BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

ブロックチェーンとは?仮想通貨との違いは?|分かりやすく解説

目次

ブロックチェーンとは?仮想通貨との違いは?|分かりやすく解説

皆さん、一度は「ビットコイン」や「仮想通貨」といった言葉を耳にしたことはあるのではないでしょうか。

現在のコロナ禍で「ビットコイン」は更に注目を浴びており、テスラ社が大量にビットコインを購入したということでも一時期、話題になっています。

実は、「ビットコイン」や「仮想通貨」を理解するためにはブロックチェーンと呼ばれる技術を理解することが必要不可欠です。

今回はこのブロックチェーンと呼ばれる技術を皆さんに理解していただくことを一番の目的とし、それに併せて「ビットコイン」や「仮想通貨」の理解であったり、ブロックチェーンが秘める可能性について解説していきます。

ブロックチェーンに関するシステム開発企業をお探しなら
リカイゼンにお任せください!

リカイゼンではITにおける様々な問題に対してお手伝いをしております。
ブロックチェーンに関する開発企業探しや、おすすめの会社のご紹介、一括見積もり比較など完全無料でご利用いただけます。まずは気軽にお問い合わせくださいませ。

お電話でのご相談は 03-6427-5422
受付時間:平日10:00〜18:30

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンは2008年にサトシ・ナカモトがインターネット上に投稿したビットコインについて述べた論文に中核技術として世に発表されました。

意味としては、「複数のコンピューターに暗号技術を組み合わせ、データを同期して記録する手法」です。
もう少し、分かりやすくすると「誰も中央で管理していない自立した仕組み」といったところでしょうか。

ブロックチェーンが登場する以前は、中央集権型の情報管理が主流でした。
中央集権型とは、情報管理の際にデータを一箇所のデータベースに保存しているだけのシステムです。

ブロックチェーン技術の登場はこのような既存の仕組みを根本から覆す大きな出来事でした。

ブロックチェーンの特徴

では、実際にブロックチェーンはどういった特徴を持っているのでしょうか。

中央の管理者が存在せず、分散的に運用されている

先程も軽く触れましたが、ブロックチェーンの一番の特徴は、インターネットに接続している世界中のコンピューターが分散的に運用をしている点です。

ブロックチェーンは、世界で初めての非中央集権型システムなのです。

データの改ざんが難しい

ブロックチェーン登場から今日までのブロックチェーン上の取引はインターネット上にすべて記録されており、誰でも取引記録を閲覧することが出来ます。

つまり、少しでも改ざんや不正などを行うとすぐに見つかってしまうのです。

システムダウンが起こる可能性が低い

ブロックチェーンでは、仮に不正や故障などのエラーが起こったとしても、分散的に管理しているため、全体のシステムは問題なく稼働し続ける事ができます。

記録される取引が承認されるまで時間がかかる

ブロックチェーン上で、取引される場合、承認する際に一定の時間を置くような仕組みになっています。

ちなみに実店舗などでは時間がかかってしまうと利用の際に悪影響が出てしまうため、事前に決済を完了するシステムが採用されています。

仮想通貨との関係性

仮想通貨とは

そもそも仮想通貨とは、電子データで取引が行われる通貨であり、国で制定されている通貨(法定通貨)のように国家が強制力を持たず、インターネット上での取引に利用される通貨のことです。
具体的には、世界で一番最初に出来た仮想通貨であるビットコインだったり、イーサリアム、NEMなどがあります。

ブロックチェーンはそもそもビットコインの中核技術として発表されたということからも察するように仮想通貨にとっても中核技術なのです。

仮想通貨の特徴

仮想通貨には主に3つの特徴があります。

中央管理者が存在しない

上述したブロックチェーンの一番大きな特徴である、非中央集権型のシステムを仮想通貨も引き継いでいます。

既存の法定通貨のように中央銀行が信用を担保しないため、仮想通貨の価格は、「将来値段が上がるはず」という人々の期待によって成り立っています。

発行上限がある

中央銀行が管理する法定通貨は国の経済状況に応じて、発行枚数を調整することが出来ます。
一方、仮想通貨では発行上限を定めることで、通貨の価値を維持しています。

ちなみにビットコインの発行上限は2100万枚と設定されています。

換金可能

電子マネーなどは法定通貨に換金できませんが、仮想通貨ではその時点での時価で換金をすることが可能です。

企業のブロックチェーンの活用事例

ブロックチェーンは元々、ビットコインのための技術として発表されましたが、現在ではその用途は拡大し、様々な分野で応用されています。

IBM

IBMでは、医療業界全体のブロックチェーンネットワークを構築する構想を打ち出しました。目的としては、医療業界における、情報の共有、顧客管理などの非効率性について解決することです。

ブロックチェーンの具体的な利用方法については公表していませんが、医療業界全体のコストカットを大きく期待されています。

参考:日本IBM、医薬品サプライチェーンや医療データ交換などでブロックチェーン技術活用の実証実験を実施ー企業・団体と連携(日本経済新聞)

ソニー

ソニーでは、様々な交通機関を一つに統合した移動サービスであるMaaSに向けて、ブロックチェーン技術を活用したデータベースの開発が行われています。
これにより、1日700万件以上の匿名化された利用者の移動履歴、収益配分の記録、共有を可能にしました。

