BUSINESS TIPSビジネスに役立つ情報がきっと見つかる

  • WEBデザイン・制作
  • ホームページ制作

【発注担当なら知っておきたい!】制作会社を検討〜発注するまでの流れとポイント

目次

人事異動、部署の新設、採用の準備やイベント参加など、会社の制作物が必要になり、突然発注担当をすることになる可能性は大いにあり得ます。 実際、リカイゼンを使う発注担当の方には、新たに着任して発注を任されたり上長の異動により引き継がれたという声も多いです。 そこで今回は、初めて発注担当になった方に向けて、特に「仕事の依頼」に関する発注ではどのような業務を行うのかを理解するための知識をまとめていきます。

そもそも受注・発注とは

「名刺の印刷発注をお願い!」「〇〇株式会社から案件を受注しました!」 など、企業では「受注・発注」という言葉はよく耳にする言葉だと思います。 そもそも「受注・発注」とはどのような意味なのでしょうか。 コトバンクによると、“受注とは、品物や仕事の注文を受けること。 発注とは注文を出すことで、品物や仕事の依頼をすること。”を指しているそうです。 (出典:コトバンク

発注で行う具体的な業務の流れとは?

では、「仕事の発注」とは具体的にどのような業務があるのでしょうか。 一般的には、このような流れで業務を進めていきます。

1、依頼内容の確認

例)WEBサイトの制作の場合 社内にてどのようなWEBサイトを制作したいのか、何を目的に使用するのか、どのようなデザインをイメージしているのか、必要な機能、納期、予算などについて要望をまとめておきます。
この後のフローに進む際に、概要を把握していることで、発注先とのコミュニケーションが円滑になり、社内で確認したりする工数も抑えられるのでスムーズな進行ができるでしょう。

2、発注先の調査

発注先の候補としてどんな企業があるのかを調べます。自社と付き合いのある企業や、ネットで検索して発見した企業、ポータルサイトに掲載されている企業など様々な方法で候補をピックアップしていきます。
WEBサイトの発注先の場合は、HPに制作実績や事業内容、クリエイターなどの情報を載せていることが多いです。各企業のHPなどを見て情報収集し、何社か候補の企業を選定していきましょう。

3、企業への問い合わせ

おおよそ自分なりに発注先候補の企業に当たりをつけたら、各社に今回の制作内容について問い合わせをしていきます。 初めての企業の場合は、電話やメール、HPのフォームなどから連絡を取るケースが多いです。
その際、依頼内容について概要を伝え、その企業が対応できるか否かを確認することが重要です。特に納期や予算などは齟齬があると今後の進行や見積もり額に大きく響くた め、決まっている場合にはしっかりと伝えることがポイントです。

4、ヒアリング打ち合わせの実施

初回問い合わせのやり取りのタイミングで、制作会社側から打ち合わせを提案されるかと思いますので、その場合はどちらかのオフィスなどで打ち合わせの調整をしましょう。
直接顔を合わせることで、制作についてより具体的な相談をしたり、プロの方からヒアリングを受けたりすることで、制作の方向性や要件や定まっていきます。 時間が限られている場合でも、できる限り発注前に実施することがおすすめです。
打ち合わせ当日は、できれば社内での決定権を持つ方や上長、WEBサイトの場合は実際に運用を行うWEB担当などに同席してもらうと良いでしょう。 ヒアリングを受けながらその場で確認や了承を得るなど、認識のすり合わせが可能です。 制作会社側は、ここでヒアリングした情報をもとに要件をまとめ、見積もりの作成を行います。

5、提案内容の検討

問い合わせをした制作会社から受け取った提案書や見積もりの検討を行います。 複数社に問い合わせた場合は、見積もり額の妥当性や、実績資料・提案書からどの会社が自社の依頼したい要件に合った実現が可能か、またコミュニケーションの取りやすさなど総合的に判断することが重要です。
ただし、最終的な判断を行うのは、発注担当の方ではなくおそらく上長になることが多いと思います。
そのため、まず自分なりに見当をつけたら、手元にある資料や把握している情報など根拠となる要素をまとめて上長への確認を取ると良いでしょう。

6、発注先確定

社内で承認が取れたら、正式に発注の旨を制作会社に伝えます。 契約書や規約などの書面の記入など必要な手続きを確認し、対応していきます。 依頼内容によっても流れは変わりますが、この際の書面の確認はお互いに慎重に進めていきましょう。

7、制作進行開始

正式な発注が完了したら、いよいよ制作進行に向けて準備を進めていきます。 改めて制作会社と打ち合わせを行い、具体的な制作スケジュールの策定や関わるメンバーとの顔合わせ、WEBサイトの仕様の確認などを行います。
このような段階を得て、ようやく制作進行がスタートとなるのです。

