BUSINESS TIPSビジネスに役立つ情報がきっと見つかる

  • モバイル・スマートフォン
  • iPhone・iPadアプリ開発

iPhoneアプリ開発依頼の費用相場、見積り依頼まとめ

スマートフォンの普及と同時に広がっているのが、スマートフォンで使えるアプリ各種です。ビジネス系からライフスタイル、ゲームに至るまで、あらゆる分野で広がっているアプリですが、それらはどのように制作されているのでしょうか。また、アプリ開発を依頼する場合、どれくらいの費用でどこへ依頼すれば良いのか、まだまだ分からないという人たちも少なくはないでしょう。

スマートフォンは、大きく分けてiPhoneとAndroidがあります。そもそもアプリを動かすためのOSが違いますので、開発方法も異なります。ここでは、iPhone端末でのアプリ開発に関する費用相場見積り依頼の仕方などをまとめて説明します。

1. アプリ開発依頼の費用相場

アプリ開発を行う場合、iPhoneとAndroidのどちらかを対象としたものにするのか、それとも両方を対象としたものにするかによって費用が変わってきます。基本的にはアプリのタイプ別で開発費用は異なってくるのですが、例えば、EC系アプリの開発相場ですと、安くても100万円〜の相場になります。ゲーム系になると300万円〜かかってくる相場感です。

2. アプリ開発の費用算出方法

基本的なシステム開発では、費用の算出方法において「人月」という単位を用いることが一般的です。アプリ開発でも同様で、人月を算出するには、人件費(作業人数)×開発期間の計算式になります。
ここで改めて開発工程の説明をしてきます。

⑴ 要件定義

どのようなジャンルのアプリ開発を行うかがわかったところで、全体の要件を整理します。全体像をつかむためにも、ワイヤーフレームを作ること場合が多いです。そうすることで画面数の把握、データの入出力がわかるのでDB設計へ移りやすく、プログラミングのボリュームも把握できます。

⑵ システム設計

作成した要件定義とワイヤーフレームをもとに、DB設計、サーバ構築設計、全体のプログラム設計を行います。ここまでがいわゆる設計フェーズになり、上流工程部分なので工数としては一番単価の高い業務になります。プロジェクトマネージャーやSEが行う作業です。

⑶ デザイン制作

ワイヤーフレームをもとにデザイナーによるデザイン制作のフェーズです。このフェーズは、デザイナーの作業期間になります。画面点数とデザイナーのスキル状況によって、制作にかかってくる期間が決まってきます。

⑷ プログラミング

画面ができたら、画面を動かしてデータの入出力を行うための処理を行うシステム開発のフェーズに入ります。プログラマーによる工程ですが、DB側の処理、機能単位でのプログラマの手分けなど、全体ボリュームと切りわけする業務を明確にして、何人かのプログラマを割り当てて開発を進めます。

⑸ システムテスト、運用テスト

基本的な単体テストは、プログラミングの工程で行ってしまいます。その後、全体の結合テストやシステム的な負荷テスト等を行い、実際のシナリオテスト等を行います。また、対応しているiOSのバージョンごとのテストも実施します。

⑹ リリース申請

iPhoneアプリの場合は、アップルストアへ申請が必要です。これは、審査が通って初めてスマートフォン上へダウンロードすることができます。一定の審査基準があり、申請から早くて1週間ほどで審査結果が戻ってきます。もし、NGだった場合は指摘された箇所を再度見直して修正を行います。このやり取りを何度か繰り返す場合もあります。申請から早くて1週間から10日、かなりの改善点が必要な場合は1ヶ月以上かかる場合もあります。

⑺ 納品

アップルの審査を通過すると、納品という形になりiPhoneからダウンロードすることができるようになります。

⑻ 運用、保守

実稼働した際、テスト時点では見つからなかった不具合やシステムエラーなどが発生する場合があります。この場合は迅速に回収を行います。

3. アプリ開発の主な機能

アプリの種類は、大きく3つに分類されます。アップルストアやグーグルプレイからダウンロードして使うアプリを「ネイティブアプリ」と言い、WEBブラウザ上で動く「WEBアプリ」、そして双方の特性を活かした「ハイブリットアプリ」になります。これらのうち、工数が一番かかるのがネイティブアプリで、デバイスごとに開発環境も言語も異なる為です。WEBアプリは、デバイスを問わず開発ができるので比較的、費用を抑える開発が可能です。

そこで、iPhoneアプリ開発を行う上での費用の算出方法について紹介します。
iPhoneは、iOSに対応したアプリ開発となります。開発を外注へ依頼する際、一つのアプリで最低でも100万円からかかってきます。また、iOSのバージョンが様々出てきているので、古いバージョンをどこまで対応するかによっても費用は異なります。

アプリも、個人情報を取得したり、すでに別サービスで保有しているデータをアプリと連携させたりというような要件が出てくると、データベースやインフラ整備を行うため、規模にもよりますが数十万円程度から、規模が大きくなると数百万円以上の費用はかかってきます。
また、個人情報を取得するということは、ログイン連携を行う必要があります。この場合、SNSでのログインとメールアドレスでのログイン方法が主流としてありますが、このような機能を搭載する際は20〜40万円の費用がかかってきます。

また、アプリの特徴として、他のツールを実装させる開発を行う場合があります。グーグルマップやFacebook、Twitterなどです。また、カメラ機能や音声、通知機能なども実装することが多いでしょう。これらを実装するための費用相場としては、10万円から20万円ほどかかると見ておいてよいでしょう。

