BUSINESS TIPSビジネスに役立つ情報がきっと見つかる

  • WEBデザイン・制作
  • ホームページ制作

高まる採用サイトの重要性。制作費用・相場、発注ノウハウまとめ

目次

採用サイトが注目!採用力の分かれ目につながる

この記事では、採用サイトの重要性や制作費用について紹介します。採用サイトは、クオリティ次第で人材の採用に大きな影響を与えます。採用サイトの相場を知りたい方や、外注先を選ぶポイントを知りたい方は、ぜひご覧ください。

採用サイトを制作する意味とは

就職活動をする学生は、多くの媒体を使って情報を収集します。採用サイトも、それらの媒体の1つです。
多くの企業は就職情報サイトに掲載をしますが、それだけでは自社の情報は埋もれてしまいます。また、自由に情報を載せられるわけではないので、自社の特色を打ち出しづらいです。
そこで効果的なのが、採用サイトです。就職活動をしている80%以上の学生が企業のホームページを参考にしながら就活をしています。自社で制作する採用サイトは、強みや欲しい人材についてコンテンツを充実させることが可能です。強みや採用したい人物像を採用サイトで打ち出すことで、自社にマッチした人材を獲得できます。

採用サイトの構築費用は千差万別

採用サイトの制作費用は、様々です。どの程度コンテンツを充実させるかによって、制作費用は大きく変わります。だからこそ、自社のニーズにマッチした制作会社を慎重に選定することが大切です。
採用サイトで効果が出る外注先を選ぶポイントは、3つあります。また、制作費用はピンきりとはいえ、相場を知ることはとても大切です。採用サイトを制作する前に知っておきたいポイントや外注先への発注ノウハウをまとめて紹介します。

採用サイトを構築費用相場はどのくらい?

採用サイトの制作費用がどの程度かかるか、ご存知でしょうか?ここでは4つの相場に分けて、サービス内容の特徴を紹介します。

【無料〜10万円以下の相場】

無料〜10万円以下で作る採用サイトは、とにかく費用を抑えたい場合です。デザインへのこだわりがない場合や、予算が取れないけど採用サイトを制作したいなら、相場は無料〜10万円以下です。
この相場で採用サイトを制作する場合、テキストや画像などの素材は発注側で用意することになります。また、決まったテンプレートを使用することが多いため、オリジナリティを出しにくい採用サイトになるでしょう。その分制作期間は短くて済みます。おおよそ1週間〜1ヶ月程度でサイトが完成することが多いです。発注先はフリーランスなどの個人で活動しているエンジニアになることが多くなります。

【10万円〜50万円以下の相場】

10万円〜50万円以下の採用サイトであれば、無料〜10万円以下のサイトよりも、オリジナリティを出すことができます。サイトのデザインや構成を比較的自由にでき、なおかつ低予算にしたい場合は、10万円〜50万円程度のサイトがおすすめです。一部はテンプレートになる可能性はあるものの、発注側の移行を踏まえたサイトづくりが可能になります。この予算感でも、テキストや画像などの素材は発注側で用意することが多いです。採用サイトのページ数は、10ページ前後で構成されることが多いので、最低限必要なコンテンツを用意できます。依頼先はフリーランスだけでなく、中小企業も対象となるでしょう。企業との取引しかできない場合は、この相場が最低料金となります。

【50万円〜150万円以下の相場】

クオリティーの高い採用サイトを制作したい場合は、50万円〜150万円以下が相場です。1ヶ月〜2ヶ月程度の製作期間が必要になります。50万円〜150万円以下の予算を確保できれば、完全にオリジナルの採用サイトが制作可能です。
ページ数は15〜20枚程度なので、十分なコンテンツを用意することができます。社員へのインタビュー記事や事業紹介など企業をアピールできるコンテンツを盛り込めるため、効果の高い採用サイトが制作できるでしょう。

テキストや画像などの素材は、制作会社が用意してくれるため、発注側の負担は少なくて済みます。採用サイト用に写真を撮影することも珍しくなく、会社の雰囲気や特色をアピールできます。50万円〜150万円以下のサイトの場合は、コンテンツ制作にどの程度力を入れるかによって、大きく費用が変わるのが特徴です。この位の予算感であれば、フリーランスではなく、中小企業に発注するのが良いでしょう。