最後にまとめ

ここまで発注の流れを紹介しましたが、かなり多くの検討事項や社内外との情報共有が必要だと感じたと思います。 情報収集に時間がかかったり、専門知識に詳しくない場合どのように検討したらいいのか分からなかったりなどの壁に突き当たると、結局どこかで妥協してしまったり、安さだけで決めてしまったという経験もあるかもしれません。
けれど、自分が発注担当になり、予算をかけ、多くの人との協力を得るからには良いものを作りたいですよね。 制作をスムーズに進め、納得の行く発注を実現するためには、実際に手を動かす制作会社との相性が大切です。自社との相性を見極めるためには新たな発注先に関するアンテナを張り、理解を深めていきましょう。

ホームページ制作でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

ホームページ制作の関連記事

売り手市場の中で選ばれる「採用サイト」を作るメリットと制作依頼のポイント

目次 はじめに 各サイトの役割と特徴 「求人媒体」と「自社採用サイト」の違い 「企業サイト」と「採用サイト」の違い 自社採用サイトを使うメリット 採用サイトを制作するなら 外注する際準備しておくべき2つのポイント 制作会社が求めること 制作費はどれくらい? 制作費用を抑えるコツ まとめ 採用サイト制作でお困りではありませんか? 一括見積依頼や案件のご相談、発注先探しならリカイゼンへ! 無料で相談する リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォームです。 より詳細はこちら はじめに 2020年卒向けの採用情報が解禁され、各企業の採用活動もいよいよ本格化!2019年卒に続き、2020年卒も引き続き学生の売り手市場が続くと予想されている中、企業は様々な対策を実践しています。大学生を対象としたアンケート(株式会社ディスコ キャリタスリサーチ調べ(https://www.disc.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/08/hp2019.pdf)によると、志望企業について調べる上で有益だった情報源として、「個別企業のホームページ」が最も多く、6割近くにのぼりました(57.2%)。知りたいことを、知りたい時にアクセスして簡単に必要な情報を得ることができる企業ホームページが、学生が企業研究をする上で重要な情報源として活用されていることになります。ここでは、「自社採用サイト」の重要性を押さえたうえで、その準備方法についてご紹介します。 各サイトの役割と特徴 企業の情報を世の中に広く知らしめるために、様々なメディアを利用したり、サイトを作ったりしています。それぞれがもつ役割や適した利用方法を正しく理解することが重要です 「求人媒体」と「自社採用サイト」の違い より多くの学生にアピールするためにも、1社のみならず複数社の求人媒体を利用している企業が多いのではないでしょうか。ここでは、「求人媒体」と「自社採用サイト」の違いについて説明します。 まず「求人媒体」は、何より求職者に対してリーチを確保できることが最大のメリットとなります。特に中堅・中小企業や、スタートアップのベンチャーは求職者から企業名を検索してもらえることが少ないので、媒体で認知を獲得することが重要となるでしょう。ただし、媒体でリーチを獲得できると、より詳細な情報や会社の雰囲気などは、決められたフォーマットの媒体だけでは表現しきれないので、より表現力を加えることのできる「自社採用サイト」がとても重要になってきます。 「企業サイト」と「採用サイト」の違い また、「企業サイト」と「採用サイト」でも違いがみられます。企業サイトは顧客や株主など様々なステークホルダーに向けて情報を伝えるために作られている事が多いと考えられます。企業サイトで公開している情報は求職者への情報としては、目的が異なるため、社内の雰囲気や仕事内容などを伝えることを考えると企業サイトとは違った、独立したサイトを持つことをお勧めします。 