BUSINESS TIPSビジネスに役立つ情報がきっと見つかる

  • WEBデザイン・制作
  • ホームページ制作

もう後悔しない!予算消化で行うべき効果的な活用方法5選

決算期は、企業において営業年度末となる時期や期末の決算を行う時期を指します。
企業によってその設定時期が異なりますが、日本では3月・9月・12月の会社が多いです。決算期前は、次年度の予算を決めるために適正な予算活用を行うことが必要なのです。
そこでこの記事では、決算期を控える企業の皆様に向けて、予算消化におすすめの「活用方法5選と目安の費用」をご紹介します。

目次

予算消化を効果的に活用しませんか?
一括見積依頼案件のご相談発注先探しならリカイゼンへ!

無料で相談する

リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ
総合ビジネスマッチングプラットフォームです。
より詳細はこちら

1. サイトリニューアルをする

コーポレートサイトやブランドサイト、採用サイトなど、様々なWebサイトを運用している方が多いのではないでしょうか。
Webサイトの効果を引き上げるには、作ってからの情報更新や定期的なデザインの見直しが重要です。
後回しになりがちな自社のWebサイトを、決算前のタイミングで改修やリニューアルを行うことは、その後得られるバックが大きく有効な活用方法です。

主な内容

サイト構造の改善、デザインのリニューアル、コーディング、UI・UX改善、スマホ対応、掲載素材の撮影、コンテンツの拡充 等

目安の費用

弊社で過去に一括見積もりをした案件に基づくと、参考費用は以下になります。

自社のホームページリニューアル ページ数10P前後で素材支給の場合
予算30〜60万円
SEO対策を含むリニューアルの場合
予算50〜250万円

2. 自社のノベルティグッズを制作する

決算期が多い12〜3月の期間はイベントが多い季節です。採用イベントへの出展やEXPOなどの展示会など、学生や見込み顧客まで外部の人との接触が増加します。その際、イベント後も自社を思い出してもらうきっかけとして「ノベルティ」の配布が効果的です。プリントされたロゴやデザインを見て自社を想起してもらうことが重要なため、手軽で日常使いができるものを選ぶとよいでしょう。

おすすめのノベルティ例

ロゴ入りボールペン、クリアファイル、卓上カレンダー、メモパッド、マウスパッド、トートバッグ、カードケース 等
※変わり種・・・オリジナルタンブラー、卓上お掃除モップ、スマホケース

目安の費用

ロゴ入りオリジナルバッグ 500個ほど
予算70〜100万
ロゴ・QRコード入りウエットティッシュ 10000個ほど
予算40〜60万
カメラストラップ 500個
予算50〜75万

3. ランディングページ(LP)を制作する

ランディングページとは、ユーザーが検索や広告などを通じて最初にアクセスするページを指します。一般的に、ランディングページはユーザーを会員登録や予約等の「申し込み」や商品の「購入」に結びつけることに特化していることが特徴です。
例えば、運営しているECサイトの売り上げを上げたい、会員を増やしたい、キャンペーン告知を行いたい、広告流入による効果を上げたい、などというシーンで「成果を上げる」ことを重視する場合に適しています。

主な内容

デザイン、コーディング、フォームの設定、UI・UX設計

目安の費用

レスポンシブデザイン(スマホ対応)1Pの場合
予算10〜30万
オリジナルコンテンツ入りLPの場合
予算20〜40万

4. 広告出稿をする

短期的に成果を上げる方法として、広告費として予算を投下する企業は多いです。出稿できる広告には様々な種類があります。出稿する媒体や期間、運用方法によって必要な費用や効果が変わるため、自社の商材や達成したい目的をもとに適切なものを検討しましょう。
予算がタイトな場合は、検索結果に表示される「リスティング広告」やFacebookやインスタグラム等のユーザーにアプローチする「SNS広告」などが始めやすいでしょう。成果報酬型の場合は、クリック数などの効果に基づき最低限の費用に抑えることができます。

目安の費用

リスティング広告
クリック課金形式  1クリック10〜500円前後
※目標や成約率に基づいて計算するのが一般的です。
Facebook広告 ユーザーのタイムライン上に動画や写真を投稿
入札式 予算は自分で設定
DSP広告 アドネットワークで広告配信
インプレッション課金型
動画広告 YouTubeで動画広告を再生 視聴課金型
1クリック10〜200円

5. 記事コンテンツ制作を行う

オウンドマーケティング、コンテンツマーケティングはご存知の方が多いと思います。自社や商品を直接的な広告で訴求するのではなく、記事として考え方や世界観、ノウハウなどを発信することでより深い理解を促す効果があります。
特に近年は、顧客との深いつながりや採用を見込み、自社の「ブランディング」の一つとして取り入れる企業が増えています。

