BUSINESS TIPSビジネスに役立つ情報がきっと見つかる

  • モバイル・スマートフォン
  • iPhone・iPadアプリ開発

iPhoneアプリ開発依頼の費用相場、見積り依頼まとめ

スマートフォンの普及と同時に広がっているのが、スマートフォンで使えるアプリ各種です。ビジネス系からライフスタイル、ゲームに至るまで、あらゆる分野で広がっているアプリですが、それらはどのように制作されているのでしょうか。また、アプリ開発を依頼する場合、どれくらいの費用でどこへ依頼すれば良いのか、まだまだ分からないという人たちも少なくはないでしょう。

スマートフォンは、大きく分けてiPhoneとAndroidがあります。そもそもアプリを動かすためのOSが違いますので、開発方法も異なります。ここでは、iPhone端末でのアプリ開発に関する費用相場見積り依頼の仕方などをまとめて説明します。

1. アプリ開発依頼の費用相場

アプリ開発を行う場合、iPhoneとAndroidのどちらかを対象としたものにするのか、それとも両方を対象としたものにするかによって費用が変わってきます。基本的にはアプリのタイプ別で開発費用は異なってくるのですが、例えば、EC系アプリの開発相場ですと、安くても100万円〜の相場になります。ゲーム系になると300万円〜かかってくる相場感です。

2. アプリ開発の費用算出方法

基本的なシステム開発では、費用の算出方法において「人月」という単位を用いることが一般的です。アプリ開発でも同様で、人月を算出するには、人件費(作業人数)×開発期間の計算式になります。
ここで改めて開発工程の説明をしてきます。

⑴ 要件定義

どのようなジャンルのアプリ開発を行うかがわかったところで、全体の要件を整理します。全体像をつかむためにも、ワイヤーフレームを作ること場合が多いです。そうすることで画面数の把握、データの入出力がわかるのでDB設計へ移りやすく、プログラミングのボリュームも把握できます。

⑵ システム設計

作成した要件定義とワイヤーフレームをもとに、DB設計、サーバ構築設計、全体のプログラム設計を行います。ここまでがいわゆる設計フェーズになり、上流工程部分なので工数としては一番単価の高い業務になります。プロジェクトマネージャーやSEが行う作業です。

⑶ デザイン制作

ワイヤーフレームをもとにデザイナーによるデザイン制作のフェーズです。このフェーズは、デザイナーの作業期間になります。画面点数とデザイナーのスキル状況によって、制作にかかってくる期間が決まってきます。

⑷ プログラミング

画面ができたら、画面を動かしてデータの入出力を行うための処理を行うシステム開発のフェーズに入ります。プログラマーによる工程ですが、DB側の処理、機能単位でのプログラマの手分けなど、全体ボリュームと切りわけする業務を明確にして、何人かのプログラマを割り当てて開発を進めます。

⑸ システムテスト、運用テスト

基本的な単体テストは、プログラミングの工程で行ってしまいます。その後、全体の結合テストやシステム的な負荷テスト等を行い、実際のシナリオテスト等を行います。また、対応しているiOSのバージョンごとのテストも実施します。

⑹ リリース申請

iPhoneアプリの場合は、アップルストアへ申請が必要です。これは、審査が通って初めてスマートフォン上へダウンロードすることができます。一定の審査基準があり、申請から早くて1週間ほどで審査結果が戻ってきます。もし、NGだった場合は指摘された箇所を再度見直して修正を行います。このやり取りを何度か繰り返す場合もあります。申請から早くて1週間から10日、かなりの改善点が必要な場合は1ヶ月以上かかる場合もあります。

⑺ 納品

アップルの審査を通過すると、納品という形になりiPhoneからダウンロードすることができるようになります。

⑻ 運用、保守

実稼働した際、テスト時点では見つからなかった不具合やシステムエラーなどが発生する場合があります。この場合は迅速に回収を行います。

3. アプリ開発の主な機能

アプリの種類は、大きく3つに分類されます。アップルストアやグーグルプレイからダウンロードして使うアプリを「ネイティブアプリ」と言い、WEBブラウザ上で動く「WEBアプリ」、そして双方の特性を活かした「ハイブリットアプリ」になります。これらのうち、工数が一番かかるのがネイティブアプリで、デバイスごとに開発環境も言語も異なる為です。WEBアプリは、デバイスを問わず開発ができるので比較的、費用を抑える開発が可能です。

そこで、iPhoneアプリ開発を行う上での費用の算出方法について紹介します。
iPhoneは、iOSに対応したアプリ開発となります。開発を外注へ依頼する際、一つのアプリで最低でも100万円からかかってきます。また、iOSのバージョンが様々出てきているので、古いバージョンをどこまで対応するかによっても費用は異なります。

アプリも、個人情報を取得したり、すでに別サービスで保有しているデータをアプリと連携させたりというような要件が出てくると、データベースやインフラ整備を行うため、規模にもよりますが数十万円程度から、規模が大きくなると数百万円以上の費用はかかってきます。
また、個人情報を取得するということは、ログイン連携を行う必要があります。この場合、SNSでのログインとメールアドレスでのログイン方法が主流としてありますが、このような機能を搭載する際は20〜40万円の費用がかかってきます。

また、アプリの特徴として、他のツールを実装させる開発を行う場合があります。グーグルマップやFacebook、Twitterなどです。また、カメラ機能や音声、通知機能なども実装することが多いでしょう。これらを実装するための費用相場としては、10万円から20万円ほどかかると見ておいてよいでしょう。

