ご利用者様の声

User interview

発注事例 発注会社×制作会社インタビュー

初めての発注でも、信頼でき、熱意をもって対応いただける制作会社を見つけることができました。

株式会社ジェルコミュニケーション×
株式会社テックウィザード

株式会社ジェルコミュニケーション様より、省エネ(コスト削減)事業会社の業務効率化のためのシステム開発に関するご相談をいただきました。本件は既に納品まで終了し、追加の機能改修も行っております。

完成したシステムに触れる社員にとって使いやすいものにしたいという思いのあるジェルコミュニケーション様は、その思いを汲み取って提案・開発を行ってくれるテックウィザード様に本件以外にも別案件のご相談も行っており、「システム会社といったらテックウィザードさん」と仰るほど、良好な関係性を築いていらっしゃいます。
ベストマッチとなった両社に、リカイゼンをご利用いただいた経緯や受発注時のエピソードについてお伺いしました。

株式会社ジェルコミュニケーション 伊藤様 株式会社テックウィザード 梶山様
株式会社ジェルコミュニケーション 伊藤様 株式会社テックウィザード 梶山様

発注会社 ジェルコミュニケーション様へ質問

−リカイゼンにご相談頂く前は、どのような方法で発注先選定を行っていましたか?

伊藤氏普段はサイト検索で探しています。今回の相談も当時サイト検索で一部探していました。私自身、長年営業をしていたのでExcelの知見がない状態でいざ相談先を探すとなっても、サイト検索で見つけた情報から「お願いして開発してもらえるのか」「どのように対応してくれるのか」などが分からず、選定にも時間がかかりそうでした。

−ホームページを見分けることも一苦労ですよね。リカイゼンをご利用いただいた経緯についてお伺いできますか。

伊藤氏たまたま弊社の代表がリカイゼンを見つけて教えてくれました。僕自身はマッチングサービスを使用したことがなかったので、教えてもらったサイトを見て、探す手間が省けて一気に面談まで行けるのであれば、楽だなと思って問い合わせしました。実際問合せてみたところ、本当にたくさんの企業様からエントリーが集まりましたね。

−今回の「業務効率化」についてもご相談されることになった経緯を教えていただけますか?

伊藤氏弊社では、クライアントに対して省エネの提案を行っています。その中でも照明の電力を削減する提案を行うにあたり、建物の調査から提案企画や提案書制作の業務において、非常に工数がかかっているため効率化したいと考えていました。

当時自社で組んでいたExcelマクロもボリュームが大きく、ファイルの動作が遅くなってしまい、実業務にも影響が出始めていたため、手法にこだわらず「効率化」の観点で解決したいと思って、相談先の企業様を探し始めたんです。

株式会社ジェルコミュニケーション 伊藤様
株式会社ジェルコミュニケーション 伊藤様

−募集時のサポートデスクによるヒアリングはいかがでしたか?

伊藤氏サポートデスク担当の方はとても話しやすかったです。ご相談させていただいたタイミングでは、漠然とクラウド化などを視野に入れているものの、具体的な解決策が見つかっていなかったので、まずはプロの開発会社に相談したいという旨を伝えました。

サポートデスクの方が、弊社の現状や相談内容はもちろんですが、そのような思いの部分も意訳して募集文章にまとめてくださったので、相談したいと思える企業様が複数見つかったと思います。

−ありがとうございます。当時20社程度のエントリーに対して6社程度お打合せに進ましたが、どのように進められましたか?

伊藤氏まずは、6社それぞれ個別の面談を行って、こちらの意向を伝えさせていただきました。それから、各社様より提案書などをまとめていただいて依頼先の選定を行いました。

提案内容は、Excelマクロ開発でのご提案や独自システム開発のご提案などを幅広くいただきました。私自身がソリューション営業を行っていたので分かるのですが、こだわりを持った提案をする会社様や場合分けして複数提案される会社様など、様々な手法で提案してくださいましたよ。

−テックウィザード様にご依頼された決め手を教えてください。

伊藤氏お打ち合わせ時のナチュラルなコミュニケーションと制作物のイメージが掴めるものの提出があったこと、そしてご代表(梶山様)の情報が検索でたくさんヒットしたことによる安心感の3点です。

リカイゼンさんを経由してエントリーくださった会社様のサイト等を確認した際、テックウィザードさまは梶山さんが積極的にSNSやメディアに発信をされていたので、会社のイメージや梶山様の人柄を想像することができました。サイト上に代表者さんの写真がないことは多いと思いますが、そのような人柄がわかるようなコンテンツを事前に見ていたのでお会いしたときのギャップも少なく、スムーズにコミュニケーションを取れたのではないかと思います。

また梶山さんご自身があまりエンジニアっぽくないと言いますか、営業担当の方のように「何を作りたいのか」「何を解決したいのか」という根本的な部分を深掘りしてくださいました。提案書提出の前段階から終始堅苦しさがなく、提案時にも各社が紙ベースの提案書を提出される中で、梶山さんは先んじてモックを持ってきてくださりました。最初は驚きましたが、モックを通じて自分たちが求めている理想を想像することができて、最終的に依頼するイメージをもつことができました。先回りした提案が弊社にとってちょうど良い提案になっていたと思います。


開発会社 テックウィザード様へ質問

−今回、本案件にご提案をされようと思われた理由と意識していたことを教えてください。

梶山氏まずは、弊社が得意とする領域であったことです。リカイゼンは受注を目指す開発会社にとって、最初の接点を作るサービスですよね。だから自社で対応できる相談内容だと思った場合にはすぐにエントリーしていました。

直感的にですが、発注者目線に立った時にエントリーの早い会社の方がモチベーション高く取り組んでくれるという印象を持ってもらえる気がしていました。また、発注者さん自身も最初に相談をしたタイミングというのが一番「相談したい」というモチベーションが高いのではとも思っていたので、早めにエントリーするというのは重要視していましたよ。

−結果的に人気の高い案件となりましたが、梶山様がお打ち合わせ以降の提案時に心がけられたことはありますか?