4. 見積り依頼方法

iPhoneアプリの見積り依頼を行う場合、通常のシステム開発依頼とは別に注意するべきポイントがあります。当初はiPhoneでのアプリ開発を考えているけれど、リリース後などAndroidアプリも検討したいとなる場合があった際に、効率的なことを考えてもiPhoneアプリの開発を依頼した開発会社へ依頼する方がスムーズです。iPhoneとAndroidは、そもそもOSが違いますし、特にネイティブアプリにした場合にはiPhoneとAndroidの開発は別々で行わなければなりません。その辺りは意識しておくポイントです。

実際に、見積り依頼を行う場合は、アプリを開発する目的や背景どのような機能を搭載したいのか、またスケジュールや想定している予算感などを書き出して、開発会社へ渡します。そうすることで、開発的にどこの部分の工数がかかるのか、そして想定している期間が妥当なのかどうかというのが開発会社によって検証されます。
依頼元が思っているほど、工数がかからないという場合もありますし、想定していなかった費用がかかってしまうということもあります。
なるべく依頼元の要望を盛り込めるように、RFP(提案依頼書)はしっかりしたものを作っておいた方が良いでしょう。そして、その内容をもとに開発会社へ見積り依頼することで、各社の見積り比較がしやすくなります。

5. まとめ

ここでは、iPhoneアプリ開発を行う場合の費用相場と外注へ依頼する場合のポイントについてまとめてきました。
一言でアプリ開発と言っても、iPhoneとAndroidでは開発環境も言語も異なるということ、そして異なるために両方を対応しようとすると工数が倍近くかかってくるということが分かったのではないでしょうか。
今後もiPhoneは新しい機種が出てくるでしょうし、それに伴ってiOSもバージョンアップします。常に最新のiOS上で動くアプリとして運用していく必要がありますので、初期の開発費用とは別に運用費の方も考えておく必要がありそうです。

