BUSINESS TIPSビジネスに役立つ情報がきっと見つかる

  • DTP・グラフィックデザイン
  • 広告制作

よし、雑誌広告出してみよう!デザインを外注する時知っておきたいポイントとは

雑誌広告」というと、リーチが取れるし、印象に残って効果が出そうなイメージありますよね?
では、自分で購入した雑誌の広告をイメージしてみてください。思い出せるのはごく一部の広告だったりしませんか?出稿費用をかけて掲載してみたものの、印象に残らない広告では困りますよね。
雑誌広告のデザインを外部に依頼する時、どんなことに気をつけたらよいでしょうか。ここでは、依頼時のポイントをまとめてご紹介します。

雑誌広告デザイン依頼について

いざ、雑誌広告を出そう!となっても、媒体によって規定やスケジュールなども異なるので、社内でデザインができる会社は少ないと思います。外部にデザイン依頼をする前に、押さえておくべきポイントを見てみましょう。

雑誌広告と新聞広告の違いを目的にそって選ぼう

a. 広告ターゲット

新聞は、地域をターゲットにするには非常に有利です。新聞には、地方紙、全国紙等があります。たとえば、地方紙を選択すれば最小限のコストで効率的にその地方に訴求することが出来ます。
雑誌は読者層が細かくターゲティングされていますので、新聞と比較するとターゲットの幅は狭いです。例えば、化粧品を販売する場合は、広告は美容雑誌またはファッション雑誌に掲載する必要があります。

b. リードタイム

雑誌はリードタイムが長いという欠点があり、新聞はリードタイムが短いという利点があります。
雑誌広告は、発行の4〜6週間前に提出する必要ですが、新聞であれば1〜2日以内に広告を掲載することは可能です。

c. クリエイティブ性

雑誌と新聞は両方ともある程度のクリエイティブ性はありますが、雑誌の方がよりクリエイティブに特化して作ることが出来ます。 両方ともカラフルな色を使用することはできますが、出力される紙の特性上、雑誌広告のほうが視覚的な効果は高いと言えるでしょう。雑誌のほうがビジュアル的に、より魅力的なカラーコントラストを表現できるでしょう。

d. 寿命

雑誌の一つの強みは長寿命です。 新聞は通常一度だけ読んだら捨ててしまうことがほとんどです。広告は読者が一回だけ見るか、まったく見られない可能性があります。逆に、雑誌は一般的に数日間、数週間または数ヶ月間保管され、多くの人に読まれます。 たとえば、営業所や病院の待合室等にも置かれることから寿命は長いと言えるでしょう。

e. コスト

雑誌広告のほうが新聞広告よりはるかに高くなります。
新聞は、予算が限られている地方企業にとってははるかに手頃な価格です。雑誌広告のコストは、発行部数、読者層とトピックによって大きく異なりますが、一般に新聞広告よりはるかに高くなります。

効果の出る雑誌広告とは?

では、実際効果を最大限引き出すために、雑誌広告に含めるべき7つのポイントをチェックしてみましょう。

a. ユニークな画像を作成する

読者の注意を引くためには、広告の画像を創造的に使用することが重要です。 シンボルや製品に関連するアイディアかイメージをクリエイティブに表現しましょう。

b. スペースの使い方

スペースを最大限に活用するとより印象的な広告になります。その時に注意したいのは2つのケースです。見開きで2ページにまたがって出稿する場合は、「ノド」と言われる真ん中の綴じ目部分を考慮する必要があります。また、「裁ち落とし」といって、出力する紙に目一杯デザインを入れる場合は必要な個所が切れてしまわないよう確認が必要です。

c. 色の使い方

明るい色は見る人の注意を引きます。特に、黒いテキストに白いページがたくさんある場合。 鮮やかな色の背景やアイテムの突然のポップな色は本当に目を惹くことができます。コントラストが重要です。

d. ルールを破る

雑誌広告のレイアウトにはいくつかの基本的なルールがあります。過去の掲載例を研究し、今までに無い斬新なレイアウトに挑戦してみてください!

e. 右寄せ

心理的に、人はいつも左側ではなく、右側にある物を好む傾向があります。
広告の内容、会社名と詳細を右に揃えて下さい。雑誌の右側のページに広告を載せることができれば、効果はもっと高くなると言われています。

f. 雑誌の全体的なトーン

広告は雑誌の全体的なトーンと一致する必要があります。目立たせたいとはいっても、雑誌のトーンを崩して悪目立ちしないように、することも最低限必要です。 色味を押さえた高級感のある誌面なのか、ポップで明るい誌面なのかなど、全体のトーンを研究してください。

g. 流通期間を考える

雑誌広告は長期間にわたって流通し続けます。なので、広告が数か月以内に期限切れになったり、時代遅れになったりするのを避ける必要があります。どれぐらいの期間、手元で保管されるのかをイメージして長期間通用するような内容を考えましょう。

