BUSINESS TIPSビジネスに役立つ情報がきっと見つかる

  • コピーライティング・ライター・編集
  • コピーライティング

コピーライティングを外注する際のポイントや注意点とは?

コピーライティング自社の商品やサービスをターゲットとなる顧客層に売り込む際になくてはならないものです。
社内でコピーを執筆してくれる人を用意するのが困難な場合や多忙な中で時間を節約したいという場合、コピーの外注を考えている会社や事業主の方も少なくないでしょう。
しかし、品質の低いコピーは見込み客に訴求しないばかりか、費用ばかりかかって逆効果となるケースもあります。
そこで発注する際に大切なポイントや注意点、コツなどについてお伝えしていきます。

どのような業者に外注できるのか?

まずは商品やサービスのコピーの依頼を受けている業者についてご紹介していきましょう。
主に発注できる先としては「ライティング代行業者」や「クラウドソーシング」、「個人業者(フリーランス)」があります。
まずは依頼する先を探す方法やそれぞれの業者の特徴、メリットやデメリットにも触れながら、以下に順を追って詳しく見ていきます。

ライティング会社やライターの探し方

依頼先を探す方法にはいくつか方法があります。 方法としは主に「クラウドソーシング会社のサイト」や「紹介」、「ネット検索」が挙げられます。
クラウドソーシング会社はいくつかの大手の会社があり、登録されているフリーのライターが検索できるようになっています。
また、会社によっては営業担当者に依頼し、個別にライターは選べないところもあります。
後者の場合、営業担当者を通じて依頼内容や納品後の修正箇所について伝える形となります。

紹介の場合は実際に利用した会社の担当者などからの紹介が考えられます。
実際に利用してことがあるのでライターの実績や腕については安心できる点がメリットです。
最後のウェブ検索は幅広い選択肢から予算に応じて選べる点が魅力ですが、時間がかかったり、必ずしもいいライターに出会えるとは限らなかったりするのがデメリットです。

ライティング代行業者

ライティング代行業者はライティングのプロがいる会社ですので、依頼したい会社の商品やサービスにもっともふさわしいコピーを考えてくれます。
売れるためのコピーを考えるために対象となる商品やサービスの使い心地やメリット、デメリットなどを同業他社と比較するなど、綿密なリサーチの上で企画・執筆してくれます。
また、専門業者に頼むことで仕上がりや品質面で一定のレベルが期待でき、安心です。

その反面、一般的に料金が高くなる傾向があります。
どれくらいの費用がかけられるかについてはよく検討してから依頼しましょう。
また、商品やサービスに対しての要件をしっかりと定義してから依頼しないとできあがったコピーが期待していたイメージと違ってしまうというケースも考えられます。
打ち合わせの際にしっかりとイメージや要件について伝えておくことが重要となります。

クラウドソーシング

クラウドソーシングはクラウドソーシング会社にウェブ上で登録している個人がその会社を通じて間接的に請け負って、納品してくれるサービスです。
メリットとしては「安さ」が挙げられます。
記事の文字数単価があらかじめ決めることができたり、文字数上限を特定したりして依頼できるので、予算に合った発注が可能という点もメリットです。

その一方で、品質面で満足できないものが納品されたり、納期が守られていなかったりするというリスクもあります。
また、せっかく気に入ったコピーライターがいても必ずしも継続して同じライターに依頼できるとは限らない点も考慮した方がいいでしょう。
ライティング代行業者と比較してこれらのデメリットを理解した上で発注することが大切なポイントになります。

個人業者(フリーランス)

個人業者の場合、経験や実績がまちまちなので料金も様々な違いがあります。
経験と実績豊富なライターが独立しているような場合には期待値以上のコピーが納品されてきます。
しかし、デメリットとしてはそのような実績豊富なライターを探すのが難しい点です。
実際に利用した会社の担当者などからの紹介や口コミなどで納得できれば選択肢として検討してみてもいいでしょう。

依頼する際に注意すべきポイントやコツとは?