iPhone・iPadアプリ開発でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

iPhone・iPadアプリ開発の関連記事

iPadアプリ開発の見積もりについて徹底分析してみよう

2009年の初代iPad発売以来、4機種のiPadが展開されるようになりました。ユーザニーズに合わせて選べる各機種では、搭載するアプリ開発も活発です。そこで、ここではiPadアプリ開発に特化したノウハウを解説したいと思います。iPadの基本的知識、iPadアプリの役割、開発における見積もりの注意点、そしてオススメの開発会社も最後に紹介します。 1.iPadアプリとは まずは、iPadの基本情報から説明します。 iPadは、アップル社のタブレット端末になります。初代のiPadは2009年に発売されました。現在は、4種類のiPadが発売されており、顧客のニーズに合った機種を選べるようになっています。 iPadには、最初に20の標準アプリを搭載しています。そして、App StoreからiPadアプリをダウンロードすることができ、機能の拡張はもちろんのこと、動画を見たり、ゲームで遊ぶことができます。iPadではiPadアプリとiPad互換性のあるiPhoneアプリを利用することが可能になっています。 iPadに最初から搭載されている20のアプリは、iPadの標準アプリの位置付けになりますので、iPad上から削除をすることはできないようになっています。 iPadの種類と比較 iPadにはいくつか種類があります。iPad Pro、iPad Air、iPad、iPad miniの4つになります。それぞれの種類について簡単に説明しておきます。 iPad Pro パソコンを扱うように使いプロユース向けで、動画編集など処理が重い作業などもできるようになっています。 iPad Air パソコンとタブレット療法で使いたい人向けで、音楽や動画、アプリ等を多くダウンロードしたい場合に向いています。 iPad 価格を抑えたiPadが欲しい人向けで、スペックと価格のバランスが取れています。 iPad mini 持ち運び用として軽いiPadが欲しい人向けで、一般的なネットサーフィンや音楽、動画鑑賞などをするのに向いています。 iPadアプリの購入方法 iPadは、iPhoneと同様にApp Storeからアプリをダウンロードして利用することができます。 ・インターネットに繋がっている環境にてApp Storeへアクセスします。もし50メガバイト以上のアプリをダウンロードする場合は3G環境ではダウンロードできませんので、Wifi接続環境が必要になります。 ・パソコンのiTunes Store内からiPadアプリをダウンロードすることも可能です。ダウンロードしたアプリを、iTunesとiPadを同期させることでiPhoneへコピーすることもできます。 iPadアプリをダウンロードするために必要なもの iPadへアプリをダウンロードするために必要なものとして大きく2つありますので、ここではそれらについて説明します。 iTunesアカウント iPadアプリは、アップルストアからダウンロードを行なって使うことになります。したがって、アップルIDのアカウントが必要となります。アカウントに対してクレジットカードやiTunes Cardの登録をしてアカウントとひもづけることで、有料のアプリもダウンロードできます。 インターネット環境 iPadアプリをダウンロードする場合は、もちろんですがインターネットに接続できる環境が必要です。但し、50メガ以上のアプリであれば3Gではダウンロードできませんので注意が必要です。 その他、必須ではないのですが、パソコンと連携することでiPadの機能をフルに活用することができます。パソコンにある音楽や動画、写真、スケジュール、アドレスなど、iTunesを経由してiPadと同期を取ることができます。 2.iPadアプリ開発の見積もり費用の特徴を徹底チェック まず、iPadアプリ開発の見積もりを取得する際の注意点から説明します。これは、アプリ開発に限ったことではありませんが、1社のみからの見積もり取得は避けましょう。1社のみではその金額が妥当なのかどうかもわかりませんので、3社以上からの見積もりをもらうようにんするのをオススメします。しかし、多ければ良いというわけでもありません。 そして、見積もり比較する際にスムーズな比較ができるための事前の調整として、各社からもらう見積書の「見積もり項目」を合わせるということです。そうすることで、比較がしやすくなりますし、ある会社には見積もり項目としてあるものが他社にはその項目がないなどの場合にもすぐに気づけます。 複数社から見積もりを出してもらうことで、開発要求に対しての見積もり相場感も掴むことができるでしょう。 次に、見積もりの中で留意するポイントとして、実際のアプリ開発以外で開発に付随するものが算出されているかどうか確認が必要です。例えば、サーバ取得、独自ドメイン取得、App Store申請、登録、アップル開発アカウント、運用保守などになります。 最近は、サーバも月額単位でレンタルできるクラウドが主流になってきています。ただし、サービス提供会社によって価格は異なりますし、どこまでサーバ環境がカバーできるかも変わってきます。開発言語やデータベースの種類、通信環境などを事前にしっかりと確認する必要があります。 3.iPadアプリ開発の特徴 ここでは、アプリ開発とシステム開発の見積もりにどのような違いがあるのか開設します。 どちらの開発も、開発会社が行いますので開発方法等に違いはさほどないですが、App Storeなどの申請が必要なアプリ開発に関しては、サーバにアップして終わりではない分、手間がかかります。更に、iPadなどタブレットサイズでユーザビリティを意識した作りを行う必要があります。特にiPadアプリ開発は開発言語がSwiftで比較的新しい開発言語であることから、一般的なシステム開発に比べるとまだまだ開発者が多くいるわけではありません。 また、iOS以外にAndroid対応も行う場合は、OSが変わってきますので開発費用は2倍まで行かなくても、それなりに加算されます。 4.iPadアプリ開発が得意な開発会社 最後に、iPadアプリ開発を得意としている開発会社を2社紹介します。 株式会社Villness 紹介ページ:https://rekaizen.com/company/villness Villness(ヴィルネス)社は、スマホアプリにおいてユーザー数100万人以上の開発、運用、保守実績があります。また、WEBシステムでも月間3,700万PVを出す開発など経験豊富な開発会社です。 アプリ開発経験のある会社は多くありますが、実際にそのアプリでユーザ数を稼げる数字を出せている開発会社は、まだまだ多くはないのではないでしょうか。企画段階から相談してみる価値はあるでしょう。 crage株式会社 紹介ページ:https://rekaizen.com/company/crage 大手アプリサービス提供会社での開発実績を持っている技術者が所属しているクラゲ社は、アプリ開発の実績を豊富に持つスタートアップ開発会社です。 プロダクト企画からの会社立ち上げ経験もあり、アプリケーション系の事業開発の関するノウハウがあります。ただ、アプリ開発を行うのではなく、どのように事業展開していくかという視点から開発へブレイクダウンする手法などもあるため、頼もしい開発会社になります。 5.まとめ 今回は、iPadアプリ開発に関するノウハウを解説してきましたが、いかがでしょうか。iPhoneとはまた違った特徴を持っているのがiPadになります。パソコンと同等の使い方ができるiPad Proなども登場していますので、企画によっては、これまでにないアプリを提供できるポテンシャルを秘めています。アプリ開発にはそれなりのコストがかかってきますので、開発に入る前にしっかりとビジネスモデルの確率や開発の目的を明確にしておくことが重要です。

