BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

アプリ開発における費用相場と見積もり依頼まとめ

1.アプリ開発とは?

アプリ開発とは、アプリケーション(Application)開発の略称になります。特定の機能を持ったソフトウェアを、スマートフォンやパソコンへインストールして使うものアプリケーションと言います。
アプリ開発のジャンルは多岐にわたり、また搭載するハードがiPhoneなのかAndroidなのか、Windowsなのかによって開発言語も異なってきます。最近では、オープンソースも多いことから、個人が独学で開発を行う場合もありますが、企業がアプリサービスをリリースしたいとなった場合は、やはりプロの開発会社へ依頼するのが良いと言えるでしょう。

アプリ開発には、ウエブアプリネイティブアプリがあり、違いがあります。ウエブアプリは、インターネット経由で機能します。代表的なのが、グーグルマップがそれに当たります。HTML・CSS、Javascriptなどのプログラム言語で開発されます。
一方、電話やカメラ機能、センサーなどはネイティブアプリになります。インターネットに接続されていなくても動くことができる安定感があります。Objective-Cなどのプログラム言語が代表的な開発言語になっています。 ウエブアプリは、ネイティブアプリに比べてダウンロードする手間はかからず、また開発までのスピードが早く費用もネイティブアプリに比べて安くできるというメリットはあります。

アプリ開発の中でもスマートフォンアプリに焦点を当てた際、iPhoneとAndroid端末ではアプリは2種類になります。iPhoneはご存知のようにアップルが開発していますので、Macコンピュータを使って開発を行うことになります。また、MacでしかダウンロードできないXcodeというツールを使って開発を行います。

機種OSアプリ開発言語開発環境
iPhoneアプリMac OSObjective-CXCode
AndroidアプリOSを選ばないJavaAndroid,Eclipse,SDK

ここからは、アプリ開発の流れについて紹介します。

打ち合わせ、ヒアリング(RFP作成)

作りたいアプリに関しての打ち合わせを行います。この際に、既にRFP(提案要望書)を作成している場合は、打ち合わせがスムーズに進みます。このRFPには、作りたいアプリの概要が記載されていることはもちろんですが、何故それを開発しようとなったのかの背景や、事業の場合だと目指す規模感、予算感、スケジュール感などがまとめられていることが理想です。更に既に自社でシステムを保有している場合は、既存システムの概要やインフラがどのようになっているかまで記載しておくと良いでしょう。

システム企画提案、要件確定

打ち合わせヒアリング後、どのようなシステム構成にするかについての提案を受けます。ここで、求めているアプリ仕様に関してしっかりとコンセンサスを取って意識が合っているかどうかの確認を行っておくことが大切です。

見積もり、発注先選定

要件が確定したら見積もりを取得し発注先選定を行います。

システム開発

発注先が確定したら、システム開発に入ります。ここで開発会社へ丸投げするのではなく、随時進捗確認を行うことや、開発を進める中で出てくる確認事項を迅速に対応します。

納品前確認

納品前には、全体テストやランスルーテストを実施します。負荷テストまでしておく必要もあります。

納品、リリース

納品までにはサーバ構築をして納品をしてもらいます。問題なければ、予定通りリリースを行います。

2.アプリ開発の費用相場

アプリ開発に関しては、費用相場を出すのはとても難しいとされています。理由の一つとしては、世の中でアプリというソフトウエアが普及されてまだ歴史が浅く、開発の費用相場が定まらないというのもあります。アプリの種類も増え続けており、またスマートフォンのバージョンアップもサイクルが早いので、常に新しい技術を追っている実情もあり、ウエブアプリに比べるとやはり割高な相場になってしまいます。
画面数が10画面以下で機能も分かりやすい簡易的なものであれば数十万円〜で可能ですが、ショッピングカート機能を入れて決済機能が必要なアプリや、メッセージ機能、チャット機能などアプリ内でコミュニケーションが発生したりする場合は、すぐに数百万円の予算が必要になってきます。