【150万円以上の相場】

150万円以上の採用サイトになると、制作期間も中長期的になります。2ヶ月〜4ヶ月、さらに長いと6ヶ月程度の時間が必要になることもあるのです。制作期間が長い分、会社全体の採用戦略から再考したり、採用コンセプトから練ったりすることもできます。採用サイトは完全オリジナルデザインで制作され、ページ数は20ページ以上のコンテンツが用意されることが多いです。

もちろん、テキストや画像などの素材も制作会社が用意し、必要な物は撮影などをしてくれます。発注先は中小企業だけでなく、大手の制作会社なども視野に入れられる予算感です。採用サイトに留まらず、採用コンサルタントとして、包括的な仕事をしてくれる規模になります。「採用戦略から見直したい」「採用活動を通して、企業のブランディング戦略を再考したい」という企業は、150万円以上の予算を確保すれば、金額に見合った依頼先が見つかるはずです。

採用サイトで”効果が出る”外注先の選び方

ポイント1:担当者の知識や経験

外注先を選ぶ1つ目のポイントは、担当者の知識や経験です。これまで採用サイトを制作した経験があるかをチェックしましょう。制作経験があれば、ノウハウがあり相談もしやすいので、良きパートナーになってくれるはずです。
採用サイトの制作実績がある会社に依頼をしても、担当者はあまり実績がないことも…。 だからこそ、外注先を選ぶときは、実績を提出してもらうだけでなく、実際に担当者と会って話をすることで、知識や経験、力量を確かめることが大切です。

ポイント2:見積りとクオリティがマッチする

採用サイトの制作で2つ目に大切なポイントが、コストパフォーマンスです。
自社の予算にマッチしなければ、優良な外注先を見つけても依頼できません。だからこそ、まずは自社の予算を適切に設定することが大切です。十分な予算を確保せず、外注先に値切ってばかりいると良い仕事はしてもらえないでしょう。先ほど紹介した制作費用の相場を参考にしてください。
予算設定をしたら、外注先の見積りと実績を比べてみましょう。コスパが良いと感じれば、優良な外注先です。予算とクオリティが釣り合う外注先を選びましょう。

ポイント3:相見積りをする

採用サイトで効果が出る外注先を選ぶ3つ目のポイントは、相見積りをすることです。相見積りとは、複数の会社から見積りを取ることです。いくつかの会社から提案を受けることで、比較することができるので、最も良い外注先を選びやすくなります。
相見積りを取るときは、同じ条件と情報を伝えましょう。情報量が違うと正確に会社を比べることはできません。見積りは、できるだけ項目を細かく分けてもらうと、比較が容易になります。相見積りを取り、自社にマッチする外注先を選びましょう。

【まとめ】採用サイト制作には相見積りがおすすめ

採用サイトの重要性や制作費用について紹介してきました。採用サイトは、有望な人材を採用するために必要不可欠です。だからこそ、適切な外注先を選ぶことが重要になります。 そのために知識や経験を見極め、コスパの良い外注先を見つけることが大切です。相見積りをすれば、有力な外注先候補のなかから、最適な1社を選べます。最良の採用サイトを製作するために、この記事で紹介したことを活用してください!