次に実際に発注する際にどのようなポイントに注意すれば良いのか、そのコツを含めてご紹介していきましょう。

外注してもいいコンテンツかをまず検討しよう

今回の記事では外注する場合のポイントについてお伝えしているわけですが、そもそも外部に委託するのにふさわしくない商品やサービスがありますので、注意が必要です。
特に自社で開発した特殊な技術を用いて製品化された商品や非常に高度で専門的なサービスを提供しているような場合、外部のライターではうまくその魅力が伝わらない場合があります。
どうしても時間がなくて委託したい場合、入念な打ち合わせをすることはもちろん、ライティングに盛り込んでほしい内容や目的などについては別途概要を記したメモや参考資料を渡すようにします。

対象となる顧客層やユーザーを特定する

発注する前に自社内でやるべき大切なステップとして自社の商品やサービスを売り込む対象となる顧客層やユーザーを整理し、対象を絞り込むことが大切です。
一般的に「ペルソナ像」などと呼ばれていますが、対象がぼやけているとコピーの効果が薄れますし、依頼する際にライターの方でイメージがつかみにくくなってしまいます。
せっかく費用をかけて依頼しても無駄になるリスクがあるので注意しましょう。

ペルソナ像はたとえば、主婦向けのパート求人サイトのコピーであれば具体的に以下のようなイメージ像をたて、ライティング会社にも伝えるようにします。

〇埼玉県さいたま市に住む30代から40代の子持ちの専業主婦
〇神奈川県川崎市に住む40代から50代で結婚を機に退社し仕事のブランクがある主婦

このようなイメージを設定することでターゲットがかなり絞り込まれ、ライターが効果の発揮しやすい記事を書くのに有効となります。

丸投げは避ける

軽い気持ちで依頼したり、相手がキャッチコピーなどライティングのプロだから大丈夫だろうと安易に丸投げしたりすると満足できるものは期待できません。
発注する際には自社の商品やサービスのペルソナ像や商品開発の裏話、商品やサービス購入後のイメージや利点などについて詳細に伝えておくことが大切です。

依頼できる相手にふさわしいかを見極める方法

依頼する先がその相手にふさわしいかどうか、その力量を見極めるには担当するライティング会社や担当者にいくつか質問を投げます。
返ってくる回答からある程度まで相手の力量や仕事へ取り組む姿勢などが把握できます。
たとえば、ライティングする際にどれくらいリサーチに時間をかけるのか、あるいはその具体的な方法について質問します。
優れたコピーの作成には入念なリサーチが必要です。
そのリサーチは全体の作業量のおよそ7割になります。

納品された後に必要なことは?

商品やサービスのコピーは納品されてターゲットとなる見込み客の目に触れたらそれで終わりではありません。
必ずその効果を検証し、効果があった点や改善が必要な点を浮き彫りにしておくことが大切です。
そのような検証結果から次回の依頼するコピーの内容やリテイクすべき箇所を特定することができます。

このリテイクとは一度納品されたコピーについてターゲットとなる見込み客やユーザーの反応を見ながら書き直していく作業のことです。
コピーはこのように反応や効果などに応じて修正を加えていくことでより効果的なものに仕上がっていきます。
リテイクについては商品やサービスの内容によっても異なりますが、できれば3回ほど実施するのが理想的です。

まとめ

コピーライティングを外注する際に重要なポイントなどについてご紹介しました。
業者選定も重要ですが、それ以上に依頼する際には自らも積極的に関与し、内容や結果についての検証を欠かさないということが成功への秘訣となります。
発注する際にはこの記事でご紹介した内容を是非参考にしてみてください。

コピーライティングでお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

コピーライティングの関連記事

コピーライティングを外注する際のポイントや注意点とは?

