• マーケティング・PR
  • ブランディング

ブランディングとマーケティングの違いとは何か?


ブランディングとマーケティングの違いをきちんと理解していますか? ブランディングとマーケティングは根本的に全く違いますが混合されている場合が多いはずです。大まかに分類すると、市場を作り広げるのが「マーケティング」で、ブランドのイメージを 構築し理解させることが「ブランディング」なのです。

【 マーケティングとブランディングの定義 】

● マーケティング = 「相手に伝える」ための手法
● ブランディング = 「相手に理解してもらう」ための手法

ブランドの価値を消費者に認めてもらい、継続的な利益を得るには、「マーケティング」と「ブランディング」の両軸が必要です。このマーケティングとブランディング、双方の理解がないと、企業としての成功は望めません。しかし、その意味を正しく理解し適切に使い分けられている人は少ないでしょう。マーケティングは、マーケット、つまり市場と密接に関わっています。市場を開拓し、消費者への「認知度を上げていく取り組み」と言うことができます。一方で、ブランディングは企業から発信する「イメージアップへの取り組み」と言えます。マーケティングは「相手に伝える」ための手法で、ブランディングは「相手に理解してもらう」ための手法なのです。自己紹介がマーケティングなら好きになってもらう努力がブランディングと言えるかも知れません。

● マーケティングとは、売れる「仕組み」や「手段」を展開すること。
企業としての価値(商品・サービス)をどのように顧客に向けて伝えるかのためのプロセスです。どんな風にどのような内容を発信すれば確実に売れるのかを考えながら、商品の価値や魅力を多くのターゲットに向けて発信し、顧客の目に触れるようにしていくことです。

● ブランディングとは、商品やサービスの「価値」を顧客に認知させること。
企業と顧客の間に信頼関係を築くことで、市場における地位を築き上げていくことを目的としています。顧客が認めてくれる価値とは、企業や商品に対する強い信頼や安心でもあります。つまり、顧客の心の中や頭の中の「イメージ」と深く関係しているわけです。

❶ マーケティングの役割と効果

ブランディングは企業価値を向上させることを目的とし、企業の存在意義を定義するWhatの部分を担う一方で、マーケティングの役割は、企業の価値(商品やサービス)をどのように伝えるのかのHowの部分なのです。言い換えると、マーケティングは顧客へのリーチに直接関わるプロセスで決して本来のプロダクト自体の価値に影響を与えることはなく、そのプロダクトをどうやって見せるか、どうやって顧客に届けるか、どうやって潜在顧客を増やすかといった部分にフォーカスしたものです。市場をつくり、より多くの人々に伝えるのがマーケティングの役割なのです。そもそもマーケティングという言葉は、「Market(市場)」を動名詞化したものから来ている通り、市場を開拓するといった意味合いが強く、優れた製品や、企業の魅力をより多くのターゲット層に届けるのがマーケティングの役割なのです。

❷ ブランディングの役割と効果

消費者の心にイメージとして蓄積されていくブランドの価値。ブランディングは、企業価値向上に直接関わる。そして、ここでいう企業価値とは、金銭や数値では簡単にはあらわしずらい、無形の価値であり資産なのです。目に見えない、消費者の心と頭にイメージとして蓄積されていくもの、心理的な企業価値がブランドであり、企業イメージやプロダクトに付加価値を加えることで、消費者に対してその認識価値を上げることがブランディングの役割なのです。ブランディングが強い企業は、安売りは一切しなくても顧客の継続的な購買意欲が下がることはありません。

❸ ブランディングとはイメージを焼き付けること

ブランドの語源は“burned”、つまり「焼き付けられた」という言葉です。自分の家畜であることを示すために牛などに焼印を押していた習慣が起源となっています。時を経て、他のものと区別して自社の製品の価値を示すために、刻印として用いられるようにもなりました。そして、現代では、顧客の心に、イメージを焼き付けるために「ブランディング」という手法が用いられるようになりました。ブランディングは単なるロゴの作成やデザインではありません。商品の価値を示し顧客にそれを理解してもらう。魅力的な商品としての「イメージ」を顧客の心の中に焼き付けることが、ブランディングなのです。確かな「価値」を感じてもらえたブランドは、長く愛されるでしょう。

EDITOR PROFILE

株式会社チビコ

今田 佳司

代表取締役/クリエイティブディレクター

<略歴>

1973年、京都府生まれ。

1995年、大阪芸術大学美術学部デザイン学科卒業。

(株)アドブレーン入社、電通へ出向

(株)インターブランド ジャパンを経て

2009年株式会社チビコ設立

<受賞歴>

ニューヨークADC賞 銀賞/日経広告賞 グランプリ

日本産業広告賞 グランプリ/日経エレクトロニクス賞

毎日広告賞/札幌国際デザインコンペ入選

富山デザインコンペ入選



「経営としてのデザイン」

大切なのは「見た目」のデザインではない。いかに経営ビジョンを可視化し、具現化するかである。戦略的に構築されたブランドは、見る人にとってこれまでにない共感とロイヤリティをもたらします。しかし、本来のブランディングの意義はプロセスにこそあります。コンサルティングの過程で再発見する会社の存在意義、そして会社と社会、会社と社員のあるべき理想の関係性や姿は、デザインという具現化された資産とともに、大きな成果となるはずです。経営インパクトのあるブランディングを成功させるためには「企業理解力」がなによりも大事だと考えています。ひとくちに企業を理解すると言ってもそこには、市場環境やビジネスモデルなど経営を理解するためのビジネスセンス、そして社風や企業文化を直感的にとらえるための敏感なセンシビリティの両方が必要です。経営的視野をクライアントと共有しながら、ユニークで誰からも長く愛されるコミュニケーションをデザインすることがわたしたちの使命です。