4. 見積り依頼方法

iPhoneアプリの見積り依頼を行う場合、通常のシステム開発依頼とは別に注意するべきポイントがあります。当初はiPhoneでのアプリ開発を考えているけれど、リリース後などAndroidアプリも検討したいとなる場合があった際に、効率的なことを考えてもiPhoneアプリの開発を依頼した開発会社へ依頼する方がスムーズです。iPhoneとAndroidは、そもそもOSが違いますし、特にネイティブアプリにした場合にはiPhoneとAndroidの開発は別々で行わなければなりません。その辺りは意識しておくポイントです。

実際に、見積り依頼を行う場合は、アプリを開発する目的や背景どのような機能を搭載したいのか、またスケジュールや想定している予算感などを書き出して、開発会社へ渡します。そうすることで、開発的にどこの部分の工数がかかるのか、そして想定している期間が妥当なのかどうかというのが開発会社によって検証されます。
依頼元が思っているほど、工数がかからないという場合もありますし、想定していなかった費用がかかってしまうということもあります。
なるべく依頼元の要望を盛り込めるように、RFP(提案依頼書)はしっかりしたものを作っておいた方が良いでしょう。そして、その内容をもとに開発会社へ見積り依頼することで、各社の見積り比較がしやすくなります。

5. まとめ

ここでは、iPhoneアプリ開発を行う場合の費用相場と外注へ依頼する場合のポイントについてまとめてきました。
一言でアプリ開発と言っても、iPhoneとAndroidでは開発環境も言語も異なるということ、そして異なるために両方を対応しようとすると工数が倍近くかかってくるということが分かったのではないでしょうか。
今後もiPhoneは新しい機種が出てくるでしょうし、それに伴ってiOSもバージョンアップします。常に最新のiOS上で動くアプリとして運用していく必要がありますので、初期の開発費用とは別に運用費の方も考えておく必要がありそうです。