コピーライティングは自社の商品やサービスをターゲットとなる顧客層に売り込む際になくてはならないものです。 社内でコピーを執筆してくれる人を用意するのが困難な場合や多忙な中で時間を節約したいという場合、コピーの外注を考えている会社や事業主の方も少なくないでしょう。 しかし、品質の低いコピーは見込み客に訴求しないばかりか、費用ばかりかかって逆効果となるケースもあります。 そこで発注する際に大切なポイントや注意点、コツなどについてお伝えしていきます。 どのような業者に外注できるのか? まずは商品やサービスのコピーの依頼を受けている業者についてご紹介していきましょう。 主に発注できる先としては「ライティング代行業者」や「クラウドソーシング」、「個人業者(フリーランス)」があります。 まずは依頼する先を探す方法やそれぞれの業者の特徴、メリットやデメリットにも触れながら、以下に順を追って詳しく見ていきます。 ライティング会社やライターの探し方 依頼先を探す方法にはいくつか方法があります。 方法としは主に「クラウドソーシング会社のサイト」や「紹介」、「ネット検索」が挙げられます。 クラウドソーシング会社はいくつかの大手の会社があり、登録されているフリーのライターが検索できるようになっています。 また、会社によっては営業担当者に依頼し、個別にライターは選べないところもあります。 後者の場合、営業担当者を通じて依頼内容や納品後の修正箇所について伝える形となります。 紹介の場合は実際に利用した会社の担当者などからの紹介が考えられます。 実際に利用してことがあるのでライターの実績や腕については安心できる点がメリットです。 最後のウェブ検索は幅広い選択肢から予算に応じて選べる点が魅力ですが、時間がかかったり、必ずしもいいライターに出会えるとは限らなかったりするのがデメリットです。 ライティング代行業者 ライティング代行業者はライティングのプロがいる会社ですので、依頼したい会社の商品やサービスにもっともふさわしいコピーを考えてくれます。 売れるためのコピーを考えるために対象となる商品やサービスの使い心地やメリット、デメリットなどを同業他社と比較するなど、綿密なリサーチの上で企画・執筆してくれます。 また、専門業者に頼むことで仕上がりや品質面で一定のレベルが期待でき、安心です。 その反面、一般的に料金が高くなる傾向があります。 どれくらいの費用がかけられるかについてはよく検討してから依頼しましょう。 また、商品やサービスに対しての要件をしっかりと定義してから依頼しないとできあがったコピーが期待していたイメージと違ってしまうというケースも考えられます。 打ち合わせの際にしっかりとイメージや要件について伝えておくことが重要となります。 クラウドソーシング クラウドソーシングはクラウドソーシング会社にウェブ上で登録している個人がその会社を通じて間接的に請け負って、納品してくれるサービスです。 メリットとしては「安さ」が挙げられます。 記事の文字数単価があらかじめ決めることができたり、文字数上限を特定したりして依頼できるので、予算に合った発注が可能という点もメリットです。 その一方で、品質面で満足できないものが納品されたり、納期が守られていなかったりするというリスクもあります。 また、せっかく気に入ったコピーライターがいても必ずしも継続して同じライターに依頼できるとは限らない点も考慮した方がいいでしょう。 ライティング代行業者と比較してこれらのデメリットを理解した上で発注することが大切なポイントになります。 個人業者(フリーランス) 個人業者の場合、経験や実績がまちまちなので料金も様々な違いがあります。 経験と実績豊富なライターが独立しているような場合には期待値以上のコピーが納品されてきます。 しかし、デメリットとしてはそのような実績豊富なライターを探すのが難しい点です。 