では、アプリ開発を行う場合の開発会社を選ぶポイントについて紹介します。
冒頭でも説明しているように、アプリ開発でスマートフォンの場合、iPhoneとAndroidでは開発環境も言語も違います。どちらも開発対応が可能な会社もあれば、どちらかしか対応ができない会社もあります。また、最初から両方開発する場合もあれば、どちらか先に開発する場合もあります。その辺りは、開発会社と相談して決めるのが良いでしょう。
こういったことでも、ウエブアプリの開発とは異なります。開発会社の選定ポイントで重要な点としては、アプリ開発に関してノウハウや実績を確認することです。どのようなジャンルの開発を行っているかの実績をまずは確認しましょう。

次に、開発会社の得意としているところ、不得意なところを含めた特色を確認することです。開発会社も千差万別なので、アプリ開発に優れているスーパーエンジニアを抱えている会社かもしれませんし、または数多くのアプリ開発事例を持っていてノウハウが充実しているかもしれません。

また、料金体系の確認は必須です。見積もり依頼の前にアプリ開発をする際の工数単価を確認しておくと、見積もり依頼をするかどうかのジャッジができます。工数単価が高すぎる場合は、予算に合わない可能性がありますし、安すぎると技術力に不安を感じてしまうものです。

3.見積もり依頼方法

では、実際に見積もり依頼をどのようにすれば良いかを詳しく説明します。
なるべくRFP(提案要望書)を作成し、複数社(最低3社以上)へ見積もり依頼を出します。特にアプリ開発はまだまだ費用相場が定まっていないので、各社の見積もりを比較しても価格差が大きく出ている可能性があります。
その際には、なぜ価格差が出ているのか、見積もり項目単位で確認した方が良いでしょう。もしかすると実現したことが不透明なために、推測要素が大きく高くなっている可能性がありますし、逆に安く見積額を出してその金額内でやれる範囲を開発会社で決めている可能性もあります。
見積書をもとに、改めて各開発会社の強み、特色、会社規模などを確認して、開発を依頼するのに一番フィットするだろうと考えられる開発会社を選定することです。そのためにも、複数社の見積もりを取得することが大事なのです。

4.まとめ

アプリ開発に関する費用相場と見積もり依頼方法についてまとめてきました。アプリ開発自体が、通常のソフトウエア開発とは環境や搭載機器によって開発手法が異なることもあり、実現したいアプリに合う開発会社を探すのは、とても大変なことです。
BtoBビジネスマッチング業界で10年以上の実績があるリカイゼンでは、アプリ開発に最適な開発会社を探すお手伝いを無料で対応させていただいています。また、開発会社が決定しても、マージン等をご請求することはありませんのでご安心ください。
予算が決まってない場合でも、まずは相談ベースからでも構いません。一度サポートデスクへお問い合わせいただくことをお待ちしております。

iPhone・iPadアプリ開発でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

iPhone・iPadアプリ開発の関連記事

iPadアプリ開発の見積もりについて徹底分析してみよう

2009年の初代iPad発売以来、4機種のiPadが展開されるようになりました。ユーザニーズに合わせて選べる各機種では、搭載するアプリ開発も活発です。そこで、ここではiPadアプリ開発に特化したノウハウを解説したいと思います...

AndroidアプリとiPhoneアプリは何が違うの?アプリで収益を得るためにやること

20〜30代のスマホ利用率が9割を超えた(出典:総務省「平成29年通信利用動向調査」)今、スマホ向けアプリサービスも数多く出ています。ただ、スマホはAndroidとiPhoneの2種類のOSがあり、また各メーカーによって画面...

アプリ開発を成功するための企画づくりと、オススメのアプリ開発会社

スマートフォンの急速な普及によって、スマートフォンで操作ができるアプリ開発が活発です。この数年で急成長を遂げているシェアリングサービス(Uber、Airbnbなど)も、いつでもどこでもインターネットに手軽に繋げられるスマート...

iOSもAndroidを同時に開発できるクロスプラットフォーム「Unity編」

インターネットの進化とともにスマートフォン(以降、スマホ)の普及が進みました。そしてスマホの普及とともに進化しているのが、スマホ向けアプリです。これまで、パソコンブラウザでインターネットに接続してWEBサイトを閲覧したり、ネ...

iPhoneアプリのストア申請とチェックポイント

iPhoneアプリは、開発してすぐにリリースできるわけではありません。iOSデバイスからユーザがダウンロードできるようにするため、アップルストアへ公開する必要があるのです。そしてアップルストアで公開するには、アップルストアの...

iPhone・iPadアプリ開発に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。