まとめ

ここまで5つの予算活用方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
その年の予算は基本的に次年度に持ち越さないため、「余った予算で広告を出していれば売り上げが上がったのに」「あのタイミングでサイトリニューアルができたのに」と後悔しないためにも計画的に使いましょう。
今回ご紹介したものをはじめとし、クリエイティブの制作・広告制作・システム改修などを検討している場合は、複数社に無料で一括見積もりをし、依頼先を比較検討することができますのでお気軽にご相談ください。

ホームページ制作でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

ホームページ制作の関連記事

ホームページを制作会社へ依頼する際に知っておくべきポイント

初めてホームページを制作会社へ依頼したいと考えた時、何を準備すれば良いかわからない、制作会社のファーストコンタクトの取り方が分からないなどあるかもしれません。 そこで、ここではホームページを制作会社へ依頼する前にチェックしておくこと、そして制作会社選びについてのまとめを説明します。事前に、ホームページ制作に関する基礎知識を身につけて、多くの人が訪れるホームページ制作ができるようにしましょう。 1. ホームページを制作会社へ依頼する前のチェック事項 ✔︎目的、目標とゴールの設定 ホームページを制作する上で重要なことは、何を目的に作るのかということと、ホームページを作ることでどういったゴールを目指すのかというのを明確にすることです。具体的なゴール設定としては、資料請求、商品購入、お問い合わせ、来店、予約、メルマガ登録など、作るサイトの内容によって異なりますが、ゴールを決めると何が必要か見えてきます。そして文書化をして、制作会社側で文書が一人歩きしても意図が伝わるように取りまとめておきます。 ✔︎ターゲット、セールスポイント ホームページ制作を見てもらいたいのはどのような人なのか、ターゲットを定めます。そしてそのターゲットに対してのセールスポイントをまとめます。これらも目的と合わせて文書化して制作会社へ渡します。 ターゲットやセールスポイントが決まってくると、必然的にデザインへどのように落とし込みをすれば良いかなどの案が出てきます。 ✔︎予算範囲、スケジュール ざっくりでも予算の想定と、スケジュールの目処をつけておきます。予算もスケジュールもあくまで目安ではありますが、ホームページ制作の要件と照らし合わせながら、全体的に妥当なのか、無理がないかなど精査をして最終的な見積もりとスケジュールが決まってきます。 ✔︎キーワードのピックアップ ホームページの内容と関連性の高いキーワードを3〜5個程度のキーワードをピックアップします。これは、検索サイトでキーワード検索をされた際にホームページを上位表示させるためのSEO対策用キーワードとして使います。 ✔︎デザインの方向性 デザインを決めるのは非常に難しい制作工程の一つです。なぜなら、全ての人が最初から合致するデザインは、ほぼ0に近いからです。また、「このような感じにしたい」というのが曖昧であるほど、デザイナーは迷ってしまいます。そういった事態を防ぐためにも、参考にしたいサイトのURLをいくつかピックアップしておく、もしくは手書きなどでもワイヤーフレームでラフを描いてみるなど、いくつかイメージのつくものを準備します。 ✔︎素材を揃える 写真やイラスト、コンテンツ文書など、ホームページを作るにあたり必要な素材を提供します。もし、画像等撮り直しをしたいというのがあれば、前もって相談をしておくことが重要です。 ✔︎基本のHTMLを知っている SEOの視点でも、HTMLコーディングはとても重要な制作工程になります。発注者側もある程度の知識をつけながら、制作会社のHTMLスキルをチェックすることは大事なことです。 ✔︎必要ページのリストアップ サイト全体として、どのようなページを設けたいのか、リストアップしておくことです。