実際に利用した会社の担当者などからの紹介や口コミなどで納得できれば選択肢として検討してみてもいいでしょう。 依頼する際に注意すべきポイントやコツとは? 次に実際に発注する際にどのようなポイントに注意すれば良いのか、そのコツを含めてご紹介していきましょう。 外注してもいいコンテンツかをまず検討しよう 今回の記事では外注する場合のポイントについてお伝えしているわけですが、そもそも外部に委託するのにふさわしくない商品やサービスがありますので、注意が必要です。 特に自社で開発した特殊な技術を用いて製品化された商品や非常に高度で専門的なサービスを提供しているような場合、外部のライターではうまくその魅力が伝わらない場合があります。 どうしても時間がなくて委託したい場合、入念な打ち合わせをすることはもちろん、ライティングに盛り込んでほしい内容や目的などについては別途概要を記したメモや参考資料を渡すようにします。 対象となる顧客層やユーザーを特定する 発注する前に自社内でやるべき大切なステップとして自社の商品やサービスを売り込む対象となる顧客層やユーザーを整理し、対象を絞り込むことが大切です。 一般的に「ペルソナ像」などと呼ばれていますが、対象がぼやけているとコピーの効果が薄れますし、依頼する際にライターの方でイメージがつかみにくくなってしまいます。 せっかく費用をかけて依頼しても無駄になるリスクがあるので注意しましょう。 ペルソナ像はたとえば、主婦向けのパート求人サイトのコピーであれば具体的に以下のようなイメージ像をたて、ライティング会社にも伝えるようにします。 〇埼玉県さいたま市に住む30代から40代の子持ちの専業主婦 〇神奈川県川崎市に住む40代から50代で結婚を機に退社し仕事のブランクがある主婦 このようなイメージを設定することでターゲットがかなり絞り込まれ、ライターが効果の発揮しやすい記事を書くのに有効となります。 丸投げは避ける 軽い気持ちで依頼したり、相手がキャッチコピーなどライティングのプロだから大丈夫だろうと安易に丸投げしたりすると満足できるものは期待できません。 発注する際には自社の商品やサービスのペルソナ像や商品開発の裏話、商品やサービス購入後のイメージや利点などについて詳細に伝えておくことが大切です。 依頼できる相手にふさわしいかを見極める方法 依頼する先がその相手にふさわしいかどうか、その力量を見極めるには担当するライティング会社や担当者にいくつか質問を投げます。 返ってくる回答からある程度まで相手の力量や仕事へ取り組む姿勢などが把握できます。 たとえば、ライティングする際にどれくらいリサーチに時間をかけるのか、あるいはその具体的な方法について質問します。 優れたコピーの作成には入念なリサーチが必要です。 そのリサーチは全体の作業量のおよそ7割になります。 納品された後に必要なことは? 商品やサービスのコピーは納品されてターゲットとなる見込み客の目に触れたらそれで終わりではありません。 必ずその効果を検証し、効果があった点や改善が必要な点を浮き彫りにしておくことが大切です。 そのような検証結果から次回の依頼するコピーの内容やリテイクすべき箇所を特定することができます。 このリテイクとは一度納品されたコピーについてターゲットとなる見込み客やユーザーの反応を見ながら書き直していく作業のことです。 コピーはこのように反応や効果などに応じて修正を加えていくことでより効果的なものに仕上がっていきます。 リテイクについては商品やサービスの内容によっても異なりますが、できれば3回ほど実施するのが理想的です。 まとめ コピーライティングを外注する際に重要なポイントなどについてご紹介しました。 業者選定も重要ですが、それ以上に依頼する際には自らも積極的に関与し、内容や結果についての検証を欠かさないということが成功への秘訣となります。 発注する際にはこの記事でご紹介した内容を是非参考にしてみてください。