ホームページ制作でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

ホームページ制作の関連記事

【発注担当なら知っておきたい!】制作会社を検討〜発注するまでの流れとポイント

目次 そもそも受注・発注とは 発注で行う具体的な業務の流れとは? 1、依頼内容の確認 2、発注先の調査 3、企業への問い合わせ 4、ヒアリング打ち合わせの実施 5、提案内容の検討 6、発注先確定 7、制作進行開始 まとめ 人事異動、部署の新設、採用の準備やイベント参加など、会社の制作物が必要になり、突然発注担当をすることになる可能性は大いにあり得ます。 実際、リカイゼンを使う発注担当の方には、新たに着任して発注を任されたり上長の異動により引き継がれたという声も多いです。 そこで今回は、初めて発注担当になった方に向けて、特に「仕事の依頼」に関する発注ではどのような業務を行うのかを理解するための知識をまとめていきます。 そもそも受注・発注とは 「名刺の印刷発注をお願い!」「〇〇株式会社から案件を受注しました!」 など、企業では「受注・発注」という言葉はよく耳にする言葉だと思います。 そもそも「受注・発注」とはどのような意味なのでしょうか。 コトバンクによると、“受注とは、品物や仕事の注文を受けること。 発注とは注文を出すことで、品物や仕事の依頼をすること。”を指しているそうです。 (出典:コトバンク ) 発注で行う具体的な業務の流れとは? では、「仕事の発注」とは具体的にどのような業務があるのでしょうか。 一般的には、このような流れで業務を進めていきます。 1、依頼内容の確認 例)WEBサイトの制作の場合 社内にてどのようなWEBサイトを制作したいのか、何を目的に使用するのか、どのようなデザインをイメージしているのか、必要な機能、納期、予算などについて要望をまとめておきます。 この後のフローに進む際に、概要を把握していることで、発注先とのコミュニケーションが円滑になり、社内で確認したりする工数も抑えられるのでスムーズな進行ができるでしょう。 2、発注先の調査 発注先の候補としてどんな企業があるのかを調べます。自社と付き合いのある企業や、ネットで検索して発見した企業、ポータルサイトに掲載されている企業など様々な方法で候補をピックアップしていきます。 WEBサイトの発注先の場合は、HPに制作実績や事業内容、クリエイターなどの情報を載せていることが多いです。各企業のHPなどを見て情報収集し、何社か候補の企業を選定していきましょう。 3、企業への問い合わせ おおよそ自分なりに発注先候補の企業に当たりをつけたら、各社に今回の制作内容について問い合わせをしていきます。 初めての企業の場合は、電話やメール、HPのフォームなどから連絡を取るケースが多いです。 その際、依頼内容について概要を伝え、その企業が対応できるか否かを確認することが重要です。特に納期や予算などは齟齬があると今後の進行や見積もり額に大きく響くた め、決まっている場合にはしっかりと伝えることがポイントです。 4、ヒアリング打ち合わせの実施 初回問い合わせのやり取りのタイミングで、制作会社側から打ち合わせを提案されるかと思いますので、その場合はどちらかのオフィスなどで打ち合わせの調整をしましょう。 直接顔を合わせることで、制作についてより具体的な相談をしたり、プロの方からヒアリングを受けたりすることで、制作の方向性や要件や定まっていきます。 時間が限られている場合でも、できる限り発注前に実施することがおすすめです。 打ち合わせ当日は、できれば社内での決定権を持つ方や上長、WEBサイトの場合は実際に運用を行うWEB担当などに同席してもらうと良いでしょう。 ヒアリングを受けながらその場で確認や了承を得るなど、認識のすり合わせが可能です。 制作会社側は、ここでヒアリングした情報をもとに要件をまとめ、見積もりの作成を行います。 5、提案内容の検討 問い合わせをした制作会社から受け取った提案書や見積もりの検討を行います。 複数社に問い合わせた場合は、見積もり額の妥当性や、実績資料・提案書からどの会社が自社の依頼したい要件に合った実現が可能か、またコミュニケーションの取りやすさなど総合的に判断することが重要です。 ただし、最終的な判断を行うのは、発注担当の方ではなくおそらく上長になることが多いと思います。 そのため、まず自分なりに見当をつけたら、手元にある資料や把握している情報など根拠となる要素をまとめて上長への確認を取ると良いでしょう。 6、発注先確定 社内で承認が取れたら、正式に発注の旨を制作会社に伝えます。 契約書や規約などの書面の記入など必要な手続きを確認し、対応していきます。 依頼内容によっても流れは変わりますが、この際の書面の確認はお互いに慎重に進めていきましょう。 7、制作進行開始 正式な発注が完了したら、いよいよ制作進行に向けて準備を進めていきます。 改めて制作会社と打ち合わせを行い、具体的な制作スケジュールの策定や関わるメンバーとの顔合わせ、WEBサイトの仕様の確認などを行います。 このような段階を得て、ようやく制作進行がスタートとなるのです。 最後にまとめ ここまで発注の流れを紹介しましたが、かなり多くの検討事項や社内外との情報共有が必要だと感じたと思います。 情報収集に時間がかかったり、専門知識に詳しくない場合どのように検討したらいいのか分からなかったりなどの壁に突き当たると、結局どこかで妥協してしまったり、安さだけで決めてしまったという経験もあるかもしれません。 けれど、自分が発注担当になり、予算をかけ、多くの人との協力を得るからには良いものを作りたいですよね。 制作をスムーズに進め、納得の行く発注を実現するためには、実際に手を動かす制作会社との相性が大切です。自社との相性を見極めるためには新たな発注先に関するアンテナを張り、理解を深めていきましょう。