発注者がホームページ制作に慣れている場合などは、必要ページをサイトマップとして作って制作会社へ渡すということもあります。 ✔︎スマホ等の対応 最近では、ほとんどのホームページがスマホやタブレット対応を行うため、レスポンシブ化にする企業が増えました。ただ、ホームページのターゲットや方向性によってレスポンシブ対応する必要がない場合がありますので、社内確認をして決めることが重要です。 ✔︎運用体制 ホームページは、制作することを目的にしてしまうと失敗します。それは、リリースしてからが本番だからです。ですので、リリース後の社内の運営体制について確認しておくことが必要です。 ✔︎SEOはどうするか 一番答えが出づらいSEOについて、制作会社には分かる人間がいるかどうかを確認します。WEB関連では、SEO対策はマストなので、会社選びをする際の決め手の一つになるかもしれません。 ✔︎競合他社の調査確認 事前に、競合他社となる企業のホームページをチェックしておく必要はあります。また、どのようなキーワードが使われているのかを知ることはとても大事なことです。競合が行なっている施策などが見えたら、真似をしてみることも一つの方法です。 2. ホームページ制作を依頼する会社の基準チェックポイント ここでは、依頼しようと考えている制作会社の基準についてチェックを行います。 ✔︎ホームページ作成の実績有無 類似するホームページの実績を制作会社が持っていれば、話は早いかもしれません。しかし、実績があるだけでは意味はあまりないので、どのようなデザインと内容での実績があるのか確認をする必要があります。また、制作実績のあるホームページが、今も正常に稼働していることを確認します。 ✔︎会社の特徴と信頼度 会社概要や理念、ミッションなど会社の特徴を知ることはとても大事なことです。 ✔︎アフターフォローの確認 リリースしてからが本番になりますので、予めアフターフォローがどうなるかについて確認が必要です。 ✔︎運用、保守対応 アフターフォローとは別に、運用と保守対応がどのような形でなされるのかを確認します。小規模な制作会社になると、運用保守は受けないと最初から決めている場合もあります。 3. ホームページ制作の見積もり依頼、制作会社選定 ホームページ制作を依頼する前に準備、チェックしておくべきこと、そして会社選びに関する基準ポイントを説明してきました。 これらを踏まえて、事前に文書化した方が良いものは取りまとめを行います。そして、その文書を見積もり依頼する制作会社へ渡します。見積もり依頼をする場合は、数社へお願いしましょう。1社のみですと、見積もり比較ができません。数社から見積書が集まれば、費用比較と合わせて制作会社の得意不得意の比較もできるようになります。ただ安いだけなのか、見積もり額とクオリティがバランス取れてそうなのか、あらゆる視点比較をしてみます。 もし1社だけ、異常に安い見積額などが出てきていたら要注意です。それは、受注するために採算度外視で見積額を提示してきている可能性があるからです。もしくは、断られたいという考えがあってかもしれません。そういった制作会社は選ばない方が良いでしょう。 4. まとめ ここまで、ホームページを制作会社へ依頼する前に知っておくべきポイントと準備ポイント、見積もり依頼の仕方についてまとめてきました。 制作会社へ丸投げしてしまって思った通りのサイトにならなかったという失敗例も多く耳にします。やはり、丸投げするのではなく、ホームページ制作に関する最低限の基本知識を身につけてから見積もり依頼、発注を行なった方が、制作会社側も気持ちよく制作を進めることができます。基本知識を身につけるだけで、見積書の費用から変わってくる可能性があります。やはり、発注者がホームページ制作について知識があるというのを制作会社が知ることで、下手な金額を出せないという思いも少なからず働くからです。 これから、ホームページ制作の依頼をしようと考えている企業担当の方は、制作会社へ丸投げにするのではなく、基本知識を身につけて目標に近づけるホームページを制作しましょう。