AndroidアプリとiPhoneアプリは何が違うの?アプリで収益を得るためにやること

20〜30代のスマホ利用率が9割を超えた(出典:総務省「平成29年通信利用動向調査」)今、スマホ向けアプリサービスも数多く出ています。ただ、スマホはAndroidとiPhoneの2種類のOSがあり、また各メーカーによって画面サイズなどが異なるなど、さまざまな規格があります。アプリ開発者目線では、AndroidとiPhoneでは開発環境含めて手法が異なりますのでどちらか一方の開発なのか、それとも両方に対応する開発なのか気になるところなのです。 これからアプリ開発をしようと考えていらっしゃる担当者向けに、AndroidとiPhoneでは何が違うのか、そしてアプリで収益を得るためにやるべきことを解説します。 1. スマホアプリとは スマホアプリとは、スマートフォンアプリケーションの略になります。まずは、アプリケーションからの説明になりますが、アプ類ケーションは様々なソフトウェアのことを指しています。ゲームやメール、音楽プレイヤーなど、OS上で動くソフトウェアを意味しています。もともと、パソコン上で開発され生み出されたソフトウェアですが、スマートフォンの登場によって、「アプリ」という略語になり、「スマホアプリ」として浸透されています。尚、「アプリ」はOSを含まないソフトウェアになります。 では、ここでスマホアプリの特徴をいくつか説明します。 スマホホーム画面からアクセスが可能 スマホアプリは、「アイコン」と呼ばれるサムネイル画像を登録することができます。そのアイコンは、アプリをダウンロードした際にホーム画面に表示されるようになります。そのアイコンをタップすることでアプリへアクセスできるようになっています。 ホーム画面からブランド想起ができる スマホのホーム画面には、各ユーザがダウンロードしたアプリのアイコンが並べられます。さまざまなアイコンが並んでいる中では、ブランドイメージを自然に宣伝していることになります。 ホーム画面上のアイコンにバッジを表示が可能 アイコンの右上に、赤い丸に囲まれた数字が表示されることはないでしょうか?これはバッジと言われているのですが、アプリ内で新しいお知らせがある場合にユーザへの想起として使うことができます。 プッシュ通知ができる スマホアプリの優れた機能の代表として、「プッシュ通知」が挙げられます。バッジ機能よりもさらに視覚的に入ってくるお知らせになります。例えば、アプリ内でユーザへ知らせたい新しい情報を、ホーム画面が待ち受け画面であったとしてもメッセージが表示されます。気になるユーザはそのメッセージをタップすることでアプリへアクセスすることができます。 そして、スマホアプリはスマホWEBサイトと比べられることも多いです。大きく違うこととして、スマホサイトは「プル型メディア」と言われており、スマホアプリは「プッシュ型メディア」と位置付けられています。 上のアプリの特徴でも紹介したように、スマホアプリはプッシュ通知機能が優れています。したがって、新商品の情報やニュース、キャンペーン実施など、タイムリー性のある情報をすぐにユーザへ知らせることができるのです。こういった特徴を生かしたアプリは、企画次第で大きくビジネスを飛躍させることができます。 2. スマートフォンアプリの種類 上述でも触れましたが、スマホアプリには、Android版とiPhone版があります。これは大きくOSの違いがあるのですが、その前にアプリと呼ばれるものにはいくつかの種類やあります。 WEBアプリとネイティブアプリと呼ばれているものになるのですが、それぞれの概要について解説します。 WEBアプリ WEBアプリと呼ばれているものは、基本的にスマホ端末へのダウンロドはされません。スマホにインストールされているWEBブラウザ(SafariやGoogle Chromeなど)を使ってアクセスして利用するアプリを指しています。従って、インターネットの繋がる環境において使用できるということになります。そして、その時につなげているインターネットの接続環境速度などによって、スムーズに接続できるかどうか、快適に使用できるかどうかが決まってきます。 ネイティブアプリ ネイティブアプリは、App StoreやGoogle Playなどからダウンロードして使うものになります。インストール後、必ずしもインターネットは必要としませんが、ただし新規情報を読み込むためにはインターネットの接続環境は必要です。 3. AndroidアプリとiPhoneアプリの開発環境の違い ここから、AndroidアプリとiPhoneアプリの開発環境の違いを説明します。 Androidアプリ開発に必要な環境 Android開発言語と環境 Androidアプリの開発は「Java」になります。プログラミング言語の中でも習得が難しいと言われているJavaですが、動作する環境は幅広いのが特徴です。 Javaは、WindowsはもちろんMac OS X、LinusのOSで開発できます。 iPhoneアプリ開発に必要な環境 iPhone開発源と環境 iPhoneのネイティブアプリを開発するには「Swift」というプログラミング言語が必要です。Swiftは、2014年に登場したまだ歴史の浅い新しい言語です。また、SwiftはMacのみの対応なります。Swiftは無料のオープンソースになりますので、Swiftで開発したアプリは全てソースコードが公開されます。 以前iPhoneアプリの開発で使用されていたObjective-Cですが、Swiftの登場によって、徐々にSwift開発が主流になってきています。 また、iPhoneアプリは、MacOS Xでの開発が可能です。 4. アプリで収益を得る方法 せっかくコストをかけて開発するアプリなので、ビジネスとして収益が確保できないと開発する意味がありません。 そこで、アプリでどのような収益を得られる方法があるのかについて、いくつか解説します。 有料ダウンロード App Store、GooglePlayからアプリをダウンロードする際に、有料でダウンロードして収益を得る方法です。アプリのダウンロード数に応じて収益は加算されます。 今、多くのアプリが無料でダウンロードできるので、有料で提供するサービスがユーザにとって課金してでも欲しいと思わせるインパクトやサービス内容でないと、収益を伸ばすのは難しい手法ではあります。 アプリ内広告 アプリ内にAd広告枠のようなものを設けて、バナー等がクリックされることで収益が発生したりする広告収益手法です。アプリ自体は、無料でダウンロードでき、ユーザが増えて広告で収益を得られる点はユーザの最初の心理的ハードルを下げることはできます。しかし、広告の露出頻度や広告の内容によっては、ユーザにとって不快と感じることもあるかもしれません。その辺りのバランスを考える必要はあります。 アプリ内課金 アプリ内課金は、アプリ内の特定機能やサービスのみに課金する手法です。ダウンロード自体は無料で行い、一部の制限をかけている機能を使いたい場合は課金する流れです。ゲームアプリ等ではよく見られる課金手法です。この場合、課金するために魅力的なコンテンツを提供し続ける必要があります。 定額課金 これは毎月、定額を課金する手法です。最近では、サブスクリプション型とも言われています。漫画や雑誌、新聞などの購読ビジネスに多く見られます。 利用手数料課金 シェアリングサービスのアプリで主流になっている課金スタイルですが、ユーザがアプリを通して得た収益から定めた手数料率に応じて計算された料金を収益にする手法です。 5. まとめ 今回は、AndroidアプリとiPhoneアプリの開発環境の違い、そしてアプリで収益を得るための手法について解説しましたが、いかがでしょうか。 アプリ開発は、大きなコストがかかってきますので、もしビジネスとして考えているアプリでしたら、開発前にしっかりビジネスモデルを考えることをお勧めします。