梶山氏親しみやすいコミュニケーションと、先読みした提案です。今回は人気があった分、自社のアピールと同時に「発注者側の決め手」がどこになるのか考えて取り組んでいました。

今回、発注者側が発注するイメージを持てるかどうかが鍵になるとオリエンテーションで感じたため、2度目の提案時にモックも持っていて担当者様が想像しやすいようにしました。実際には驚かれていましたが、さっきの伊藤様のお話から察するに上手くいきましたね(笑)。
モックを作ろうとまで思えた理由は、伊藤様を筆頭に、今回の企画に対する熱い思いが見えたからです。オリエン時に、常に完成後のシステムを使用する当事者の方が使いやすいシステムであることを重要視されていたので、自ずとモックを提案しようと決断しました。

株式会社テックウィザード 梶山様
株式会社テックウィザード 梶山様

発注会社 ジェルコミュニケーション様へ質問

−依頼先が確定してからは、どのように開発が進行してきましたか?

伊藤氏今回は、アジャイル開発で徐々に修正しながら開発を進めていく方針だったため、着手して最初の頃は、週に1・2回程度ミーティングを行って確認していました。その後は、随時開発を行うごとに、適宜ミーティングを設定して進捗状況や使用感の変更、追加の要望等を相談していました。梶山さんが、ミーティング内容を踏まえて別日に課題の解決方法を噛み砕いて説明してくださったり、付随する新案の提案をしてくださったりしていたので、大変助かりました。

今回の依頼が終了してからも弊社の別部署の案件を依頼したりなど、会社全体で「システム会社といったテックウィザードさん」となるくらい、大切な依頼先になっています!


開発会社 テックウィザード様へ質問

−開発全体を振り返ってみて、いかがでしたか?

梶山氏やはり、コミュニケーションの総量とユーザー視点に立って開発するが重要だったと感じています。本件に限らずですが、システム開発に慣れていない担当者様は、業務を解決したいなどの気持ちはあるのに、伝えるべき情報や具体的な解決方法が分からずに言えないままになることもあります。
また反対に、システム開発会社もユーザーへ隅々までヒアリングできていないまま開発会社側で想像したものを作ってしまい、ユーザーの要望とマッチしていないということもあります。

そのようなすれ違いをなくして、効率よく、よりよい解決策を見つけるには、砕けた会話の中で「何を作りたいのか」を本音で話してもらうことが大切だと思っています。今回は伊藤様自身の「伝える力」もすばらしかったため、開発に関して率直な意見を言い合える関係性でいられたため、良いシステムを作り上げられたと思っています。


リカイゼンサポートデスクのコメント

今回の2社のように、発注側・受注側の片方だけがシステム開発に徹するのではなく、双方向に「何を作りたいのか」「自分たちが何者であるか」「何を達成したのか」といった基本的な部分を正直に伝え合える関係性を築くことが、自社にフィットした納品物を作り上げる上で重要だと思います。

特に業務効率化等のシステム開発は、開発が長期に渡ることもあるからこそ、今回のように目指すべき目標を共有して話し会える関係性が大切ですね。

リカイゼンサービスとしては、「出会えてよかった」と思ってもらえる出会いを提供できるように今後もサポートしていきます。

PROFILE

株式会社ジェルコミュニケーション 様
株式会社ジェルコミュニケーション ロゴ
株式会社ジェルコミュニケーションは、電子ブレーカーの販売・施工業務、エコ照明の販売・施工業務などを法人向けに行っております。「省エネ・省コスト」のみならず、「安心・安全」のドメインまで領域を広げ、日々「顧客のために何が出来るか」を自問自答する集団として、顧客の設備活用・付加価値提案のできる企業を目指しております。

株式会社ジェルコミュニケーション(ホームページ)
http://www.jel-com.com/
株式会社テックウィザード 様
株式会社テックウィザード ロゴ
株式会社テックウィザードは、東京都にあるWebサービス開発やアプリ開発、IoT関連開発、クラウドを活用した最新のWeb系技術から組込までをマルチに対応できる開発会社です。店舗事業会社の中で様々な課題解決を社内で直接的に行ってきた多くの経験から、「なぜその課題が出てくるのか」「その解決方法は最適か」も含めて、業務フローや問題点を理解したうえでの本質的な課題解決ができるご提案を心がけております。
株式会社テックウィザード(PRページ)
株式会社テックウィザードホームページ

まずはお気軽にご相談ください。
サポートデスクがお電話でサポートいたします。

サポートデスクに 無料で相談する

一括見積もりはこちらから

見積もり依頼や発注先探しのご依頼のほか、
依頼に関するご質問なども
お気軽にお問い合わせください。

お申し込み後のフロー
お急ぎの方はお電話で
03-6427-5422 電話で一括見積もり 03-6427-5422 ※サポートデスク直通(平日10:00〜18:30) ※サポートデスク直通(平日10:00〜18:30)
必須お名前
必須メールアドレス
必須電話番号
必須会社名
任意依頼内容・希望
利用規約及び、個人情報保護方針にご同意のうえ、送信ください。

申し込み完了後、サポートデスクから
お電話またはメールにてご連絡させていただきます。

本サイトは、reCAPTCHAとGoogleにより保護されています。(プライバシーポリシー利用規約)