BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

コピーライティングを外注する際のポイントや注意点とは?

コピーライティング自社の商品やサービスをターゲットとなる顧客層に売り込む際になくてはならないものです。
社内でコピーを執筆してくれる人を用意するのが困難な場合や多忙な中で時間を節約したいという場合、コピーの外注を考えている会社や事業主の方も少なくないでしょう。
しかし、品質の低いコピーは見込み客に訴求しないばかりか、費用ばかりかかって逆効果となるケースもあります。
そこで発注する際に大切なポイントや注意点、コツなどについてお伝えしていきます。

どのような業者に外注できるのか?

まずは商品やサービスのコピーの依頼を受けている業者についてご紹介していきましょう。
主に発注できる先としては「ライティング代行業者」や「クラウドソーシング」、「個人業者(フリーランス)」があります。
まずは依頼する先を探す方法やそれぞれの業者の特徴、メリットやデメリットにも触れながら、以下に順を追って詳しく見ていきます。

ライティング会社やライターの探し方

依頼先を探す方法にはいくつか方法があります。 方法としは主に「クラウドソーシング会社のサイト」や「紹介」、「ネット検索」が挙げられます。
クラウドソーシング会社はいくつかの大手の会社があり、登録されているフリーのライターが検索できるようになっています。
また、会社によっては営業担当者に依頼し、個別にライターは選べないところもあります。
後者の場合、営業担当者を通じて依頼内容や納品後の修正箇所について伝える形となります。

紹介の場合は実際に利用した会社の担当者などからの紹介が考えられます。
実際に利用してことがあるのでライターの実績や腕については安心できる点がメリットです。
最後のウェブ検索は幅広い選択肢から予算に応じて選べる点が魅力ですが、時間がかかったり、必ずしもいいライターに出会えるとは限らなかったりするのがデメリットです。

ライティング代行業者

ライティング代行業者はライティングのプロがいる会社ですので、依頼したい会社の商品やサービスにもっともふさわしいコピーを考えてくれます。
売れるためのコピーを考えるために対象となる商品やサービスの使い心地やメリット、デメリットなどを同業他社と比較するなど、綿密なリサーチの上で企画・執筆してくれます。
また、専門業者に頼むことで仕上がりや品質面で一定のレベルが期待でき、安心です。

その反面、一般的に料金が高くなる傾向があります。
どれくらいの費用がかけられるかについてはよく検討してから依頼しましょう。
また、商品やサービスに対しての要件をしっかりと定義してから依頼しないとできあがったコピーが期待していたイメージと違ってしまうというケースも考えられます。
打ち合わせの際にしっかりとイメージや要件について伝えておくことが重要となります。

クラウドソーシング

クラウドソーシングはクラウドソーシング会社にウェブ上で登録している個人がその会社を通じて間接的に請け負って、納品してくれるサービスです。
メリットとしては「安さ」が挙げられます。
記事の文字数単価があらかじめ決めることができたり、文字数上限を特定したりして依頼できるので、予算に合った発注が可能という点もメリットです。

その一方で、品質面で満足できないものが納品されたり、納期が守られていなかったりするというリスクもあります。
また、せっかく気に入ったコピーライターがいても必ずしも継続して同じライターに依頼できるとは限らない点も考慮した方がいいでしょう。
ライティング代行業者と比較してこれらのデメリットを理解した上で発注することが大切なポイントになります。

個人業者(フリーランス)

個人業者の場合、経験や実績がまちまちなので料金も様々な違いがあります。
経験と実績豊富なライターが独立しているような場合には期待値以上のコピーが納品されてきます。
しかし、デメリットとしてはそのような実績豊富なライターを探すのが難しい点です。
実際に利用した会社の担当者などからの紹介や口コミなどで納得できれば選択肢として検討してみてもいいでしょう。

依頼する際に注意すべきポイントやコツとは?

次に実際に発注する際にどのようなポイントに注意すれば良いのか、そのコツを含めてご紹介していきましょう。

外注してもいいコンテンツかをまず検討しよう

今回の記事では外注する場合のポイントについてお伝えしているわけですが、そもそも外部に委託するのにふさわしくない商品やサービスがありますので、注意が必要です。
特に自社で開発した特殊な技術を用いて製品化された商品や非常に高度で専門的なサービスを提供しているような場合、外部のライターではうまくその魅力が伝わらない場合があります。
どうしても時間がなくて委託したい場合、入念な打ち合わせをすることはもちろん、ライティングに盛り込んでほしい内容や目的などについては別途概要を記したメモや参考資料を渡すようにします。

