13年のマッチング実績。完全無料0円!

BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

印刷物のデザインを外注する前に「アキ」を学ぼう

PowerPointで作った原稿をそのまま印刷するのであれば、印刷会社に直接依頼すれば安く済ませることができますが、デザインから考案となるとデザイン費用が必要になります。専門のデザイン会社に外注すれば、そのクオリティの差は歴然。
デザイン会社で修業した筆者が、プロならではの洗練されたデザインに仕上げるコツをこっそり伝授します。

「アキ」を制する者はデザインを制する

知識も技術も無いDTPオペレーターの仕事を始めたばかりの頃は、とにかく「アキ」の重要性が理解できておらず、毎日のように注意されたものです。大抵の意見は「気持ち悪い」。「アキ」が分かっていないと、全体のレイアウトが崩れるため、見る人に何とも言えない違和感と不安定さを与えてしまうため、気持ち悪いという感想になってしまうようです。「アキ」を意識してレイアウトを組むことで、どんな効果が生まれるのでしょうか。

まずは「そろえる」ことから始めよう

読み手に何かを伝えたいわけですから、情報を読みやすく、分かりやすくするのは当たり前の事。チラシでも雑誌でも、紙面には大抵写真とテキスト、さらに細かく言えば、メイン画像、サブ画像や、メインコピーにリード文、本文、キャプションなど、様々な要素が並びます。それが紙に入りきっているだけで、自由奔放に並んでいると、バランスが悪く不安定で見栄えが悪く、読み手に情報がうまく伝わらない可能性が高くなります。たとえば、写真とそのキャプションの位置が揃っていないとバラバラした印象で、どの写真の説明なのかもわかりにくくなるわけです。
そろえる時に、画面上でだいたいこのあたり…などと雑な作業をしてしまうと、ミリ単位であっても違和感の残る仕上りになってしまいます。座標を指定するなど、各ソフトの機能を活用してみてください。PowerPointでも図形やテキストボックスなどの位置を揃える機能があり、InDesignやIllustratorなどのソフトでは基準となるガイドラインを設定して、それに合わせてオブジェクトを揃えるのが一般的な方法です。
デザイン的なインパクトを演出するために、あえてそろえないという表現方法もあると思いますが、よほどのデザイン性が無い限り、初心者は特に避けたほうが良いと思います。まずはそろえるという基本を押さえてからチャレンジしてみてください。

「アキ」の作り方を統一してみよう

各要素をそろえて配置することで「アキ」もそろってくるが、では実際どれぐらいの「アキ」を用意すれば、情報が整理されて見やすくなるのでしょうか。

「アキ」を全体で統一する

同じサイズの画像がいくつも並ぶカタログの場合などが分かりやすい例になるかと思います。キャプション付の画像が単調に並ぶわけですから、前半で触れた、画像とキャプションの位置を揃えるだけでは視認性がぐっと下がりがちです。写真とセットになるキャプションの「アキ」幅が同じでも、並んだ画像との「アキ」が狭い場合、どちらの画像に対してのキャプションなのか分かりにくくなります。その時は余白を作って、「アキ」を統一するとぐっと見やすく、分かりやすくなりますので、試してみてください。
ちなみに画像などの図版とキャプションの間の「アキ」は、キャプションのQ数と同等の空間が必要と言われています。たとえばキャプションが8Qの場合は、2mmの「アキ」になります。

タイトルとリード文、本文の「アキ」のつくり方を工夫する

タイトル、リード文、本文の3つの関係性は「アキ」のつくり方で大きく変わります。間に入るリード文の位置が決め手になります。もしリード文をタイトル寄りに配置し、本文との間に大きく「アキ」をつくると、タイトルを補足するような役割になりますが、逆にリード文を本文寄りに配置して、タイトルとの間に大きく「アキ」をつくると、本文の要約文のような役割になります。それぞれの要素との間につくる「アキ」によって、役割や印象を変えてしまうほどの影響力があるのです。

まとめ

印刷物のデザインを素敵に仕上げるには、まだまだ沢山のコツがあります。費用をかけずにおしゃれな印刷物を作りたいなら、こうしたデザインの基礎を学んで、取り入れながら作っていく必要があります。今回ご紹介したような「アキ」を揃える統一する作り方を工夫するだけでも、ぐっと洗練されたデザインに仕上がるはずです。外部向けの印刷物だけでなく、身近なところでは企画書などの社内資料でもこの手法は有効です。さらに高度な知識や技術が必要という時には、デザイン費用が追加されますが、デザイナーに依頼するのも一つの手です。つくりたい印刷物の内容やレベル感に合わせて、選んでみてください。

システム開発でお困りではありませんか?

\あなたにぴったりの発注先企業無料でご紹介します!/

リカイゼンはあなたの条件にぴったりの発注先企業をご紹介いたします。

貴社の悩みやご要望を細かくヒアリングし、あなたの条件にぴったりの会社をご紹介いたします!
サービスについてより詳しくはこちら→リカイゼンとは?

リカイゼンは、仕事の発注先探し、新規顧客の開拓など、
ビジネスパートナー探しに役立つ、ビジネスマッチングのプラットフォームです。

DTPの関連記事

アドビシステムのサブスクリプション型モデルへの完全移行の理由

デザイン業界、広告業界、IT業界に携わる人で、アドビシステムを知らない人は恐らく多くはないでしょう。フォトショップを始め、イラストレーター、インデザインなど和多くの画像、映像の加工・編集ソフトを手掛けるアドビシステム。以前は...

デザイン会社に外注するときに押さえておきたいポイント

デザイン会社というのは、デザイン制作全般を専門に請け負う会社を指します。 会社や個人、広告代理店などからデザイン制作の依頼を受け、アイディアの提案から制作物の納品まで行うのが仕事です。 ここではそんなデザイン会社...

売上を変えるメニューデザインの作り方と外注費用

飲食店においてメニューデザインの重要性がどれほど高いかは、もはや言うまでもないでしょう。 効果的なメニューがあれば、同じ料理でも注文数が伸びる事例も実際にあります。 魅力あるメニューデザインを実現するための外注の...

DTPを発注する場合の会社選びのポイントとかかる費用相場

デザインにはグラフィック媒体とデータ媒体とがあり、制作においてはそれぞれポイントが異なります。 印刷物を作成するのが目的ならば、DTPのスキルを持つデザイン会社に発注すると良いでしょう。 DTPとは何か、どのようなこ...

納得のカタログ作成をしてもらうために考えたいこと

カタログを自社で作らずに、専門の業者にお願いして作成してもらうことができます。 自社内で作成をし、コストを削減するという方法もあります。 しかし専門の業者にお願いすることで、クオリティの高いカタログを手に入れられ...

DTPに関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す



完全無料ご相談はこちらから!

発注先探しのご依頼のほか、
ご質問・ご相談などもお気軽に
お問い合わせください。

お電話でのご相談

03-6427-5422 受付時間:平日10:00〜18:30

WEBでのご相談申し込み

WEBお申し込み後、即日または翌営業日に
サポートデスクからご連絡をさせていただきます。

ご利用の流れ
必須お名前
必須メールアドレス
任意電話番号
任意依頼内容・希望
利用規約及び、個人情報保護方針にご同意のうえ、送信ください。

申し込み完了後、サポートデスクから
お電話またはメールにてご連絡させていただきます。

本サイトは、reCAPTCHAとGoogleにより保護されています。(プライバシーポリシー利用規約)
13年のマッチング実績。完全無料0円!