iPhone・iPadアプリ開発でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

iPhone・iPadアプリ開発の関連記事

iPadアプリ開発を外注する際に知っておきたい費用相場とAppStore登録の知識

iPadアプリ開発を外注する際に知っておきたい費用相場とAppStore登録の知識 iPadで利用できるアプリ開発は、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。 基本的にアプリ開発をする場合は、iOSとAndroidのどちらかに対応したものか、もしくは両方に対応したものかになります。iPadはiPhoneと同様のiOSで動くアプリを搭載することになります。 ここでは、iPadアプリの開発において外注する際に知って期待費用相場と、アップルストア登録の知識について説明します。 iPadアプリ開発を外注する際に知っておきたいポイント システム開発の中でも、アプリ開発はまだまだ歴史が浅く、且つ開発環境や言語も進化していることもあり、まだまだどのようにアプリ開発を行うのが良いかを把握できている人は多くないかもしれません。そこで、iPadアプリ開発を外注する前に知っておいたほうが良いポイントを紹介します。 iOSアプリの開発言語 iOSアプリの開発言語は「Objective-C」「Swift」の二種類があります。Swiftは2014年に登場していますが、それまではObjective-Cで開発されるのが主流でした。 しかし、今の主流はSwiftになっていますので、これからアプリ開発を行う場合はSwiftを用いた方が良いでしょう。アプリ開発の外注を行う場合は、開発会社へ事前にどの言語で開発を行うか確認した方が良いです。 対応するiOSバージョン 期的にバージョンアップがされるiOSは、アプリ開発を行う際にどこまで古いバージョンのiOSまで対応するかを決める必要があります。 一般的には、2世代前くらいまで遡って対応します。ただし、iOSの場合は、OSのメジャーアップデートが年1回、9月に行われるの定が恒例となっています。 開発期間や、搭載する機場合によっては、新しいOSに合わせるため古いOSや端末での動作保証を外すことを検討したほうが良いこともあります。 iOSバージョン対応に関しても開発会社としっかり話し合って決めておきましょう。 アプリ内課金での収益は100%手に入らない。(Appleの手数料が発生します) iOSにおいてアプリ内課金を行う場合は、支払われた金額の30%を手数料としてAppleへ支払いが発生します。 サブスクリプション(月額)型や、有料ダウンロードなど、それぞれに手数料が発生します。 なお月額課金の場合は、2年目以降15%になります。しかし手数料の割合が大きいので、アプリ内課金を行う場合は、開発会社としっかりすり合わせを行い、事業性も考えた上で決定する必要があります。 Appleのアプリ登録審査 作成したアプリを多くのユーザーに利用してもらうにはアプリストを通じてアプリを配布することが最適な方法です。 しかし、アプリストア(App Store)に公開するためには、Appleへ登録申請を行って審査を通過する必要があります。 これは、アプリの安全性やデザイン、公序良俗など法的事項をクリアするなど厳しいチェックがされます。 申請後、1週間程度で審査結果が通知されます。その際にリジェクト(NG)が出なければ正式リリースへ進めます。内容によっては何度も申請と戻しと修正を繰り返して1か月経過しても審査が通らない場合もあります。 スケジュールに大きく関わる部分でもありますので、審査がどのようにすると通りやすいのかはやはり、実績とノウハウのある開発会社と事前に相談しておく必要はあります。 iPadアプリ開発を外注した際の費用相場 では、実際にiPadアプリ開発を外注する場合の費用相場について紹介します。 開発したいアプリの内容や要件、取り扱うデータ量によって費用に幅が出てきます。 iOSアプリのみの開発で、サーバ処理などが必要ない場合は、100万円以内が費用目安になります。データベースとのやりとりがないアプリは、画面数で費用が異なってくると考えておくとよいでしょう。 iOSアプリとサーバ処理が必要となる場合、最低でも100万円以上の費用はかかってきます。サーバ処理の複雑性にもよりますが、データベースを絡める処理が出てくると、それらデータを管理するための管理画面等がバックオフィスとして必要になってきます。データベース設計含めて単純なアプリとは違う開発が必要になりますので、要件が増えると費用目安も200万、300万円になる可能性は高いです。 また、iPadのみのアプリ開発対応だけではなく、同様にiPhone対応も行いたいという要件がある場合は、iPhone用のインターフェースを考える必要があるため、その分費用は高くなります。 iPadとしての活用方法 iPadは、同様にiOSで動いているiPhoneに比べると画面サイズが大きい特徴があります。このiPad特徴を活かしたアプリについていくつか紹介します。 文字の多い読み物系 電子書籍に近いイメージですが、文字が多く閲覧性の高いアプリに関しては、iPad向きでしょう。iPhoneだと文字が小さく見にくいという課題があります。電子書籍に慣れているビジネスパーソン向けのアプリなどが向いています。 デジタルフォトアプリ系 女性向けのビューティーサービス店舗、クリニックの待合室など、手を使わなくてもよいiPadを使うことで見えやすい画面サイズ、デジタルなので定期的にコンテンツ更新ができるなどのメリットを活かしたフォト系アプリは向いています。 子供向け教育アプリ iPhoneでは画面が小さいこともあり子供に向かない部分があります。ある程度画面が大きく見えやすいiPadでは、子供向けの教育アプリなど向いています。 iPadアプリ開発の見積もり依頼方法 iPadアプリ開発を外注へ依頼する場合、これまで説明してきた内容をもとに、開発してほしい要件を取りまとめします。それらをRFP(提案依頼書)とも言いますが、必ず開発会社へ伝える内容として、開発する目的と背景です。何のために開発を行うのか目的を伝えないと、どのような開発提案が良いかを開発会社も考えあぐねます。 RFPがまとまったら、見積もり依頼は複数社の開発会社へお願いします。 その理由は、見積もり比較をしやすくなるからです。1社のみの見積書ですと、高いのか安いのかの判断が付きづらくなります。初めてのiPadアプリ開発であれば尚更です。 また、RFPをまとめておくことで、その後に控えている要件定義もスムーズに進めることができます。RFPに記載する内容として、要件の他に開発スケジュール、予算感など、わかる範囲で記載しておくことをお勧めします。また、決まっていない要件や、確認や検討が必要な要件に関してもなるべく記載するようにしましょう。 複数社より見積書が来たら、比較を行います。RFPを出している場合は、見積書の各項目もさほど差がないもので比較しやすいと思います。見積もり比較で気をつけるべきポイントとして、全体を並べた際、極端に費用が安いなどの場合です。開発を受注するために、無理をして安い見積もりを提出する開発会社も少なからずありますので、その辺りは見極めが必要です。 まとめ これまで、iPadアプリ開発の費用相場とiPadを活かしたアプリ活用、見積もり依頼等を説明してきました。iPhoneとは違うメリットを活かしたアプリを作ることは可能です。 その際に、iPadアプリ開発に関する工程や、iOSの決まりごと、Appleのアプリ登録など、事前に知っておくことで見積もり依頼から発注、そしてプロジェクト稼働に至るまでスムーズに進めることができます。 外注先との円滑なコミュニケーションがプロジェクト成功へ導きます。すべてを外注先の会社任せにしても、あまり良い結果は出ません。発注者側も分かる範囲でも事前に開発ノウハウを身につけておくことが大切です。