自社採用サイトを使うメリット 求職者に対して客観的に自社概要、求める条件を提示できるので自社自体に興味がある方だけではなく、近しい条件で検索してきた求人媒体ユーザーに直接リクルーティングできる点が圧倒的なメリットです。より会社への理解度を深めることを可能とし、会社とマッチした人材の応募が見込めるでしょう。前もって必要な情報を正しく伝えられる採用サイトがあれば、内定後の辞退・入社後のギャップによる退職を防ぐことにも繋がると考えられます。 採用サイトを制作するなら 採用サイトはWeb制作会社に依頼するのが一般的です。制作会社によって、制作方法や金額も大きく変わってくるおそれがありますのでまずは比較検討することが必要となるでしょう。自社にあった制作会社を見つけるのは至難の業ですが、リカイゼンのような見積もり比較サイトを使って、対応可能な複数の制作会社にまとめて相談することもできます。 外注する際準備しておくべき2つのポイント POINT1:課題分析 はじめに、「求人媒体」や「企業サイト」では実現できないことや、課題など、採用サイトが必要な理由を明確にする必要があります。 POINT2:採用したい人物像の明確化 自社の魅力を最大限に伝えるためのコンセプトの決定に伴い、採用したい人物像の明確化も必要になるでしょう。採用活動の目的は、求人応募数を増やすことではありません。必要とする人材を採用することです。採用面接など、採用フローを行うことも人的コストがかかります。むやみやたらに応募数を増やすことを考えるのではなく、求める人材からのエントリーがあるように準備しなければいけません。宛名のない手紙は誰にも届かないという言葉もある通り、「新卒就活生に向けて」、「求職者に向けて」などでは求める人材はやってきません。会社の知名度に自信がない場合は特にここを具体的にする必要があります。 制作会社が求めること 外注先の制作会社が制作にあたって知りたいことも、サイトのターゲットや目的です。どんな人材に興味を持ってもらえるようなサイトにするかということは外注先の企業では判断がつかないからです。また、実際に外注先との打ち合わせが始まってから、発注側の会社との意思のすり合わせをしていては時間ばかりがかかってしまい、進行は遅れ、納品も遅れる可能性があります。だからこそ、外注先を探す前に発注側は会社としての方針・考え方を統一しておくということも重要なミッションです。 制作費はどれくらい? 採用サイトでは社員紹介など取材を必要とするコンテンツの作成が必要となるため、Webの場合は最低でもページ数×10万円の見込みが必要です。それに加え、近年ではスマートフォンによる閲覧数も多いので、スマートフォン対応となるとその金額の1.5倍の金額を予測する必要があります。 制作費用を抑えるコツ 1,まずは制作に要する工数の種類と基準を知ることです。 企画、要件定義、サイト設計、制作開発(デザイン・コーディング・開発)、どのCMSを使うのか、そもそも使わないのか、リリース後の運用・更新の有無、効果測定、プロモーション・マーケティングの実施可能性など。 2,サイトに掲載するコンテンツ(画像や文言)を自社で用意しておくことも費用を抑えるコツです。 3,そして大事なことが自社のキーマンを同席させること。制作でよくあるシーンとして、担当と制作会社だけで進行してある程度形になってキーマンに見せて「こんなはずじゃなかった。」とボツになって1からやり直し、となることです。制作会社はそういう経験が必ずあるので、修正の工数を考慮してコストを上乗せしたりします。まずは基準を知るためにも、ビジネスマッチングサイトで複数社と会って見積取得をすることをオススメします。 まとめ 求人媒体と採用サイトを上手く利用することにより、「媒体を通じて興味を持つ → 自社採用サイトでより会社の理解を深める → より良い人材に応募してもらえる」というプロセスが構築されます。しかし、採用サイトの必要性を理解したとはいえ、「どこに委託すべきか」「予算に限りがある」などで悩まれる会社も多いでしょう。リカイゼンでは、あなたの会社のご要望にお応えできる制作会社の提案をさせていただきます。お気軽に下記のフォームからお問い合わせください。