ホームページ(HP)制作の見積もりで失敗しないチェックポイント

ホームページ(HP)制作を制作会社へ見積もり依頼する場合、何を基準に見積もりの精査をすれば良いのか、どのような会社を選べば良いのかについて考えてしまうことは少なくありません。そこで、ここでは見積もり依頼をする際に失敗しないためのポイントをチェック項目付きで説明します。HP制作の費用相場と合わせて確認しましょう。 1. ホームページ(HP)制作の費用相場 HP制作の費用相場は、用途や目的によって変わってきます。まずは、HPの内容別による費用相場を確認しておきましょう。 無料のHP作成ツールサービスを使用する場合 → 無料から数万円以内/年 手軽に費用をかけず、簡易的なHPを制作したい時や、期間限定のプロジェクトページの時など、一番コストがかからずに作成できるのが無料のサービスになります。 格安でHP制作を行う会社へ依頼 → 3〜10万円以下 無料のツールではないが、コストはなるべく抑えつつ自分たちでも画像やテキストを選んで更新したりしたい場合など格安の制作会社へ依頼するという方法があります。 フリーランスへ依頼 → 10〜30万円以下 オリジナルのデザインを作りたいけれど、そこまで予算をかけられない場合、フリーランスへ依頼することで制作会社よりもコストを抑えることが可能です。この場合、過去のポートフォリオなどで実績確認が必要です。また、コミュニケーション能力もある程度必要になってきますので、メールや電話、スカイプなどで確認しましょう。 一般的なHP制作会社へ依頼 → 50〜100万円以下 しっかりとしたHPを0から考えて作成したい場合は、実績のあるプロの制作会社へ依頼するのが正しい選択です。これまでの中では一番コストはかかりますが、企画内容や構成、デザイン含めて安心感はあります。但し、制作会社でもピンきりなので、過去の実績やコミュニケーション力はしっかりと確認する必要はあります。 HPのページ数等のボリュームによって費用は変動します。こちらの費用相場を念頭に、見積もり依頼時に失敗しない制作会社選定チェックを行います。 2. 見積もり依頼時の失敗しないポイントまとめ HP作成を制作会社へ依頼するにあたり、見積もり比較の際に下記のチェック項目で確認をしましょう。HP作成を失敗しないためのポイントになります。 基本的には、これらのチェックポイントはHP作成時には取りまとめておかなければいけない内容になります。 ✔︎HP作成の目的、目標を確認してもらえているか HPを作成する場合、必ず目的、背景、また目標があります。目的に合ったHPを作成しないと、何のためのHPなのかがよくわからないものが出来上がります。目的のないまま進めて上手くいくケースはごく稀です。 そこで、ヒアリングの際に「ホームページを作成する目的を教えてください」と聞かれるかどうか、一番初めに取るべきコミュニケーションになります。 ✔︎自社商品、サービスの強みと弱みの洗い出し整理をしてもらえているか HPを作成するということは、自社の商品やサービスのPR効果が上がる、問い合わせや売上が増えることが目指すべきことと考えるでしょう。 そこで、それら内容をどこかに置いたままいくらおしゃれなデザインにしても売上は上がりません。そこで、自社商品やサービスに関しての強みや弱みを洗い出して整理した上で、HPの構成をどうするか、デザインをどうするかという提案の流れになっているかどうかを確認すると良いでしょう。 ✔︎潜在顧客のニーズ等に関して必要な情報を確認してくれているか 例えば、HPへはアクセスがあるにも関わらずコンバージョンまで至らないという場合、HPの構成やデザイン、キャッチコピー等と潜在顧客のニーズが合致していないことが考えられます。