iPhoneアプリ開発依頼の費用相場、見積り依頼まとめ

スマートフォンの普及と同時に広がっているのが、スマートフォンで使えるアプリ各種です。ビジネス系からライフスタイル、ゲームに至るまで、あらゆる分野で広がっているアプリですが、それらはどのように制作されているのでしょうか。また、アプリ開発を依頼する場合、どれくらいの費用でどこへ依頼すれば良いのか、まだまだ分からないという人たちも少なくはないでしょう。 スマートフォンは、大きく分けてiPhoneとAndroidがあります。そもそもアプリを動かすためのOSが違いますので、開発方法も異なります。ここでは、iPhone端末でのアプリ開発に関する費用相場、見積り依頼の仕方などをまとめて説明します。 1. アプリ開発依頼の費用相場 アプリ開発を行う場合、iPhoneとAndroidのどちらかを対象としたものにするのか、それとも両方を対象としたものにするかによって費用が変わってきます。基本的にはアプリのタイプ別で開発費用は異なってくるのですが、例えば、EC系アプリの開発相場ですと、安くても100万円〜の相場になります。ゲーム系になると300万円〜かかってくる相場感です。 2. アプリ開発の費用算出方法 基本的なシステム開発では、費用の算出方法において「人月」という単位を用いることが一般的です。アプリ開発でも同様で、人月を算出するには、人件費(作業人数)×開発期間の計算式になります。 ここで改めて開発工程の説明をしてきます。 ⑴ 要件定義 どのようなジャンルのアプリ開発を行うかがわかったところで、全体の要件を整理します。全体像をつかむためにも、ワイヤーフレームを作ること場合が多いです。そうすることで画面数の把握、データの入出力がわかるのでDB設計へ移りやすく、プログラミングのボリュームも把握できます。 ⑵ システム設計 作成した要件定義とワイヤーフレームをもとに、DB設計、サーバ構築設計、全体のプログラム設計を行います。ここまでがいわゆる設計フェーズになり、上流工程部分なので工数としては一番単価の高い業務になります。プロジェクトマネージャーやSEが行う作業です。 ⑶ デザイン制作 ワイヤーフレームをもとにデザイナーによるデザイン制作のフェーズです。このフェーズは、デザイナーの作業期間になります。画面点数とデザイナーのスキル状況によって、制作にかかってくる期間が決まってきます。 ⑷ プログラミング 画面ができたら、画面を動かしてデータの入出力を行うための処理を行うシステム開発のフェーズに入ります。プログラマーによる工程ですが、DB側の処理、機能単位でのプログラマの手分けなど、全体ボリュームと切りわけする業務を明確にして、何人かのプログラマを割り当てて開発を進めます。 ⑸ システムテスト、運用テスト 基本的な単体テストは、プログラミングの工程で行ってしまいます。その後、全体の結合テストやシステム的な負荷テスト等を行い、実際のシナリオテスト等を行います。また、対応しているiOSのバージョンごとのテストも実施します。 ⑹ リリース申請 iPhoneアプリの場合は、アップルストアへ申請が必要です。これは、審査が通って初めてスマートフォン上へダウンロードすることができます。一定の審査基準があり、申請から早くて1週間ほどで審査結果が戻ってきます。もし、NGだった場合は指摘された箇所を再度見直して修正を行います。このやり取りを何度か繰り返す場合もあります。申請から早くて1週間から10日、かなりの改善点が必要な場合は1ヶ月以上かかる場合もあります。 ⑺ 納品 アップルの審査を通過すると、納品という形になりiPhoneからダウンロードすることができるようになります。 ⑻ 運用、保守 実稼働した際、テスト時点では見つからなかった不具合やシステムエラーなどが発生する場合があります。この場合は迅速に回収を行います。 3. アプリ開発の主な機能 アプリの種類は、大きく3つに分類されます。アップルストアやグーグルプレイからダウンロードして使うアプリを「ネイティブアプリ」と言い、WEBブラウザ上で動く「WEBアプリ」、そして双方の特性を活かした「ハイブリットアプリ」になります。これらのうち、工数が一番かかるのがネイティブアプリで、デバイスごとに開発環境も言語も異なる為です。WEBアプリは、デバイスを問わず開発ができるので比較的、費用を抑える開発が可能です。 そこで、iPhoneアプリ開発を行う上での費用の算出方法について紹介します。 iPhoneは、iOSに対応したアプリ開発となります。開発を外注へ依頼する際、一つのアプリで最低でも100万円からかかってきます。また、iOSのバージョンが様々出てきているので、古いバージョンをどこまで対応するかによっても費用は異なります。 アプリも、個人情報を取得したり、すでに別サービスで保有しているデータをアプリと連携させたりというような要件が出てくると、データベースやインフラ整備を行うため、規模にもよりますが数十万円程度から、規模が大きくなると数百万円以上の費用はかかってきます。 また、個人情報を取得するということは、ログイン連携を行う必要があります。この場合、SNSでのログインとメールアドレスでのログイン方法が主流としてありますが、このような機能を搭載する際は20〜40万円の費用がかかってきます。 また、アプリの特徴として、他のツールを実装させる開発を行う場合があります。グーグルマップやFacebook、Twitterなどです。また、カメラ機能や音声、通知機能なども実装することが多いでしょう。これらを実装するための費用相場としては、10万円から20万円ほどかかると見ておいてよいでしょう。 4. 見積り依頼方法 iPhoneアプリの見積り依頼を行う場合、通常のシステム開発依頼とは別に注意するべきポイントがあります。当初はiPhoneでのアプリ開発を考えているけれど、リリース後などAndroidアプリも検討したいとなる場合があった際に、効率的なことを考えてもiPhoneアプリの開発を依頼した開発会社へ依頼する方がスムーズです。iPhoneとAndroidは、そもそもOSが違いますし、特にネイティブアプリにした場合にはiPhoneとAndroidの開発は別々で行わなければなりません。その辺りは意識しておくポイントです。 実際に、見積り依頼を行う場合は、アプリを開発する目的や背景、どのような機能を搭載したいのか、またスケジュールや想定している予算感などを書き出して、開発会社へ渡します。そうすることで、開発的にどこの部分の工数がかかるのか、そして想定している期間が妥当なのかどうかというのが開発会社によって検証されます。 依頼元が思っているほど、工数がかからないという場合もありますし、想定していなかった費用がかかってしまうということもあります。 なるべく依頼元の要望を盛り込めるように、RFP(提案依頼書)はしっかりしたものを作っておいた方が良いでしょう。そして、その内容をもとに開発会社へ見積り依頼することで、各社の見積り比較がしやすくなります。 5. まとめ ここでは、iPhoneアプリ開発を行う場合の費用相場と外注へ依頼する場合のポイントについてまとめてきました。 一言でアプリ開発と言っても、iPhoneとAndroidでは開発環境も言語も異なるということ、そして異なるために両方を対応しようとすると工数が倍近くかかってくるということが分かったのではないでしょうか。 今後もiPhoneは新しい機種が出てくるでしょうし、それに伴ってiOSもバージョンアップします。常に最新のiOS上で動くアプリとして運用していく必要がありますので、初期の開発費用とは別に運用費の方も考えておく必要がありそうです。