コーポレートサイト制作の費用相場、発注に関する注意点まとめ

目次 1.コーポレートサイトの見積り依頼 2.コーポレートサイト制作の目的 コーポレートサイトが担う役割について オリジナルコンテンツの重要性 3.コーポレートサイトの費用相場 4.発注に関するポイント 5.まとめ コーポレートサイト制作の一括見積依頼や案件のご相談、発注先探しならリカイゼンへ! 無料で相談する リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォームです。 より詳細はこちら 1.コーポレートサイトの見積り依頼 企業の顔であるコーポレートサイトは、ほとんどの企業で持っています。それは、事業を行う上でも人材の採用をする上でも、コーポレートサイトは最低限確認されるものだからです。 新規にコーポレートサイトを作成したいとなった場合、最近では低価格で簡単にサイトが作れるツールなども普及していることから、とりあえず済ませてしまう企業も少なくありません。しかし、何となく安いツールで作ったものは、見る人も気づきチープな印象を受ける可能性が高いです。 しかし、始めてコーポレートサイトを制作する場合、制作会社への見積り依頼の仕方、見積り比較、また費用の相場などがよくわからず、結果的に安価で出来る範囲で作ってしまうと手段に出る企業もあるのではないでしょうか。 そこで、制作会社へ見積り依頼を出す際には、コーポレートサイトが持つ役割をはじめ、見積り依頼の仕方、比較、発注の仕方まで理解しておくことで、効果的なサイトを作ることができるでしょう。 ここでは、コーポレートサイト制作のためのノウハウを紹介します。 2.コーポレートサイト制作の目的 コーポレートサイトが担う役割について コーポレートサイトは、企業の顔となるWEBサイトになります。当然、「おしゃれに見られたい」「カッコよく見せたい」など、サイト担当者は思うかもしれませんが、それ以上に重要な役割があります。 コーポレートサイトで紹介する内容は、企業の理念や会社情報、IR情報、社長メッセージ、採用情報など、ビジネス上とても重要な情報を企業の顔として公開することになります。この場合、もちろんおしゃれに見られるのは良いことですが、「信頼感」「安心感」を持ってもらう方が重要ではないでしょうか。 また、WEBサイトの来訪者は、パソコンからだけではなくスマートフォンから来訪する人も考えられるため、パソコンだけの表示ではなくスマートフォンでもデザインが崩れることなく見られることが必要です。 オリジナルコンテンツの重要性 基本的なコーポレートサイトは、必須で必要な会社の基本情報のみを掲載している企業がほとんどです。 しかし、せっかくコーポレートサイトへ来訪してくれているわけですから、会社の強みや魅力を伝えられるようなコンテンツを用意するのも一つの手ではないでしょうか。 コンテンツ例として「社員紹介」や「事業実績」、「オリジナル記事」「スタッフブログ」などがあります。例えば、社員紹介はプロのカメラマンを入れて撮り下ろしする方法があります。さらに、社員1名ではなく複数名や全社員を掲載する場合は、撮影ロケーションを考え、社員紹介デザインのトーンが揃うような撮影をプロのカメラマンにしてもらうことで、オリジナル性や洗練さが出るでしょう。「事業実績」では、事業で取引のあるクライアントへも掲載有無の確認を行い、クライアントロゴを実績とともに掲載することで、始めて訪れるビジネス取引希望の人にとってはわかりやすいものになります。 「オリジナル記事」は、例えば社内研修や旅行などをオリジナルの記事コンテンツ化をしたりすることで、他社とは差別化できる一つのものになります。 また、スタッフが書くブログもオリジナル性を出すことでコンテンツの一つになります。 Googleでは、コンテンツの質を重視するアルゴリズムが組み込まれているので、オリジナルコンテンツの充実を図ることは、検索結果の上位表示に貢献することが可能となります。 3.コーポレートサイトの費用相場 コーポレートサイトは、会社の顔であるので、おしゃれなデザインやカッコいいデザインを求めてしまうことは決して間違えてはいません。しかし、それ以上に「どういった会社なのか」という基本的な紹介ページを検討し、イメージと合うようなデザインにすることをお勧めします。 もし、サイト構築にかかるコストを抑えたい場合、いくつかの方法はあるのですが特に、「WordPress」を使うことが一つの方法です。WordPressは、CMSを利用することで自社スタッフが簡単に更新作業等を行えるようになります。レシポンシブ対応と言われるスマートフォンなどの端末で、表示に対応したサイト構築ができます。 これらは、ランニングコストを極力低くできるので、その他のデザイン、コンテンツなどに制作コストとして付与することができます。 オリジナルコンテンツを充実させることは、他社と差別化を図ることはできますが、もしどのようなコンテンツを用意するべきか迷う場合は、コンテンツマーケティングを強みとしている制作会社を選んでみるのもお勧めします。 コンテンツ制作で必要な工程 1.企画立案 2.取材アポイント 3.取材 4.撮影 5.イラストの作成 6.公開 これら工程は、担当一人で行うのは厳しいので、依頼する制作会社へうまく調整してもらうことも必要です。 個別として、カメラマンやライター、イラストレーターなども制作会社へ依頼することで、出て来ることになりそうです。 制作会社を費用比較する場合は、複数社へ見積り依頼を投げることが必要です。安い・普通・高いなどのランクによって、見積りの項目内容やコストがどのように変化しているかもきちんと見ておくことが必要です。 4.発注に関するポイント 見積り比較が終わった後、発注したい制作会社が決まったら、事前に窓口となる人と面接をしておきましょう。また、リアルに会うことが厳しい場合は、スカイプやハングオーバーなどの通話アプリを使ってコミュニケーションを取ることも無駄にはなりません。 制作の発注時は、スケジュール、制作会社の体制、担当ディレクター等の確認も行い、スムーズに制作進行ができるかどうかの事前確認を怠らないようにしましょう。 特に制作の際の窓口になると考えられるディレクターとは面談を済ませておくことをお勧めします。 また、発注書、契約書、秘密保持契約書など、エビデンスとしても残る書面は必ず交わすようにしましょう。制作が進行していくうちに、確認が当初の予定よりも時間かかってしまうなども考えられます。 5.まとめ これまで、コーポレートサイト制作における役割と見積り依頼、費用相場、発注の注意点などをまとめてきました。 コーポレートサイト制作が初めての企業担当の方、リニューアルを考えている方、様々な状況がある中で、よりよいコーポレートサイトを制作したいという思いは皆が共通だと思います。 制作関しての知識が皆無、または何となくは分かるけれど詳しく内容を決められるほどの知識は持ち合わせていない。などのちょっとした悩みは、リカイゼンの無料サポートによって解決できます。 サービス開始から約10年、500社以上の制作会社を顧客として抱えているリカイゼンでは、どのような人でも完全無料で対応させていただいています。一度、気軽に相談の連絡をいただければと思います。