対象となる顧客層やユーザーを特定する

発注する前に自社内でやるべき大切なステップとして自社の商品やサービスを売り込む対象となる顧客層やユーザーを整理し、対象を絞り込むことが大切です。
一般的に「ペルソナ像」などと呼ばれていますが、対象がぼやけているとコピーの効果が薄れますし、依頼する際にライターの方でイメージがつかみにくくなってしまいます。
せっかく費用をかけて依頼しても無駄になるリスクがあるので注意しましょう。

ペルソナ像はたとえば、主婦向けのパート求人サイトのコピーであれば具体的に以下のようなイメージ像をたて、ライティング会社にも伝えるようにします。

〇埼玉県さいたま市に住む30代から40代の子持ちの専業主婦
〇神奈川県川崎市に住む40代から50代で結婚を機に退社し仕事のブランクがある主婦

このようなイメージを設定することでターゲットがかなり絞り込まれ、ライターが効果の発揮しやすい記事を書くのに有効となります。

丸投げは避ける

軽い気持ちで依頼したり、相手がキャッチコピーなどライティングのプロだから大丈夫だろうと安易に丸投げしたりすると満足できるものは期待できません。
発注する際には自社の商品やサービスのペルソナ像や商品開発の裏話、商品やサービス購入後のイメージや利点などについて詳細に伝えておくことが大切です。

依頼できる相手にふさわしいかを見極める方法

依頼する先がその相手にふさわしいかどうか、その力量を見極めるには担当するライティング会社や担当者にいくつか質問を投げます。
返ってくる回答からある程度まで相手の力量や仕事へ取り組む姿勢などが把握できます。
たとえば、ライティングする際にどれくらいリサーチに時間をかけるのか、あるいはその具体的な方法について質問します。
優れたコピーの作成には入念なリサーチが必要です。
そのリサーチは全体の作業量のおよそ7割になります。

納品された後に必要なことは?

商品やサービスのコピーは納品されてターゲットとなる見込み客の目に触れたらそれで終わりではありません。
必ずその効果を検証し、効果があった点や改善が必要な点を浮き彫りにしておくことが大切です。
そのような検証結果から次回の依頼するコピーの内容やリテイクすべき箇所を特定することができます。

このリテイクとは一度納品されたコピーについてターゲットとなる見込み客やユーザーの反応を見ながら書き直していく作業のことです。
コピーはこのように反応や効果などに応じて修正を加えていくことでより効果的なものに仕上がっていきます。
リテイクについては商品やサービスの内容によっても異なりますが、できれば3回ほど実施するのが理想的です。

まとめ

コピーライティングを外注する際に重要なポイントなどについてご紹介しました。
業者選定も重要ですが、それ以上に依頼する際には自らも積極的に関与し、内容や結果についての検証を欠かさないということが成功への秘訣となります。
発注する際にはこの記事でご紹介した内容を是非参考にしてみてください。

コピーライティングでお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

コピーライティングの関連記事

コピーライティングを外注する際のポイントや注意点とは?

コピーライティングは自社の商品やサービスをターゲットとなる顧客層に売り込む際になくてはならないものです。 社内でコピーを執筆してくれる人を用意するのが困難な場合や多忙な中で時間を節約したいという場合、コピーの外注を考えて...

キャッチフレーズを外注先に依頼するときの事前準備とコツ

自分で考えたいけれど時間がない、自信がないなど、様々な理由でキャッチフレーズを外注に依頼することがあります。 今回は、そんなキャッチフレーズの重要性とともに、依頼する際のポイントや注意点をまとめてご紹介していきます。 ...

企業広報についての“基本”。

さまざまなフリーペーパーの編集をしていて、情報掲載の許可と内容確認を企業・団体の広報部門を通してよく行うのだが、その都度、企業広報について考えさせられる。“基本”と書いたが“”付きなのは、私が広報の専門家でなく内容が限定的だ...

「追及」という落とし穴。

過去に何度か目にし、関係者でもないのに指摘もしたことがある誤字に「追求」を「追及」と記した例がある。「新明解国語辞典」(改訂前の第三版)によれば、「追求」は「目的の物が手に入るまであらゆる手段を尽くすこと」であり、「追及」は...

ユーザーの目にとまる 特徴のあるWEBサイトの作り方

ユーザーの視点で客観的に考えることで『選ばれるサイト』へと近づきます。ホームページを作成する目的は様々ですが、集客を目的としている場合に、何を売りにしてPRすればいいのかという点に悩まれている企業が多いように思います。できる...

コピーライティングに関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。