雑誌広告デザイン費の相場を決める要素

雑誌広告のデザインコストは、主にデザインのサイズやページ数、作業ボリュームなどによって異なります。ゼロベースでデザインの提案からお願いする場合は、何パターンの提案をお願いするのかも見積りに影響します。どんな広告にしたいのか具体的なイメージがあれば、事前にラフを用意しておいてデザインをお願いすることで、工数を押さえることもできます。意外なところでは、使用する色や仕上げによっても異なりますので注意が必要です。また、雑誌以外にも同じデザインを展開するなど、使用範囲が広がる場合は事前に伝える必要があります。

制作会社の選び方、発注ポイントについて

良い制作会社を見つけるポイントは大きく2つです。

ポートフォリオを確認しましょう

どんなデザインが得意なのか、デザインのセンスは自社の好み、今回の訴求内容に合っているのかということをポートフォリオで確認しましょう。

見積りの比較をしましょう

ポートフォリオを確認し、いいなと思った企業からお見積もりをもらいましょう。複数の会社から提案をもらうことをおすすめします。

まとめ

雑誌広告は、他の印刷広告媒体と比べて、狙ったターゲットに対し、長期にわたって繰り返しイメージを刷り込むことができる効果的な広告媒体です。
良い制作会社を選ぶならば、数百社の制作会社から見積り取得が可能なRekaizenの利用がおすすめです。簡単なご相談から見積り取得、発注先選定に到るまで完全無料で対応します。予算など決まってないが、まずは相談だけということもサポートできますので、お気軽にご連絡ください。