多言語サイトの目的と役割、構築費用、発注のまとめ

目次 1.多言語サイトとは 2.多言語サイトの役割と対応ノウハウ 3.多言語サイト構築における注意点 4.多言語サイト構築の費用相場 5.制作会社への発注ノウハウ 6.まとめ 多言語サイトの 一括見積依頼や案件のご相談、発注先探しならリカイゼンへ! 無料で相談する リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォームです。より詳細はこちら 1.多言語サイトとは 多言語サイトとは、WEBサイトを日本語対応だけではなく、あらゆる言語に対応しているサイトのことを言います。昨今のグローバル化社会に伴い、また2020年オリンピック・パラリンピック東京開催でのインバウンド需要を見越した多言語のサイト対応が、求められています。 多言語化サイトの構築は、いくつか意味合いがあり、単純にメイン言語となっている文章を、他言語へ自動変換するというものです。もう一方は、各国や地域ごとに情報をカスタマイズし表示させるというものです。 また、特定の国や地域にこだわらず、共通した企業情報、製品情報、ビジョンを発信していくためのサイトになります。 2.多言語サイトの役割と対応ノウハウ WEBサイトの多言語化対応は、海外進出を目指している企業のみならず、海外に向けたサービスを展開している企業などは、とても重要なものになってきます。オリンピックに向けて、現在訪日客は毎年増加しており、オリンピック後も大阪万博開催の決定により、更に訪日客は増えると考えられています。 そういった背景の中で、現状日本語のみしか持っていないWEBサイトの運営事業者は、多言語化対応に向けた動きが出てきています。 これから多言語サイトの対応を考えている人へ、いくつかポイントを紹介します。 多言語化することに対して、サイト内のどの部分を多言語対応にするか決める必要があります。メイン言語でのコンテンツ内容が充実しているかどうかを確認します。その理由は、メインとなるコンテンツ内容が充実していないとなると、それらを多言語化したとしても、内容の薄いものになってしまうからです。多言語化したのち、コンテンツを修正したり追加したりすると、翻訳の二度手間などが発生する可能性もあるので、コンテンツの内容は事前に確認をしておきましょう。 多言語サイトを作る場合、言語の数や何言語に対応するのか考えます。もし、対象サイト自体に特殊な言語のターゲットがない場合、まずは英語版のサイトに対応してみるのが良いでしょう。英語は世界共通語になるので、問題が起きにくいです。 3.多言語サイト構築における注意点 多言語サイトの構築で、大きくコストがかかってくるのは翻訳とサイトデザイン部分になります。 そして、翻訳に関して2つの表示パターンがあります。一つ目は、「デフォルト言語」を設定してユーザが自由に選ぶパターンのものです。もう一つは、閲覧されている地域を判別して、その地域に合う言語を表示するものです。 多言語サイトを公開するにあたり、URLをどのように分ければ良いか説明します。 多言語対応したURL少し複雑になります。まず、サブドメイン(例:en.rikaizen.com)というURLの場合、ドメインを取得済みであれば、歩きでも数分で来ていただけると思います。 一方でデメリットもあります。もし、ワードプレスを利用しているなどあると、サブドメインの管理は手間がかかります。 また、サブディレクトリにてドメイン切り替えを行うパターンがあります。これは、ドメインを触らなくても良いので、対応が簡単です。さらに、一つのドメインでまとめておくことが可能なので、SEO対策にも向いています。しかし、ユーザが迷いやすくなるデメリットがあります。 4.多言語サイト構築の費用相場 多言語サイト構築のための費用を出すために必要な項目をまとめます。 制作会社へ見積り依頼を出すために必要な項目が4つあります。 ・サイトのサービス内容、コンテンツ有無 運営しているサイトが、どのような業界に属しているのか、またコンテンツのボリュームがどれくらいあるかについて。 ・レシポンシブ対応の有無 現状がPCのみなのか、もしくはレシポンシブ対応済みなのかなど、今後の対応も含めたデバイス対応の確認 ・対応言語数と対応言語 多言語化における言語数と対応するべき言語について。こちらのボリュームによって納期やコストも大きく変わってきます。 ・そのほか(リリースの納期や開発言語などの確認) 目指しているリリースの時期などの確認。また、多言語化サイトの元々の開発言語の確認など。 そして、多言語化サイトの構築で必要な要素は3つになります。 ・メイン言語テキストの翻訳 ・多言語化されたWEBサイト構築 ・多言語WEBサイトへのアクセス方法の構築 基本的には、多言語化されたサイトを構築する場合、何言語分のサイトを目指しているかによって、構築に関する制作時間、費用が大きく変わってきます。 特に翻訳に関しては専門の翻訳会社へお願いすることが多いと思いますが、ここの翻訳部分に関しては、あまり安すぎない会社を選んだ方が良さそうです。 5.制作会社への発注ノウハウ 基本的に制作会社を決める場合は、見積り依頼にて複数社の会社へRFP(提案依頼書)を提出し、見積り取得をした方が良いでしょう。なぜなら、1社のみの見積り取得しかない場合、そこに記載されている見積り額が正しいのかどうか。というのを考える必要があります。 基本的には、3社以上から見積り取得することをオススメしています。また、見積り比較をしやすくするために、RFPの中でどのような見積り項目で出して欲しいかを明示しておくのが良さそうです。 各社から出てくる見積りの項目が同じようになっていると、比較がしやすく金額も高すぎる会社、安すぎる会社など、次へのアクションへ動きやすくなります。 見積り比較したのち、初めての会社の場合は、面談を行いましょう。もし初めて会う会社の場合、構築が始まってからのコミュニケーションの方が深くなりますので、予めどのような人材が開発に携わっているのかを見ておく必要があります。 見積り比較をして、発注したい会社とも面談が終わった後、正式に書面にて発注を行います。また重要なコンテンツなどもあると考えられますので、事前に契約書や秘密保持契約書を交わしておいた方が良いでしょう。 プロジェクトを進められるという判断が落ち着いたところで、皆さんがどのような趣向があるのかを確認しておいてください。 6.まとめ ここまで、多言語サイトの構築に関する目的や役割、見積り依頼と発注の仕方に関してまとめてきました。 多言語サイトは、これから需要が高まると考えられます。様々な企業が気づき、一気に制作依頼が業界全体へ投げかけられることで、業界的に混み合うと予定しているスケジュールに間に合わないというようなことも起こりうるのです。 多言語サイトを作る場合、やはり外国の人にもわかりやすい内容やサイトマップにする必要がありますので、どれくらいのモチベーションで海外を意識するかを明確にしておきましょう。 また、サイト構築に関して初めての方や、2回目以上だが右も左もわからないということがあれば、ビジネスマッチングのリカイゼンが、見積り依頼から発注前までを完全無料でお手伝いが可能です。システム開発の発注ノウハウによって、やるべきアクションが異なってくるので、まずは一度ご相談をお待ちしております。

