13年のマッチング実績。完全無料0円!

BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

企業PR動画の制作依頼時におさえておきたいポイント

最近では、コーポレートサイトはもちろん、YoutubeやSNSでも動画による広告やPRの手法はかなり定着してきました。各社で印象に残る動画を作りたいという動きが活発ですが、いざ作ろうにも社内ではなかなか難しいのが現状です。動画を外部の業者で作る場合には、どんなことに気を付けたらよいでしょうか。依頼時に押さえておきたいポイントをいくつかご紹介します。

1.  企業PR動画制作依頼について

企業PR動画とは?

企業PR動画は、企業や組織の動画です。
典型的な企業PR動画には、スタッフの主要メンバーや会社の経営陣とのインタビュー、そして会社が何をしているのか、競合他社にとっての違いや独自性について説明しています。 

企業PR動画と広告動画の違いを目的に沿って選ぼう

企業PR動画

- 事業全体に焦点を当てる
- B2Bマーケティングに最適
- 会社、その価値観、ブランドに関する情報を共有します。
- 機密情報が含まれることがあります
- ビジネス内での使用(トレーニング目的など)にのみ使用できます。
- ドキュメンタリー、方針、スタッフへのメッセージ、見込み投資家への売り込みなど、さまざまな形態を取ります。
- 販売するのではなく、製品やサービスを説明する

広告動画

- 主な商品、サービス、イベントに焦点を当てていることが多い
- B2Cマーケティングに最適
- エンターテインメントになっています
- 一般的に企業のビデオより短いです
- オンラインで使用されることが多い - 「バズる」ことを目的として
- メール、ソーシャルメディア、およびWebサイトで、マーケティングキャンペーン全体を通して使用できます。
- 商品やサービスの販売に焦点を当てています

効果の出る企業PR動画とは

企業PR動画に含める重要事項は:

a. 短くする

現代の顧客は数分だけ注意しますので、簡潔なスクリプトが必要です。
ある調査によると、YouTubeプリロール広告をスキップしていないユーザーは30%に過ぎません。

b. 感情的なつながりを作る

購入の決定は通常感情的な決定です。 会社に関する事実と利点をリストすることは良いことですが、ターゲット視聴者との関係を深めることも重要です。同社の製品は他人の生活にどのような影響を与えましたか? 感情的なレベルで視聴者をブランドに結び付けるのに役立つストーリーを伝えます。
感情的なレベルで視聴者がブランドにつながるために、ストーリーを語ることが重要です。 たとえば、会社の製品は他人の生活にどのように影響を与えましたか。

c. アイディアを強いビジュアルで組み合わせる

動画のデザインはブランドの個性を反映したものでなければなりません。 ビデオは楽しく活気に富んだもの、あるいはプロフェッショナルで最小限のものです。 どんなスタイルでも、それはビデオコミュニケーションを渡って一貫しているべきです。 ビジュアルを選ぶとき、イメージと色はアイディアを活気づけるものでなければなりません。 一目で興味をそそるようにするには、最初のシーンが人目を引くものである必要があります。

d. CTA

視聴者がビデオに関心を持つようになったら、簡単で効果的なコールトゥアクション(CTA)で終了することが良いです。 優れたCTAは簡潔で、受け取ったばかりの情報をすぐに利用するために何ができるかを消費者に知らせます。

e. 流通経路

ソーシャルプラットフォームやマーケティングチャネルに応じて、視聴者はビデオコンテンツと異なる方法で対話します(YouTube、テレビ等)。配信戦略は、視聴者の行動と最もよく一致する必要があります。

2. 企業PR動画制作の料金について

i. 企業PR動画制作の料金を決めるのは?

撮影を掛かる時間、ビデオの長さ、撮影場所の数と撮影のチームの人数によって異なります。

 

ii. ターゲットを意識しておく

企業PR動画のターゲットを特定することは成功を確実にするために非常に重要です。PR動画が誰に向けられているのかを正確に知る必要があるので、年齢、性別、職種、収入、趣味、興味と言う情報を含める事が重要です。
ターゲットオーディエンスをより知るほど、メッセージを伝える方を決めることと実際の制作ロセスはより簡単になります。

 

iii. 制作会社と交渉しやすい価格について

基本的に、最初のプロジェクトディスカッションは、ターゲット市場、ブランド、予算、タイミングです。
ただし、最も気になるのは、予算です。制作会社は予算を知りたがるでしょう。あらかじめ予算を提示できなくても構いません。