キャッチフレーズを外注先に依頼するときの事前準備とコツ

自分で考えたいけれど時間がない、自信がないなど、様々な理由でキャッチフレーズを外注に依頼することがあります。 今回は、そんなキャッチフレーズの重要性とともに、依頼する際のポイントや注意点をまとめてご紹介していきます。 外部に依頼するメリット 重要なキャッチコピーは、自分で考えたいと思う気持ちも分かります。 しかし、あなたにはキャッチコピーを考える以外にも、やらなければならないことがたくさんあるでしょう。 良い宣伝文句を考えるためには、基礎知識や経験が必要になるため、誰にでも作れるとは限りません。 そういった際には、専門業者に依頼するパターンが多いでしょう。 プロに宣伝文句を考えてもらっている間に、あなたは他の仕事ができますから、作業性がアップします。 かかった時間や宣伝文句の質を計算すれば、外部に依頼した方が安上がりだったということもあります。 キャッチフレーズの重要性を理解する 優れたキャッチフレーズやキャッチコピーがあるだけで、人々の記憶に残りやすく、効果的な宣伝が可能です。 外部に依頼する前に、キャッチコピーの大切さを今一度理解しておきましょう。 まずは、短い文章で商品の特徴がはっきり伝わることです。 長々と書かれた宣伝文句を、端から端まできちんと読む方は、そうはいないでしょう。 やはり、短文ですっと商品の特徴が伝わるという点は、情報があふれている現代ではとても重要です。 また、キャッチコピーは商品の購入の背中を押す、付加価値を付けてくれます。 記憶に残るキャッチコピーだったら、ふとした瞬間に思い出して商品やサービスを購入してくれる確率も高いでしょう。 このように、短い文章の中に様々な消費者へのメッセージが込められているのが、キャッチコピーなのです。 依頼する前に準備しておきたいこと 専門の方に依頼するからといって、一から丸投げしてしまうのはよくありません。 先ほどご紹介したように、あなたの大切なキャッチコピーですから、あらかじめ考えておく必要がある骨組みがあります。 まず大切なことが、ターゲットを明確にしておくことです。 そのためには、そのキャッチコピーで伝えたい商品やサービスの特徴をはっきりさせておくことが大切です。 もちろん、せっかくキャッチコピーを作るのだから、ターゲットなど決めずに万人に向けたキャッチコピーにしたいという考えも分かります。 しかし、万人に向けたキャッチコピーというのは、無難で、結局誰の目にも留まらないケースがほとんどです。 たとえばダイエット食品のキャッチコピーを考えるときに、「痩せたい人へ」とあってもそのまま素通りしてしまうでしょう。 しかし、「夏までに綺麗に痩せて水着を着たいあなたへ」と、より具体的なターゲットになっていたらどうでしょうか。 これから、夏に向けてダイエットを考えている人の目に留まる確率は上がります。 このように、まずはキャッチコピーでどのような人物の目に留まってほしいのかを決めておくことが大切です。 また、「真面目」「おもしろい」「かわいい」など、キャッチコピーのイメージにも、ある程度の方向性を決める必要があります。 依頼先の探し方 キャッチコピーを届かせたいターゲットや方向性が決まったら、いよいよ外部へ依頼しますが、依頼先はどのように探せばいいのでしょうか? キャッチコピーの制作依頼先は大きく分けて2つあり、専門業者に依頼する方法とクラウドソーシングなどを利用して個人に依頼する方法です。 専門業者に依頼する場合は、複数の業者に見積もり依頼をして、比較検討を忘れずに行いましょう。 今回は、近年主流になったクラウドソーシング上でのキャッチコピーの依頼方法について詳しくご紹介します。 プロジェクト形式で依頼する プロジェクト方式とは、クラウドソーシング上でキャッチコピーの作成募集をします。 その依頼に応募してくれた方の中から、正式な契約をして、キャッチコピーを作成、納品してもらいます。 コンペ形式で依頼する もう一つの方法が、コンペ形式で依頼する方法です。 コンペ形式の場合は、募集する際にキャッチコピーのターゲットや方向性をきちんと提示し、それに見合ったキャッチコピーを応募してもらいます。 その中から気に入った作品を選んで、その作成者に料金を支払います。 コンペ形式の場合は、応募者が直接キャッチコピーを応募してくれるため、納品時間の短縮につながります。 また、採用となったキャッチコピーの制作者にだけ報酬を支払う形式となっているので、キャッチコピー作成予算を抑えることも可能です。 もちろん、応募されたキャッチコピーに対して、修正依頼もできるため、より洗練されたキャッチコピーに仕上がります。 クラウドソーシングによっては、コンペ形式でキャッチコピーを募集して、一定より応募がなかった場合、全額返金してくれる提案数保証制度やタイトルだけ公開される非公開のコンペ形式機能のあるものもありますので、安心です。 このようにキャッチコピーにはコンペ形式での依頼の方が相性が良く、主流になっています。 キャッチコピーの相場と納期 さて、続いてはコンペ形式でキャッチコピーを募集する場合の、相場費用の目安をご紹介します。 募集期間を5日とした場合、1万円で提案数は200件前後、2万円で300件前後、4万円で500件前後となります。 募集期間が短ければ、同じ金額でも提案数は減っていきますので、納期と予算のバランスを計算してください。 ですが、比較的安心の予算で依頼できる相場ではないでしょうか。 納期は最短で1日というケースもありますので、急にキャッチコピーが必要になった場合でも問題ありません。 キャッチコピーの修正依頼のコツ キャッチコピーの依頼先が見つかり、ターゲットや方向性を伝えて一安心、ではありません。 初回納品のキャッチコピーで満足のいくものが納品されれば問題ありませんが、そういったケースは少ないです。 「もうちょっとここをこうして欲しい」と思って修正点を伝えても、曖昧な指摘をしてしまうと、修正後のキャッチコピーが今までと180度違って、方向性があやふやになってしまうこともあります。 そのため、修正依頼は具体的に明確に、「ここをこうして欲しい」と伝える必要があります。 ターゲットや方向性を伝えていても、肝心の商品についてキャッチコピー制作者が詳しく知らなければ、クオリティーの高いキャッチコピーは作れません。 可能な限り、キャッチコピーを作ってほしい商品やサービスについての情報を伝えるようにしましょう。 商品の情報に加えて、会社のHPやSNSなどの情報も共有すると、より目指す方向性が一緒になります。 「こうして欲しい」というイメージは、なかなか言葉だけでは伝わりにくいものです。 参考になる写真や画像、カラーなど、目で見て伝える方法も有効的です。 このように、修正依頼を伝えるときには、相手に分かりやすく明確な依頼をしなければなりません。 そのため、はっきりと自分の考えを伝える、コミュニケーション能力も必要になってきます。 最初に依頼するときからしっかりとコミュニケーションを取っていれば、後々もスムーズなやり取りが可能になります。 まとめ 今回は、キャッチコピーの重要性とともに、外部に依頼する際に事前に準備しておくことや依頼先の探し方、修正依頼のコツについてご紹介しました。 とくに商品の特徴やターゲットは、キャッチコピーを作成する上で大切なポイントですから、しっかりと決めましょう。