株式会社チビコのその他の記事

成功するブランドスローガンの条件とは

生活の中で見聞きすることの多いのブランドスローガン。しかし、そのフレーズは覚えていても本来の意味までは理解していないはずです。では、なぜ企業がこぞってブランドスローガンを作成し発信するのでしょうか?それは、企業がブランドの「理念」「ビジョン」などの考え方を、消費者にイメージさせることが目的なのです。つまり、「企業が消費者に伝えたいメッセージ」を直感的に伝える言葉なのです。ブランドスローガンは、別にブランドメッセージ、ブランドステートメントなどとも呼ばれますが意味や役割は全て同じなのです。 ブランドスローガンとは? ブランドスローガンとは、企業理念、ビジョン、事業内容を明確にし端的に表現した企業のキャッチコピーです。 展開としては、ロゴマークとセットで組み合わせてレイアウトし使用することが多いです。 ● ロゴマーク:視覚的に伝える役割 ● スローガン:文章として伝える役割 ブランドスローガンは短く分かりやすいことが重要 企業のイメージを端的に伝えることができるブランドスローガンは、とても大切な言葉です。 企業のビジョンや理念などを伝えるメッセージは、できるだけ短い文章で作成することが需要です。 企業にどのような意思があるのか把握することができるようになっています。 ブランドスローガンは顧客目線で発信する 企業が提供するブランドスローガンはたくさんあるのですが、企業のあり方を伝えるブランドスローガンを発信することによって、顧客に企業の存在する意味を素早く伝えることが可能なのです。企業のあるべき姿を伝える目的のブランドスローガンは、信頼感や安心感をアピールしたり、取り組む姿勢やチャレンジ精神を強調したりと正しく伝えることで企業にとって大きなメリットがあるのです。 良いブランドスローガンの条件 ● ターゲットが明確であること ブランドスローガンは、伝えたい相手に届かなければ意味がありません。そのためには、特定のターゲットを想定することが必要です。メッセージを届けたい相手を具体的にイメージし、そこからターゲットを絞り込みコピーを開発していきます。 ● ユーザー目線であること 企業のブランドスローガンは、一方的に思いだけを伝えるのでは消費者にメッセージは届きません。企業の想いや考えは、やり方を間違えれば、企業目線による理念の押し付けになってしまいます。ですのでメッセージを受け取るのは誰か? このことをしっかりと考え企業目線ではなく消費者目線で伝える必要 があるのです。 ● 理念やビジョンをイメージできること 企業のブランドスローガンを受け取った消費者は、そのフレーズを読んでどのようなことをイメージできるか?  そして、イメージを膨らませることができるかが重要なのです。 そのイメージは、人の心に届き記憶に残るのです。 【 詳細記事はこちらから 】 http://www.chibico.co.jp/blog/business/brand-slogan/

