13年のマッチング実績。完全無料0円!

BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

VBA開発の外注ポイント|VBAとマクロの違い・できることを解説

エクセルを使った定型的な業務は、誰にでも一つはあるのではないでしょうか。
見積書や請求書の作成、またデータの集計や顧客リストの管理など、なんとなくエクセルを使っている人も多いと思います。
それらの業務を効率化できるプログラム言語として、VBAがあります。実は、基幹系システムが導入されている大手企業でも、基幹システムから抽出したデータ分析等をVBA開発したシステムを使っている現場なども少なくありません。ローカルプログラムながら、業務効率化に対して十分な力を発揮できるVBAは、外注への開発依頼も絶えることがありません。
ここでは、VBA開発の外注を検討する際に知っておくべきポイントを説明します。

VBA開発に関して相談可能な依頼先を探したいならリカイゼンにお問い合わせください。 リカイゼンでは、実績ある会社の中から希望に合う外注候補会社を選定してご紹介いたします。気に入った会社には直接連絡をすることが可能です。 手数料やサービス利用料は一切かかりません。



目次

1. VBAについて

VBA(Visual Basic for Applications)は、マイクロソフトオフィスシリーズのエクセルに搭載されているプログラム言語になります。VBAは、システム開発の現場で使われているプログラム言語(Visual Basic、以下VB)とほぼ同じ機能を持っています。
VBAは、本格的なプログラムの開発ができる実力を持つプログラム言語です。VBAを使えば、マイクロソフトオフィス機能を拡張して、業務効率化を実現することが可能です。VBAは、自身で作成したプログラムファイルで動作させることを想定したローカル環境向けのプログラム言語になります。従って、VBA単独のインストール等は必要なく、マイクロソフトオフィスの拡張機能になるので、単体では動作しません。
VBAを使って、エクセルなどで集計業務や、見積書や請求書の作成など、定型的な業務を自動化させることができます。また、独自フォームを作成してエクセルをアプリケーションのように見せることもできます。

2. VBAとマクロ、VBとの違い

VBAとマクロが同じものだと誤認識されていることも多いため、正しく理解するために、ここでVBAとマクロの違いについて説明します。

・マクロとは

マクロは本来、コンピュータの処理を自動化する技術の総称です。マイクロソフトオフィス上で処理を自動化するための機能の総称として知られています。マイクロソフトオフィスでは、マクロ機能とVBAコマンドがまとめられていることから、マクロとVBAが同じものであると誤解されている方もいますが、それぞれ違う役割を担っています。

・VBAとマクロの違い

エクセルには「マクロの記録」というメニューがありますが、ユーザがこの処理を選択すると、記録の停止がされるまで、一連の処理が記録されます。それらの処理は、エクセル内部のプログラミング言語VBAに変換されます。このVBAをプログラムで更にカスタマイズすることが可能です。
マクロは、あくまでもユーザが行う処理を記録して実行するための機能になります。そしてVBAは、マクロを保存してアプリケーションに伝えるためのプログラム言語なのです。

・VBとVBAの違い

VBはVBAの基になっているプログラミング言語で、VBをマクロソフト社のアプリケーションにしたものがVBAになります。VBは単体で動作できますが、環境設定が必要です。VBAはVBに比べて機能に制限があるものの、マイクロソフトオフィスがあればすぐに使うことができます。初心者はVBの方が使いやすかったりします。

3. VBAで実現できる主な機能

VBAは、ローカル環境で動かせるプログラム言語でありながらもVBと同等の処理をさせることができます。ここでは、具体的にVBAでできる機能を紹介します。

・VBAでできる主な機能

VBAには多くの機能や活用方法があります。VBAの主な機能をご紹介します。

① エクセルデータの計算、並べ替え、書式変更

エクセルは膨大なデータを持つことができますが、VBAの代表的な機能で、それらのデータを集計・分析処理を行うことができます。各シートに持っているデータの一部を中有して自動処理したり、他のエクセルファイルからデータを取り込んで処理を行ったりもできます。

② 定型ファイルの作成

例えば、エクセル以外のCSV形式で保存されているデータを、VBAで取り込んで帳票や報告書の作成などができます。プログラムでデータを取り込んで処理ができるので、データのコピー&ペーストを行う手間がなくなるので業務上のミスが無くなります。

③ サーバーログを利用したログ解析

マイクロソフト社が提供しているログ解析支援ツールを使ったログ解析が行えます。VBAでサーバのログファイルを読み込み、エクセルで解析します。ログ支援ツールで解析した結果をCSV形式ファイルへ出力、更にVBでレポートを作成するという流れです。

④ サイトクローリング

Internet ExplorerやMicrosoft EdgeでWEBサイトへアクセスしてデータをダウンロードすることでサイトのクローリングができます。ダウンロードしたデータをVBAで分析します。

⑤ ユーザーインターフェース作成

VBAではユーザフォームの作成ができます。フォームでは、データを入力するセルだけではなく、リストボックスやチェックボックスなどのコントロールボックスも設置できます。このようにフォームを使うことで、データ入力も簡単にできるようになり、業務効率のアップにつなげることができます。

⑥ マイクロソフトオフィスアプリケーション同士の連携

VBAを使用できるアプリケーション同士を連携させてデータのやり取りが行えます。例えば、Accessからデータを読み込んでエクセルでグラフを作成する、エクセル上でパワーポイントのスライドショーを再生するなどの処理をプログラムで組むことができます。

