BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

WEBサイト構築の全工程まとめ【2019年最新版】

WEBサイト構築は、戦略立案から運用まで、いくつかの工程から成り立っています。
そして、WEBサイトを立ち上げたい、リニューアルしたい、売り上げを伸ばしたい、など様々なニーズがありますが、WEBサイトを構築するための全工程をしっかり把握してから構築を行なっている企業は、どれくらいあるでしょうか。
外注先へ丸投げするのではなく、WEBサイトの企画、マーケティングから、開発、運用に至るまで、全ての流れを理解した上で課題解決に向けて企画を行いましょう
ここでは、WEBサイト構築に関する全工程最新のポイントを交えながら説明します。

1. WEBサイト構築とは

WEBサイト構築とは、企業のコーポレートサイトや、サービスサイトなどを新規構築、リニューアルを行うことを言います。単なるWEBサイト制作にとどまらず、WEBサイト構築の目的を設定して、ゴールを目指すところまでを含めることが、サイト構築そのものの考え方になっています。

2. WEBサイト構築の全工程

サイト構築を行う際の事前準備になるRFPのチェックポイントと、全工程の説明をします。

✔︎オリエンに向けてRFP(提案依頼書)を準備しておく
サイト構築を行うにあたり、構築に入る前の準備として最も大事なことは、サイト構築の目的を明確にして明文化することです。「なぜ、このサイトを構築するのか?」という理由がはっきりして誰でもわかるように伝えられないと、どんなに素晴らしいサイトを構築しても、誰に向けたものなのか分からず、結果的に運用ができないというサイトになってしまいます。 RFP作成にあたり、6つのチェックポイントを確認してください。
✔︎開発プロジェクト名を共有できているか。
プロジェクト名は必ず記載していることを確認してください。見積書や発注書、契約書等で使われることになります。
✔︎必要な項目が含まれているか
システムの全体を把握するために、「構築の目的」「成果」「予算」「スケジュール」「目標(ゴール)」が記載されているか確認してください。
✔︎システム開発会社の役割、期待することは明示してあるか
発注企業と開発会社の役割分担を明確にするため、開発会社へ期待していることを明確に明示しているか確認してください。
✔︎プロジェクトに関わる体制は明確になっているか
開発会社側に向き合ってフォローをする発注者側の各担当者が明確になっているか確認して下さい。
✔︎検討事項、判断に至っていない内容がリストアップされているか
意外に後から問題になるのが、この曖昧で決まっていない部分になります。まだ決まっていないこと、迷っていること、検討中のことなど、決まっていない部分をリストアップして伝えておくことが大事です。
✔︎新しい情報提供がなされているか
参考文献、自社サービスにまつわるその他、発注者でないと分からない業界情報なども、無駄ではないのでなるべく盛り込んで入れるようにしましょう。また、競合の情報なども入れておくと、サイトデザインを行うときなど、マーケティング調査で役に立ちます。

以下、構築に向けたプロセスになります。

① オリエンテーション
サイト構築の目的や、事業内容、目指す目標などを打ち合わせします。事前にRFPを取りまとめておくと、スムーズにオリエンテーションを進めることができます。オリエンテーションを通して、情報を整理して、どのような方向性でサイト構築を行うのが良いかを検討します。
② 企画、立案、見積もり提示
オリエンテーションした内容をもとに、ターゲットユーザの選定、企画立案、サイト構成、コンテンツ概要等を策定して、提案書を作成します。サイト構築の見積書と合わせて提案書が提示されます。
③ 契約
提案内容、見積書検討後、発注へ進みます。その際は、契約書等を書面にて締結し、制作の工程へ入ります。
④ サイト設計
まずは、サイト設計を行います。これは、サーバ・ネットワークのインフラ設計から、サイトの制作になるソフト部分を合わせて全体を通した設計を行います。ソフト部分に関しては、サイトマップからワイヤーフレームを作成し確認を取ります。そして、サイト構成の最終確認を行います。
⑤ 構築
サイト構成とワイヤーフレームをもとに、サイト全体のデザイン、コーディング、システム開発を行います。途中、デザイン確認をしながら進めていきます。開発が完了するまでに、サーバ・ネットワーク構築を行い、リリースができるように準備を進めます。
⑥ テスト
クローズドのネットワークにてサイト全体の表示確認、動作確認等を行います。不具合や表示が崩れる、画面遷移が正常でないなど問題がある箇所の修正を行います。
⑦ 納品、リリース
動作確認後、問題がなければリリースを行います。
⑧ 保守、運用
リリース後は、システムエラーや不具合など含めてトラブルがあった際は迅速な対応が必要です。