そういったことを整理し、潜在顧客のニーズを拾うための具体的な提案がされるかどうか確認してみるのが良いでしょう。 ✔︎キーワードの検索ボリュームを確認してくれているか HPを作成する際、検索サイトで上位に上げたいキーワードがあるのが一般的です。自社で考えているキーワードの検索ボリュームがどれくらいなのか?そのボリュームによってSEO対策が容易なのかそうでないのか、または別のキーワードを盛り込んだほうが良いのかなどを提案してもらえることで、検討することができます。 ✔︎競合の調査、比較、整理をしてくれているか ビジネスを行う上で自社と似たような商品やサービスがあるかどうか、競合他社がどこになるのか?競合調査は当たり前のこととして行います。そういったことを言わなくても制作会社より、競合調査から見られる対策等を提案してもらえるかどうかは、とても重要なことです。 ✔︎ライティング等の文章作成依頼が可能か HP作成で必要となってくるのが、コンテンツになります。これは商品やサービスの紹介文や、または第三者への取材で得られる評価など、文書化する内容は多くあります。これらをライティングできるかどうかは、制作会社のSEOノウハウをどれくらい有しているかを知る一つのポイントになります。 ✔︎SEOの知識やノウハウがあるか HP作成を行う場合、SEO対策を考えたHTMLコーディングを行うのは一般的なことです。そこで、こちらから制作会社へ言わなかったとしても、SEO対策に関しての提案があり、質問に的確に答えられるかどうかを確認すると良いでしょう。尚、SEO対策の設計は費用がかかるものなので、予算とSEOにかかる費用のバランスなどを見た上での提案になっているかを確認することも必要です。 ✔︎リリース後の運用支援が可能かどうか HPは、作成して終わりではなくリリースしてからが本番です。運用しながらブラッシュアップをしたり、修正、追加を繰り返しながらサイト価値を高めていく必要があります。そういったことを踏まえて、リリース後の運用支援がどの辺りまで可能なのかを提案してもらい確認する必要があります。 ✔︎過去の実績はどのようなものがあるか 制作会社のこれまでの実績をしっかりと確認することは大切です。特に、似たようなHPの実績があるかどうかも確認しておきましょう。また、実績やポートフォリオを画像1枚で提案書に盛り込んでいる制作会社がありますが、その実績内容をしっかり確認しましょう。デザイン制作のみなのか、企画から取り組んだのか。取り組んだ工程がどこなのかまでを確認する必要はあります。 3. まとめ ここでは、ホームページ(HP)制作の見積もりで失敗しないためのポイントをチェック項目として説明してきました。本来であれば、HP制作における目的や目標、キーワード戦略など、自社内である程度は考えておく必要があります。しかし、社内でどんなに考えていても、制作会社が事業やホームページ戦略を理解して制作を行ってくれないと意味をなしません。プロの制作会社へ依頼するわけでそれなりの費用を支払うわけですから、効果の出る制作をお願いしたいところです。 上でまとめてきた制作会社選定で失敗しないためのチェック項目は、少々難しいものもあるかもしれません。それは、かなりマーケティング思考に寄っているからです。しかし、マーケティング視点を大切にしてHP制作を行わないと、結果は出ません。納得いくためにも、妥協せずに制作会社選定を行った方が良いのです。 信頼できる制作会社が見つかったら、長い目でホームページ価値を上げる施策が打てるようになるでしょう。