企業広報についての“基本”。

さまざまなフリーペーパーの編集をしていて、情報掲載の許可と内容確認を企業・団体の広報部門を通してよく行うのだが、その都度、企業広報について考えさせられる。“基本”と書いたが“”付きなのは、私が広報の専門家でなく内容が限定的だからだ。しかし、危機管理学部のある日大が危機管理を誤った例のように、専門家が常に正しい訳でもなく私なりの視点も少しは役に立つのではと思った。 さて企業広報についてである。こと外部からの問合せに限っての話だが、第一に「迅速であること」を望みたい。最近はメールで問合せ窓口を設けるのが一般的だが、少なくとも自動返信でメールを預かった旨の連絡はしてほしい。この自動返信機能は大企業であれば当然かと思われるかもしれないが、行われていない企業は当然ある。そして担当者による何らかの通知を遅くとも翌日に行ってほしい。いくら多忙でも当日に返信しないのは、ビジネスでは礼を失する。この迅速性は、危機管理の面から言っても同様だ。 次に「問合せしてくる人間も顧客の一人と考えること」と言いたい。いきなり連絡して「情報掲載を、情報の確認をお願いしたい」という文面を見れば「どこか胡散臭い」あるいは「面倒だな」と思われて致し方ないし、だからこそ私も依頼する際のノウハウは積み重ねたつもりだが、居丈高であからさまに面倒だと言わんばかりの文面や会話に出くわすこともある。「顧客の一人」と書いたが、なかには実際に私が顧客の一人である場合も多い。その際、私が憂慮するのは、広報部門の態度が営業やリアル店舗の接客に結び付いていないかという点だ。そうした関連性をもつのが企業文化であると思うし、だからこそ広報部門の姿勢は重要な位置を占める。 もちろん、「私も顧客の一人なのだからお客さま扱いしろ」などと言うつもりは全くない。しかし、仮にも情報提供という同じ目的に向かう存在に対し、最初から上から目線の態度を見せてしまったら、そういう企業文化をもった会社であると思われても不思議ではない。もちろん、総じてトップメーカーの対応の機敏さ、丁寧さは推して知るべし、である。