高まる採用サイトの重要性。制作費用・相場、発注ノウハウまとめ

目次 採用サイトが注目!採用力の分かれ目につながる 採用サイトを制作する意味とは 採用サイトの構築費用は千差万別 採用サイトを構築費用相場はどのくらい? 【無料〜10万円以下の相場】 【10万円〜50万円以下の相場】 【50万円〜150万円以下の相場】 【150万円以上の相場】 採用サイトで”効果が出る”外注先の選び方 ポイント1:担当者の知識や経験 ポイント2:見積りとクオリティがマッチする ポイント3:相見積りをする 【まとめ】採用サイト制作には相見積りがおすすめ 採用サイトが注目!採用力の分かれ目につながる この記事では、採用サイトの重要性や制作費用について紹介します。採用サイトは、クオリティ次第で人材の採用に大きな影響を与えます。採用サイトの相場を知りたい方や、外注先を選ぶポイントを知りたい方は、ぜひご覧ください。 採用サイトを制作する意味とは 就職活動をする学生は、多くの媒体を使って情報を収集します。採用サイトも、それらの媒体の1つです。 多くの企業は就職情報サイトに掲載をしますが、それだけでは自社の情報は埋もれてしまいます。また、自由に情報を載せられるわけではないので、自社の特色を打ち出しづらいです。 そこで効果的なのが、採用サイトです。就職活動をしている80%以上の学生が企業のホームページを参考にしながら就活をしています。自社で制作する採用サイトは、強みや欲しい人材についてコンテンツを充実させることが可能です。強みや採用したい人物像を採用サイトで打ち出すことで、自社にマッチした人材を獲得できます。 採用サイトの構築費用は千差万別 採用サイトの制作費用は、様々です。どの程度コンテンツを充実させるかによって、制作費用は大きく変わります。だからこそ、自社のニーズにマッチした制作会社を慎重に選定することが大切です。 採用サイトで効果が出る外注先を選ぶポイントは、3つあります。また、制作費用はピンきりとはいえ、相場を知ることはとても大切です。採用サイトを制作する前に知っておきたいポイントや外注先への発注ノウハウをまとめて紹介します。 採用サイトを構築費用相場はどのくらい? 採用サイトの制作費用がどの程度かかるか、ご存知でしょうか?ここでは4つの相場に分けて、サービス内容の特徴を紹介します。 【無料〜10万円以下の相場】 無料〜10万円以下で作る採用サイトは、とにかく費用を抑えたい場合です。デザインへのこだわりがない場合や、予算が取れないけど採用サイトを制作したいなら、相場は無料〜10万円以下です。 この相場で採用サイトを制作する場合、テキストや画像などの素材は発注側で用意することになります。また、決まったテンプレートを使用することが多いため、オリジナリティを出しにくい採用サイトになるでしょう。その分制作期間は短くて済みます。おおよそ1週間〜1ヶ月程度でサイトが完成することが多いです。発注先はフリーランスなどの個人で活動しているエンジニアになることが多くなります。 【10万円〜50万円以下の相場】 10万円〜50万円以下の採用サイトであれば、無料〜10万円以下のサイトよりも、オリジナリティを出すことができます。サイトのデザインや構成を比較的自由にでき、なおかつ低予算にしたい場合は、10万円〜50万円程度のサイトがおすすめです。一部はテンプレートになる可能性はあるものの、発注側の移行を踏まえたサイトづくりが可能になります。この予算感でも、テキストや画像などの素材は発注側で用意することが多いです。採用サイトのページ数は、10ページ前後で構成されることが多いので、最低限必要なコンテンツを用意できます。依頼先はフリーランスだけでなく、中小企業も対象となるでしょう。企業との取引しかできない場合は、この相場が最低料金となります。 【50万円〜150万円以下の相場】 クオリティーの高い採用サイトを制作したい場合は、50万円〜150万円以下が相場です。1ヶ月〜2ヶ月程度の製作期間が必要になります。