BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

ロゴデザインを外注するメリットと注意したいポイントまとめ

企業ロゴ商品ロゴなどを新たに作りたい、もしくはリニューアルしたいと考えた時に、社内で制作するか、外注にするか悩んだことはありませんか。気になるポイントとしては、思ったようなデザインができるのかどうかや、コストでしょうか。今回はロゴデザインを外注するメリット注意したいポイントなどをご紹介します。

ロゴデザインについて

ロゴとアイコンの違い

ロゴとアイコンは似ていますが、それぞれの役割は異なります。使用する目的に沿って必要なものを選びましょう。

-ロゴとは?

ロゴは企業やブランドを表す、イラストやデザインを施されたテキスト、もしくはそれらを組み合わせて作られるシンボルです。会社の考え方やイメージ、価値観、そして会社の「ブランド」を表現します。ロゴは多くの人が最初に見る、いわば会社の顔と言えるでしょう。素敵なデザインのロゴは、信頼性を与え、質の高い商品やサービスを提供していることを伝えることができます。 

 

-アイコンとは?

アイコンは、アイデア、コンセプト、操作性、行動を表したものです。グラフィカルな表現によって操作を単純化または要約し、ユーザーに伝えます。アイコンは、アプリケーションの機能を表すためにアプリケーション内で一般的に使用されています。UI / UXインターフェイスの重要な要素です。 

効果の出るロゴとは?

ロゴの効果を最大化するポイントは大きく4つです。

a. 覚えやすいこと

ロゴが記憶に残るものではなければ、効果的ではありません。

b. シンプル

ロゴはシンプルなほど記憶に残りやすいものです。企業やブランドのコアコンセプトをシンプルに伝えることで、ブランド認知と顧客ロイヤルティの構築に役立ちます。

c. 多目的

ロゴは名刺や封筒だけでなく、大きな看板に使用されたり、商品に使用されたりと、様々な場面で使用できるように考えられていることが重要です。

d. 永続性

強いブランドアイデンティティは、デザインの流行に左右されません。「トレンディな」ロゴデザインを選択すると、飽きやすく、将来的に変更しなければいけないことになります。

ロゴデザインの外注をすすめる2つの理由

a. 専門性

ロゴのスペシャリストにロゴやアイコンのデザインを外注すれば、より正確に顧客のニーズに合った製品を期待出来ます。たとえば、クライアントが技術的なグラフィックを望んでいる場合は、クライアントが望むものを正確に提供するため、CADの知識を持っているグラフィックデザイナーと協力することをお勧めします。

b. 客観性

社内で手掛けると、マンネリになってしまったり、従来のイメージを壊しにくかったりと、大きなイメージ変化をもたらすことが困難になりがちです。作業の外注は斬新なアイデアを得るための効果的な方法です。社内では思いもよらないようなアプローチや、クリエイティビティが期待できます。

ロゴデザインを外注する時に注意したい2つのポイント

i. 料金を決めるのは?

デザイン料金は、デザインの複雑さとデザイナーの経験や実績によって異なります。また、デザインを決めるまでにCI(コーポレートアイデンティティ)やBI(ブランドアイデンティティ)などのコンサルテーションも同時に依頼すると、金額は大きく異なります。 フリーランスの場合、デザイン制作会社より値段を抑えることができることもあります。
経験の長さやレベルによってもコストと仕事の質が異なりますので、ポートフォリオなどでの実績をしっかり確認しましょう。

ii. ターゲットを意識しておく 

作成したいロゴが誰に向けられているのかを正確に知る必要があります。年齢、性別、職種、収入、趣味、興味と言う情報を含める事が重要です。
ロゴのターゲットオーディエンスを知るほど、メッセージの伝え方を決めましょう。そうすることでデザイン工程は簡単になります。

制作会社 or フリーランス?発注先選びのポイントについて

ポートフォリオを確認しましょう

制作会社、フリーランスを問わず、実績の確認は等しく重要です。どんなデザインが得意なのか、デザインのセンスは自社の好み、今回の訴求内容に合っているのかということをポートフォリオで確認しましょう。手掛けてきたロゴの業種やカテゴリが自社にマッチしているかどうかもチェックするポイントです。ロゴを展開する時に自社では気づかない細かな点にも注意を払って対応してくれるはずです。

見積りの比較をしましょう

ポートフォリオを確認し、いいなと思った企業からお見積もりをもらいましょう。複数集めて比較することが大切です。特に企業間取引にこだわらないのであれば、複数の提案を集める中にフリーランスを含めても良いですね。制作会社とフリーランスの大きな違いは、対応できる仕事の範囲です。見積項目をなるべく細かく出してもらい比較してください。「一式」となっているところは、どんな作業が含まれているのか確認をお勧めします。

まとめ

ロゴデザインは、ロゴマーク、タイポグラフィックソリューション、またはその両方を使用して、最もシンプルな方法で企業やブランドのイメージを訴求できるものです。ロゴは会社の顔であり、信頼性を高める要素を入れないといけません。
デザインの外注先を探しているならば、数百社の制作会社から見積り取得が可能なRekaizenを使用しましょう。案件の相談から見積り取得、発注先選定に到るまで完全無料で対応します。予算など決まってないが、まずは相談だけということもサポートできます。ぜひ一度、ご連絡ください。

ロゴ制作でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

ロゴ制作の関連記事

手書きロゴデザインという匠の技と再会!

手書きロゴデザインという匠の技と再会! MACがまだあまり普及していない時代、 デザイナーはロゴデザインを100%手書きで行っていました。 厚手のトレーシングペーパーに砂消しゴムをかけ、フラットな下地を作ります。 ロゴのラフ...

62円でイラストやシンボルマークなどの『創作日』をはっきりさせる方法

著作物を創作した時点で自動的に権利が発生するのが著作権ですが、 イラストやシンボルマークなど、あなたが創作した物の 創作日を62円ではっきりさせておく方法があります。 あなたの創作したイラストやマークなどの創作物を データ化...

ロゴデザインを外注するメリットと注意したいポイントまとめ

企業ロゴや商品ロゴなどを新たに作りたい、もしくはリニューアルしたいと考えた時に、社内で制作するか、外注にするか悩んだことはありませんか。気になるポイントとしては、思ったようなデザインができるのかどうかや、コストでしょうか。今...

考えることが意外と多い⁉ロゴ作成を外注するときの注意点

自分の周りを見回してみると、氾濫する「ロゴ」。企業やブランドにとって、ロゴは言わばその企業やロゴを表す顔のようなもの。ロゴの制作過程や発注先によって制作費用はピンキリで、最近では手軽にロゴを作れる無料のロゴメーカーなどもあり...

「会社ロゴ」のデザイン制作を外注する際に知っておきたいポイント

目次 はじめに 会社ロゴとは 会社ロゴを制作するメリット 会社ロゴのデザイン制作を外注する時に知っておきたいポイント ...

ロゴ制作に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。