BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

【必見】AIビジネスの最前線とは?

【必見】AIビジネスの最前線とは?

目次

【必見】AIビジネスの最前線とは?

AIとは「コンピューターで人間の知能を模倣するための概念及び技術」のことです。
現在、第3次IT革命と言われており、AIの技術は非常に速いスピードで発達しております。
このAIの技術を利用して様々な業界でビジネスに活かそうという機運が高まっています。

今回は、そんな現在のAIにおけるビジネス活用状況を見ていきます。

AIツール導入や業務効率化などの
DX支援ならリカイゼンにお任せください!

「AI関連ツールの導入を考えているけどなにから始めればいいのかわからない」、「業務効率化したいけど、どのツールを使えば良いのかわからない」など、こういったお困り事があれば、お気軽に弊社リカイゼンにご相談くださいませ。

リカイゼンではITにおける様々な問題に対してお手伝いをしております。
DX支援開発の依頼先探しやおすすめの会社のご紹介、一括見積もり比較など完全無料でご利用いただけます。まずは気軽にお問い合わせくださいませ。

お電話でのご相談は 03-6427-5422
受付時間:平日10:00〜18:30

なぜAIをビジネスに活かす必要があるの?

そもそもなぜAIをビジネスに活用する機運が高まっているのでしょうか。
それにはAIを導入することで下記のようなメリット得ることが出来るかからです。

市場のニーズを把握できる

AIはデータの分析や統計などをし、予測することが非常に得意です。

そのため、消費者の大量の購買データ(ビッグデータ)を基に市場や顧客のニーズを定量的に把握することが出来ます。

企業は分析結果を自社のマーケティング活動に活かすことが出来るため、さらなる事業の拡大につなげることが出来ます。

生活の利便性を高めることが出来る

AIは現在の私達の生活において様々なところで活用されています。

例えば、YoutubeやAmazonなどでは「レコメンデーション」機能が使われており、過去の購買履歴、視聴履歴からおすすめの商品や動画を提示してくれます。

また、音声認識の技術も向上しているため、PCやスマホなどでは指を使わずに文字を入力することが可能になっています。

生産性の向上が期待できる

近年、日本では少子高齢化の影響で深刻な労働力不足が懸念されています。

AIをビジネスに活用することで、事務処理や単純作業などの人がする必要がない仕事をAIいに代替させることが出来ます。

更にAIは機械であるため、ヒューマンエラーを起こす心配はありません。

作業をAIに任せることで、人材不足を解消でき、社員一人あたりの生産性の向上につながるのです。

▼「そもそもAIってなんだっけ。。」という方はこちらから

AIビジネス市場は拡大中

2020年10月12に富士キメラ総研が発表した「2020 人工知能ビジネス総調査」において、日本のAIビジネス市場は、2020年度は前年度比15.4%増の1兆1084億円に拡大する見込みだと発表しました。

更に2025年度はAI利用が更に進み、2019年度比2倍の1兆9357億円になると予測しています。

上記の発表から分かる通り、AIビジネスの市場は確実に拡大しているのです。

現在のAI技術と各業界の親和性

AIビジネス市場の拡大性は上記で理解できたと思います。

続いて、現在のAI技術はどの業界と親和性があるのかを見ていきます。

アメリカの有名コンサルティングファームのマッキンゼーが発表した「NOTES FROM THE AI FRONTIER INSIGHTS FROM HUNDREDS OF USE CASES」というレポートを基に解説していきます。

業種ごとのAI導入におけるポテンシャル

参考:MacKinsey Company
NOTE THE FRONTIER INSIGHTS FROM HUNDREDS OF USE CASES

上記の表は、各業種がAI導入によって、ビジネス的価値が高まるポテンシャルを表しています。

表を見て、分かる通り、最もポテンシャルがあるであろうと予想されているのが「旅行」です。

現状、パッケージとしてツアーの企画を提供していますが、AIを活用すれば、顧客から個別に要望を聞いて最適なプランを提示できるようになることが予想されます。
また顧客の利用状況を基に、格付けし、優遇制度や当日キャンセル対策など、様々なサービスの実現を期待させます。