50万円〜150万円以下の予算を確保できれば、完全にオリジナルの採用サイトが制作可能です。ページ数は15〜20枚程度なので、十分なコンテンツを用意することができます。社員へのインタビュー記事や事業紹介など企業をアピールできるコンテンツを盛り込めるため、効果の高い採用サイトが制作できるでしょう。 テキストや画像などの素材は、制作会社が用意してくれるため、発注側の負担は少なくて済みます。採用サイト用に写真を撮影することも珍しくなく、会社の雰囲気や特色をアピールできます。50万円〜150万円以下のサイトの場合は、コンテンツ制作にどの程度力を入れるかによって、大きく費用が変わるのが特徴です。この位の予算感であれば、フリーランスではなく、中小企業に発注するのが良いでしょう。 【150万円以上の相場】 150万円以上の採用サイトになると、制作期間も中長期的になります。2ヶ月〜4ヶ月、さらに長いと6ヶ月程度の時間が必要になることもあるのです。制作期間が長い分、会社全体の採用戦略から再考したり、採用コンセプトから練ったりすることもできます。採用サイトは完全オリジナルデザインで制作され、ページ数は20ページ以上のコンテンツが用意されることが多いです。もちろん、テキストや画像などの素材も制作会社が用意し、必要な物は撮影などをしてくれます。発注先は中小企業だけでなく、大手の制作会社なども視野に入れられる予算感です。採用サイトに留まらず、採用コンサルタントとして、包括的な仕事をしてくれる規模になります。「採用戦略から見直したい」「採用活動を通して、企業のブランディング戦略を再考したい」という企業は、150万円以上の予算を確保すれば、金額に見合った依頼先が見つかるはずです。 採用サイトで”効果が出る”外注先の選び方 ポイント1:担当者の知識や経験 外注先を選ぶ1つ目のポイントは、担当者の知識や経験です。これまで採用サイトを制作した経験があるかをチェックしましょう。制作経験があれば、ノウハウがあり相談もしやすいので、良きパートナーになってくれるはずです。 採用サイトの制作実績がある会社に依頼をしても、担当者はあまり実績がないことも…。 だからこそ、外注先を選ぶときは、実績を提出してもらうだけでなく、実際に担当者と会って話をすることで、知識や経験、力量を確かめることが大切です。 ポイント2:見積りとクオリティがマッチする 採用サイトの制作で2つ目に大切なポイントが、コストパフォーマンスです。 自社の予算にマッチしなければ、優良な外注先を見つけても依頼できません。だからこそ、まずは自社の予算を適切に設定することが大切です。十分な予算を確保せず、外注先に値切ってばかりいると良い仕事はしてもらえないでしょう。先ほど紹介した制作費用の相場を参考にしてください。 予算設定をしたら、外注先の見積りと実績を比べてみましょう。コスパが良いと感じれば、優良な外注先です。予算とクオリティが釣り合う外注先を選びましょう。 ポイント3:相見積りをする 採用サイトで効果が出る外注先を選ぶ3つ目のポイントは、相見積りをすることです。相見積りとは、複数の会社から見積りを取ることです。いくつかの会社から提案を受けることで、比較することができるので、最も良い外注先を選びやすくなります。 相見積りを取るときは、同じ条件と情報を伝えましょう。情報量が違うと正確に会社を比べることはできません。見積りは、できるだけ項目を細かく分けてもらうと、比較が容易になります。相見積りを取り、自社にマッチする外注先を選びましょう。 【まとめ】採用サイト制作には相見積りがおすすめ 採用サイトの重要性や制作費用について紹介してきました。採用サイトは、有望な人材を採用するために必要不可欠です。だからこそ、適切な外注先を選ぶことが重要になります。 そのために知識や経験を見極め、コスパの良い外注先を見つけることが大切です。相見積りをすれば、有力な外注先候補のなかから、最適な1社を選べます。最良の採用サイトを製作するために、この記事で紹介したことを活用してください!