アプリ開発を成功するための企画づくりと、オススメのアプリ開発会社

スマートフォンの急速な普及によって、スマートフォンで操作ができるアプリ開発が活発です。この数年で急成長を遂げているシェアリングサービス(Uber、Airbnbなど)も、いつでもどこでもインターネットに手軽に繋げられるスマートフォンの普及によって登場したサービスです。 昨今、サービスの一環としてアプリ提供を行う企業も増えてきています。そこで、今回はアプリ開発を行う前の企画づくりのポイントと合わせてAndroidとiOSの違い、オススメのアプリ開発会社を紹介します。 1. アプリ開発を行う前の企画づくりポイント まだ取り組んでいないアプリ開発を行って自社の経営課題を解決し、ビジネスを成長させたいと考えている経営者の方は少なくはないでしょう。 ただ、この際に注意するポイントとして、アプリ開発をしたからといって経営課題を解決できるわけではないということです。アプリ開発に関わらず、新しいシステムの導入など、新しい何かを入れると全て解決されると思いがちです。すなわち、あくまでも「課題解決してビジネスを成長させる」ことが目的であって、アプリ開発することを目的に定めるとうまくいきません。 そこで、アプリ開発を行う前にやるべき企画づくりのポイントについて解説したいと思います。 ✔︎なぜアプリを作るか? 冒頭で説明したように、アプリ開発することが目的にならないように、何のためにアプリを開発するのかを明確にする必要があります。また、「その課題は、アプリで解決できるのか?」という疑問を持って、課題解決や目標達成ができるかどうかを確認する必要があります。 アプリ開発の先にどのようなゴールを持たせるか、企画を作る際のはじめに明確にするべき重要ポイントになります。 ✔︎ターゲットユーザーの理解 アプリを提供する場合、想定しているターゲットがあるはずです。「このユーザーにはこういうものが受けるのではないか?」「ユーザーは、この機能は喜ばれるか?」など、ユーザーニーズに合ったアプリを提供する必要があります。そのためにもターゲットユーザーの理解を深めることが重要です。 ・ユーザーの属性 ・ユーザーニーズ(必要なこと、困っていることなど) ・類似サービスがある場合は、ユーザー評価 ・ユーザーのアプリやネット利用状況 上記はあくまでも大枠ですが、これらの状況を理解することでアプリイメージが具現化できるようになります。 ✔︎ユーザーにとってのベネフィットは何か? 企業が提供するものやサービスは、ユーザーにとってどのような価値がもたらされるのか?はとても大切なことです。企業側のメリットだけではユーザーは動かないでしょう。そのためにもユーザーの立場で、ベネフィットについて考えることが重要なのです。 ✔︎ネイティブアプリかモバイル向けWEBアプリか? 一般的に、スマホでダウンロードして使うアプリをネイティブアプリと言います。一方、WEBブラウザ上で実行されるアプリをWEBアプリと言います。 ネイティブアプリは、デバイスごとに開発が必要になるので、費用と開発期間がその分必要になってきます。また、OSバージョンアップの対応などによる改修も都度必要になってきますので、初期開発だけではなくランニングコストも考えておく必要があります。 WEBアプリは、OSごとの開発はしなくても良いので、開発工数は比較的少なくすみます。ただ、動作速度が遅い、デバイスの機能連携がしづらいなどの指摘はあります。 ✔︎どのデバイスに対応させるか? スマホは、基本的にはAndroidとiOSのOSで動くデバイスがあります。この両者に対応させるのか、どちらかのみに対応するのかを決める必要があります。 どちらかによって、開発工数は大きく変わってきます。 決め方としては、ターゲットユーザーの動向をよく分析すると良いです。例えば、Androidが圧倒的にターゲットユーザーのボリュームゾーンであればAndroidをまずは開発することが優先となります。 