参考:ブロックチェーン技術を活用したMaaS共通データベース基盤を開発(SONY)

アクセンチュア

世界的なコンサルティングファームのアクセンチュアは生体認証と、ブロックチェーンを活用したデジタルIDを活用しました。
これは国連プロジェクト「ID2020」の一環として、開発され、2030年までに安全なデジタルIDの普及を目指しています。

参考:ID2020

ブロックチェーンの今後の可能性

ブロックチェーンは現在の社会構造を根本から変える可能性を秘めています。

今までの社会システムはどういったコミュニティであれ、権力という信頼が存在していました。 この権力には、国や銀行、世界的なテック企業であるGAFAも含まれています。

一概にこういったいわゆる中央集権型の構造が悪いとは言えないですが、権力があるところには必ず利権が発生してしまいます。

そういった利権が大きくなりすぎるといつか必ず人々の不満が爆発し、その権力を基盤にしたコミュニテイは崩壊します。

そしてまた民衆から新しい権力が生まれるのです。
今までの人類の歴史はこれを繰り返してきたのです。

しかしながら、ブロックチェーンはこれまで集中していた権力を個人に分散する事ができます。
ブロックチェーンの技術は皆が本当の意味で平等な社会を作ることが出来る可能性を秘めています。
いつかこういった非中央集権型社会ができるかもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は「ブロックチェーン」について解説させていただきました。
ブロックチェーンは今後の社会を大きく変える可能性がある技術なので、今後非常に注目です。

では、最後までお読み頂いてありがとうございました。

もし、ブロックチェーンに関する開発企業をお探しでしたら、ぜひリカイゼンにご相談ください。
リカイゼンではITにおける様々な問題に対してお手伝いをしております。
お気軽にお問い合わせくださいませ

DX支援開発(AI、IoT、5G)依頼先探しなら、
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社をご紹介いたします!

かんたん3ステップ
お急ぎの方はお電話で 03-6427-5422
※サポートデスク直通番号
受付時間:平日10:00〜18:30

DX支援開発(AI、IoT、5G)依頼先探しでこんなお悩みはありませんか?

お悩み
  • 会社の選び方がわからない
  • 何社も問い合わせるのが面倒くさい
  • そもそも依頼方法がわからない
  • 予算内で対応できる会社を見つけたい

発注サポート経験豊富な専任スタッフが
あなたのご要望をお聞きし、最適な会社をご紹介いたします!
ご相談から会社のご紹介まで全て無料でご利用いただけます。
お気軽にご相談ください!

DX支援開発(AI、IoT、5G)
依頼先探しなら
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社を無料でご紹介いたします!

サポートデスク

まずはご質問・ご相談なども歓迎!
お気軽にご連絡ください。

この記事の監修
リカイゼン サポートデスク 
吉田・新町
BtoBマッチングサービスであるリカイゼンにおいて、発注企業からのご相談のヒアリング、企業選定のフォローなどを行う部門の担当です。出展企業であるシステム開発やWEB制作、クリエイティブ制作会社ともコミュニケーションを取りながら、年間数百件の受発注のサポートを行っています。

DX支援開発(AI、IoT、5G)の関連記事

メタバースとは?注目されているワケやできることを解説していきます!

メタバースとは?注目されているワケやできることを解説していきます!

近年、メタバースという分野が注目を浴びていて、気になる方も多いのではないでしょうか。 この記事では、メタバースとは何か、なぜ注目されているのか、どのようなことを実現できるのかなどについて詳しく解説します。メタ...

企業におけるDXの身近な例を紹介!推進するメリットや成功に導く方法も解説

企業におけるDXの身近な例を紹介!推進するメリットや成功に導く方法も解説

DX(デジタルトランスフォーメーション)に向けた企業の対応の重要性が以前から指摘されており、多くの企業がDX化の推進に取り組んでいます。しかし、日本全国で見るとDX化が順調に進んでいるとは言い難い状況です。 ...

DX導入のメリットとは?推進されている理由や課題について解説

DX導入のメリットとは?推進されている理由や課題について解説

多くの企業でDX化が推進されるようになり、DX化の成功事例も聞くようになってきました。その一方で、自社にDXを導入することのメリットを把握できていない人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、なぜDXが国...

NFT(非代替性トークン)の問題点とは?注目を集める理由も解説します

NFT(非代替性トークン)の問題点とは?注目を集める理由も解説します

近年はデジタル資産という新しい資産の形が生まれ、注目を集めています。 デジタル資産はNFT(非代替性トークン)と呼ばれるもので、具体的にはデジタルアートやゲーム内のアイテムなどが存在します。NFTは仮想通貨に...

顔認証付き入退室管理システム|導入メリットや注意点、おすすめサービス5選まとめ

顔認証付き入退室管理システム|導入メリットや注意点、おすすめサービス5選まとめ

働き方の多様化が進み、組織のセキュリティもより高レベルな対策が必要になっているなか、入退室管理システムを導入してセキュリティを確保したいというニーズが高まっています。 以前からも、入退室管理システムは多くの組...

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す