\スマホ・モバイルサイト&アプリの開発におすすめ!実績多数の制作会社14選/

パソコンではなくスマホでの情報収集が主流になったことで、PCメインで運用していた自社サイトのスマホ対応改修や、新規にスマホサイトを制作する企業がどんどん増えています。 Webサイトのみならず、スマホアプリによるサービス提供や、スマホやタブレットを活用した社内業務システムの導入など、ビジネスのあらゆる場面でモバイル化が進んでいます。 しかし、いざ開発パートナーとなる企業を探そうとすると、たくさんの制作会社の中から一体どこに相談すればよいのか…と悩んでしまう担当者の方は少なくありません。 そこでこの記事では、10年以上ビジネスマッチングサイトを運営している【Rekaizen(リカイゼン)】が、実績多数の大手制作会社さんをピックアップ! 【Rekaizen(リカイゼン)】の案件相談を活用いただくと、案件に合った提案が一度に数社から受けられるので、ご担当者さまの手間をかなり減らせます!ぜひサイトのフォームからお気軽にご相談くださいませ。 ▽ご相談はこちらから ECサイトなどモバイルのシステム制作も得意! 株式会社イー・エージェンシー <企業情報> 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-9-4 蚕糸会館4階 03-4334-9091 データ分析・活用の分野では国内トップクラスの実績を持ち、各種サポートサービスも充実させています。 また、創業時よりデータドリブンによるサイト制作を得意とし、成果を出すためのサイト改善をお約束します。 多言語サイト制作・Google アナリティクス×Webサイト制作・A/Bテスト活用によるWebサイト改善・データ活用型ウェブサイト運用・ECサイト制作・システム構築・スマホサイト制作・関西Webサイトソリューション ニッセイエブロ株式会社 <企業情報> 105-0003 東京都港区西新橋1-18-17 明産西新橋ビル6階 03-5157-1271 こんなお悩み、ありませんか ・ブランディングが大事なのは分かるが、Webサイト上のブランディング方法がわからない ・Webサイトのリニューアル後、効果が出ているのか知りたい ・CMSの選び方がわからない ・モバイル対応を行いたい ・運用コスト削減の計測を行いたい すべてのWebサイトにはメッセージが存在し、デザインがメッセージを裏打ちしています。理由のないコンセプト、デザインを提示することはありません。意外性に満ちていても、お客様の魅力や強みを訴えられる表現や方向性を模索していきたい。 私たちはそんな提案・制作を目指しています。 株式会社 テンダ <企業情報> 〒171-0021 東京都豊島区西池袋一丁目11番1号 メトロポリタンプラザビル 03-3590-4110 2001年からの公式モバイルサイトの開発実績があるテンダでは、モバイルに特化した開発だけでなくECサイト、キャンペーンサイトなどWeb開発の分野でも多くの実績を積み、モバイルだけでなく幅広い分野でのサイト開発を行っています。 株式会社ジェーエムエーシステムズ <企業情報> 〒105-0022 東京都港区海岸1-16-1 ニューピア竹芝サウスタワー18F 03-3431-7401 モバイルは、ビジネスに不可欠なデバイスになりました。「使うか使わないか」を悩む必要はありません。「いかに活用するか」が問われています。 JMASは、豊富なモバイルアプリ開発経験にもとづき、モバイルをより有効に活用するためのアプリケーションの検討から、実際の開発・運用までをトータルにサポートします。 戦略的なモバイルサイトの構築におすすめ! 株式会社アイ・エム・ジェイ <企業情報> 〒108-0073 東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル 9F <成果をもたらすデジタルマーケティング構築フロー> 企業がデジタルマーケティングを活用して、成果を最大化するには、大きく3つのステップを踏む必要があると考えます。 IMJでは各ステップごとに専門家を抱え、企業のデジタルマーケティングを成功に導く提案をします。 ・戦略立案 - 顧客を知り、戦略を立てる - ・構築・開発 - 顧客体験をつくる - ・データ基盤構築・分析 - データ活用基盤をつくる - 株式会社ピーエスシー <企業情報> 〒105-0011 東京都港区芝公園 2-2-18 オーク芝公園ビル 03-3435-1044 新規のモバイル・スマホ・タブレットサイト立ち上げから既存のサイトリニューアルまでを手がけます。 理論的なブランディング、マーケティングを取り入れながら、デザイン的に優位なモバイル・スマホ・タブレットサイトを実現します。 株式会社フランジア <企業情報> 〒101-0035 東京都千代田区神田紺屋町15番地 グランファースト神田紺屋町9F 03-6419-7633 マーケティング活動にWEBをいかに活用できるか、またエンドユーザーとの関係をどのように構築していくかに注力し、WEB戦略全体の企画立案を行います。 部分的にご支援することはもちろん、包括的なプロジェクトとして各セクションに強みを持った人材を集め、チームとして参画することで課題解決をリードします。 ・SEO・SEM 検索エンジンのアルゴリズムに則りつつ、ユーザーとのタッチポイントの最大化を図ります。 ・WEBクリエイティブ コーポレートサイト、広告ページ、バナー等、様々な仕様のクリエイティブに対応します。 株式会社ミツエーリンクス <企業情報> 〒160-6133 東京都新宿区西新宿8丁目17番1号 住友不動産新宿グランドタワー33階 03-5937-2891 <ビジネスシーンで普及が進むスマートフォンにWebサイトを最適化> 純粋にスマートフォンに特化した新規サイト構築を行なうほか、既にPCサイトや携帯サイトを運用されている場合につきましては、以下のようにそれぞれに適した手法でスマートフォン対応を行ないます。 モバイル・スマホアプリもお任せ! 株式会社ミライト情報システム <企業情報> 〒141-0031 東京都品川区西五反田2-23-2 03-5843-6208 <スマートデバイス(モバイル)向けアプリ開発> スマートフォンやiPadの普及に伴い、モバイル端末の業務利用が本格化しています。 当社は、平成23年4月にAndroidをターゲットにしたプロジェクトチームを設置し、主にコンシューマー向けのアプリ開発に取り組んできましたが、今後はこれまでに培った開発力をベースに、法人向けのWebシステム、Androidアプリの開発を推進していきます。 iPad / Androidの利点を最大限に活かすシステムの企画から開発まで、新時代のスマートデバイスソリューションをトータルでご提供してまいります。 株式会社テクノモバイル <企業情報> 〒107-0062 東京都港区南青山7-1-5 コラム南青山5F 03-6450-6040 <アプリ・Webシステム開発> テクノモバイルでのシステム開発はまずお客様のお話を伺うところからスタートいたします。開発から運用までお受けしております。 ・システム運用保守 ・システム受託開発 ・システムコンサルティング 株式会社エーエルジェイ <企業情報> 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-2-1 京王新宿321ビル9F 03-5363-6315 急速なスマートフォンの普及によって、モバイルアプリケーションがより身近になり、ご要望も多く頂いております。ALJでは、iPhone、iPad、Androidのスマートフォン開発実績をベースとしながら、フィーチャーフォンやタブレット端末などを含めたモバイルアプリーション全般で実績がございます。 デザイン性の高いサイトが得意! 株式会社LIG <企業情報> 〒111-0056 東京都台東区小島2-20-11 LIGビル 0570-015-030 創業時からの主軸事業でもあるWeb制作事業です。常に最先端のデザイン、開発技術を追いかけ、ビジネスを加速させるためのイケてるWebサイトやシステムを作り続けています。 安価&気軽に制作が可能! 株式会社ビジョン <企業情報> 〒163-1305 東京都新宿区西新宿六丁目5番1号新宿アイランドタワー5階 安価で集客力の高いWebサイトをご提供します。 ホームページ制作サービス「MORPH(モーフ)」は、集客力を目的とした手頃な価格で、オリジナルデザインかつ高機能なホームページをご提供するサービスです。 専門知識がなくても自分で更新・修正作業ができますので、更新費用は0円・スピード反映・モバイルサイト標準 など、ご商売に直結したホームページがご使用になれます。