アプリ開発における費用相場と見積もり依頼まとめ

1.アプリ開発とは? アプリ開発とは、アプリケーション(Application)開発の略称になります。特定の機能を持ったソフトウェアを、スマートフォンやパソコンへインストールして使うものをアプリケーションと言います。 アプリ開発のジャンルは多岐にわたり、また搭載するハードがiPhoneなのかAndroidなのか、Windowsなのかによって開発言語も異なってきます。最近では、オープンソースも多いことから、個人が独学で開発を行う場合もありますが、企業がアプリサービスをリリースしたいとなった場合は、やはりプロの開発会社へ依頼するのが良いと言えるでしょう。 アプリ開発には、ウエブアプリとネイティブアプリがあり、違いがあります。ウエブアプリは、インターネット経由で機能します。代表的なのが、グーグルマップがそれに当たります。HTML・CSS、Javascriptなどのプログラム言語で開発されます。 一方、電話やカメラ機能、センサーなどはネイティブアプリになります。インターネットに接続されていなくても動くことができる安定感があります。Objective-Cなどのプログラム言語が代表的な開発言語になっています。 ウエブアプリは、ネイティブアプリに比べてダウンロードする手間はかからず、また開発までのスピードが早く費用もネイティブアプリに比べて安くできるというメリットはあります。 アプリ開発の中でもスマートフォンアプリに焦点を当てた際、iPhoneとAndroid端末ではアプリは2種類になります。iPhoneはご存知のようにアップルが開発していますので、Macコンピュータを使って開発を行うことになります。また、MacでしかダウンロードできないXcodeというツールを使って開発を行います。 機種OSアプリ開発言語開発環境 iPhoneアプリMac OSObjective-CXCode AndroidアプリOSを選ばないJavaAndroid,Eclipse,SDK ここからは、アプリ開発の流れについて紹介します。 打ち合わせ、ヒアリング(RFP作成) 作りたいアプリに関しての打ち合わせを行います。この際に、既にRFP(提案要望書)を作成している場合は、打ち合わせがスムーズに進みます。このRFPには、作りたいアプリの概要が記載されていることはもちろんですが、何故それを開発しようとなったのかの背景や、事業の場合だと目指す規模感、予算感、スケジュール感などがまとめられていることが理想です。更に既に自社でシステムを保有している場合は、既存システムの概要やインフラがどのようになっているかまで記載しておくと良いでしょう。 システム企画提案、要件確定 打ち合わせヒアリング後、どのようなシステム構成にするかについての提案を受けます。ここで、求めているアプリ仕様に関してしっかりとコンセンサスを取って意識が合っているかどうかの確認を行っておくことが大切です。 見積もり、発注先選定 要件が確定したら見積もりを取得し発注先選定を行います。 システム開発 発注先が確定したら、システム開発に入ります。ここで開発会社へ丸投げするのではなく、随時進捗確認を行うことや、開発を進める中で出てくる確認事項を迅速に対応します。 納品前確認 納品前には、全体テストやランスルーテストを実施します。負荷テストまでしておく必要もあります。 納品、リリース 納品までにはサーバ構築をして納品をしてもらいます。問題なければ、予定通りリリースを行います。 2.アプリ開発の費用相場 アプリ開発に関しては、費用相場を出すのはとても難しいとされています。理由の一つとしては、世の中でアプリというソフトウエアが普及されてまだ歴史が浅く、開発の費用相場が定まらないというのもあります。アプリの種類も増え続けており、またスマートフォンのバージョンアップもサイクルが早いので、常に新しい技術を追っている実情もあり、ウエブアプリに比べるとやはり割高な相場になってしまいます。 画面数が10画面以下で機能も分かりやすい簡易的なものであれば数十万円〜で可能ですが、ショッピングカート機能を入れて決済機能が必要なアプリや、メッセージ機能、チャット機能などアプリ内でコミュニケーションが発生したりする場合は、すぐに数百万円の予算が必要になってきます。 では、アプリ開発を行う場合の開発会社を選ぶポイントについて紹介します。 冒頭でも説明しているように、アプリ開発でスマートフォンの場合、iPhoneとAndroidでは開発環境も言語も違います。どちらも開発対応が可能な会社もあれば、どちらかしか対応ができない会社もあります。また、最初から両方開発する場合もあれば、どちらか先に開発する場合もあります。その辺りは、開発会社と相談して決めるのが良いでしょう。 こういったことでも、ウエブアプリの開発とは異なります。開発会社の選定ポイントで重要な点としては、アプリ開発に関してノウハウや実績を確認することです。どのようなジャンルの開発を行っているかの実績をまずは確認しましょう。 次に、開発会社の得意としているところ、不得意なところを含めた特色を確認することです。開発会社も千差万別なので、アプリ開発に優れているスーパーエンジニアを抱えている会社かもしれませんし、または数多くのアプリ開発事例を持っていてノウハウが充実しているかもしれません。 また、料金体系の確認は必須です。見積もり依頼の前にアプリ開発をする際の工数単価を確認しておくと、見積もり依頼をするかどうかのジャッジができます。工数単価が高すぎる場合は、予算に合わない可能性がありますし、安すぎると技術力に不安を感じてしまうものです。 3.見積もり依頼方法 では、実際に見積もり依頼をどのようにすれば良いかを詳しく説明します。 なるべくRFP(提案要望書)を作成し、複数社(最低3社以上)へ見積もり依頼を出します。特にアプリ開発はまだまだ費用相場が定まっていないので、各社の見積もりを比較しても価格差が大きく出ている可能性があります。 その際には、なぜ価格差が出ているのか、見積もり項目単位で確認した方が良いでしょう。もしかすると実現したことが不透明なために、推測要素が大きく高くなっている可能性がありますし、逆に安く見積額を出してその金額内でやれる範囲を開発会社で決めている可能性もあります。 見積書をもとに、改めて各開発会社の強み、特色、会社規模などを確認して、開発を依頼するのに一番フィットするだろうと考えられる開発会社を選定することです。そのためにも、複数社の見積もりを取得することが大事なのです。 4.まとめ アプリ開発に関する費用相場と見積もり依頼方法についてまとめてきました。アプリ開発自体が、通常のソフトウエア開発とは環境や搭載機器によって開発手法が異なることもあり、実現したいアプリに合う開発会社を探すのは、とても大変なことです。 BtoBビジネスマッチング業界で10年以上の実績があるリカイゼンでは、アプリ開発に最適な開発会社を探すお手伝いを無料で対応させていただいています。また、開発会社が決定しても、マージン等をご請求することはありませんのでご安心ください。 予算が決まってない場合でも、まずは相談ベースからでも構いません。一度サポートデスクへお問い合わせいただくことをお待ちしております。