また、それぞれのデバイスにはバージョンもありますので、どこまで古い機種のバージョンに対応するかも決める必要があります。古い機種の対応範囲が増えるほどに開発工数は上がります。 ✔︎初期リリース時に実装する機能 企画段階で実装したい機能を抽出することはとても重要なことですが、それらすべてを盛り込もうとするのは、一度考える必要はあります。無理して全てを入れて結果的に使わないなどもよくあることです。 基本的にはリリース後もバージョンアップしていくということを念頭に置いて、初期搭載機能を決めていくと良いでしょう。 ✔︎ビジネスとして成立するか アプリをリリースするには、それなりの初期投資が必要です。これはビジネスとして回収し収益を上げていかなければいけません。 ビジネスモデルとして成立するかどうかを算出することは、とても大切です。 ✔︎アプリ規模の想定 ユーザーのスマートフォンへダウンロードして利用するアプリは、容量がどれくらいになるのか試算しておく必要があります。あまりに大きくてスマートフォンのメモリを大量に使用してしまうことは避けるべきです。 ✔︎アプリ提供の期間想定 リリースするアプリが、期間限定のキャンペーンで利用するものなのか、それとも定期的なバージョンアップを繰り返して長期的に提供するものなのか、企画段階でメンテナンスやバージョンアップ計画、運用計画含めて盛り込む必要があります。 ✔︎UI/UXへの理解確認 アプリで重要なのは、ユーザーの使い勝手の良さもあります。一般的なメニュー展開の仕方やボタンの大きさや位置など、最適なものがありますので、その辺りのUI/UXに関してデザイナーが理解しているかどうか確認しましょう。 2. AndroidとiOSの違い 開発言語 Androidは、基本的にJAVA言語を用いて開発を行います。一方のiOSは最近ではSwiftが主流となっています。 開発OS Androidでは、「Windows」「Mac OS X」「Linux」でのOSで開発を行うことができます。iOSは、「Mac OS X」で開発を行います。 対応端末 iOSは、基本的にiPhoneやiPadなどのApple製品向けになります。AndroidはGoogle社が提供しているOSで、XperiaやGalaxyなど、メーカーに縛られず対応している端末があります。 アプリの申請、公開 Androidの申請 >費用:初回登録$25 >手数料:30% >審査:最大24時間 iOS >費用:年会費11,800円 >手数料:30% >審査:1〜2日 3. オススメのアプリ開発会社 アプリ開発を外注することで検討している場合、外注先選びは時間がかかるものです。ここでは、リカイゼンでオススメしているアプリ開発会社を2社紹介します。 株式会社livebase 紹介ページ:https://rekaizen.com/company/livebase 自社サービスとしてもiOSアプリを開発リリースしています。企業が抱える課題解決のため、企画からデザイン、開発までトータル提案が可能です。開発フローを徹底して進捗を行うため、アプリの仕上がりイメージの違和感がなく、スムーズかつスピーディにアイデアをアプリ化します。 株式会社Lifelong Kindergarten 紹介ページ:https://rekaizen.com/company/llk 顧客の行動データをもとに制作を行うのが得意な制作会社です。コンセプトやCI/VIから顧客訴求のストーリー作りを行っています。アプリケーションでは、UIを意識したデザイン制作を得意としています。 4. まとめ アプリ開発に関して、企画を行う上でポイントなることとオススメのアプリ開発会社を紹介してきました。 開発に入る前に、知っておいた方が良いポイントと、やるべき内容を記述しておりますので、外注先探しの前に一度確認してもらうことをオススメします。