4. VBA開発の外注について

VBAは、エクセルが使える環境であれば自身でもすぐに試してみることができます。まずは、エクセルの動作をマクロで記録させることで、VBAへ変換してくれるので、クリック操作がそのままプログラムコードになって確認することができるのです。まずは、そのプログラムコードをカスタマイズすることで自分でもある程度はVBAを使った処理を実現することはできるでしょう。

ただ、やはり初めての場合は調べながらなので時間がかかってしまいます。VBA開発に慣れている開発会社であれば、業務効率化のVBA開発をいくつもこなしているので、スピード感を持って作成してくれます。大掛かりな開発環境も必要ないですし、もし部署内で予算が少し余っているなどがあれば、業務効率を上げるためにVBA開発を外注してみるのも一つの手法です。VBA開発の費用は、どの開発会社でもさほど差はないと思いますが、外注する場合はVBA開発に慣れている開発会社2、3社へ相見積もりを行って外注先を選定するのがオススメです。

想定している内容がどのくらいの費用で対応してもらえるのか確認したい、依頼できる会社候補を見つけたいという場合はリカイゼンにご相談ください。 リカイゼンでは、実績ある開発会社の中から、希望に応じて対応可能な会社候補を見つけたり、概算の見積もりをまとめて取得したりできます。 手数料やサービス利用料はかかりませんので、まず問い合わせしてみるというのもよいでしょう。

5. まとめ

VBA開発を外注する際に知っておくべきポイントについてまとめてきました。VBAはマイクロソフトオフィスがベースなので、それ以外の特別な環境は必要ないですが、業務効率アップに直接つながる仕組みが簡単にできるということで、その仕組みをわかっている業務担当者は、外注してでも業務が楽になるシステムを作ります。また、開発環境やサーバを必要とするシステム開発よりも開発費用が安いというのが、自身の業務負荷を軽くしたいと考えている人たちから人気なのです。

但し、定期的なメンテナンスをしていないと、徐々に業務内容が変わっていく中でVBAの仕組みがそのままですと、古いシステムに感じてきてしまいます。また、いくつものVBAシステムができると、それはそれで業務が煩雑になりやすいので、いくつもの処理が乱立しそうになったら、一度それらを見直しするなども必要かもしれません。何れにしてもプロの開発会社へ相談してみるのが近道です。

VBA開発について相談できる会社を探したいならリカイゼンにお問い合わせください! VBA開発の実績を多数持つ会社から、希望の相談が可能な会社を見つけることができます。

VBA開発
費用や依頼方法のモヤモヤを解消しよう!

ざっくり希望を書くだけで、発注サポート経験豊富な専任スタッフが、 あなたに変わって無料で見積取得を行います!
企画中の相談や金額だけが知りたい場合でもご利用いただけます。

サポートデスク

システム開発でお困りではありませんか?

\あなたにぴったりの発注先企業無料でご紹介します!/

リカイゼンはあなたの条件にぴったりの発注先企業をご紹介いたします。

貴社の悩みやご要望を細かくヒアリングし、あなたの条件にぴったりの会社をご紹介いたします!
サービスについてより詳しくはこちら→リカイゼンとは?

リカイゼンは、仕事の発注先探し、新規顧客の開拓など、
ビジネスパートナー探しに役立つ、ビジネスマッチングのプラットフォームです。

Excelマクロ・VBA開発の関連記事

VBA開発の外注ポイント|VBAとマクロの違い・できることを解説

エクセルを使った定型的な業務は、誰にでも一つはあるのではないでしょうか。 見積書や請求書の作成、またデータの集計や顧客リストの管理など、なんとなくエクセルを使っている人も多いと思います。 ...

【エクセルVBA開発】外注メリット・外注先の選定方法

エクセルは、集計業務や定型的書類作成、顧客管理などで多くの人が使用しているのではないでしょうか。 ただ、エクセルが持つ機能を、より活かした使い方をしている人はそれほど多くないかもしれません。 実は、普段の集計業務...

【業務効率化できるエクセル開発】費用相場・外注メリットまとめ

日々の業務の中で、エクセルはどのように使用されているでしょうか。見積書や請求書を始め、リスト作成や表計算ソフトとしてなど、エクセルを使うシーンはあらゆる業務で発生しています。マイクロソフトオフィスに標準搭載されているソフトの...

【エクセルマクロ・VBAで業務改善】見積のとり方、依頼方法を解説

日々の業務で使うシーンの多いエクセルですが、その多くはデータ集計や分析、データのコピーペーストなど、繰り返し作業の連続ではないでしょうか。これらの作業に対して、改善したいと考えつつもそのまま繰り返していたり、もしくは特に意識...

【エクセルVBA開発(ExcelVBA)】見積もり相場と発注方法

1.エクセルVBA開発とは VBA(Visual Basic for Applications)は、プログラム言語のVB(Visual Basic)とほぼ同じ機能を持つプログラミング言語になります。マイクロソフト...

Excelマクロ・VBA開発に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す



完全無料ご相談はこちらから!

発注先探しのご依頼のほか、
ご質問・ご相談などもお気軽に
お問い合わせください。

お電話でのご相談

03-6427-5422 受付時間:平日10:00〜18:30

WEBでのご相談申し込み

WEBお申し込み後、即日または翌営業日に
サポートデスクからご連絡をさせていただきます。

ご利用の流れ
必須お名前
必須メールアドレス
任意電話番号
任意依頼内容・希望
利用規約及び、個人情報保護方針にご同意のうえ、送信ください。

申し込み完了後、サポートデスクから
お電話またはメールにてご連絡させていただきます。

本サイトは、reCAPTCHAとGoogleにより保護されています。(プライバシーポリシー利用規約)
13年のマッチング実績。完全無料0円!