【発注担当なら知っておきたい!】制作会社を検討〜発注するまでの流れとポイント

目次 そもそも受注・発注とは 発注で行う具体的な業務の流れとは? 1、依頼内容の確認 2、発注先の調査 3、企業への問い合わせ 4、ヒアリング打ち合わせの実施 5、提案内容の検討 6、発注先確定 7、制作進行開始 まとめ 人事異動、部署の新設、採用の準備やイベント参加など、会社の制作物が必要になり、突然発注担当をすることになる可能性は大いにあり得ます。 実際、リカイゼンを使う発注担当の方には、新たに着任して発注を任されたり上長の異動により引き継がれたという声も多いです。 そこで今回は、初めて発注担当になった方に向けて、特に「仕事の依頼」に関する発注ではどのような業務を行うのかを理解するための知識をまとめていきます。 そもそも受注・発注とは 「名刺の印刷発注をお願い!」「〇〇株式会社から案件を受注しました!」 など、企業では「受注・発注」という言葉はよく耳にする言葉だと思います。 そもそも「受注・発注」とはどのような意味なのでしょうか。 コトバンクによると、“受注とは、品物や仕事の注文を受けること。 発注とは注文を出すことで、品物や仕事の依頼をすること。”を指しているそうです。 (出典:コトバンク ) 発注で行う具体的な業務の流れとは? では、「仕事の発注」とは具体的にどのような業務があるのでしょうか。 一般的には、このような流れで業務を進めていきます。 1、依頼内容の確認 例)WEBサイトの制作の場合 社内にてどのようなWEBサイトを制作したいのか、何を目的に使用するのか、どのようなデザインをイメージしているのか、必要な機能、納期、予算などについて要望をまとめておきます。 この後のフローに進む際に、概要を把握していることで、発注先とのコミュニケーションが円滑になり、社内で確認したりする工数も抑えられるのでスムーズな進行ができるでしょう。 2、発注先の調査 発注先の候補としてどんな企業があるのかを調べます。自社と付き合いのある企業や、ネットで検索して発見した企業、ポータルサイトに掲載されている企業など様々な方法で候補をピックアップしていきます。 WEBサイトの発注先の場合は、HPに制作実績や事業内容、クリエイターなどの情報を載せていることが多いです。各企業のHPなどを見て情報収集し、何社か候補の企業を選定していきましょう。 3、企業への問い合わせ おおよそ自分なりに発注先候補の企業に当たりをつけたら、各社に今回の制作内容について問い合わせをしていきます。 初めての企業の場合は、電話やメール、HPのフォームなどから連絡を取るケースが多いです。 その際、依頼内容について概要を伝え、その企業が対応できるか否かを確認することが重要です。特に納期や予算などは齟齬があると今後の進行や見積もり額に大きく響くた め、決まっている場合にはしっかりと伝えることがポイントです。 4、ヒアリング打ち合わせの実施 初回問い合わせのやり取りのタイミングで、制作会社側から打ち合わせを提案されるかと思いますので、その場合はどちらかのオフィスなどで打ち合わせの調整をしましょう。 直接顔を合わせることで、制作についてより具体的な相談をしたり、プロの方からヒアリングを受けたりすることで、制作の方向性や要件や定まっていきます。 時間が限られている場合でも、できる限り発注前に実施することがおすすめです。 打ち合わせ当日は、できれば社内での決定権を持つ方や上長、WEBサイトの場合は実際に運用を行うWEB担当などに同席してもらうと良いでしょう。 ヒアリングを受けながらその場で確認や了承を得るなど、認識のすり合わせが可能です。 制作会社側は、ここでヒアリングした情報をもとに要件をまとめ、見積もりの作成を行います。 5、提案内容の検討 問い合わせをした制作会社から受け取った提案書や見積もりの検討を行います。 複数社に問い合わせた場合は、見積もり額の妥当性や、実績資料・提案書からどの会社が自社の依頼したい要件に合った実現が可能か、またコミュニケーションの取りやすさなど総合的に判断することが重要です。 ただし、最終的な判断を行うのは、発注担当の方ではなくおそらく上長になることが多いと思います。 そのため、まず自分なりに見当をつけたら、手元にある資料や把握している情報など根拠となる要素をまとめて上長への確認を取ると良いでしょう。 6、発注先確定 社内で承認が取れたら、正式に発注の旨を制作会社に伝えます。 契約書や規約などの書面の記入など必要な手続きを確認し、対応していきます。 依頼内容によっても流れは変わりますが、この際の書面の確認はお互いに慎重に進めていきましょう。 7、制作進行開始 正式な発注が完了したら、いよいよ制作進行に向けて準備を進めていきます。 改めて制作会社と打ち合わせを行い、具体的な制作スケジュールの策定や関わるメンバーとの顔合わせ、WEBサイトの仕様の確認などを行います。 このような段階を得て、ようやく制作進行がスタートとなるのです。 最後にまとめ ここまで発注の流れを紹介しましたが、かなり多くの検討事項や社内外との情報共有が必要だと感じたと思います。 情報収集に時間がかかったり、専門知識に詳しくない場合どのように検討したらいいのか分からなかったりなどの壁に突き当たると、結局どこかで妥協してしまったり、安さだけで決めてしまったという経験もあるかもしれません。 けれど、自分が発注担当になり、予算をかけ、多くの人との協力を得るからには良いものを作りたいですよね。 制作をスムーズに進め、納得の行く発注を実現するためには、実際に手を動かす制作会社との相性が大切です。自社との相性を見極めるためには新たな発注先に関するアンテナを張り、理解を深めていきましょう。