広告制作でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

広告制作の関連記事

グラフィックデザインを依頼するときのコツと注意点

自社のサービスや商品を宣伝するために、チラシやポスターや看板、ロゴマークや商品パッケージを制作する方法があります。 それらをグラフィックデザイナーに依頼することができます。 幅広く手掛けているので、ぜひ活用してください。 個人のデザイナーに依頼する際はクラウドソーシングサイトもおすすめ グラフィックデザイナーに依頼する方法ですが、個人で依頼をする方法やデザイン会社などに声を掛けて依頼する方法があります。 知り合いに依頼するなど伝手があれば良いですが、伝手がない場合が大半でしょう。 個人で活躍するグラフィックデザイナーに依頼する際は、クラウドソーシングサイトなどを利用する方が多いです。 プロフィールを確認し、気になったデザイナーに依頼するか、もしくはこちらからこんなデザインを作ってほしいと提案して募集する方法があります。 プロフィールの完成度は各デザイナーによって異なりますが、これまで手掛けてきた作品が掲載されている場合や取引先の履歴を見ることができます。 また、口コミでも確認できるので参考にしてみましょう。 どんなデザインを手掛けてもらったのか、対応はスピーディーだったか、クオリティーは良かったかなどが書かれているため、デザイナー探しの参考になります。 こんなデザインを募集していますと呼びかけ、集まったデザインの中から魅力なデザインを手掛けてくれたデザイナーと契約をするコンペ方式でも集めることができます。 どのデザイナーに声を掛けて良いか分からないと、悩んだときにも活用できる方法です。 クラウドソーシングサイトには、個人で活躍しているデザイナーをはじめ、中小企業など企業が活躍しているケースがあります。 目的を果たしてくれる企業を選ぼう グラフィックデザイナーは企業にも在籍しており、広告代理店やデザイン会社、企業の広報部など活躍の場所はさまざまです。 特に大手企業に勤めるグラフィックデザイナーは、CMを作るなど大きな仕事をすることがあります。 また、地元の企業から依頼を受け、活躍しているデザイナーもいます。 仕事の幅が豊富なので、目的に合わせて企業に声を掛けると良いでしょう。 CMを作る際はアートディレクターやコピーライターなどとも連携を取れる企業がおすすめです。 おしゃれなデザインを手掛けてほしい、オリジナルティーあふれるデザインが良いと考える際はデザイン会社に声を掛けるなど使い分けが求められます。 複数企業に声を掛けて、イメージしているデザインを手掛けてくれる企業を選びましょう。 これまでの実績が、ホームページや口コミサイトなどに掲載されています。 同業種である他社が依頼している、イメージしているデザインに近いデザインを手掛けた経験があると安心です。 企業といっても幅広くあるので、コミュニケーションが取りやすい、目的を果たしやすい企業を探してください。 流行を追うなど新しいことにチャレンジしているデザイナーは魅力 大手企業ですと、ベテランデザイナーがいて安心できるとイメージするかもしれません。 しかし中には、何年も前から同じやり方をしていて、流行にそったデザインが苦手なケースがあります。 常に新しい仕事ができるように、自身の幅が広がるようにと現在の流行を取り入れる努力をしているデザイナーは魅力的です。 ポスターやロゴ、パッケージデザインやチラシなど、せっかくデザインを手掛けてもらうなら他社と差をつけたいと考えるでしょう。 他社と差をつけ、多くの人から注目を浴びるためには、たくさんある中に埋もれてはいけません。 たくさんある中から見つけてもらえるよう、オリジナルティーが感じられるデザインや独創的でつい目で追ってしまうようなデザインを手掛けてもらう必要があります。 良い仕事をしているデザイナーは、最近の流行を調べ、先取りしてどんどん取り入れています。 直接デザイナーとやり取りすると意思が伝わりやすい 魅力なデザインを手掛けてもらうために、コミュニケーションをしっかり取りましょう。 コミュニケーションが不足すると、イメージに似合わないデザインになり、トラブルが起こることもあります。 頭の中にイメージしている内容を、相手に伝えるのは大変かもしれません。 しかし根気よくコミュニケーションを取ることで、イメージに近いデザインを手掛けてもらえます。 こちらの話をよく聞いてくれるデザイナーや手を抜かず一生懸命取り組んでくれるデザイナーに依頼しましょう。 イラスト会社など企業に依頼する場合、デザイナーと直接話をする機会に恵まれないことがあります。 担当が別にいて、こちらの希望を聞いてデザイナーに伝えるという流れです。 できれば、直接デザイナーとやり取りができる方が良いでしょう。 間に他人が入ると、うまくコミュニケーションが取れないかもしれません。 デザイナーと直接顔を合わせることができない場合でも、メールでのやり取りをする、電話で話をするといった方法でやり取りができればベストです。 直接やり取りをすることで、デザイナーの誠意を感じることができます。 逆に、直接デザイナーとやり取りしたけれども、誠意ややる気を感じなかった場合は契約しない方が良いでしょう。 デザインの制作と併せてどこまで対応してもらえるか確認 グラフィックデザイナーにお願いする場合、どこまで仕事をしてくれるのか確認しましょう。 デザインを手掛けた後、ポスターやチラシに印刷するところまでまとめて引き受けてくれる企業が存在します。 PDFをはじめ、データーで見るデザインと実際ポスターやチラシに印刷するのと、雰囲気が違って見えることがあります。 紙の質、また大きさによって雰囲気が異なることが考えられます。 納得がいくまで、何度も印刷を繰り返すこともあるでしょう。 デザイナー部門、印刷部門と同じ社内に複数部門があり、連携して対応してもらえるとベストです。 複数見積もりを取り総合して納得がいく方法を グラフィックデザインを外注でお願いする場合、複数声を掛けましょう。 企業によってサービス内容が異なり、費用に開きがあります。 印刷まで行ってくれるのか、デザインの納品のみになるのかサービス内容を知る機会になります。 見積もりを取り、自社にとって魅力的なサービスを提供してくれるのか考え依頼先を選びましょう。 安いが修正対応は別途代金が必要、クオリティーが低い、経験が少ないといったケースもあります。 ベテランのデザイナーにお願いする場合は、基本料金にプラスして代金が必要と定めている企業もあるでしょう。 見積もりをもらったら、各項目を確認してなぜそれだけ費用が掛かるのか質問するのもおすすめです。 高いからクオリティーが良い、安いからクオリティーが悪いということではありません。 企業や各デザイナーの口コミも確認し、サービス内容、また費用面それぞれバランスが取れている企業にお願いするのがベストです。 まとめ 魅力的なグラフィックデザインを手掛けてもらうために、どのような目的で依頼するのか考えましょう。 個人のデザイナーをはじめ、企業に在籍しているデザイナーとたくさんのデザイナーが活躍しています。 どんなサービスを受けられるのか、どこまで対応してもらえるのか確認してください。 コミュニケーションをしっかり取り、こちらの意思を伝えることも大切です。 真剣に話を聞いてくれる、的確な提案をしてくれるデザイナーを見つけてください。

