するものやCMS化されたサイトなどのレスポンシブ対応では、それなりのコストと期間が必要となります。

レスポンシブデザインは目に見えるとどのようになるかわかりますが、そこに至るまでにどのような工程や調整を踏むかは、サイト制作に慣れていないとわかりづらいものです。

ビジネスマッチング業界において10年以上の実績があり、常時500社以上の受託会社を顧客として抱えているリカイゼンでは、無料で見積もり取得のサポートをさせていただいております。

まだ、予算が決まっていない、依頼範囲も確定していないけど相談をしてみたいというレベルでも、リカイゼンのサポートデスクではこれまでのノウハウをもとに丁寧に対応させていただいております。サポートデスクへのお問い合わせをお待ちしております。

ホームページ・WEBサイト制作依頼先探しなら、
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社をご紹介いたします!

かんたん3ステップ
お急ぎの方はお電話で 03-6427-5422
※サポートデスク直通番号
受付時間:平日10:00〜18:30

ホームページ・WEBサイト制作依頼先探しでこんなお悩みはありませんか?

お悩み
  • 会社の選び方がわからない
  • 何社も問い合わせるのが面倒くさい
  • そもそも依頼方法がわからない
  • 予算内で対応できる会社を見つけたい

発注サポート経験豊富な専任スタッフが
あなたのご要望をお聞きし、最適な会社をご紹介いたします!
ご相談から会社のご紹介まで全て無料でご利用いただけます。
お気軽にご相談ください!

ホームページ・WEBサイト制作
依頼先探しなら
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社を無料でご紹介いたします!

サポートデスク

まずはご質問・ご相談なども歓迎!
お気軽にご連絡ください。

この記事の監修
リカイゼン サポートデスク 
吉田・新町
BtoBマッチングサービスであるリカイゼンにおいて、発注企業からのご相談のヒアリング、企業選定のフォローなどを行う部門の担当です。出展企業であるシステム開発やWEB制作、クリエイティブ制作会社ともコミュニケーションを取りながら、年間数百件の受発注のサポートを行っています。

ホームページ・WEBサイト制作の関連記事

Webブランディングとは?効果を上げるコツやおすすめの制作会社まで徹底解説!

Webブランディングとは?効果を上げるコツやおすすめの制作会社まで徹底解説!

Webサイトなどを通じて商品やコンテンツを販売していくためには、自社のWebサイトがユーザーに対して信頼されている必要があります。信頼性を高めるためには、「Webブランディング」という戦略が有効といわれています。 ...

無限スクロールとは?ページネーションとの違いや向いているサイトの特徴を紹介

無限スクロールとは?ページネーションとの違いや向いているサイトの特徴を紹介

自社が提供するWebサイトの情報をユーザーに届ける場合、どれだけユーザーの負担を軽減しながら多くの情報を伝えられるかがポイントです。しかし、情報量が多くなるとその分読み込みスピードが低下したり、ユーザーが情報を見失ってしまっ...

Webサイト制作の流れを分かりやすく解説!確認すべき注意点も解説します

Webサイト制作の流れを分かりやすく解説!確認すべき注意点も解説します

Webサイトの制作をする場合、チームで制作を行うことが多いため、Webサイト制作の大まかな流れを把握しておく必要があります。とくに自社制作ではなく外注先にWeb制作を依頼するのであれば、自社と外注先の担当者とで意識を擦り合わ...

インクルーシブデザインとは?事例やWebサイトにおける重要性を解説

インクルーシブデザインとは?事例やWebサイトにおける重要性を解説

近年では、SDGsがあらゆるビジネスで促進されている影響から、Webサイトのデザインにもインクルーシブデザインが注目を集めるようになってきました。とくに日本の場合は、障がいを抱えている人だけでなく高齢者の人口も増えていること...

【2022年最新】東京都のホームページ制作会社おすすめ10社を厳選して紹介

【2022年最新】東京都のホームページ制作会社おすすめ10社を厳選して紹介

東京都は、他の道府県に比べるとかなり企業数も多く、ホームページ制作会社も例外ではありません。そのため、新たに企業ホームページやWebサイト制作を依頼しようとしても、どの制作会社に頼めばいいのか見極めることはかなり難しいです。...

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す