BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

【Excelマクロ(エクセルマクロ)・VBAの開発】外注相場/外注のポイント

目次

【Excelマクロ(エクセルマクロ)・VBAの開発】外注相場/外注のポイント

1.エクセルマクロとは

エクセルマクロは、コンピュータ上の複数の操作を記録して自動的に実行することが出来る機能のことを言い、マイクロソフト製品に標準搭載されています。特にエクセル上においては、マクロの「記録させる」機能によって複数の手順を記録することができ、記録したマクロはボタン一つで実行することができます。マクロで記録すると、全ての手順がVBAで記録され、記録後にVBAの編集でプログラムを修正、更新することが出来るようになっています。
そこで、エクセルマクロとVBAの違いについて説明しておきます。VBAは、Visual Basic for Applicationsの略称で、オフィス製品に搭載されており、エクセルマクロを開発するためのプログラム言語のことを言います。エクセルマクロとVBAはイコールではなく、エクセルの複雑な操作を自動記録して実行できる機能がマクロで、そのマクロ内を実現しているプログラム言語がVBAになります。

もし、急ぎで今お考えのエクセルマクロ開発の費用を知りたい場合は、無料で一括見積が取得できるリカイゼンにご相談ください。(開発金額を知りたいというご要望からでもご利用いただけます)

2.エクセルマクロのシステム例と外注相場、見積り依頼

エクセルマクロ・VBAを使うことで、手作業による人的ミスの軽減を始め、手間や時間を軽減することが可能です。手軽に安価で、単純に行なっている手作業を定型化してエクセルマクロ・VBAプログラムによって自動化することで、業務効率化がはかれ、単純作業ではなくコア業務(企画や営業活動など)に集中できるようになります。では、どのようなシステムに向いているのかいくつか事例を紹介します。

顧客管理システム

名刺交換した情報を入力してエクセルに保存しているデータは、一般的に数百件から千件程度持っている場合があります。エクセルシートの上から順番にデータ入力する中で、重複するデータも存在してしまうかもしれません。単純に名刺データを入力するエクセルから、マクロとVBAを使って、重複チェックのほか、住所から地図を表示したり、顧客管理を一つ先へ持っていくための開発がエクセルマクロ・VBAでは可能です。

アンケート管理システム

アンケート回答は、エクセルへ登録しデータ化する業務が発生します。ただ、データ化しただけではアンケートを実施する意義がありません。そこで、アンケート回答内容によって回答者の傾向を判別し、マーケティングとして活用するためにマクロを組みます。単なるアンケート回答データから、マーケティングデータへ進化させることができるのもマクロ・VBAシステムの活用方法の一つです。

データクリーニングシステム

それぞれの部署や担当者で作成されたエクセルのデータは、項目の考え方がバラバラになるのは仕方ありません。様々な書式で作られたデータを、統一した書式へ作り直すことをデータクリーニングと言います。住所だと、都道府県名とそれ以降を分けている場合や分けていない場合、氏名を名字と名前で分ける場合と分けない場合、このようなデータを一括で処理を行なってクリーニングしたデータへ統一させることも、エクセルマクロ・VBAでは実現可能です。

バックオフィスシステム(見積り・納品・請求書発行)

業務の中で、バックオフィス関連の業務は最も手間と時間がかかるものであると同時に、自動化しやすく、業務効率化しやすいものでもあります。見積書、納品書、請求書の発行に関しては、一般的に必要項目

これらのシステムに関しての外注相場は、データ量等にもよりますが、数万円〜十数万円が費用相場になっています。 では、どのように外注先を決めていけば良いか説明します。ここではまず、見積り取得のやり方について紹介します。エクセルマクロは、正直個人でも作成が可能です。特に開発経験がなくても、エクセルやその周辺機能のリテラシーが高い人であれば作成できるでしょう。但し、プロへ外注するメリットとして、データ処理速度を意識してくれたり、今後の拡張を考えての開発を提案してくれることと言えます。

外注先を決める場合、まずは見積り依頼をします。見積り依頼は複数社、できれば3社以上へ依頼することをお勧めします。1社のみですと見積り比較が出来ず、その見積り金額が高いのか安いのかわかりづらいからです。同時に、その会社の得意とするところ、不得意とするところなども他会社と比較が出来ません。

複数社へ見積り依頼をする場合に必要なことは、予め実現したい要件を取りまとめておくことです。また、課題などがあれば、それも合わせて取りまとめておくと良いです。一度まとめた要件を複数社へ送ることで、同じ条件下での見積りを出してもらえること、どの会社に何を言ったか忘れてしまう懸念がなくなります。
各社より見積りが集まってきたら、比較を行います。この際、要件を出す時に欲しい見積り項目を提示しておくことで、各社の見積り項目が揃った状態で出てくるので、断然比較がしやすくなります。

見積り書の比較で注目するべきポイントとしては、見積り項目において高すぎたり、逆に安すぎたりするものがあれば、何故なのかを確認した方が良いことです。それらの比較を行うことで、各社の得意とするところ、逆に不得意なことが何なのかが分かります。また、想定よりも安い見積りの場合は、想定していた仕様に漏れがないかどうか、逆に想定よりも高い場合は、業務的に複雑化してないかどうかなど、業務効率化と合わせて業務の見直しにも効果的です。

エクセルマクロ開発の依頼したい内容が固まっている場合、リカイゼンにご相談いただければ無料で複数の開発会社様から見積り・実績集の取得が行えます。まだ企画段階の場合もご相談いただければ、実績のある会社様のご案内をさせていただきます。