よし、雑誌広告出してみよう!デザインを外注する時知っておきたいポイントとは

「雑誌広告」というと、リーチが取れるし、印象に残って効果が出そうなイメージありますよね? では、自分で購入した雑誌の広告をイメージしてみてください。思い出せるのはごく一部の広告だったりしませんか?出稿費用をかけて掲載してみたものの、印象に残らない広告では困りますよね。 雑誌広告のデザインを外部に依頼する時、どんなことに気をつけたらよいでしょうか。ここでは、依頼時のポイントをまとめてご紹介します。 雑誌広告デザイン依頼について いざ、雑誌広告を出そう!となっても、媒体によって規定やスケジュールなども異なるので、社内でデザインができる会社は少ないと思います。外部にデザイン依頼をする前に、押さえておくべきポイントを見てみましょう。 雑誌広告と新聞広告の違いを目的にそって選ぼう a. 広告ターゲット 新聞は、地域をターゲットにするには非常に有利です。新聞には、地方紙、全国紙等があります。たとえば、地方紙を選択すれば最小限のコストで効率的にその地方に訴求することが出来ます。 雑誌は読者層が細かくターゲティングされていますので、新聞と比較するとターゲットの幅は狭いです。例えば、化粧品を販売する場合は、広告は美容雑誌またはファッション雑誌に掲載する必要があります。 b. リードタイム 雑誌はリードタイムが長いという欠点があり、新聞はリードタイムが短いという利点があります。 雑誌広告は、発行の4〜6週間前に提出する必要ですが、新聞であれば1〜2日以内に広告を掲載することは可能です。 c. クリエイティブ性 雑誌と新聞は両方ともある程度のクリエイティブ性はありますが、雑誌の方がよりクリエイティブに特化して作ることが出来ます。 両方ともカラフルな色を使用することはできますが、出力される紙の特性上、雑誌広告のほうが視覚的な効果は高いと言えるでしょう。雑誌のほうがビジュアル的に、より魅力的なカラーコントラストを表現できるでしょう。 d. 寿命 雑誌の一つの強みは長寿命です。 新聞は通常一度だけ読んだら捨ててしまうことがほとんどです。広告は読者が一回だけ見るか、まったく見られない可能性があります。逆に、雑誌は一般的に数日間、数週間または数ヶ月間保管され、多くの人に読まれます。 たとえば、営業所や病院の待合室等にも置かれることから寿命は長いと言えるでしょう。 e. コスト 雑誌広告のほうが新聞広告よりはるかに高くなります。 新聞は、予算が限られている地方企業にとってははるかに手頃な価格です。雑誌広告のコストは、発行部数、読者層とトピックによって大きく異なりますが、一般に新聞広告よりはるかに高くなります。 効果の出る雑誌広告とは? では、実際効果を最大限引き出すために、雑誌広告に含めるべき7つのポイントをチェックしてみましょう。 a. ユニークな画像を作成する 読者の注意を引くためには、広告の画像を創造的に使用することが重要です。 シンボルや製品に関連するアイディアかイメージをクリエイティブに表現しましょう。 b. スペースの使い方 スペースを最大限に活用するとより印象的な広告になります。その時に注意したいのは2つのケースです。見開きで2ページにまたがって出稿する場合は、「ノド」と言われる真ん中の綴じ目部分を考慮する必要があります。また、「裁ち落とし」といって、出力する紙に目一杯デザインを入れる場合は必要な個所が切れてしまわないよう確認が必要です。 c. 色の使い方 明るい色は見る人の注意を引きます。特に、黒いテキストに白いページがたくさんある場合。 鮮やかな色の背景やアイテムの突然のポップな色は本当に目を惹くことができます。コントラストが重要です。 d. ルールを破る 雑誌広告のレイアウトにはいくつかの基本的なルールがあります。過去の掲載例を研究し、今までに無い斬新なレイアウトに挑戦してみてください! e. 右寄せ 心理的に、人はいつも左側ではなく、右側にある物を好む傾向があります。 広告の内容、会社名と詳細を右に揃えて下さい。雑誌の右側のページに広告を載せることができれば、効果はもっと高くなると言われています。 f. 雑誌の全体的なトーン 広告は雑誌の全体的なトーンと一致する必要があります。目立たせたいとはいっても、雑誌のトーンを崩して悪目立ちしないように、することも最低限必要です。 色味を押さえた高級感のある誌面なのか、ポップで明るい誌面なのかなど、全体のトーンを研究してください。 g. 流通期間を考える 雑誌広告は長期間にわたって流通し続けます。なので、広告が数か月以内に期限切れになったり、時代遅れになったりするのを避ける必要があります。どれぐらいの期間、手元で保管されるのかをイメージして長期間通用するような内容を考えましょう。 雑誌広告デザイン費の相場を決める要素 雑誌広告のデザインコストは、主にデザインのサイズやページ数、作業ボリュームなどによって異なります。ゼロベースでデザインの提案からお願いする場合は、何パターンの提案をお願いするのかも見積りに影響します。どんな広告にしたいのか具体的なイメージがあれば、事前にラフを用意しておいてデザインをお願いすることで、工数を押さえることもできます。意外なところでは、使用する色や仕上げによっても異なりますので注意が必要です。また、雑誌以外にも同じデザインを展開するなど、使用範囲が広がる場合は事前に伝える必要があります。 制作会社の選び方、発注ポイントについて 良い制作会社を見つけるポイントは大きく2つです。 ポートフォリオを確認しましょう どんなデザインが得意なのか、デザインのセンスは自社の好み、今回の訴求内容に合っているのかということをポートフォリオで確認しましょう。 見積りの比較をしましょう ポートフォリオを確認し、いいなと思った企業からお見積もりをもらいましょう。複数の会社から提案をもらうことをおすすめします。 まとめ 雑誌広告は、他の印刷広告媒体と比べて、狙ったターゲットに対し、長期にわたって繰り返しイメージを刷り込むことができる効果的な広告媒体です。 良い制作会社を選ぶならば、数百社の制作会社から見積り取得が可能なRekaizenの利用がおすすめです。簡単なご相談から見積り取得、発注先選定に到るまで完全無料で対応します。予算など決まってないが、まずは相談だけということもサポートできますので、お気軽にご連絡ください。