3. サイト構築の費用相場

ここでは、サイト構築の費用相場についていくつかパターンをご紹介します。あくまでも新規のWEB制作・システム構築イニシャル開発での費用相場になります。保守、運用やSEO、キャッチコピーやテキストライティングは含まれております。

✔︎小規模の店舗サイト

一般消費者がターゲットの小規模店舗サイトになります。一般消費者向けということで、スマートフォンで表示が崩れないというのがマストになります。いわゆるレスポンシブ対応ができているということが条件になります。
おおよそ5ページ程度のサイトですが、ブログの更新機能が入ります。
構築費用相場:50〜100万円程度

✔︎小規模の企業サイト

一般的な小規模の企業紹介サイトになります。20ページ程度のサイトで、更新はニュース・ブログページになります。サイトで使用する写真などは、撮り下ろしを行います。
構築費用相場:100〜200万円程度

✔︎中規模の企業サイト

中規模以上の企業紹介サイトになります。企業が取り扱う商品やサービスなどの紹介を含めると、100〜200ページになり、中でもページ編集ができる部分もあります。 構築費用相場:200〜400万円程度

◆チェックポイント

  • 費用相場は、あくまでも参考程度で確認をしてください。規模や仕様によって金額は異なります。
  • 開発会社からもらう見積書には、内訳項目を記載してもらい、その項目単位で見積もり算出をしてもらうように してください。
  • 費用だけで発注先を決めないことです。安いというだけで決めるのが最も危険ですが、しっかりと数社の見積もりと提案内容で見定めるようにしましょう。

4. まとめ

WEBサイト構築の工程に関する内容を説明してきました。サイト構築は、規模に限らずとてもコストのかかる作業になりますし、また企業の収益に大きく関わるものになります。そういったことも踏まえて、やるべきことをしっかりと明示し、プロジェクトに関わるメンバーが迷わないようにすることは、発注担当者の仕事とも言えます。
システム構築と聞くと、専門的なことはよく分からないし。ということで、外注先へ丸投げをしてしまうケースをよく見かけますが、丸投げして成功したというのはほとんど聞いたことがありません。
細かい専門用語までを全て分かる必要はなく、作業の流れとその前後で発注者として何をしなければいけないのか、明確な指示を外注先へ出すことができているか。そういった要所要所での確認が必要なのです。
サイト構築における明確な目的とゴール、そしてまだ決まっていないことのリストアップをしっかり行って、サイト構築をしてよかったと社内外から言われるプロジェクトになるように再度、見直しを行いましょう。

ホームページ制作でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

ホームページ制作の関連記事

株式会社キャスティードについて

キャスティード!はじめまして。株式会社キャスティードと申します。当記事をご覧いただきありがとうございます。これからどんどんお客様に役立つ記事を掲載してまいりますので、よろしくお願いいたします!

【オフィシャルサイト作成】ミニクラブのサイト作成

相談内容 ミニクラブの経営にとってレベルの高い女性スタッフの獲得は非常に重要です。求職者が求人媒体を見た後に確認できるお店のサイトを作り、応募数を増やしたいとのご相談をいただきました。 課題 本来であれば求人に特化したサイト...

OOHって?昔はただの看板。今は見ている人を見られるメディア。

OOH(Out of home:アウト・オブ・ホーム)というのはOOH広告、OOHメディア。 直訳すると「家の外」という意味になり、「家の外にある広告」の総称。 このアウト・オブ・ホームメディアには、建設中のビルの仮囲い、街...

2020年、意匠法改正で変革が起きるWEBデザイン業界

WEBサイトづくりの中で、見渡せば同じようなデザインと構成のWEBサイトだらけ。ということはこれまでに1度はあるのではないでしょうか。2020年に向けて、WEBサイトのデザインを保護するための意匠法改正が決まりました。 ...

自動車内装部品メーカーのサイト制作

・サイト企画/構成 ・サイト全体のクリエイティブの管理および各ページデザイン制作 ・コーディングおよびサイト構築および公開作業   以上担当しました。

ホームページ制作に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。