WEBサイト制作の見積もり手法と注意すべきポイント、見積もり依頼まとめ

WEBサイト制作を依頼する際に、制作会社を決めるため見積もり依頼をすると思います。電話やメールで簡単に見積もり依頼をしてしまうことをまずは我慢していただいて、失敗しない方法を身につけて欲しいと考えています。システム開発同様、WEBサイト制作も、見積もり依頼の仕方や制作会社とのコミュニケーションの取り方を間違えてしまうと、良い結果は出ません。 そこで、ここではWEBサイト制作における基本的な見積もり手法と注意すべきポイント、具体的な見積もり依頼の仕方について説明します。 1. WEBサイト制作の見積もり手法 WEBサイト制作の見積もり算出には、見積もり基準というものがあります。単価自体は制作会社によって異なりますが、算出方法はさほど変わりません。 ✔︎ページ数による算出 はじめにページ数による算出方法です。この手法は、あまり大きくなWEBサイトの場合に使われることが多いです。基本的には、トップページと、下層ページに分けて、デザイン+コーディングの項目としてページ数から算出します。トップページは、WEBサイトの顔となるページになりますので、1ページあたりの単価は下層ページに比べて高くなります。 ページ数による算出の場合、制作に入る前に正確に見積額を出すためにも、サイトマップを作っておいたほうが良いです。ただ、制作中にページが追加になったとしても、下層ページの費用は決まっているので、ボリュームが変らない限りは、ページ数分がプラスになるだけです。 ✔︎工数による算出 サイト規模が少し大きくなってくると、サーバサイドとのやり取りが発生する開発が必要になってくる場合があります。これは、単純なWEBサイト制作のコーディングで終わるものではなく、システム開発を行うことになります。ページ数単位での見積もり算出が難しくなります。そこで、よりシステム開発の工数出しに近くなります。 デザイン費用、コーディング費用、ディレクション費用、システム開発費用という項目分けを行い、それぞれの項目に対して、どれくらいの人件費がかかるかという算出方法になります。 工数とは、1人が1ヶ月にかかる人件費を1人月という考え方になります。例えば1人が半月しかかからない場合は、0.5人月、2ヶ月かかる場合は2人月という算出方法です。 それぞれの項目で、何ヶ月かかるのかを算出して○人月という形式で見積もりを行います。尚、デザイナーとディレクターでは1人月の単価は異なるのが一般的です。 2. 見積もり依頼の際に注意するポイント 制作会社へ見積もり依頼を行う際、口頭ベースで依頼するのは避けたほうが良いです。例えば、数社へ見積もり依頼をする場合に、そのやり方をしていると、全く同じ内容を全ての制作会社へ話したかどうかを把握するのが難しく、お互いに忘れてしまう可能性が高いです。 そこで、制作における要件を文書化するというのが大切になります。 システム開発ではRFP(依頼提案書)というものを作るのが一般的ですが、WEBサイト制作でも同様なので、まとめた文書を作成しておきましょう。 具体的にRFPに記述する内容ですが、WEBサイト制作を作る目的、作ることになった背景を最初にしっかりと記述します。そして、どのようなサイトにしたいのかの要件を記述していきます。そのほか大切なこととして、スケジュールや予算感、サイトのターゲット、保守・運用をどうするかなど、わかる範囲でなるべく詳細に記述することが大事です。基本的に必要ではないものは無く、記述できるものは全て記述しておきましょう。 また、見積書として見積もり項目が記載されることになりますが、予め想定している項目を記述しておくと、各社の見積書を比較しやすくなりますし、不明な項目が入るのを避けられます。一般的なWEBサイト制作に関する見積もり項目は下記の通りです。 ・企画、ディレクション ・要件定義、システム設計 ・サイトデザイン ・コーディング ・システム開発、テスト ・サーバ設定(ドメイン、DNS、SSL) ・コンテンツ制作(コピーライティング、ライティング等) ※支給される場合は入りません ・画像購入orレンタル ・運用、保守 このような項目を予め伝えておくことで、認識のズレを無くすことができるでしょう。 WEBサイト制作に関する要件等がまとめられたら、実際に見積もり依頼を行うステップへ進みます。 3. WEBサイト制作の見積もり依頼、制作会社選定 取りまとめた文書を制作会社へ見積もり依頼をする際に渡しますが、見積書をもらう制作会社は複数社から提案をもらうことをオススメしています。1社のみの見積書では、比較ができないからです。複数社からの見積書を比較した際、極端に安すぎるところがないかをまずは確認してみましょう。これは、受注するための戦略で、採算が合わないにも関わらず金額を下げています。もし、こういった会社を選んでしまうと、安かろう悪かろうになる可能性は高いのです。または、細かい調整が全く利かず、加算されて行って結果的に高くつくということが待っていることも考えられます。 見積もり比較をすることはもちろんですが、制作会社の選定ではこれまでの実績、ノウハウの確認をしっかりすることも大切です。過去に、今回お願いする内容と似たような案件を制作したことがあるかどうかは大きな選定ポイントです。 そのほか、何が強みで何が弱みなのかも各社把握することは大切です。例えば、デザインに優れている、SEO対策に優れたコーディングを行える、システム開発が早くてクオリティが高いなど、過去の実績やコミュニケーションから把握し、自社で目指していることと合う会社へ依頼することが良いでしょう。 外注先を決める前に、各社と面談を必ず行っておくことは重要です。また、プロジェクトが始まった際に、制作会社側の担当窓口がどの人になるのか確認することが必要です。ディレクターの立場になりますが、発注をするまでは営業担当が窓口になっていて、制作フェーズに入るとディレクション担当にバトンタッチされることが多いのです。その際、コミュニケーションが円滑にできず、遅延が発生したり、言った言わないで上手く噛み合わなかったりということが発生してしまうことが少なからずあります。そう言ったことを予め回避するためにも、その辺りを発注前に確認をしておきましょう。 尚、外注する制作会社が決まったら、発注書を始め契約書をしっかり締結しましょう。機密保持契約、そしてリリース後の対応を決める瑕疵担保期間の定めは需要です。この瑕疵担保期間を設けていないと、不具合があった場合など、無償で修正対応をしてもらえないということが発生します。瑕疵担保期間は、約3ヶ月〜半年で決めるのが一般的です。これはサイトのボリューム等で妥当な期間を協議のもと決めます。 4. まとめ これまで、WEBサイト制作の見積もりに関して知っておいたほうが良いポイントと注意するべきポイントについて説明してきました。見積書の項目を予め伝えられることは伝えておくこと、複数社へ見積もり依頼を出すこと、安すぎる見積もりの会社は選ばないこと、契約時は書面でしっかり締結することが大事だということは理解できたと思います。それらのポイントを念頭に置いて、WEBサイト制作がスムーズに進められるように会社選定を行いましょう。