iOSもAndroidを同時に開発できるクロスプラットフォーム「Unity編」

インターネットの進化とともにスマートフォン(以降、スマホ)の普及が進みました。そしてスマホの普及とともに進化しているのが、スマホ向けアプリです。これまで、パソコンブラウザでインターネットに接続してWEBサイトを閲覧したり、ネットショッピングを楽しんだりというものが一般的でしたが、今はスマホ向けに用意されたさまざまなアプリをダウンロードして利用します。そして今ではそのアプリも業種問わず、あらゆるサービスが立ち上がっている状況です。 そこで、ここではアプリ開発を行う上で必要な知識やノウハウを紹介します。 1. スマホアプリの種類と開発環境 スマホで使用できるアプリは3種類「Webアプリ」「ネイティブアプリ」「ハイブリッドアプリ」あります。 下記が3種類を比較した一覧になります。 Webアプリ ネイティブアプリ ハイブリッドアプリ アプリ動作場所 ブラウザ 端末 端末 アプリダウンロード 不要 必要 必要 インターネット環境 必要 不要 アプリ動作時は不要データ動作時は必要 OS依存 なし あり なし カメラ、マイクなどの端末機能の利用可否 不可 可 可 WEBアプリとは インストール不要のアプリで、端末にインストールされているインターネットを閲覧するためのブラウザを使って利用できます。Google MapやGmail、Google Driveが該当しますが、これらをインストールする専用アプリもあります。 ネイティブアプリとは Google PlayやApp Storeからそれぞれインストールして利用できるアプリになります。 ハイブリッドアプリとは WebViewというHTMLを表示するコンポーネントを利用して、WebアプリケーションのようなUIを提供するアプリになります。 そして、スマホアプリ開発における開発用の言語、ツールの分類としてiPhone専用、Android専用、iPhone・Androidどちらも可能の3つのタイプがあります。これには、それぞれの開発方法があります。 iPhoneアプリ専用 iPhoneアプリの開発言語としては、Objective-C、Swiftがあります。どちらを使うのが良いか?という議論がありますが、これから新規でアプリ開発をするのであれば、Swiftが勧められるケースの方が多いでしょう。Objective-Cは使えるようになるまでの学習コストが高いということで認知されています。一方、Swiftは、RubyやPHPの設計思想を取り入れているため、取り組みやすいと言われています。 Androidアプリ専用 Androidアプリ開発の専用言語としては、Javaになります。Android Studioを使って開発する流れが主流です。JavaはAndroidアプリ以外でも使われている多様性アプリになります。 どちらも可能な開発環境 ネイティブアプリを作成するのは、2つの方法があります。iOSとAndroidそれぞれ単独開発を行う方法と、同時に開発を行えるクロスプラットフォームの開発環境です。 2. クロスプラットフォームとは クロスプラットフォームとは、iPhone、Androidアプリに関係なく動作するプログラム言語を利用して開発する手法になります。 では、クロスプラットフォーム開発のプログラムにはどのようなものがあるのでしょうか。 Cordova HTML、Javascript、CSSでアプリ開発ができます。 Xamarin Visual Studioに無償で同梱されています。画面デザインをiPhone、Androidアプリで共通化できます。 Unity ゲーム開発するためのゲームエンジンです。 Cocos2d-x クロスプラットフォーム開発に多王下オープンソースのゲームフレームワークになります。 TitanumMobile Javascriptで、iPhoneアプリ、Androidアプリが作れる開発環境です。 React Native Facebookが開発したフレームワークです。 Kotlin(コリトン) JetBrains(ジェットブレインズ)社が開発したオブジェクト指向プログラミング言語になります。 クロスプラットフォーム開発を行うメリットがいくつかあります。クロスプラットフォーム開発と言われている言語、フレームワークはいくつか存在しますが、共通していることとして「言語統一ができる」「Android、iOSSDKの仕組みを同じレベルで習得できる」というのがあります。言語が統一できるのはとても大きなメリットです。また、ある程度プラットフォームの共通化ができるようなAPIをサポートしてくれています。 但し、クロスプラットフォーム開発を検討する上での注意点はあります。どのプログラム言語を使用してアプリ開発する場合でも、iOS、AndroidのそれぞれのOSのことを理解しておく必要はあるということです。OSによってファイルやフォルダの場所、呼び出し方が異なったりします。また、Androidアプリの場合、カメラを利用する場合にアクセス許可を取る必要があります。 そして、クロスプラットフォームの開発自体はXcodeを利用しないで開発することで、MacOSは必要ありませんが、Apple Storeで配布する場合はMacで作業をしなくてはいけませんので必要になります。iOSアプリ、iPhoneアプリは、MacOSのパソコンが必ず必要になります。 3. Unityとは ここでは、クロスプラットフォームのアプリ開発で人気のUnityに関する説明をします。 Unityはゲーム開発で使われるイメージがありますが、ゲームだけではなく2D,3Dに問わずスマホアプリを開発することが可能です。 UnityではC#とJavascriptを用いてアプリを作りますが、アニメーションなどはGUIツールが用意されていて、開発しやすくなっているのが特徴です。 また、「アセット」と言われる追加機能やデータ提供の場が用意されているので、便利なツールから使いやすいデータまで幅広く揃っています。Unityのアセットは、アセットストアからダウンロードして購入することが可能です。 Unityらしさというところでは、多くのゲームアプリで利用されている有料アセットになります。これまでゲームシステムそのものは公開されるものは少なかったのですが、アセットストアでRPG、シューティング、アドベンチャーなどの幅広いゲームシステムが提供されています。それらの利用は制限なくアプリに組みことが可能となります。 また、ゲームシステム以外で山や川などのデータ販売をされていますが、Unityで利用する前提で、変換作業なしで利用できることはメリットになります。 さらに、一般的に開発がしにくいAR(拡張現実)を利用したアプリ開発が可能です。Unity用のAR開発プラグインが提供されているので、それらを使って一般的に難しいARを利用したスマホアプリを開発することができます。 4. まとめ ここでは、スマホアプリ開発における開発環境について説明してきました。 スマホアプリは、iPhoneとAndroidでのOSの違いがあるため、どうしてもそれぞれ対応するアプリを開発しようとすると異なる開発環境とプログラム言語で行う必要が出てきます。しかし、AndroidとiPhoneの両方でアプリリリースを考えている場合は、クロスプラットフォームの開発環境を構築することで、開発が可能になります。但し、クロスプラットフォームの環境は、まだまだ細部のチューニングを行うことができません。今回紹介したUnityは、ゲーム開発を行う場合としてUnity一択です。事例としては任天堂のスーパーリオラン、スクウェア・エニックスのドラゴンクエストVIIIもUnityで作られています。 これから5Gが普及されてくると、データ送受信が今以上に早く、画像や動画を瞬時に送れるようになりますので、スマホの中に3D環境を作りやすくなりますし、ゲームも今以上にできることが多くなります。 そういった環境を踏まえて、スマホアプリの最新情報にアンテナを張っておくことは大事なことではないでしょうか。

