BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

映像制作の料金と、関わる人たちの仕事の種類と業務内容

映像制作の料金と、関わる人たちの仕事の種類と業務内容

映像制作には、カメラマン以外にも進行を管理するディレクターや照明、音声など、映像制作には実に多くの人が参加しています。出来上がった映像の華やかさ(クオリティ)や時間の長さによって映像制作の料金が決まると思われている方もいるのではないでしょうか。もちろん、クオリティや時間(編集)も料金に反映されますが、映像制作に関わる「人」や「機材」なども費用に大きく関わります。ここでは、映像制作に関わる人を紹介したいと思います。 ・撮影技師 一般的にはカメラマンという言葉で知られています。撮影技師は照明やカメラワーク、レンズやフィルムの選択まで幅広く指示を出すことが要求されます。そのため、映像を制作するにおいて、とても重要な役割を担っているといえます。映像の良し悪しはカメラマンの腕に左右されるので、素人が代行するのには最も向いていない役割です。自社だけで映像制作を考えているという場合でも、映像の撮影のみはプロの方に頼んだ方がよいと言えるでしょう。 ・照明技師 映像製作における撮影の分野での照明の設計・表現を行う職能における総責任者です。照明技師には助手がついており、照明助手と言われています。照明助手は、おもに撮影の現場において、ライト、レフ板等の照明機材を設置・操作し、俳優を中心とした照明設計の実務を行います。日本の撮影現場における照明助手の数は5~6人が通常となっています。 ・映像技師 映像製作における音響の録音・設計・表現を行う職能における総責任者です。同時録音の場合、プロダクション・サウンド・ミキサー同様、撮影クルーとともに行動し、撮影現場で録音助手に指示を出し、マイクで俳優のセリフや現場音を拾わせ、現場音も録音し、調整する役割を担っています。アフレコやダビングで音響表現を構築する中心人物です。 オールアフレコ撮影の場合は、録音技師は存在せず、録音スタジオでのポストプロダクションで音響の完成に向かいます。録音技師にも助手がいて、それを録音助手といい、おもに撮影の現場において、ブーム・マイク、ワイアレスマイク等さまざまな種類のマイクロフォンを設置・操作し、俳優のセリフ、現場音等を拾います。映像技師は映画製作の現場などで主に活躍する役職です。 ・デザイナー デザイナーにはさまざまな種類に分類されます。したがって、作りたい映像によって関わってくるデザイナーというものが変わってきます。有名なものに、家具の配置などを考える家具デザイナーや造園を行うガーデンデザイナーなどが挙げられます。 ・メイクアップアーティスト タレントや出演者にメイクをする人の事をいい、単に美しくメイクを施すことではなく、状況や役割、服装などの様々な条件に応じたメイクを施す事が求められます。 メイクの流行は日々更新されているので、知識を絶えず身につける必要があり、また、服装に似合うメイクを施さなければならないのでファッションにも精通している必要があります。ヘアスタイリングも同時に担当するメイク師も多く存在しており、美容に関するありとあらゆる知識を身につけることが好ましいと言えます。メイクは誰がやっても同じものなのではなく、映像ごとに相応しいメイクというものが存在しています。そのため、ヘアメイク師の存在は極めて重要だと言えるでしょう。 ・映像編集者 映像を編集する人のことです。作りたい映像に一番近付けてくれるのがこの編集と言う仕事に関わる人だと言えるでしょう。映像を編集するにあたり、知識はもちろんのことながら、映像編集ソフトを使いこなす技術力というものも必要になってきます。最近では、一般の人でも簡単に映像編集が行えるソフトもでていますが、やはりプロが編集した映像と言うものは長年の経験により培われたもので、味がでますし、クオリティが変わってきます。 ・プロデューサー 制作活動の予算調達や管理、スタッフの人事などの制作全体を総括する役割を担います。 制作物の作品の質に責任を持つ役割を担う、ディレクターと兼任する人が多いようです。 このように、映像を作るとなると様々な役割が必要となり、そしてその役割によって関わる人の数というのも変わってきます。たとえば、人が一切出演しない映像ではスタイリストやヘアメイクが不要になります。そのため10分間の商品説明の映像よりも、人が出演する15秒の映像の方が、費用が高くなることもあります。