3. 制作会社の選び方、発注ポイントについて

良い制作会社を見つけるポイント:

デモリールを確認しましょう

多くの制作会社がホームページでデモリールを主催しています。 通常、過去のプロジェクトからの1分の長さの一連のクリップです。
どんな動画が得意なのか、センスは自社の好み、今回の訴求内容に合っているのかということをデモリールで確認しましょう。

見積りの比較をしましょう

デモリールを確認し、いいなと思った企業からお見積もりをもらいましょう。複数の会社から提案をもらうことをおすすめします。

4. まとめ

企業PR動画はマーケティングの分野で必要不可欠であり、オンラインビジネス成功のための重要なツールとなっています。企業のビデオは、ターゲットとなる顧客を引き付けるのに役立ち、コミュニケーションを改善するのに役立ち、必要なメッセージを伝えます。
そのため、企業PR動画を作成するには多くのスキルと専門知識が必要です。 
良い制作会社を選ぶならば、数百社の制作会社から見積り取得が可能なRekaizenをぜひ使用しましょう。見積りの相談から見積り取得、発注先選定に到るまで完全無料で対応します。予算など決まってないが、まずは相談だけということもサポートできます。ぜひ一度、ご連絡ください。

システム開発でお困りではありませんか?

\あなたにぴったりの発注先企業無料でご紹介します!/

リカイゼンはあなたの条件にぴったりの発注先企業をご紹介いたします。

貴社の悩みやご要望を細かくヒアリングし、あなたの条件にぴったりの会社をご紹介いたします!
サービスについてより詳しくはこちら→リカイゼンとは?

リカイゼンは、仕事の発注先探し、新規顧客の開拓など、
ビジネスパートナー探しに役立つ、ビジネスマッチングのプラットフォームです。

企業・セミナー・教育動画の関連記事

企業PR動画の制作依頼時におさえておきたいポイント

最近では、コーポレートサイトはもちろん、YoutubeやSNSでも動画による広告やPRの手法はかなり定着してきました。各社で印象に残る動画を作りたいという動きが活発ですが、いざ作ろうにも社内ではなかなか難しいのが現状です。動...

企業VP制作の発注にかかる費用相場

どの企業でも、採用活動や展示会など自社の商品やサービスを紹介する機会はつきものです。 その際、自社を知らない方でも理解しやすくするために、映像の活用は非常に効果的です。 ここでは、企業を紹介する「企業VP」と呼ばれる映像の制...

グローバル企業が動画コンテンツを導入すべき理由【後編】

こんにちは。大伸社コミュニケーションデザイン 吉田です。前回は、海外への情報発信に動画コンテンツが有効だとお話ししました。本日は経営者のスピーチ動画の制作上のポイントについてご紹介します。(前編をご覧になっていない...

リクルート向け・人材採用を目的とした映像って?

リクルート向け・人材採用を目的とした映像を制作するメリットってなに? 弊社がご相談いただくことが増えている映像案件の1つが 「新卒採用」「中途採用」等のリクルート向け・人材採用を目的とした動画、映像制作のご依頼です。 「就職...

VR活用の今を知る【第1回Auggle定期セミナー】開催!

VRコンテンツ、Auggleの需要、お問合せ増加に伴い、Auggle定期セミナー開催いたします!! 内容としましては、VRの現在、簡易紙製ゴーグル「Auggle」 の詳細説明と体験、事例紹介を中心とした 定期セミナーとなりま...

企業・セミナー・教育動画に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す



完全無料ご相談はこちらから!

発注先探しのご依頼のほか、
ご質問・ご相談などもお気軽に
お問い合わせください。

お電話でのご相談

03-6427-5422 受付時間:平日10:00〜18:30

WEBでのご相談申し込み

WEBお申し込み後、即日または翌営業日に
サポートデスクからご連絡をさせていただきます。

ご利用の流れ
必須お名前
必須メールアドレス
任意電話番号
任意依頼内容・希望
利用規約及び、個人情報保護方針にご同意のうえ、送信ください。

申し込み完了後、サポートデスクから
お電話またはメールにてご連絡させていただきます。

本サイトは、reCAPTCHAとGoogleにより保護されています。(プライバシーポリシー利用規約)
13年のマッチング実績。完全無料0円!