企業ホームページをデザインする際の基本事項まとめ

企業のホームページ(コーポレートサイト)を開設することは、当たり前のこととして捉えるようになっています。毎年発表される通信利用動向調査では、約90%近い企業が自社のホームページを持っているという調査結果が出ています。自社のホームページを持つことは、信頼に影響するほど重要な位置付けになっていますし、またブランディングや採用活動などでも必須のものとなっています。 そんな企業ホームページですので、デザインをどのようにするかというのは大きな議題になります。ただし、オシャレだったら良い、カッコ良ければ良い、というだけでは企業が目指すビジョンへは近づけません。 ここでは、企業ホームページをデザインしようと考えている担当者の方達向けに、ホームページの基本構成から、トップぺージに必要な要素、業種別で異なるコンテンツ、またスマホ対応について説明します。 1. 企業ホームページの基本構成 一般的なコーポレートサイトと言われるホームページの基本構成について説明します。 トップページ トップページは、企業の顔としての役割を占めていると言っても過言ではありません。また、企業ホームページ全体の中でも最もアクセス数が多くなることが考えられますので、デザイン構成やメッセージ含めてしっかりと考える必要があります。 会社概要 企業間取引、採用活動など、あらゆる企業活動の中で外部から検索されて見られるのが会社概要になります。会社の代表者名記載のほか、所在地、事業内容などを明記して信頼度を高める必要があります。 事業紹介 会社概要よりも詳細な事業の紹介をこのページで行います。このページを見て、商品やサービスを検討している人がいるということを意識して作ることが重要です。 問い合わせフォーム インターネットの普及によって、ファーストコンタクトの取り方が電話よりもWEBサイトを通しての方が主流になりつつあります。また、メールアドレスを直接公開するのではなく、問い合わせフォームにすることで、スパムメールの回避など情報セキュリティ面でも効果があります。 Q&A よくあるお問い合わせや質問に関して、あらかじめQ&Aとしてホームページで公開しておくことで、業務負担軽減の効果を得られます。 個人情報の取り扱い お問い合わせフォーム等で個人情報を取得する際は、サイトをSSL設定にしておくことはもちろんのこと、プライバシーポリシー等、個人情報の取り扱いに関する規約をホームページで開示するのが一般的です。これらの対応がないサイトは信頼度も下がりますので、注意が必要です。 2. 企業ホームページのトップページに必要な要素 企業ホームページの顔となる位置付けとして、トップページが挙げられます。しかし、トップページも上から下まで全てを一度に表示することは厳しいです。ホームページを制作する際に良く耳にすることとして「ファーストビュー」というものがあります。これはパソコン画面で見えている部分に、最初に表示される一部のページを言います。 そこで、トップページの構成において必要な要素を下記で紹介します。 グローバルナビ ページ上部に設けられたメニューバーをグローバルナビと言います。初めてホームページを訪れる人が、迷わずにサイト内の必要ページへアクセスできるように分かりやすいページ上部に設置するのが親切です。 イメージ画像 ビジュアルの画像は、自社ブランドをイメージづけるためのものでもありますので、企業理念やビジョンなどに沿ったものを準備しましょう。また、企業メッセージをわかりやすく伝えるためにも、効果的なキャッチフレーズを考えて入れるようにしましょう。 新着情報 よく企業ホームページはあるものの、いつから更新されていないのか、または公開されている情報がいつのものなのか分からないサイトも多くあります。定期的に更新を行うことで、さらに企業の信頼度は高まるものです。 利用規約、サイトポリシー、プライバシーポリシーなど 個人情報を取得する際は、利用目的を開示する必要があります。どのような取り扱いを行うのかページ下部にリンクを設けて、それらの内容を記載した情報を開示するページへ遷移できるようにします。 アクセス 会社へのアクセス情報等を記載します。 3. 業種別のコンテンツとスマホ対応 企業の業種や特性によって、さらにコンテンツを追加することで企業価値は高まります。どこを変更するとアクセスが伸びるのか、新規顧客が増えるのかを業種ごとに検証します。 上場企業 企業として社会的責任を問われていることから、CSV(企業価値)を高めるためのCSR活動などの取り組みを紹介する企業が増えています。これは直接的な売り上げ云々ではなく、社会的活動を通した貢献活動を行うものです。 BtoB企業 BtoB企業の場合、取扱商品やサービスが高単価な場合が多くあります。一つの単価が低い場合でもロット数が多い場合がほとんどですので、結果的に大きな金額となります。そうすると、それらを購入している顧客がどのような反応をしているのかが気になるところです。そういった顧客の声などを紹介するページ等を設けるのは、売り上げ向上のための一つの施策です。 サービス業の場合 サービス業は、特にユーザ体験がどうだったのかということが重要視されます。女性向けであればネイルやヘアサロンなどビューティー系がそれに当たりますが、ユーザからの声やSNSでの声を拾うなど、そういった第三者の声を掲載することで、信頼度も高まります。 観光、飲食業の場合 この数年、海外からの訪日客数の増加が著しいです。しかし、訪日客が困ることとして「英語での案内が少ない」というものです。特に観光や飲食業では、英語のみならず多言語化することでユーザを逃さない一つの施策となります。 スマホ対応 スマートフォンの普及によって、スマートフォン対応を迫られています。また、スマートフォンに限らずタブレットなども含めて閲覧するデバイスごとにそのデバイスに合ったデザイン表示をすることは、ユーザビリティを上げることでも必至です。最近のスマホ対応としては、レスポンシブ対応をすることが主流となっています。 4. まとめ ここでは、企業ホームページをデザインするにあたり、考えておくべき基本事項を紹介してきました。企業ホームページは、社内に制作チームを持っている場合は社内で制作ができますが、もしそうでない場合は外部の制作会社へ依頼する必要があります。その場合、企業としてどのようなサイトに仕上げたいのか、どのようなブランディングをしていこうと考えているのか、それらを伝えられないと効果的なホームページを制作することは厳しいでしょう。 企業ホームページとして競合他社含めユーザとなる人たちから常に見られている意識を持って制作することが大事なのです。 すでにホームページを持っている企業でも、そろそろリニューアルしたいなどの意向があれば、現状公開している内容を見ながら、効果的になっているかどうか見直してみるのも良いかもしれません。