高まる採用サイトの重要性。制作費用・相場、発注ノウハウまとめ

目次 採用サイトが注目!採用力の分かれ目につながる 採用サイトを制作する意味とは 採用サイトの構築費用は千差万別 採用サイトを構築費用相場はどのくらい? 【無料〜10万円以下の相場】 【10万円〜50万円以下の相場】 【50万円〜150万円以下の相場】 【150万円以上の相場】 採用サイトで”効果が出る”外注先の選び方 ポイント1:担当者の知識や経験 ポイント2:見積りとクオリティがマッチする ポイント3:相見積りをする 【まとめ】採用サイト制作には相見積りがおすすめ 採用サイトの制作でお困りではありませんか? 一括見積依頼や案件のご相談、発注先探しならリカイゼンへ! 無料で相談する リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォームです。 より詳細はこちら 採用サイトが注目!採用力の分かれ目につながる この記事では、採用サイトの重要性や制作費用について紹介します。採用サイトは、クオリティ次第で人材の採用に大きな影響を与えます。採用サイトの相場を知りたい方や、外注先を選ぶポイントを知りたい方は、ぜひご覧ください。 採用サイトを制作する意味とは 就職活動をする学生は、多くの媒体を使って情報を収集します。採用サイトも、それらの媒体の1つです。 多くの企業は就職情報サイトに掲載をしますが、それだけでは自社の情報は埋もれてしまいます。また、自由に情報を載せられるわけではないので、自社の特色を打ち出しづらいです。 そこで効果的なのが、採用サイトです。就職活動をしている80%以上の学生が企業のホームページを参考にしながら就活をしています。自社で制作する採用サイトは、強みや欲しい人材についてコンテンツを充実させることが可能です。強みや採用したい人物像を採用サイトで打ち出すことで、自社にマッチした人材を獲得できます。 採用サイトの構築費用は千差万別 採用サイトの制作費用は、様々です。どの程度コンテンツを充実させるかによって、制作費用は大きく変わります。だからこそ、自社のニーズにマッチした制作会社を慎重に選定することが大切です。 採用サイトで効果が出る外注先を選ぶポイントは、3つあります。また、制作費用はピンきりとはいえ、相場を知ることはとても大切です。採用サイトを制作する前に知っておきたいポイントや外注先への発注ノウハウをまとめて紹介します。 採用サイトを構築費用相場はどのくらい? 採用サイトの制作費用がどの程度かかるか、ご存知でしょうか?ここでは4つの相場に分けて、サービス内容の特徴を紹介します。 【無料〜10万円以下の相場】 無料〜10万円以下で作る採用サイトは、とにかく費用を抑えたい場合です。デザインへのこだわりがない場合や、予算が取れないけど採用サイトを制作したいなら、相場は無料〜10万円以下です。 この相場で採用サイトを制作する場合、テキストや画像などの素材は発注側で用意することになります。また、決まったテンプレートを使用することが多いため、オリジナリティを出しにくい採用サイトになるでしょう。その分制作期間は短くて済みます。おおよそ1週間〜1ヶ月程度でサイトが完成することが多いです。発注先はフリーランスなどの個人で活動しているエンジニアになることが多くなります。 【10万円〜50万円以下の相場】 10万円〜50万円以下の採用サイトであれば、無料〜10万円以下のサイトよりも、オリジナリティを出すことができます。サイトのデザインや構成を比較的自由にでき、なおかつ低予算にしたい場合は、10万円〜50万円程度のサイトがおすすめです。一部はテンプレートになる可能性はあるものの、発注側の移行を踏まえたサイトづくりが可能になります。この予算感でも、テキストや画像などの素材は発注側で用意することが多いです。採用サイトのページ数は、10ページ前後で構成されることが多いので、最低限必要なコンテンツを用意できます。依頼先はフリーランスだけでなく、中小企業も対象となるでしょう。企業との取引しかできない場合は、この相場が最低料金となります。 【50万円〜150万円以下の相場】 クオリティーの高い採用サイトを制作したい場合は、50万円〜150万円以下が相場です。