成功するロゴ作成の5つのポイント

ブランドの顔としてのロゴデザイン 企業と人を結び付けるブランドは大切なものです。しかし、大切なものであるにもかかわらず、ブランドは目には見えません。取引をした人にとっては、その企業のブランドの良さが分かるかもしれません。ただ、事前にその良さを伝えることができなければ、意味がありません。一方的な発信でしかないのです。そこで、デザイン、キャッチコピー、写真、イラスト、ウェブデザイン…様々な手段を用いて、企業の良さを表現します。その中でロゴのデザインは、イメージやメッセージを凝縮した企業の顔なのです。 ロゴデザイン作成時のポイント 【 ❶ シンプル 】 レオナルド・ダ・ヴィンチは、”シンプルである事は究極の洗練だ”と言いました。デザインにおいてシンプルである事はある意味完成形です。ロゴデザインに関しても同じで、シンプルである方が見た人に覚えてもらいやすく、脳がそのロゴデザインを感覚に変換しやすくなります。何度も変更が施されているロゴの場合は、その度にどんどんシンプルになってきています。これにはきちんとした意味があります。デザイナーがロゴデザインを行なう際の間違いの1つが、グラデーションやシャドー、過剰な数の色を使ってしまう事です。これ以上ないぐらいに削ぎ落としシンプルな方が良いロゴデザインとされています。 【 ❷ 独自性 】 完璧なロゴデザインは、独自性が高く唯一無二の存在です。仮に模倣者が現れたところで、オリジナルの独自性は損なわれません。完成度の高いロゴデザインは、細部にまでこだわったオリジナルの書体でデザインし、ブランドカラーも厳選したもので表現することで独自性を打ち出しています。独自性の強いなオリジナルなロゴをデザインするなら、前例のないことに挑戦するべきです。 【 ❸ 普遍性 】 ロゴのデザインがころころ変わってしまっていてはユーザーが混乱してしまい、企業のブランドイメージも定着しにくくなります。一方で、昔から同じロゴデザインで消費者に愛されているブランドは、普遍的なイメージ構築に成功しています。トレンドを追いかけたデザインは時代と共に陳腐化しますが、基本に忠実で無駄を極力排除した洗練されたデザインは、何年経ってもその魅力が色あせる事は無く普遍的な存在であり続ける事が出来ます。 【 ❹ 可読性 】 ロゴをデザインする時に最も気にしなければならないのが、それがどのように利用されるかという事です。名刺やWebサイトを始めとして各種広告、動画、ビルボード、新聞掲載、Tシャツ、ステッカー、カップケーキに至るまで、ロゴは様々なメディア上で利用される多面性を持ち合わせている必要があります。その為には過度な拡大や縮小、モノクロ低解像度での印刷にも耐えられる必要性が出てきます。それを考えればロゴデザインは自ずとシンプルで構成要素の少ないものになるべきなのです。 【 ❺ 再現性 】 WEB・紙媒体、カラー・モノクロ、サイズの大小等に関わらず、再現できるロゴデザインになっているかがとても重要です。例えば、ロゴを小さく表示すると一部がつぶれてしまたり、印刷で再現できないような色を指定している場合には、どれだけ素敵でカッコいいロゴデザインであっても無意味なのです。エフェクト処理としてドロップシャドウやグラデーション等は、よく目にする手法ですが、適切に上手く使用しコントロールできなければ、文字の可読性や造形性、再現性を大いに損ねてしまします。影は薄め、ぼかし幅や影の移動量が僅かであっても立体的な効果は得られます。主役を脅かす派手な処理はなるべくさけ、控えめなデザイン表現を心掛けるべきです。 [ 詳細記事はこちらから ] http://www.chibico.co.jp/blog/business/logo-design-point/

ブランド戦略に必要な考え方とは

ブランド戦略とは、商品やサービスを消費者に深く理解浸透させることで、企業力や商品力を向上させるためのブランディングの手法です。現在、多くの企業が自社のブランド力を高める必要があると感じています。では、その為には具体的にどのようなブランド戦略を行えば良いでしょうか。そもそもブランド戦略とは一体何なのでしょうか? [ そもそもブランド戦略とは何か?] ブランド戦略という言葉を聞いた事があるのではないでしょうか。では、ブランド戦略とは何なのでしょうか?そして具体的に何をする事なのでしょうか?ブランド戦略とは、ブランドを強化し、競合他社との差別化を明確にすることで企業や商品、サービスなどにおいて付加価値をつける戦略のことです。 [ ブランドの商品やサービスを購入する動機 ] ① 抱えている問題を解決したいという(問題解決の動機) ② 幸せになりたい豊かになりたいという(幸福のための動機) レストランに例えると、お腹がすいたので食事をしたいというのが前者です。もっと美味しい何かを食べたい、居心地のいい空間で幸せなひと時を過ごしたいというのが後者です。旅行で例えるなら、出張にいくのでどうしても移動しなければならないというのが前者で、美しい自然の中に旅行をして幸せな気分になりたいというのが後者です。 [ ブランド戦略立案の手法とプロセス ] ① ヒアリング 現状のブランドにおける課題や問題点をしっかりとヒアリング。同時に様々なケーススタディやアイデアを出し、担当者と共に検討する。 ② 現状の調査分析 「既存資料/過去データの分析」「リサーチやグループインタビューによる市場調査」「社内キーマンへのインタビュー調査」などを経て現状を客観視する。 ③ 課題と問題の抽出 お客様からのヒアリング内容と調査分析の結果から、現状の課題を明確する。解決するべき問題点と伸ばすべき強みを把握しブランド戦略立案のための材料にする。 ④ ブランド戦略立案 競合企業(ブランド)に勝つために自社ブランドの強みを活かし、消費者にとって価値あるものを提供するためのブランド戦略を策定し最適な方向性を提示する。 [ まとめ ] 時代が変化し、メディアもターゲットのライフスタイルも変わってきました。そんな中でターゲットの若返りをうたっている企業も多く見られます。しかし、そういった企業の多くは、若い人が好む雑誌に広告を出したり、Facebookに公式アカウントを作る程度の表面的なアプローチにとどまっています。本当の意味で興味や関心を持ってくれるようなコンテンツを世に出すことは、大変なことなのです。しかし、ターゲットにメッセージを届け、評判を獲得したいのであれば時にはブランド戦略の見直しも必要なのです。 [ 詳細記事はこちらから ] http://www.chibico.co.jp/blog/business/branding-brand-strategy/

すべての記事を見る

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。