• マーケティング・PR
  • ブランディング

ブランディングとマーケティングの違いとは何か?


ブランディングとマーケティングの違いをきちんと理解していますか? ブランディングとマーケティングは根本的に全く違いますが混合されている場合が多いはずです。大まかに分類すると、市場を作り広げるのが「マーケティング」で、ブランドのイメージを 構築し理解させることが「ブランディング」なのです。

【 マーケティングとブランディングの定義 】

● マーケティング = 「相手に伝える」ための手法
● ブランディング = 「相手に理解してもらう」ための手法

ブランドの価値を消費者に認めてもらい、継続的な利益を得るには、「マーケティング」と「ブランディング」の両軸が必要です。このマーケティングとブランディング、双方の理解がないと、企業としての成功は望めません。しかし、その意味を正しく理解し適切に使い分けられている人は少ないでしょう。マーケティングは、マーケット、つまり市場と密接に関わっています。市場を開拓し、消費者への「認知度を上げていく取り組み」と言うことができます。一方で、ブランディングは企業から発信する「イメージアップへの取り組み」と言えます。マーケティングは「相手に伝える」ための手法で、ブランディングは「相手に理解してもらう」ための手法なのです。自己紹介がマーケティングなら好きになってもらう努力がブランディングと言えるかも知れません。

● マーケティングとは、売れる「仕組み」や「手段」を展開すること。
企業としての価値(商品・サービス)をどのように顧客に向けて伝えるかのためのプロセスです。どんな風にどのような内容を発信すれば確実に売れるのかを考えながら、商品の価値や魅力を多くのターゲットに向けて発信し、顧客の目に触れるようにしていくことです。

● ブランディングとは、商品やサービスの「価値」を顧客に認知させること。
企業と顧客の間に信頼関係を築くことで、市場における地位を築き上げていくことを目的としています。顧客が認めてくれる価値とは、企業や商品に対する強い信頼や安心でもあります。つまり、顧客の心の中や頭の中の「イメージ」と深く関係しているわけです。

❶ マーケティングの役割と効果

ブランディングは企業価値を向上させることを目的とし、企業の存在意義を定義するWhatの部分を担う一方で、マーケティングの役割は、企業の価値(商品やサービス)をどのように伝えるのかのHowの部分なのです。言い換えると、マーケティングは顧客へのリーチに直接関わるプロセスで決して本来のプロダクト自体の価値に影響を与えることはなく、そのプロダクトをどうやって見せるか、どうやって顧客に届けるか、どうやって潜在顧客を増やすかといった部分にフォーカスしたものです。市場をつくり、より多くの人々に伝えるのがマーケティングの役割なのです。そもそもマーケティングという言葉は、「Market(市場)」を動名詞化したものから来ている通り、市場を開拓するといった意味合いが強く、優れた製品や、企業の魅力をより多くのターゲット層に届けるのがマーケティングの役割なのです。

❷ ブランディングの役割と効果

消費者の心にイメージとして蓄積されていくブランドの価値。ブランディングは、企業価値向上に直接関わる。そして、ここでいう企業価値とは、金銭や数値では簡単にはあらわしずらい、無形の価値であり資産なのです。目に見えない、消費者の心と頭にイメージとして蓄積されていくもの、心理的な企業価値がブランドであり、企業イメージやプロダクトに付加価値を加えることで、消費者に対してその認識価値を上げることがブランディングの役割なのです。ブランディングが強い企業は、安売りは一切しなくても顧客の継続的な購買意欲が下がることはありません。

❸ ブランディングとはイメージを焼き付けること

ブランドの語源は“burned”、つまり「焼き付けられた」という言葉です。自分の家畜であることを示すために牛などに焼印を押していた習慣が起源となっています。時を経て、他のものと区別して自社の製品の価値を示すために、刻印として用いられるようにもなりました。そして、現代では、顧客の心に、イメージを焼き付けるために「ブランディング」という手法が用いられるようになりました。ブランディングは単なるロゴの作成やデザインではありません。商品の価値を示し顧客にそれを理解してもらう。魅力的な商品としての「イメージ」を顧客の心の中に焼き付けることが、ブランディングなのです。確かな「価値」を感じてもらえたブランドは、長く愛されるでしょう。

EDITOR PROFILE

株式会社チビコ

今田 佳司

代表取締役/クリエイティブディレクター

<略歴>

1973年、京都府生まれ。

1995年、大阪芸術大学美術学部デザイン学科卒業。

(株)アドブレーン入社、電通へ出向

(株)インターブランド ジャパンを経て

2009年株式会社チビコ設立

<受賞歴>

ニューヨークADC賞 銀賞/日経広告賞 グランプリ

日本産業広告賞 グランプリ/日経エレクトロニクス賞

毎日広告賞/札幌国際デザインコンペ入選

富山デザインコンペ入選



「経営としてのデザイン」

大切なのは「見た目」のデザインではない。いかに経営ビジョンを可視化し、具現化するかである。戦略的に構築されたブランドは、見る人にとってこれまでにない共感とロイヤリティをもたらします。しかし、本来のブランディングの意義はプロセスにこそあります。コンサルティングの過程で再発見する会社の存在意義、そして会社と社会、会社と社員のあるべき理想の関係性や姿は、デザインという具現化された資産とともに、大きな成果となるはずです。経営インパクトのあるブランディングを成功させるためには「企業理解力」がなによりも大事だと考えています。ひとくちに企業を理解すると言ってもそこには、市場環境やビジネスモデルなど経営を理解するためのビジネスセンス、そして社風や企業文化を直感的にとらえるための敏感なセンシビリティの両方が必要です。経営的視野をクライアントと共有しながら、ユニークで誰からも長く愛されるコミュニケーションをデザインすることがわたしたちの使命です。

すべての記事を見る

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。