3.エクセルマクロの外注先選定について

各社より見積り取得ができたら、比較を行なって外注先を選定します。外注先選定で必要なことは、決定前に必ず面談をしておくことです。実際に外注先が決まったら、要件を詰めたり開発を進めるにあたり、コミュニケーション力が問われます。依頼元の意図することを汲み取ってくれる担当者であれば問題ないですが、コミュニケーション力の問題等で思うようなシステムができなかったら、例えば数万円のシステムだったとしてももったないものになってしまいますし、業務効率化どころではありません。しっかりと窓口担当者となる人と面談を行なっておきましょう。
外注先が決まったら、契約書、発注書、秘密保持契約書など、必要書面の確認と捺印による締結を行うことを忘れないようにしましょう。
また、同時に支払いサイクルの確認不具合が起きた場合の対応保守対応など、発注のタイミングで確認をしておくことをお勧めします。

4.まとめ

エクセルマクロの外注相場、選定方法についてまとめてきました。エクセルマクロでは、大規模なシステム構築はできませんが、手軽に安価で小回りの利くシステムを作ることができるのが特徴です。エクセルで扱っても遅いと感じない程度のデータ量であること、もし今後拡張予定があるのであれば、それを考慮した上での開発を開発会社であれば行なってくれるでしょう。
外注先を探すのが初めての場合、どのように見積り依頼を出すのが良いかわからないかもしれません。そこで、ビジネスマッチング業界で10年以上の実績があるリカイゼンでは、相談から見積り依頼、比較、外注先選定までも無料で対応させていただいております。
予算まで決まっていないという状況でも、まずは相談をいただければ丁寧にアドバイスをさせていただきます。一度、リカイゼンサポートデスクまでご連絡ください。

複数の開発会社から一括で見積り・実績集の取得をしていただくと、各社様の特徴を比較検討していただけるので自社の要望にぴったりの制作会社を見つけられます!
リカイゼンでは専任スタッフがお電話で内容のヒアリング・ご案内を無料でさせていただきます。

Excelマクロ・VBAの開発
費用や依頼方法のモヤモヤを解消しよう!

ざっくり希望を書くだけで、発注サポート経験豊富な専任スタッフが、 あなたに変わって無料で見積取得を行います!
企画中の相談や金額だけが知りたい場合でもご利用いただけます。

サポートデスク

Excelマクロ・VBA開発依頼先探しなら、
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社をご紹介いたします!

かんたん3ステップ
お急ぎの方はお電話で 03-6427-5422
※サポートデスク直通番号
受付時間:平日10:00〜18:00

Excelマクロ・VBA開発依頼先探しでこんなお悩みはありませんか?

お悩み
  • 会社の選び方がわからない
  • 何社も問い合わせるのが面倒くさい
  • そもそも依頼方法がわからない
  • 予算内で対応できる会社を見つけたい

発注サポート経験豊富な専任スタッフが
あなたのご要望をお聞きし、最適な会社をご紹介いたします!
ご相談から会社のご紹介まで全て無料でご利用いただけます。
お気軽にご相談ください!

Excelマクロ・VBA開発
依頼先探しなら
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社を無料でご紹介いたします!

サポートデスク

まずはご質問・ご相談なども歓迎!
お気軽にご連絡ください。

この記事の監修
リカイゼン サポートデスク 
吉田・新町
BtoBマッチングサービスであるリカイゼンにおいて、発注企業からのご相談のヒアリング、企業選定のフォローなどを行う部門の担当です。出展企業であるシステム開発やWEB制作、クリエイティブ制作会社ともコミュニケーションを取りながら、年間数百件の受発注のサポートを行っています。

Excelマクロ・VBA開発の関連記事

【10分で分かる】AIで今後の教育はどうなる?

【10分で分かる】AIで今後の教育はどうなる?

昨今、AI技術の発展は目を見張るものがあります。 10年前はAIと聞いても「私達の生活には遠いもの」そんなイメージがあったはずです。 それがいまや、私達の生活の中で当たり前の様にAI技術は使われるようになりました。 ...

【10分で分かる】機械学習を分かりやすく解説

【10分で分かる】機械学習を分かりやすく解説

皆さんは、機械学習という言葉を聞いたことはありませんか。 現在は第三次AIブームと呼ばれ、AIによるテクノロジーの発展が非常に速いスピードで進んでいます。 そういった中で、「機械学習」はAIについて理解する上で基本的な技...

VBA開発の外注ポイント|VBAとマクロの違い・できることを解説

VBA開発の外注ポイント|VBAとマクロの違い・できることを解説

エクセルを使った定型的な業務は、誰にでも一つはあるのではないでしょうか。 見積書や請求書の作成、またデータの集計や顧客リストの管理など、なんとなくエクセルを使っている人も多いと思います。 ...

【エクセルVBA開発】外注メリット・外注先の選定方法

【エクセルVBA開発】外注メリット・外注先の選定方法

エクセルは、集計業務や定型的書類作成、顧客管理などで多くの人が使用しているのではないでしょうか。 ただ、エクセルが持つ機能を、より活かした使い方をしている人はそれほど多くないかもしれません。 実は、普段の集計業務...

【業務効率化できるエクセル開発】費用相場・外注メリットまとめ

【業務効率化できるエクセル開発】費用相場・外注メリットまとめ

日々の業務の中で、エクセルはどのように使用されているでしょうか。見積書や請求書を始め、リスト作成や表計算ソフトとしてなど、エクセルを使うシーンはあらゆる業務で発生しています。マイクロソフトオフィスに標準搭載されているソフトの...

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す