ゲームアプリ開発の費用相場と開発依頼、注意点まとめ

目次 1.ゲームアプリ開発の費用相場について 2.ゲームアプリ開発会社の選び方 3.アプリ開発会社への発注の仕方について 4.まとめ ゲームアプリ開発の一括見積依頼や案件のご相談、発注先探しならリカイゼンへ! 無料で相談する リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォームです。 より詳細はこちら 1.ゲームアプリ開発の費用相場について スマートフォンの普及によって、様々なアプリサービスがリリースされています。アプリとは、アプリケーション(Application)の略称で、特定機能を持ったソフトウエアの総称になります。アプリ開発には、専門的な知識が必要で、iPhoneのアプリ開発ではXcodeというソフトを使用しますし、AndroidではAndroidStudioツールを使ってアプリ開発を行います。 まずは、アプリ開発の種類とメリットを紹介します。 アプリ開発は、大きく2種類に分かれます。ネイティブアプリとウエブアプリです。 ネイティブアプリはモバイル端末の処理で動作してくれるタイプで、スマートフォンに入っている電卓がそれにあたります。カメラやセンサーなどはすべてネイティブアプリです。ネイティブアプリは、Java(Kotlin)やObjective-Cなどで開発されており、端末性能が高ければ高いほど、パフォーマンスが向上します。また、インターネットに繋がっていなくても使用できるというメリットがあります。 一方のウエブアプリは、ブラウザを利用しインターネットに接続して動くものです。ブラウザゲームやグーグルマップがそれにあたります。アプリのパフォーマンスよりも接続先のサーバーに依存するのが特徴です。ネイティブアプリはダウンロードしなければいけない手間が発生しますが、ウエブアプリはネット環境があればすぐに使えるメリットはあります。またウエブアプリは開発までのスピードが早いため、コスト的にもネイティブアプリより抑えることができるメリットはあります。 さらにアプリ開発では、タイプ別等によって開発費用の相場は異なってきます。例えば、ショッピングカート系だと初期開発費相場は100〜300万円、カタログ・フリーペーパー系では、50〜100万円、そしてゲーム系に関しては、300〜1,000万円が費用相場となっています。ゲームアプリは、他タイプのものよりも費用相場は高めになります。ゲーム開発は、それだけ複雑な機能を持たせているということになります。一説では、人気タイトルのゲームアプリ開発になると、開発費は1億円を超えるとも言われています。 では、アプリ開発においてどのような費用算出がされて、上記のような金額になっているのでしょうか。アプリの開発工程を説明します。 ①要件定義 どのようなゲームアプリにするのかをヒアリングして、要件を固めていきます。打ち合わせは、複数回の実施になります。 ②システム設計 要件定義をもとに、必要な機能を洗い出してシステム設計を行います。 ③画面デザイン、プログラミング 全体の画面デザインに入り、順次プログラミングを行います。 ④システムテスト 単体テストを行い、最終的に総合テストを行います。 ⑤運用テスト(負荷テスト) リリース前の運用テストや負荷テストを行い、最終確認を行います。 ⑥リリース申請 アプリをリリースするには、アプリストアへ申請を行う必要があります。AppstoreやGoogleplayへアプリのリリース申請を行います。スムーズに行って最短でも数日から10日程度かかります。またiOSアプリの場合は、「Apple Developer Program」で開発者登録を行い、約1万円の年間費が必要です。Androidアプリの場合は、「Googleディベロッパーアカウント」の作成が必須となり、約2,700円の登録料が必要です。 ⑦納品 無事に申請が通ったところで、納品という形になります。 ⑧運用保守 リリース後、不具合等の対応含め運用保守が必要となります。 