映像の制作を依頼する

映像を制作の料金は、そこに携わる人の「数」や「スキル」がとても密接に関わってきます。映像制作を行いたい際は、まずは気軽に映像制作会社に相談してみましょう。多くの映像会社に一度に相談することができるビジネスマッチングを利用することも1つの手段です。映像制作が初めてで何から相談すれば...という方も、まず作りたい映像の「目的」と、それを見せたい「ターゲット」を伝えて相談してみてください。

LINEスタンプ
費用や依頼方法のモヤモヤを解消しよう!

ざっくり希望を書くだけで、発注サポート経験豊富な専任スタッフが、 あなたに変わって無料で見積取得を行います!
企画中の相談や金額だけが知りたい場合でもご利用いただけます。

サポートデスク

動画制作(撮影・編集・制作)を外注したいけれども不安がある方へ

・やっぱり自分で会社を探したり選定したりするのは不安
・専門知識がなくて不安、依頼するための要件をまとめるのに不安がある
という方は、ぜひリカイゼンにご相談ください!
発注サポート経験豊富な専任スタッフがあなたのご要望をお聞きし、最適な会社をご紹介いたします!
ご相談から会社のご紹介まで全て無料でご利用いただけます。お気軽にご相談ください。

サポートデスク

動画制作(撮影・編集・制作)の関連記事

【注目度が高い】企業PR動画を外注制作する際のポイント解説

最近では、コーポレートサイトはもちろん、YouTubeやSNSでも動画による広告やPRの手法はかなり定着してきました。各社で印象に残る動画を作りたいという動きが活発ですが、いざ作ろうにも社内ではなかなか難しいのが現状です。動...

今こそ!「健康経営 × ブランディング × 動画」のススメ。

■健康経営とは? 「健康経営」とは、90年代前半にアメリカで提唱された理論です。 詳しくは専門家がいろいろな記事で書いているので割愛しますが、簡単に言うと「従業員の健康維持増進を経営課題と捉えて積極的に改善に努めることが、結...

ドローン撮影の費用相場と撮影ノウハウ、発注の注意点まとめ

目次 1.ドローン撮影の見積り依頼 2.ドローン撮影における基本ノウハウ ドローンとは? ドローン市場について ドローン撮影するための費用を構...

映像制作の事例2 ペットショップの場合

作り込んだ映像でユーザーの信用を得るあるホームページのコンサル会社様から、全国チェーンのペットショップの映像制作を依頼されたことがありました。ペットショップ様のご意向として、ライバル店のホームページがとても良く見えるので、そ...

映像制作の事例1 ベビー用品卸売店の場合

消費者に出演をしていただく関西の某有名ベビー用品店に卸売を行っているクライアント様が、個別のお客様に対してもPRを行いたいということで、ホームページ用の映像制作の依頼を受けたことがありました。お話を伺うと、商品の良さには自信...

動画制作(撮影・編集・制作)に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す



完全無料ご相談はこちらから!

発注先探しのご依頼のほか、
ご質問・ご相談などもお気軽に
お問い合わせください。

お電話でのご相談

080-7948-5770 ※サポートデスク直通番号
受付時間:平日10:00〜18:30
上記お電話が繋がらない場合はこちらまで
080-7948-5480 / 080-7948-5807

WEBでのご相談申し込み

WEBお申し込み後、即日または翌営業日に
サポートデスクからご連絡をさせていただきます。

ご利用の流れ
必須お名前
必須メールアドレス
任意電話番号
任意依頼内容・希望
利用規約及び、個人情報保護方針にご同意のうえ、送信ください。

申し込み完了後、サポートデスクから
お電話またはメールにてご連絡させていただきます。

本サイトは、reCAPTCHAとGoogleにより保護されています。(プライバシーポリシー利用規約)
13年のマッチング実績。完全無料0円!