BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

ドローン撮影の費用相場と撮影ノウハウ、発注の注意点まとめ

ドローン撮影の費用相場と撮影ノウハウ、発注の注意点まとめ

目次

ドローン撮影
一括見積依頼案件のご相談発注先探しならリカイゼンへ!

無料で相談する

リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ
総合ビジネスマッチングプラットフォームです。
より詳細はこちら

1.ドローン撮影の見積り依頼

空を自由に飛べる鳥の目線が手に入れられるような感覚で、臨場感のある映像撮影が可能になったドローンDrone)。
ドローン撮影が果たしていくらくらいかかるのか。一般化されるまでにはもう少し時間を要しそうなドローン撮影にかかる費用は、ドローンがどのようなものでどこまでできるのか、どうやって操縦するのか。などドローンの基本的なことを理解できないとドローン撮影の依頼をするにしても難しいかもしれません。

ここでは、ドローン撮影の見積り依頼をするために必要な撮影に関する基本ノウハウ、費用相場、発注時の注意点などをまとめます。
ドローン撮影に関するノウハウを手に入れることで、ブレない見積り依頼をできるようになり、これまでにない動画制作を行うことができます。

2.ドローン撮影における基本ノウハウ

ドローンとは?

ドローンは、空は飛べるけれど、人が乗って操縦しない機体と言われています。一言で言うと、「無人航空機」となります。そして、より厳密な定義があり、航空法に記載されているものがあります。
「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作または、自動操縦により飛行させることができるもの(200グラム未満の重量)。ドローン、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が該当」とあります。

ドローン市場について

現在、ドローン市場はBtoBとBtoC向けがあります。BtoB市場では、測量や工事現場の進捗確認など、これまで人が行っていたところ、危険な場所などにドローンを活用することで危険回避できたり、細かい部分まで撮影が可能だったりと用途は広がっています。
一方、BtoCでは、個人の趣味であるホビードローンが盛り上がりを見せています。飛行そのものを楽しむようなマーケット市場は、根強い人気があります。

ドローン撮影するための費用を構成する要素

ドローン撮影をするための費用は、人、時間、機材の3つの要素によって決まってきます。これらがどのような関わり方で費用が出て来るのか、説明します。

まず、「」としては、撮影者と人数、営業(ディレクション)の人数などになります。撮影はドローンを操縦する人ということになりますので、操縦する人の腕次第でどのような動画が撮影できるのかが決まってくるわけです。当然、ドローンの操縦が優れている人は費用が高くなります。

次に時間にかかって来るコストですが、どのような場所でどのような絵を撮りたいか、どれくらいの時間の動画にしたいか、また企画から撮影、編集までにかかるトータル時間がどれくらい必要かによって金額が変わってきます。
また、ドローン撮影は外ロケーションで行うことが多いので、天候にも左右される可能性もありますので、その辺りも余裕を持つ必要があります。

そして3つ目は、ドローンの機材にかかって来るコストです。ドローンもスタンダード機体からハイグレードな機体まで様々で、機体種類によってコストが変わってきますし、機材の保険やメンテナンスなども考える必要があります。
以上のように3つの項目で、作りたい動画の内容によって組み立てていきます。

3.ドローン撮影の費用相場

いくつかのパターンでドローン撮影における見積内訳を説明します。

建物をドローン撮影する場合の費用構成

①基本撮影費 5万円〜

ドローン撮影において、全体調整等にかかるディレクション費として考えておきましょう。ドローンは、空を飛ばせて撮影すると言うことで、航空法に深く関わってきます。申請等含めてプロのディレクションによって撮影有無のセッティング確認が必要になります。

②飛行申請費 5万円〜

航空法による飛行制限にかかって来るドローンは、国土交通省へ飛行許可の申請を行い、許可書を取得する必要があります。ただし、これは飛行制限のある場所になりますので、全ての場所でこの申請が必要であるとは限りません。その辺りの確認も含めてプロに依頼するのが良いでしょう。

③機体使用費 30万円〜

ドローン機材も色々な種類が出ています。使用するドローン機材によって価格が変わってきます。

④フライト料

ドローンを空に飛ばす場合、動力はバッテリーによります。フライト数やフライト時間によってバッテリー消費量が異なってきますので、そのバッテリー消費量がフライト料として必要になってきます。

⑤出張費 ※実費

撮影場所が、山や海だったり、海外になる可能性もあります。撮影場所がどこかによって費用は当然異なってきます。

⑥編集費 5万円〜

撮影後に編集を行い、動画を完成させます。基本的には、撮影部隊と編集部隊はやることが違いますので、別れていることが一般的です。

ドローン撮影依頼する際の注意点

天候不順やその他の事情など、依頼者都合による急なキャンセルをせざるを得ない場合もあるかもしれません。そのような場合のキャンセルポリシーも事前に確認しておく必要があります。一般的にキャンセル料は依頼される会社が決めていると思いますが、一般的には撮影予定日3日前を切って来るとキャンセル料は発生すると考えて起きましょう。当日キャンセルは100%になる可能性が高いと言う意識が必要です。