1ヶ月〜2ヶ月程度の製作期間が必要になります。50万円〜150万円以下の予算を確保できれば、完全にオリジナルの採用サイトが制作可能です。ページ数は15〜20枚程度なので、十分なコンテンツを用意することができます。社員へのインタビュー記事や事業紹介など企業をアピールできるコンテンツを盛り込めるため、効果の高い採用サイトが制作できるでしょう。 テキストや画像などの素材は、制作会社が用意してくれるため、発注側の負担は少なくて済みます。採用サイト用に写真を撮影することも珍しくなく、会社の雰囲気や特色をアピールできます。50万円〜150万円以下のサイトの場合は、コンテンツ制作にどの程度力を入れるかによって、大きく費用が変わるのが特徴です。この位の予算感であれば、フリーランスではなく、中小企業に発注するのが良いでしょう。 【150万円以上の相場】 150万円以上の採用サイトになると、制作期間も中長期的になります。2ヶ月〜4ヶ月、さらに長いと6ヶ月程度の時間が必要になることもあるのです。制作期間が長い分、会社全体の採用戦略から再考したり、採用コンセプトから練ったりすることもできます。採用サイトは完全オリジナルデザインで制作され、ページ数は20ページ以上のコンテンツが用意されることが多いです。もちろん、テキストや画像などの素材も制作会社が用意し、必要な物は撮影などをしてくれます。発注先は中小企業だけでなく、大手の制作会社なども視野に入れられる予算感です。採用サイトに留まらず、採用コンサルタントとして、包括的な仕事をしてくれる規模になります。「採用戦略から見直したい」「採用活動を通して、企業のブランディング戦略を再考したい」という企業は、150万円以上の予算を確保すれば、金額に見合った依頼先が見つかるはずです。 採用サイトで”効果が出る”外注先の選び方 ポイント1:担当者の知識や経験 外注先を選ぶ1つ目のポイントは、担当者の知識や経験です。これまで採用サイトを制作した経験があるかをチェックしましょう。制作経験があれば、ノウハウがあり相談もしやすいので、良きパートナーになってくれるはずです。 採用サイトの制作実績がある会社に依頼をしても、担当者はあまり実績がないことも…。 だからこそ、外注先を選ぶときは、実績を提出してもらうだけでなく、実際に担当者と会って話をすることで、知識や経験、力量を確かめることが大切です。 ポイント2:見積りとクオリティがマッチする 採用サイトの制作で2つ目に大切なポイントが、コストパフォーマンスです。 自社の予算にマッチしなければ、優良な外注先を見つけても依頼できません。だからこそ、まずは自社の予算を適切に設定することが大切です。十分な予算を確保せず、外注先に値切ってばかりいると良い仕事はしてもらえないでしょう。先ほど紹介した制作費用の相場を参考にしてください。 予算設定をしたら、外注先の見積りと実績を比べてみましょう。コスパが良いと感じれば、優良な外注先です。予算とクオリティが釣り合う外注先を選びましょう。 ポイント3:相見積りをする 採用サイトで効果が出る外注先を選ぶ3つ目のポイントは、相見積りをすることです。相見積りとは、複数の会社から見積りを取ることです。いくつかの会社から提案を受けることで、比較することができるので、最も良い外注先を選びやすくなります。 相見積りを取るときは、同じ条件と情報を伝えましょう。情報量が違うと正確に会社を比べることはできません。見積りは、できるだけ項目を細かく分けてもらうと、比較が容易になります。相見積りを取り、自社にマッチする外注先を選びましょう。 【まとめ】採用サイト制作には相見積りがおすすめ 採用サイトの重要性や制作費用について紹介してきました。採用サイトは、有望な人材を採用するために必要不可欠です。だからこそ、適切な外注先を選ぶことが重要になります。 そのために知識や経験を見極め、コスパの良い外注先を見つけることが大切です。相見積りをすれば、有力な外注先候補のなかから、最適な1社を選べます。最良の採用サイトを製作するために、この記事で紹介したことを活用してください!

ホームページ制作に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。