かなりざっくりまとめても、上記ほどの開発工程が必要になります。アプリ開発は、初期のイニシャル開発費のほか、ランニングコストが発生することも念頭においておく必要があります。 アプリ開発は、人が関わって行うものなので、1時間あたりにどれくらいのエンジニア工数が必要かによって費用が異なります。開発するアプリに必要な機能や制作する要素が多いほどに工数は膨らみます。結果、費用が高くなるわけです。 また、スマホアプリ開発の場合、iPhoneとAndroidでは、開発言語が異なってきますので、両方を開発する際にはどちらかの開発よりもコストはかかってくることを念頭においておきましょう。 スマホのアプリ開発では、主にSwiftとJavaで開発されています。Swift(スウィフト)はiOSやMacなどの開発言語になります。以前は、Object-Cという開発言語が使われていましたが、現在はSwiftが主となっています。なお、Javaはアメリカで開発された言語で、アプリに限らず家電などの世界の色々な製品に応用されている言語です。 2.ゲームアプリ開発会社の選び方 ここでは、ゲームアプリ開発会社を選ぶには、どのようなところをポイントにすれば良いか説明します。 ゲームアプリに関するノウハウや実績 ゲームアプリは、アプリ開発の中でも特殊な部類になります。ゲーム開発の実績がある開発会社の方が安心感はあります。アプリ開発の見積りを依頼をする際は、開発会社のこれまでの実績を見せてもらいましょう。また、ゲームアプリもリリースして終わりではなくユーザーを集めていかなければいけません。リリース後も細かいカスタマイズをしなければいけませんし、時には大胆に大幅な改善を強いられる可能性もあります。その辺りが柔軟に対応できるかどうかも会社規模やコミュニケーションスキルから把握しておく必要はあります。 会社の特色 発注元として、開発会社へ何を一番に期待するか?を決めておく必要があります。価格重視なのか、実績やノウハウなのか、技術力重視なのか。期待値によって、コミュニケーションのあり方も異なって来るでしょう。 料金 開発会社の料金体系は、依頼する内容によって異なり複雑になりがちです。発注元として実現したいアプリとそれにかけられる予算を明確にして、どこまでが実現可能なのかをしっかりとすり合わせする必要があります。事前にRFP(提案要望書)を開発会社へ渡すことで、ブレない見積りができる可能性があります。 3.アプリ開発会社への発注の仕方について 見積り依頼は、複数社から取得してしっかりと比較をしましょう。上にも記載しましたが、RFP(提案要望書)を事前に作成して見積り依頼をする開発会社へ渡すことで、同じ情報を元にした見積りを各社よりもらうことができます。その意味合いは大きく、同じ情報を渡してから算出してもらえる見積りは、比較がしやすくなるのです。 見積り比較をし、発注先選定を行う場合、それまでには各社と必ず面談をしておきましょう。また、見積り段階では営業マンが担当窓口になりますが、プロジェクトが稼働始めるとディレクターやプロジェクトマネージャーになりますので、誰がプロジェクトの担当窓口になるかも事前に確認が必要です。 4.まとめ ゲームアプリ開発の費用相場、見積りの取り方について説明してきました。一度でもゲームアプリを開発したことがある担当者であれば、一連の流れはわかりますが、初めての場合は全体の流れや専門用語がわかりづらいかもしれません。周りにも有識者がいない場合は、プロのサポートに相談してもらうのが解決の近道になります。 ビジネスマッチング業界で10年の実績があるリカイゼンでは、予算が決まっていない相談ベースの案件から完全無料でサポートさせていただきます。なんとなくやりたいことは見えているけれど、予算まで決まっていない。予算は決まっているけれど、どこから手をつけて良いかわからない。相談内容は企業によって様々です。これまで8,000社以上のサポートをしてきたリカイゼンだからこそ、対応できることがあります。 一度、相談のご連絡をお待ちしております。