小さなエコで クラブも地球も元気に!

■ フィットネス協会背景 ●全国のフィットネスクラブで、会員様のシャワーの使い過ぎに悩み、「水道料を抑えること」が課題となっていた。 ●「節水の呼びかけ」を、ポスターで効果的に伝えたいという依頼。   小さなエコでクラブも地球も元気に! 会員様に気持ち良く、節電や節水にご協力していただくため、フィットネスクラブ館内に貼るポスター。節水や節電は地球環境保全にもつながることから、エコライフをテーマに2種類を作成しました。1つは私たちが住める唯一の星・地球という大きな観点から、もう1つは私たちが協力できる身近な行為という具体的な観点から。一人一人の節電・節水が環境を守ることをアピールしました。  

開業40年の老舗スイミングクラブがリニューアル!

■ スイミングスクール背景 ●さいたま市で40年の歴史を持つスイミングクラブがオーナーを変更、リニューアルオープンの告知キャンペーン。 ●大掛かりなリニューアルはできないため、「施設の良さ」はアピールポイントにならない。 ●周囲にはハイレベルな施設を備えた新設スイミングクラブが揃っている環境。その中で、何をアピールしていくかが課題となった。   開業40年の老舗スイミングクラブがリニューアル! スタッフの指導力や充実したプログラムなど「中身と親しみやすさで勝負」という方向での広告をご提案。明るく楽しいキャラクターを起用して、親しみやすく告知しました。ポスターから会員カードまでをトータルで制作。リニューアル2年後に行われたシンクロナイズスイミングのイベントにお伺いしましたが、大勢のお客様がいらしていて、地元に愛されているスイミングなのだなと、うれしく思いました。

B1グランプリでも注目の豊川いなり寿司!

■ 豊川いなり寿司背景●愛知県豊川市では平成16年、地域ブランドの「いなり寿司」の確立に向けて様々な模索が始まった。平成19年、新市長就任。選挙マニフェストで「いなり寿司ブランドを全国展開」を掲げる。●平成21年「いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」設立。参加店100店、年間売上10億を目指すと、目標を発表。●弊社提携のハクヨプロデュースシステムも「もりあげ隊」の一員ということから、仕事の依頼があった。B1グランプリでも注目の豊川いなり寿司!愛知県豊川市といえば豊川稲荷が有名ということで、地元をもりあげようと立ち上がったのが「いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」。カンタンなマークですが、何パターンも作ったマークの中からセレクトしたものを、さらに練りに練り上げました。豊川いなり寿司はB1グランプリにも出場!さまざまなイベントも催して、盛り上がっています。

広告制作に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。