「追及」という落とし穴。

過去に何度か目にし、関係者でもないのに指摘もしたことがある誤字に「追求」を「追及」と記した例がある。「新明解国語辞典」(改訂前の第三版)によれば、「追求」は「目的の物が手に入るまであらゆる手段を尽くすこと」であり、「追及」は「(1)逃げる者を追うこと(2)事件の責任などを追いつめること」である。したがって広告文でよく用いられる「理想を追求」などのフレーズで「追及」と書くのは誤字なのだが、恐らくインターネット検索をすれば、WEBサイトにこの種の誤字が簡単に見つかるはずだ。先日もある不動産の仕事で、地方行政も絡んだ首都圏の大規模開発に同様の誤字を見つけた。しかし基本理念に使われていたので修正はきかないのかもしれない。この種の「追及」の誤字は、あまりに一般化しているが故の落とし穴と言える。原因は、コピーライターの不注意であることは当然だが、「激安」が「爆安」になるのと同じように、より目新しい表現を求める関係者の意図が働いている気がしてならない。つまり「『追求』はよく目にするし、『追及』の方が強い気がする」という安易な選択がもたらした誤字という気がするのである。もちろん広告はときに日本語文法の枠を外れる。しかし、クリエイティブな狙いもなく誤った漢字を使う行為は避けるべきである。  

ユーザーの目にとまる 特徴のあるWEBサイトの作り方

ユーザーの視点で客観的に考えることで『選ばれるサイト』へと近づきます。ホームページを作成する目的は様々ですが、集客を目的としている場合に、何を売りにしてPRすればいいのかという点に悩まれている企業が多いように思います。できるだけ反響がほしいからといって、「会社が手がけている様々なことを知ってもらいたい」「問い合わせの間口を広げるために、どんなことにも対応できますと伝えたい」など、サイト内にいろんなことを盛り込み過ぎてしまうと、同業他社と比較した際に結果的に埋もれてしまうことになります。『特徴のないサイト=選ばれないサイト』になるということです。ここで重要になってくるのが、自社の業務にどのような特徴をつけていくのかということ。例えば工務店のサイトは、一般的に「どのような相談もお気軽にお問い合わせください」というような内容が大半です。そこで、木の素材にこだわった大工作業が得意な工務店があるとします。実際にはその他にも様々な作業に対応しているのですが、「木の素材にこだわった工務店で、木のスペシャリスト」のような打ち出し方をするとどうでしょうか?木の素材にこだわった家に住みたいというお客様が、他社と比べた時に選ばれるのは前者だと思いませんか?ホームページを作成する際に重要なのは、このようにユーザーの視点で客観的に考えることです。私たちがWEBサイトを依頼された場合は、まずその業界のことを調べることから始めます。そして、クライアントそれぞれの特徴を見つけるために、徹底的に聞き込みを行います。後は検索エンジンを調べること。それらを知った上で、同業他社との差別化をはかっていくのです。写真とコピー、デザインの工夫でファーストビューをより魅力的に自社の特徴が見つかったら、次に重要なのがWEBサイトのデザインです。WEBはパンフレットなどの紙媒体と違って、わずか数秒で閲覧を続けるか離脱するのかをユーザーに判断されてしまいます。そこで最も重要なのが、WEBにアクセスした時に表示される画面『ファーストビュー』です。それを見るだけで会社の特徴がダイレクトにユーザーに伝わり、魅力的な会社だと思わせなければなりません。そのためには、まずは特徴が伝わるような写真を使用すること。そして、短い言葉でどんな会社なのかが伝わるようなコピーを入れることも必要です。クライアントの予算次第にはなりますが、離脱率を少なくするためにも、プロのカメラマンによる撮影、プロのコピーライターによるライティングも検討されてはいかがでしょうか?写真やコピー、デザインにこだわり、工夫することで、導き出した『会社の特徴』をユーザーにダイレクトに伝えることができるはずです。

コピーライティングに関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。