iPhoneアプリのストア申請とチェックポイント

iPhoneアプリは、開発してすぐにリリースできるわけではありません。iOSデバイスからユーザがダウンロードできるようにするため、アップルストアへ公開する必要があるのです。そしてアップルストアで公開するには、アップルストアのアプリ審査を通過しなければなりません。アップルストアのアプリ審査は厳しいことで有名です。 そこで、今回はiPhoneアプリのストア申請から通過までを説明します。開発スケジュールを立てるときや、事前に準備するものなどで参考にしてください。 1. アプリ開発とストア申請 iPhoneアプリとAndroidアプリの開発の違い スマートフォンアプリには、大きく分けてAppleが開発しているiPhoneアプリと、Googleが開発しているAndroidアプリの2種類に分けられます。 この2つの大きな違いは、OSが違うところです。iPhoneアプリはMacコンピュータがベースになっており、AndroidはWindowsやLinuxのOSがベースになっています。また開発ツールとしては、iPhoneアプリはXcodeを使い、これはMacでしかダウンロードできません。 また、開発に必要なプログラミング言語に関しては、主にSwiftとJavaが使われており、SwiftはiOSやMacのための言語で、iPhoneアプリ開発には欠かせません。 iPhoneアプリのアップルストア申請 iPhoneアプリのアップルストア申請は、それなりに手間がかかります。申請をしてから通過するまでに最低でも1週間から10日間はかかりますので、それを踏まえた開発スケジュールを立てることが必要です。 Apple Developer Programへの登録 アプリのストア申請を行うには、Apple Developer Programに登録する必要があります。年間参加費¥11,800が必要です。 アプリ申請に必要なもの アプリ申請には、下記の情報が必要になりますので、事前に準備をしておきましょう。 ✔︎アプリ名(30文字以内、ユニークなのですでに登録されているものは使えません) ✔︎サブタイトル(30文字いない、iOS11以降のデバイスのみに表示) ✔︎アプリの説明文(4000文字以内) ✔︎プロモーション用テキスト(170文字以内、iOS11以降のデバイスのみに表示) ✔︎アプリ価格 ※売上額の販売手数料として30%かかります ✔︎アプリのレーティング(ホラー、性的表現、アルコールなどレーティング設定は開発責任としてしっかり行う) ✔︎検索キーワード(100文字以内/アプリと関係ないキーワードや他社アプリ名などはリジェクトされます) ✔︎サポート用サイト ✔アイコン(1024×1024、高画質) ✔︎スクリーンショット ✔︎連絡用メールアドレス、電話番号(表示されません) 2. アプリ申請チェックポイント エラーとリンク切れがないか 不具合、エラーがあると当然ですが、リジェクトされます。また、テキストや画像などを開発中は仮のものを入れがちですが、これもリジェクト対象になりますので、申請後の公開を前提とした設定が必要です。また、リンク切れなどもリジェクト対象となりますので、各リンク先へ遷移できるかを確認しておきましょう。 ユーザーの安全性が担保されているか ユーザが問い合わせできるように、問い合わせ先を明記する必要があります。また、個人情報取得の観点で情報保護の観点より、プライバシーポリシーのページがあるかどうかも重要です。 情報が不足していないか アプリ申請をする際に使用するサイトであるApp Sore Connectの「Apple Review Information」に情報を埋められているか確認してください。説明を入れておかないと申請に時間がかかったり、またはリジェクト対象となります。 十分な機能かどうか アプリの説明をしている内容と機能が伴っているかどうかの確認が入ります。また、広くユーザーに提供できない可能性のあるマニアックすぎる機能などもリジェクトされやすくなります。 デザイン規格に沿っているか Apple基準のデザインに沿っているか確認が入ります。 広告表示 「Invalid BinaryInvailid Binary」というリジェクトがきた場合、広告に関する理由の可能性がありますので確認が必要です。 ブランドイメージ Appleには独自でブランドへのこだわりがありますので、iOS機能を活かしたアプリは申請が通りやすいです。しかし、その逆のものは通りにくいと言えるでしょう。 差別化されていない アプリのオリジナル性があるかどうか、このアプリでしか得られないユーザエクスペリエンスが重要です。 Appleサイトでは、直近のリジェクト理由等が確認できるようになっています。リジェクトされやすいものは、Appleが公開しているアプリケーション審査ガイドラインに沿って以内アプリがリジェクトされます。なぜ、リジェクトされたのかを確認し、改善して再申請を行うということができれば、Apple側の審査基準が見えるようになります。 また、アップデート審査完了後は、公開日をコントロールすることは可能です。 3. アプリ開発から申請までの流れ これまで説明してきたように、iPhoneアプリは開発して終わりではなく、ストア申請で審査が完了して公開されて初めて開発が完了します。この項目では、アプリ開発の工程を改めてまとめ、開発会社が行うべきポイントを説明します。 ヒアリング アプリ開発会社より、企画の方向性確認、機能要件などアプリ開発に必要なことをヒアリングされます。ここでは、コミュニケーション力を見極めてください。 企画提案 アプリ開発会社は、技術力があることはもちろんのこと、その前にアプリ全体をデザインする必要がありますので、それらを企画書にまとめ提案ができるかどうかはとても大事なことになります。 設計、デザイン 企画内容を実際にアプリとして実現するため、システム設計および画面のデザイン制作を行います。この工程こそ、開発会社が本領発揮できる部分です。 開発、実装 設計書をもとにプログラミングに入ります。スケジュール通りに問題なく開発が完了できるかというのが開発会社の力量として見極められる部分になります。 テスト アプリが動作するかどうかの検証を行います。この工程では、テスト漏れがないかどうか、仕様に不整合が起きてないかなども確認できることが問われます。 ストア申請/公開 ストア申請を行い、審査通過をスムーズにできることは、実績やノウハウがないとできないことです。リジェクトなしで審査が通るのが理想ですが、難しい部分でもありますので、この時点で仕様変更等が発生しないレベルで審査が通るように準備しておくことが大事です。そういった提案を含めて開発会社とコミュニケーションを取るのが良いでしょう。 4. まとめ ここでは、iPhoneアプリのストア申請手順と準備しておくもの、審査のチェックポイントを説明してきました。いかがでしたでしょうか。 Appleは、アプリ審査が厳しいことで有名です。アプリ開発スケジュールを組む際もこの辺りの期間を入れておかないと、「まだリリースできないの?」というトラブルになりかねません。 また、「こんなアプリを作りたい」という思いは大事ですが、Apple審査基準にそぐわない場合もあります。それは、開発会社に言って開発できたとしても、Appleから拒否されれば結果的にコストだけかかることになってしまいます。これも、ストア申請で審査基準に詳しくノウハウを持っている開発会社であれば、審査通過するためのアドバイスをもらうことができるでしょう。 アプリ開発は、自社開発でもフリーランスでもやろうと思えばできますが、最終的にAppleの審査があるということを念頭に置いておくことが重要です。 事前に準備をしっかりとしながら、アプリ開発の実績やノウハウが豊富な開発会社に相談しながら進められるのが、スムーズです。

iPhone・iPadアプリ開発に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。