観光アプリの種類と開発費用

近年訪日客の増加が相まって東京・大阪・京都を中心に観光需要が高まっています。それに伴い、旅行前に必要な予約や情報収集、旅行先で便利なスポット検索や観光案内など、様々なシーンでアプリが活用されています。 ここでは観光アプリ開発を考えている方に向け、種類や機能、開発費についてご紹介します。■人気観光アプリの種類観光アプリは、いくつかタイプ別で種類を分類することができます。今回、国内の観光・案内系アプリのランキングトップ30の中から種類を調べてみました。(引用:https://android.app-liv.jp/hobbies/traveling/1179/?cur_page=2) まずは、種類別で数が多いタイプからご紹介致します。【1】 地域別案内サービス大阪・京都・奈良・沖縄・北海道等各地域に特化しお勧めスポットを紹介するサービスです。ここでは30件中17件がこの地域別案内サービスの分類でした。地域別に分けることによって、よりニッチな情報を得ることができます。【2】ホテル検索~ホテル予約数はあまり多くないですが、ランキングのトップを占めるのは「じゃらん」や「るるぶ」等のホテル予約アプリです。観光地付近の宿や予約可能な宿を探し、条件にあったホテルを予約することができます。【3】観光地案内 1で紹介した「地域別案内サービス」は媒体社や運営元から提供される内容ですが、ここでの観光地案内は、消費者視点での評価や感想等の口コミが見られるアプリです。実際に訪れた人のリアルな意見が聞けるため、信頼性の高い情報を得ることができます。【4】GPS連動音声ガイドサービスGPSで位置情報と連携し、観光地の音声ガイドを行ってくれるアプリです。訪日観光客が東京・大阪を筆頭に増加する中で、翻訳ガイドを受けることができます。【5】ARアプリAR技術を導入することで、カメラを風景にかざして目的地までの道案内を受けたり、建造物の歴史的な背景や説明が仮想現実として表示されたりと、イメージを体験できるアプリです。 上記以外にも、地域のイベント情報を紹介するイベントガイドアプリ、旅行地での移動手段を示す交通機関アプリ、アニメや映画にまつわる土地を案内する聖地巡礼アプリ、旅行者と地元民を繋げるマッチングアプリ、現地のお土産を紹介するアプリ等がありました。 なかでも「聖地巡礼アプリ」は、通常の観光客に加えアニメや映画のファン層など新規客層の呼び込みをきっかけに地域創生に繋がるという面でも注目されています。特に京都・奈良・大阪と歴史ある関西地域では、ロケ地となった場所も多く相性が良いかもしれません。 ■観光アプリで必要な機能1)観光スポット情報 周辺の観光スポットや飲食店の情報などを検索できる機能があります。目的に沿った情報を的確にユーザーに届ける必要がありますが、最近では「世界遺産めぐり」など特定の情報アプリ等もあります。2)位置情報 beaconやGPSなどの位置情報とナビでルート検索ができることや、複数の周遊コースを設定できるため、目的に応じて探すことができます。3)多言語対応訪日客がオリンピックに向けて増加傾向にある中で、多言語化はますます重要になります。特に英語、中国語などの言語は、最低限の機能として搭載が必要になるでしょう。4)クーポン機能 対象エリア内の施設や企業からクーポンが発行され、ユーザーは店舗で提示することで優待や割引を利用できる機能です。 ■iPhone向けとandroid向けの違いとは?アプリはスマホのOSによって、開発環境や特徴が異なります。スマホのOSはiOS(iPhone)とAndroidが有名です。OSとはオペレーティングシステムの略称であり、機械の基本的な管理・制御を行っているシステムです。iOS(iPhone)とAndroidそれぞれの違いをご紹介します。・開発言語 iOS(iPhone)は、SwiftやObjective-Cなどです。Androidは、Javaという開発言語がメインです。しかし、どちらのOSでも対応できるクロスプラットフォーム開発環境というものもあります。・アプリの販売場所 販売する場所は、iOS(iPhone)はApp Storeであり、AndroidはGoogle Playです。販売する側の登録料や利用料等も販売する場所によって異なります。・ユーザー層が違う 両方のOS向けに開発する場合はその限りではありませんが、どちらか片方のOSでアプリを開発する場合は、そのOSのユーザー数や傾向なども考慮すると良いでしょう。OSによってユーザー層に違いが出るケースもあります。 ■アプリ開発費用の目安 アプリ開発は開発する内容によって価格が大幅に変わってくるものです。一般的にですが、活用できるデータが何もない状態から作り上げるのであれば、おおよそ300万円ほどかかるものだと考えていただければ良いかと思います。 一般的にアプリに搭載する機能は、既存データとの連携、ログイン機能、決済機能、デザインなどが該当します。観光アプリで必要な機能は、マップ機能やAR機能ですが、それらを搭載する場合は、追加でそれぞれ50万円前後必要と考えていただければ良いかと思います。 ■アプリ開発依頼先の検討ポイント 開発会社を選定する際には、以下の点に注目するよいでしょう。 【1】見積比較複数社に見積りを依頼することによってコスト・内容共に自社に合った企業選定をしやすくなるでしょう。そのためにも見積項目を各社合わせてもらい違いが可視化される方が比較しやすくなります。【2】過去実績依頼後の進行スピードを高めるためにも、自分たちが求めるゴールを理解している企業の方が話はスムーズです。開発したいものと近しい実績を持っているか確認しましょう。近しい実績がある場合、同じ機能用いて開発することが可能です。また、良いアプリを作るために必要な機能を提案したり、経験をもとにアドバイスをしたりすることができます。【3】担当者との相性ゴールのイメージの相違を失くすためにも、担当者との相性やコミュニケ―ションがとても重要になります。例えば、レスポンスが早いことはもちろん、専門性の高い内容も理解しやすいよう説明できることもポイントとなります。【4】相談のしやすさ開発が進行し始めると、目的・用途に相違がないかの確認、また仕様書等で分からない点が出てくるのも当たり前です。疑問や変更したい点が出てきた場合は、早い段階でのすり合わせが重要事前に解決しておくことが必要です。進捗内容・業務内容の確認含め、相談したい時に直接会える距離の会社ですとより安心感があります。 最後に費用の算出方法や特色は開発会社によって異なります。アプリ開発を考える際には、複数社に問い合わせることが大切です。 提案内容や見積もりを比較検討することで、安心して依頼できる会社を見つけましょう。とはいえ、1社1社問い合わせをするのは労力がかかりますよね。 そんな時は、ネクスゲートのような見積もり比較サイトを通じて、複数社にまとめて問い合わせることも可能ですので、以下よりお気軽にご相談ください。

iPhone・iPadアプリ開発に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。