続いて、物流もポテンシャルがあると予想されています。
AIを使用することで、最適な宅配ルートを割り出せることができそうです。

AIビジネスの活用例

現在においてすでに多くの分野でAIにおけるビジネス利用は成功しています。

本章ではすでに成功しているビジネスモデルを3つご紹介します。

医療業界

新しい治療法の確率や、薬剤の研究開発は医療の発展において非常に重要なことです。

AIを活用することで、多くの可能性を効率よく試すことが出来るため、研究開発のプロセスを合理化することが出来ます。
よってこれまでよりも短い期間かつ低コストで市場に新薬を投入することが出来ます。

また、AIによって製薬会社は13年間で約2800億円もの薬剤開発コストを削減できると言われています。

また、AIを医療行為にも応用することで、人が起こすミスの可能性を減らすことができ、患者の治療成果の向上に繋がります。

金融業界

金融分野でもAI技術は活用されています。
大手の金融機関は、利用者の年収やその他ローンの利用状況などを分析し、融資の際に信用度に応じて、優遇処置が出来るようなサービスを提供しています。

また、金融を意味するファイナンスと技術を意味するテクノロジーからFin tech(フィンテック)領域と呼ばれています。

教育業界

今までの教育習慣では、一人の先生に20-40人程度の学生がついて、前もって用意された指導要綱に沿って授業を行うのみでした。

しかし、当然生徒によってはできる子もいればできない子もいて、理解度にかなりの差があります。
理解度に差がある学生に対して同じ授業を受けさせることは必ずしもいい方法とは言えません。

しかしながら、AIを活用し、学生のデータを分析をすることで学生一人ひとりにあった最適な学び方を提供することが出来るのです。

実際のビジネス導入事例

スシロー お皿の自動カウント

2020年12月に今までスシローでは会計時にスタッフが皿を数えて会計金額を算出していたが、AIによるカメラ画像処理により自動化すると発表しました。

利用者回転レーンから取った皿をカメラが自動で画像認識し、価格と数をカウントし、ネットワークを経由して自動でレジに転送される仕組み担っています。

今後もスシローでは海外展開を見据えてIT活用に積極的に新しい試みをしていくようです。

参考記事:
スシローがお皿のカウントを自動化 AIが画像認識して価格と数を自動計算!ISPのエッジAIを活用して回転寿司の省人化を推進(ロボスタ)

メルカリ AI出品

メルカリではAI技術を使って出品時のユーザーの負担を軽減させることに成功しました。

以前は出品するためには、出品したい商品の情報を詳しく記入する必要がありました。
しかし、現在は、出品したい商品の写真を取るだけで自動で画像認識をし、商品名やブランド、価格などを自動的に推定出来るようにしました。
よって、ユーザーはより手軽に出品ができるようになりました。

参考記事:
メルカリ、AIで出品を極限まで簡単に 技術戦略説明(日本経済新聞)

ソフトバンクホークス 選手の走攻守分析

ソフトバンクではライブリッツが開発した「野球選手トラッキングシステム」活用して選手の走攻守の分析をしています。
これにより、守備位置や打球速度、ベースラーニングにおけるコース取りなど今まで、経験や勘などに頼りがちであった指導を数字に基づいた科学的なアプローチですすめることができます。

参考記事:
ソフトバンク、AIで野球選手の走攻守分析(日本経済新聞)

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回はAIビジネスの現状、未来、事例などを解説してきました。

近い将来、新しくビジネスをする際にはAIを活用することが当たり前になるかもしれませんね。
そういった意味でも現在のAIビジネスの動向、将来セなどを把握しておくことは非常に重要です。

最後までお読みいただいてありがとうございました。

「AI関連ツールの導入を考えているけどなにから始めればいいのかわからない」
「業務効率化したいけど、どのツールを使えば良いのかわからない」
こういったお困り事があれば、お気軽に弊社リカイゼンにご相談くださいませ。

リカイゼンではITにおける様々な問題に対してお手伝いをしております。
お気軽にお問い合わせくださいませ

DX支援開発(AI、IoT、5G)依頼先探しなら、
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社をご紹介いたします!