シームレスな制作のメリット① ~グラフィックとWEBとの境界線~

ユーザー目線で心に届くアテンションの効いたWEBデザイン。ひと昔前は、ポスターやカタログなどの広告ビジュアルはグラフィックの会社、WEBはWEB専門の制作会社というように、分業して制作を行うのが一般的でした。今はどのグラフィックの会社でもWEBも出来ますというところがほとんどだと思いますが、グラフィック中心の会社にWEB制作を依頼するメリットって何でしょうか?クライアントの立場からすると、ひとつの会社にグラフィックもWEBもどちらもお願いできて手間が省けるというメリットはもちろんありますが、それ以上に広告を扱っているグラフィックの会社だからこそ実現できるWEBがあるんです。今回は、グラフィックとWEBという境界線のないシームレスな制作環境だから得られる、3つのメリットについて紹介します。メリット1)ユーザー目線に立ったWEBデザインポスターや交通広告、新聞広告、カタログなどを取り扱う広告デザインは、商品などの広告対象物の情報をいかにユーザーの心に届けるかを追求しています。どのように表現すればユーザーの心に届くのか、広告対象物のより良く伝えるポイントは?そんなことを日々考えて制作物と向き合っているグラフィックの会社だからこそ、ユーザー目線のWEBデザインが可能となるのです。メリット2)WEBの固定概念を覆すレイアウトグラフィックの会社が主導でディレクションを行なった際に、WEB会社から『普段ならこんな作り方はしない!!』という意見を良く言われます。普段グラフィックを制作している視点で、写真や枠などを斜めに振ったデザインにしたり、ちょっとしたひと手間を加えることで、ビジュアルにアテンションが付いてユーザーの目を止めることができるのです。もちろん、ピクセル設定でデザインするなどWEBならではのルールを守りながらも、決まりきった作り方をしない!WEBの世界に新しい発想を持ち込むことができるのも、グラフィック制作会社がWEBを扱うメリットのひとつだと言えます。メリット3)わかりやすい言葉でクライアントに伝えるWEBを制作する際にネックとなるのが、打ち合わせ時に専門用語が多くなるという点です。一般的なWEBにシステムが絡んできたりすると、その問題はさらに拍車がかかってしまいます。おそらくWEBを専門でされている会社なら業界的に通じる用語であったとしても、クライアントからすると頭に「?」がいっぱい!!その点、グラフィックを中心に制作している会社は、自身ももともと理解不明だった言葉なので、自分が理解する過程で咀嚼したわかりやすい言葉で伝えることができます。クライアントとのコミュニケーションが円滑になり、納得した上で制作が進んでいく点もメリットです。まとめ今では、グラフィックもWEBも制作に垣根はなくなりつつあります。広告対象物をいかにユーザーの心に届けるのかを追求している、グラフィックの会社がつくるWEBデザイン。ありきたりなレイアウトではなく、ユーザー目線のWEBをクライアントと一緒になって作ることができることが大きなメリットだと考えます。

クライアントとの距離感について② ~提案段階でのポイント~

商業デザインを提供していることからデザインにこだわりがないのがこだわり。商業デザインを生業としていることから、クライアントに対してデザインのこだわりや自分の考えを押し付けたことは一度もありません。言い方はよくないかもしれませんが「デザインにこだわりがないのがこだわり」だとも言えます。例えば、私自身は黒がいいと思ってデザインしたとして、クライアントから黄色が良いと言われたら黄色に変更します。もちろん、私が黒にしたデザイン意図はあるのですが、それはクライアントから聞かれない限り主張することもしません。そもそも、自分自身をデザイナーという肩書きで紹介することもあまり好きではないんです。面白いものを作りたい方へ他とは違った提案をいたします。「デザインにこだわりがないのがこだわり」とお伝えしましたが、クライアントの思いを引き出すことには自信があります。社長さんと直接話ができないと見えづらい部分もありますが、そのような大きな企業にある独自のスタイルやカラーに沿ってデザインをするだけなら、どの制作会社でやってもそれほど違いは生まれません。私の場合は、例えば物作りをしている会社の場合に、パン屋さんを参考にしてみたり、別カテゴリーの分野を参考にして、他とは違った提案をすることを心がけています。クライアントによって提案の仕方を大きく変えるのも特徴で、京都に会社があるのですが、問い合わせから3時間後には東京で打ち合わせを行っているフットワークの軽さがあります。また逆に、高いクリエイティブを求められているクライアントに対しては、あえて東京に行かずに変わったプレゼンの方法を採用するなど、とにかく『面白いものを作りたい』と思ってくれるクライアントと一緒にやっていきたいと思っています。

ホームページ制作に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。