HP(ホームページ)制作依頼の費用相場、見積り依頼まとめ

ホームページ制作を外注するにあたり、数社へ見積り比較も兼ねて見積り依頼をすると、様々な見積り金額が挙がってきて比較しにくく、結果的にどの会社にお願いするかを検討しにくかったという経験はないでしょうか。イメージしているホームページの見積り相場が大体わかることで、無駄なコストを省け、効率的に見積り取得が出来るようになります。 そこで、ホームページ制作における適正な費用相場と、ホームページ制作の見積り依頼、比較について説明します。 1. HP制作依頼の費用相場 ホームページ制作は、20〜30万円くらいからが最近の相場感と言われています。もちろん、デザインへのこだわりや、機能の盛り込み度合いによって金額は異なります。 例えば、テンプレートデザインを活用して制作を進める場合は、10万円前後以内が相場です。オリジナルデザインで制作する場合は、20〜100万円ほどの相場ですが、金額に幅があるのはデザインや機能面でどこまでこだわるかによります。更に、CMSなどを構築して更新自由度の高いホームページを制作する場合は、100万円以上かかってくる相場になります。 2. HP制作の費用相場を左右させるポイントと制作する目的 では、なぜホームページ制作の中でこのような費用の開きの幅が出てくるのでしょうか。ポイントをまとめて紹介します。 ホームページ制作を行う目的 ホームページの制作は、その目的によって費用相場は異なってきます。例えば、企業が会社を紹介するためにホームページを設ける場合、名刺交換先や会社名で検索された際に表示される会社の顔となるページにすることが必要となります。これは、キーワード検索というよりも会社名で検索される方が多いわけなので、SEO対策に関して最低限必要なことを盛り込めば良く、そこに費用を投下する必要はさほどありません。更に、データの入出力が必要な複雑な機能も必要としません。しかし、会社の顔としてのホームページは、デザイン性は重視した方が良いでしょう。例えばデザインテンプレートを利用した場合は10万円以内くらいが相場、オリジナルデザインにこだわって制作する場合は、30万〜100万円くらいが相場になります。 一方、集客用のホームページを制作する場合、お問い合わせや会員登録、売上などを取っていくための作り込みになります。検索サイトから、あらゆるキーワードで遷移されてくることも考えられますので、SEO対策を行うことは必須です。これは、デザイン重視の考え方とは異なり、サイトを訪れるユーザ導線を考えながらデザインを作り込む必要があります。ユーザービリティを意識した作りを考えると、相場は20万円〜かかってくると見ておく必要があります。制作会社の中でも、WEBマーケティングの分野に強くSEO対策をどのように行うべきかしっかりと提案してくれる会社を選んだ方が良いのです。 そのほかでは、最近増えているサイトとしてネットショップ等の通信販売用ホームページになります。ネットショップは開設するにあたり、カート機能や決済機能を搭載する必要があります。とても費用がかかりそうなものですが、既にそれらの機能は搭載されていて月額費用の支払い契約でネットショップを開設できるというものもあります。このようなサービスを使うことで、月額数千〜数万円くらいの相場で利用することができます。但し、0からオリジナルでネットショップを構築しようとすると、最低でも200万円〜が相場になってきます。 目指しているホームページの仕様(デザイン、機能) ホームページ制作の目的が見えると、そこに向けたデザインや機能をどのようにするかというのが議題になります。デザインも機能もこだわればこだわるほどに費用はかかってくるのは当然です。 デザインにこだわり完全オリジナルで制作する場合は、20〜100万円以上になってきます。どこまでこだわるかによって金額が上下します。 誰でも運用ができるようにするためにCMSを導入する場合、WordPressなどのCMSテンプレートを利用して制作することで、費用を抑えることができます。テンプレートを特にカスタマイズせず利用すれば、デザイン費としては数万円の相場で仕上げることができます。テンプレートを使いつつもデザインをこだわりたい場合は、CMSをカスタマイズするという方法もあり、この場合は20〜30万円が相場になります。 ホームページ制作の外注先選定 ホームページ制作において、費用が左右される理由として、どのような会社へ制作を依頼するか?によります。これは、会社の規模感や業態によって異なります。 制作会社に頼んだ場合 制作会社でも規模によって変わってきます。中小規模の制作会社であれば小回りがきいて融通が利きやすく、費用も抑えることができます。おおよそ30〜100万円以内くらいが相場になります。 一方、大規模な制作会社へ依頼する場合、一つの案件に対してしっかりとした体制を作って動くため、中小の制作会社に比べて割高になります。100万円〜かかってくる相場と見ておいて良さそうです 代理店に頼んだ場合 社内に制作スタッフがいない会社や、また代理店などに依頼する場合、マージンを取られる可能性があり、通常の制作費に対して10〜30%の管理費というような名目で見積書に記載されている場合があります。発注元から見た際に、制作チームが遠いので要望がうまく汲み取られているかなどの懸念は残ります。ただ、この制作体制に慣れている場合、代理店が色々と動いてくれるので自分の業務に集中できるというようなメリットもあります。 フリーランスに頼んだ場合 規模的に小規模での制作の場合、クラウドソーシングなどを使ってフリーランスへ依頼することも考えられます。費用相場は中でも一番安く抑えることができ、数万円から受けてもらえるフリーランスもいます。特にこだわりがなく簡易的なホームページや、とりあえずコストを抑えなければいけない場合などは手軽に依頼できることはメリットとしてあります。 3. ホームページ制作の見積り依頼 このように、イメージするホームページによって、制作の費用相場に幅が出てしまいます。もし、見積り依頼を行う場合は、比較する際にあまり見積り金額にバラつきを持たせたくないという考えがあれば、依頼する制作会社の規模感を合わせるなどすると、大きなバラつきがなく各社より見積書を取得することができます。 逆に、規模感が違う制作会社へあえて依頼を行い、規模が違うことでどれくらい金額が異なってくるのか、またそれに伴う業務内容がどのように違うかなども比較することができます。 ホームページを制作する目的、デザインや機能の要望などがまとめられたら、それらをもとに制作会社へ見積り依頼をお願いするというのが良いでしょう。また、1社に限らず複数社の制作会社へ依頼することをオススメしています。1社のみですと、見積り比較ができませんので、その会社が良い悪いの判断がつきづらいからです。 4. まとめ ホームページ制作依頼に関する費用相場と、相場のバラつきについての理由を説明してきました。何れにしても、自社でイメージしているホームページの規模や内容によって依頼するにあたり、妥当な規模感の制作会社があります。ニーズに合った制作会社を見つけ出すのは難しい部分もありますが、BtoBに特化した受託型のビジネスマッチングサービスを使うというのも一つの手法です。

ホームページ制作に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。