4.発注の仕方と進行について

一般的な動画撮影以上に空撮になるドローン撮影動画はコストがかかってきます。
しかし、空撮でしか撮れない絵は、それなりのクオリティで見る人が魅了されることは間違いないでしょう。ただし、これまでの説明の通り、素人がドローン撮影を行い、映像を作ると言うのは、コスト的にもスキル的にもハードルは高めです。結果的にプロへお願いした方がコストも抑えられるかもしれません。

ただし、見積り比較に関して最低2社ほどは比較して依頼する会社を決めた方が良いでしょう。特に発注先選定に関しては、撮影の申請関係がしっかりしていることや、使用機材がしっかりしているなどの確認が必要です。

そして、発注前には必ずディレクター担当と面談は行っておきましょう。依頼元として、わからないことが多い場合、親身になって相談に乗ってくれるディレクターであれば、安心感があります。
また、発注先が決まったら発注書、契約書、スケジュール、支払いサイクルなど契約周りの書面をしっかりと締結しておきましょう。
色々と調整していく中で、スケジュールもタイトになって来る可能性もあります。依頼先に丸投げではなく、ある程度の知識を持って依頼元も積極的に関わっていく姿勢も必要です。

5.まとめ

これまで、ドローン撮影依頼が初めてのかた、まだ慣れていないかた向けに撮影依頼をするためのノウハウをまとめてきました。ドローンがどのようなものなのか、撮影に関する調整事項、どこに費用がかかってくるのかなどの要点を知っておくことで、見積り依頼はスムーズにできるようになります。
そうは言っても分かりにくい部分も多くあります。ビジネスマッチング業界で10年以上の実績を持つリカイゼンでは、相談から見積り依頼、見積り比較、発注先選定まで完全無料で対応しております。
動画撮影の中でも、最近はドローン撮影を盛り込みたいと言う相談も出てきていますので、まずはどのような用途で使いたいかなどヒアリングをさせていただく流れになります。
予算取りもこれからと言う企業担当の方も、多くご相談をいただいておりますので、まずは一度ご連絡いただければと思います。

LINEスタンプ
費用や依頼方法のモヤモヤを解消しよう!

ざっくり希望を書くだけで、発注サポート経験豊富な専任スタッフが、 あなたに変わって無料で見積取得を行います!
企画中の相談や金額だけが知りたい場合でもご利用いただけます。

サポートデスク

動画制作(撮影・編集・制作)を外注したいけれども不安がある方へ

・やっぱり自分で会社を探したり選定したりするのは不安
・専門知識がなくて不安、依頼するための要件をまとめるのに不安がある
という方は、ぜひリカイゼンにご相談ください!
発注サポート経験豊富な専任スタッフがあなたのご要望をお聞きし、最適な会社をご紹介いたします!
ご相談から会社のご紹介まで全て無料でご利用いただけます。お気軽にご相談ください。

サポートデスク

動画制作(撮影・編集・制作)の関連記事

【注目度が高い】企業PR動画を外注制作する際のポイント解説

最近では、コーポレートサイトはもちろん、YouTubeやSNSでも動画による広告やPRの手法はかなり定着してきました。各社で印象に残る動画を作りたいという動きが活発ですが、いざ作ろうにも社内ではなかなか難しいのが現状です。動...

今こそ!「健康経営 × ブランディング × 動画」のススメ。

■健康経営とは? 「健康経営」とは、90年代前半にアメリカで提唱された理論です。 詳しくは専門家がいろいろな記事で書いているので割愛しますが、簡単に言うと「従業員の健康維持増進を経営課題と捉えて積極的に改善に努めることが、結...

ドローン撮影の費用相場と撮影ノウハウ、発注の注意点まとめ

目次 1.ドローン撮影の見積り依頼 2.ドローン撮影における基本ノウハウ ドローンとは? ドローン市場について ドローン撮影するための費用を構...

映像制作の事例2 ペットショップの場合

作り込んだ映像でユーザーの信用を得るあるホームページのコンサル会社様から、全国チェーンのペットショップの映像制作を依頼されたことがありました。ペットショップ様のご意向として、ライバル店のホームページがとても良く見えるので、そ...

映像制作の事例1 ベビー用品卸売店の場合

消費者に出演をしていただく関西の某有名ベビー用品店に卸売を行っているクライアント様が、個別のお客様に対してもPRを行いたいということで、ホームページ用の映像制作の依頼を受けたことがありました。お話を伺うと、商品の良さには自信...

動画制作(撮影・編集・制作)に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す



完全無料ご相談はこちらから!

発注先探しのご依頼のほか、
ご質問・ご相談などもお気軽に
お問い合わせください。

お電話でのご相談

03-6427-5422 受付時間:平日10:00〜18:30

WEBでのご相談申し込み

WEBお申し込み後、即日または翌営業日に
サポートデスクからご連絡をさせていただきます。

ご利用の流れ
必須お名前
必須メールアドレス
任意電話番号
任意依頼内容・希望
利用規約及び、個人情報保護方針にご同意のうえ、送信ください。

申し込み完了後、サポートデスクから
お電話またはメールにてご連絡させていただきます。

本サイトは、reCAPTCHAとGoogleにより保護されています。(プライバシーポリシー利用規約)
13年のマッチング実績。完全無料0円!