BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

5分で分かる!モノのインターネット(IoT)の基本と活用事例

目次

5分で分かる!モノのインターネット(IoT)の基本と活用事例

IoT」というキーワードを耳にするようになって久しいです。今、世の中はテクノロジー進化が激動の中にいます。そうした時代の中で、今後は少子高齢化に伴う社会課題を一つ一つ解決していかなければいけません。人手不足の業界では、いかにして業務効率を上げられるのかが課題になります。課題解決のためにはテクノロジーを活用する他はないとも言える状況です。テクノロジーの中でもIoTは、データを上手く使い状況に合わせて知性で動かせるような期待を持てます。
そこで今回は、改めてモノのインターネットIoT)についての基本と活用事例について解説します。

1. IoTとは?

IoTとは、Internet of Thingsの頭文字を取った造語で、モノのインターネットと訳されています。IoTは、身の回りのあらゆるモノがインターネットにつながる仕組みのことを言います。これまでは、パソコンや携帯電話などがインターネットにつながっていましたが、今は照明やエアコン、お掃除ロボット、テレビなど、これまでインターネットとは無縁だった製品がインターネットにつながることによって、遠隔操作による計測、製品の制御などが可能となります。人がインターネットを通して操作することでアクセスすることができるのがIoTの特徴です。

世界中に張り巡らされたインターネットは、あらゆるモノがコミュニケーションをするための情報伝達のための送路になりつつあります。

IoTによって実現できることを、大きく3つから説明します。

① IoTでモノを操作する

IoTで離れたものを操作する、遠隔制御が可能になります。スマホやタブレットなどをリモコンの役割を担わせ、離れたものを操作できます。

② IoTでモノの状態を知る

IoTで離れたモノの状態を知る遠隔監視が可能です。モノにセンサーを付け、データ収集を行います。

③ IoTでモノ同士の対話をする

IoTで離れたモノ同士が相互通信することが可能です。

2. IoTのインターネット活用事例

この数年で、多くの産業がIoT活用に向けて動いています。ここでは、モノのインターネットの具体的な活用事例や、今後の想定できるIoT活用について紹介します。

家電におけるIoT

住宅において、「スマートホーム」という概念が大きく動かしています。照明、白物家電、掃除ロボット、見守りカメラなど、あらゆる電化製品がインターネットと繋がることで、人はスマホ一つで外出先から自宅のあらゆるモノを管理できるようになりました。日本は今後、少子高齢化社会へと入っていきます。スマートホームでは、高齢者の見守りから体調不良になるとすぐにかかりつけ病院へ連絡を入れられるなどの仕組みは、スマートホームによって実現が出来ます。

自動車分野におけるIoT

自動車とスマホが接続されることで、カーナビを利用しなくても行きたい場所までのルートを知れたり、車内で音楽を楽しむことができたりします。
また、近々始まる5Gの普及によって、自動運転の実用化が一気に進むことになります。自動運転の実用化には、まさにIoTは必要不可欠で、自動車の状況を自動的に処理サーバへ瞬時送信できることで、事故回避作動含めて、自動運転の現実味が帯びてきます。

医療分野におけるIoT

Appleのウエアラブル端末となるApple Watchの登場によって、ヘルスケア×ITの考え方が急浮上しました。ヘルステックとも言われていますが、人のバイタル情報を日々管理することで、未病対策、または大事に至る前に察知して医療機関と連携し合うなどの実現が可能になります。
人生100年時代と言われる今、健康寿命を延ばすためのヘルステックは注目分野です。

農業におけるIoT

各地域の農業は、後継者不足などにより人手不足です。日本の自給率低下を防ぐためにも、農業×ITの考え方はもっと世の中全体で考えなければいけないことなのです。農業×ITは、アグリテックとも言われており、通年通した温度管理、水や肥料を与えるタイミングなどをITによって正確に管理することができます。効率的な農業対策を急がれています。

製造分野におけるIoT

インダストリー4.0の提唱にもあるように、「スマートファクトリー」がコンセプトになっています。製造工場内のすべての機器をインターネットに接続し、一括で管理しようというものです。製品お品質、稼働状況、機械の状態などあらゆる情報の見える化によって、効率的な製造ラインを構築します。「つながる工場」の実現に向けて、製造分野では動きが活発になっています。

移動分野におけるIoT

渋滞回避なども含めて、バスや電車の運行状況を監視し、交通期間の運行状況をリアルタイムで知ることができます。移動分野においては、各企業のMaas(モビリティ・アズ・ア・サービス)への参入が目立ちます。今後、飛躍する分野と言えます。

物流分野におけるIoT

物流分野では、在庫管理から始まり、ラスト1マイルの配達に関してドローンを起用しようなど、法整備のハードルがありながら、実現可能性を模索している分野です。
より効率的な物流システムの構築には、IoTの活用は外せません。

3. IoTの将来性

IoTは、インターネット第三の波と捉えられています。2025年までに数百億個以上のものがインターネットにつながるとされており、これは私たちの生活へ大きなインパクトを与えることになります。従来のインターネットとIoTが違う点について、ゴールドマンサックスは「SENSE」フレームワークで解説しています。