かんたん3ステップ
お急ぎの方はお電話で 03-6427-5422
※サポートデスク直通番号
受付時間:平日10:00〜18:30

DX支援開発(AI、IoT、5G)依頼先探しでこんなお悩みはありませんか?

お悩み
  • 会社の選び方がわからない
  • 何社も問い合わせるのが面倒くさい
  • そもそも依頼方法がわからない
  • 予算内で対応できる会社を見つけたい

発注サポート経験豊富な専任スタッフが
あなたのご要望をお聞きし、最適な会社をご紹介いたします!
ご相談から会社のご紹介まで全て無料でご利用いただけます。
お気軽にご相談ください!

DX支援開発(AI、IoT、5G)
依頼先探しなら
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社を無料でご紹介いたします!

サポートデスク

まずはご質問・ご相談なども歓迎!
お気軽にご連絡ください。

DX支援開発(AI、IoT、5G)の関連記事

クラウド会計ソフトfreeeとは?|詳細や評判などを解説!

クラウド会計ソフトfreeeとは?|詳細や評判などを解説!

freee(フリー)はクラウド会計ソフトと呼ばれる、会計ソフトの一種です。 Google出身の佐々木大輔氏が創業したfreee株式会社が販売しているサービスです。 freeeは確定申告や日々の経理業務などをまとめて効...

concur(コンカー)とは?|詳細や評判などを解説!

concur(コンカー)とは?|詳細や評判などを解説!

Concur(コンカー)は日本で売上NO1、世界でも6600万人が利用する世界的に有名な経費精算システムです。 日本では現在、1000社以上もの企業から利用されており、ファーストリテイリンググループやサイバーエージェント...

【10分で分かる】自動運転とは?|自動運転社会実現に必要なこと

【10分で分かる】自動運転とは?|自動運転社会実現に必要なこと

最近、テレビや新聞などのメディアで自動運転が取り上げられるケースが増えてきました。 ただ、自動運転についてしっかりと理解をしている人は少ないのではないでしょうか。 そこで、今回は、自動運転とはどういったものなのかにつ...

【10分で分かる】ITによって変わる農業の未来

【10分で分かる】ITによって変わる農業の未来

テクノロジーの発展が急速に進む昨今、様々な領域でITの活用が進んでいます。 農業分野においてもアグリテックという文脈でIT化が進んでいます。 今回は私達が生きて行く上でなくてはならない野菜や穀物を育てる農業分野におい...

【10分で分かる】AIによって医療業界どうなる?

【10分で分かる】AIによって医療業界どうなる?

テクノロジーの発展が進む中で、様々な領域でAI技術の活用が進んでいます そんな中でも医療業界は法や倫理などの様々な障壁が存在しているため、他の分野に比べ中々参入が難しいと言われています。 そういった問題と折り合いを上...

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

一括見積もりはこちらから

見積もり依頼や発注先探しのご依頼のほか、
依頼に関するご質問なども
お気軽にお問い合わせください。

お申し込み後のフロー
お急ぎの方はお電話で
03-6427-5422 電話で一括見積もり 03-6427-5422 ※サポートデスク直通(平日10:00〜18:30) ※サポートデスク直通(平日10:00〜18:30)
必須お名前
必須メールアドレス
必須電話番号
必須会社名
任意依頼内容・希望
利用規約及び、個人情報保護方針にご同意のうえ、送信ください。

申し込み完了後、サポートデスクから
お電話またはメールにてご連絡させていただきます。

本サイトは、reCAPTCHAとGoogleにより保護されています。(プライバシーポリシー利用規約)