Sensing(感知)

モノに付属されたセンサーによって特定情報を感知。

Efficient(効率性)

周りの環境によって、機能の効率化をはかる。操作プロセスに知性を加えること。

Networked(ネットワーク化)

モノをネットワークに接続させる。大量データを処理するために、コンピュータ処理機能をクラウドサーバ側からデバイス側のネットワークへ移す。

Specialized(特殊化)

特定業界向けに技術やプロセスがカスタマイズされる

Everywhere(場所の汎用性)

幅広い領域で活用される

この20数年でインターネットが普及したように、IoTも徐々に進化しながら浸透していると考えられています。その進化のステップを下記にて紹介します。

✔︎建築物を含めた、世界中のモノの位置が特定されることになります。
✔︎モノにセンサーが付属されることで、移動するモノの位置が特定されます。
✔︎モノはインターネットに接続されることでユーザと情報のやりとりが発生するようになると言われています。モノ自ら、自分の場所を提供できます。
✔︎モノ同士で会話し、足りないことや予め命令されていた、動かなければいけないことに対して自ら行動します。
✔︎新しい知識としてのモノは、利用できる情報をネットに伝えます。

4. まとめ

今回は、IoTに関しての基本と注目の業界ごとのIoT活用例を紹介してきましたが、いかがでしょうか。
IoTの分野は、まだまだ一歩進めたくらいの進歩です。インターネットが普及したように、ある程度の年月をかけてIoTは私たちの生活で進化を遂げていくことになります。そのためにも、基本的知識や活用例を知ることで、今後の普及予測ができるようになります。生活に密接に関わってくるテクノロジーであることは間違いないので、一つの知識として習得しておいて損はありません。

DX支援開発(AI、IoT、5G)依頼先探しなら、
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社をご紹介いたします!

かんたん3ステップ
お急ぎの方はお電話で 03-6427-5422
※サポートデスク直通番号
受付時間:平日10:00〜18:30

DX支援開発(AI、IoT、5G)依頼先探しでこんなお悩みはありませんか?

お悩み
  • 会社の選び方がわからない
  • 何社も問い合わせるのが面倒くさい
  • そもそも依頼方法がわからない
  • 予算内で対応できる会社を見つけたい

発注サポート経験豊富な専任スタッフが
あなたのご要望をお聞きし、最適な会社をご紹介いたします!
ご相談から会社のご紹介まで全て無料でご利用いただけます。
お気軽にご相談ください!

DX支援開発(AI、IoT、5G)
依頼先探しなら
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社を無料でご紹介いたします!

サポートデスク

まずはご質問・ご相談なども歓迎!
お気軽にご連絡ください。

この記事の監修
リカイゼン サポートデスク 
吉田・新町
BtoBマッチングサービスであるリカイゼンにおいて、発注企業からのご相談のヒアリング、企業選定のフォローなどを行う部門の担当です。出展企業であるシステム開発やWEB制作、クリエイティブ制作会社ともコミュニケーションを取りながら、年間数百件の受発注のサポートを行っています。

DX支援開発(AI、IoT、5G)の関連記事

メタバースとは?注目されているワケやできることを解説していきます!

メタバースとは?注目されているワケやできることを解説していきます!

近年、メタバースという分野が注目を浴びていて、気になる方も多いのではないでしょうか。 この記事では、メタバースとは何か、なぜ注目されているのか、どのようなことを実現できるのかなどについて詳しく解説します。メタ...

企業におけるDXの身近な例を紹介!推進するメリットや成功に導く方法も解説

企業におけるDXの身近な例を紹介!推進するメリットや成功に導く方法も解説

DX(デジタルトランスフォーメーション)に向けた企業の対応の重要性が以前から指摘されており、多くの企業がDX化の推進に取り組んでいます。しかし、日本全国で見るとDX化が順調に進んでいるとは言い難い状況です。 ...

DX導入のメリットとは?推進されている理由や課題について解説

DX導入のメリットとは?推進されている理由や課題について解説

多くの企業でDX化が推進されるようになり、DX化の成功事例も聞くようになってきました。その一方で、自社にDXを導入することのメリットを把握できていない人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、なぜDXが国...

NFT(非代替性トークン)の問題点とは?注目を集める理由も解説します

NFT(非代替性トークン)の問題点とは?注目を集める理由も解説します

近年はデジタル資産という新しい資産の形が生まれ、注目を集めています。 デジタル資産はNFT(非代替性トークン)と呼ばれるもので、具体的にはデジタルアートやゲーム内のアイテムなどが存在します。NFTは仮想通貨に...

顔認証付き入退室管理システム|導入メリットや注意点、おすすめサービス5選まとめ

顔認証付き入退室管理システム|導入メリットや注意点、おすすめサービス5選まとめ

働き方の多様化が進み、組織のセキュリティもより高レベルな対策が必要になっているなか、入退室管理システムを導入してセキュリティを確保したいというニーズが高まっています。 以前からも、入退室管理システムは多くの組...

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す