BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

concur(コンカー)とは?|詳細や評判などを解説!

目次

concur(コンカー)とは?|詳細や評判などを解説!

Concur(コンカー)は日本で売上NO1、世界でも6600万人が利用する世界的に有名な経費精算システムです。

日本では現在、1000社以上もの企業から利用されており、ファーストリテイリンググループやサイバーエージェント、NECなどの名だたる大企業も利用しています。

Concur(コンカー)多くの企業が、保管・輸送コストの削減や従業員などの税務担当局による監査における手間の削減などの、領収書の電子化などの従業員の経費生産にまつわる業務の効率化を図ることが出来ます。

Concurは元々、アメリカワシントン州にConcur Technologies,Inc.に創業し、初期の頃はフロッピーディスクでインストールをする経費精算システムを販売していました。

2000年頃からクラウド化にシフトチェンジしていき、2014年にはSAPの傘下に入ったため、現在は「SAP Concur」のブランドを使用しています。

今回はそういった世界的な経費精算システムであるコンカーを発注先選定にて活用企業実績累計12000社のRekaizenが紹介いたします!
(本記事は2021年2月時点の情報を元に作成しております)

経費精算ツールに関するシステム開発企業をお探しなら
リカイゼンにお任せください!

リカイゼンではITにおける様々な問題に対してお手伝いをしております。
経費精算ツールに関する開発企業探しや、おすすめの会社のご紹介、一括見積もり比較など完全無料でご利用いただけます。まずは気軽にお問い合わせくださいませ。

お電話でのご相談は 080-7948-5770
受付時間:平日10:00〜18:30

【Overvie】Concurは様々な機能を備えた万能な管理システム

Concurは

Concur Expense 経費精算
Concur Invoice 請求書精算
Concur Travel 出張管理

の3つのサービスを提供しており、非常に対応領域が広いことが特徴です。
これらのサービスを自社の業務に合わせて、導入をすることで、請求業務の効率化が見込め、現場や経理担当の負担を軽減することができます。

Concurのメリット

本章では、Concurを導入することで得られるメリットをご紹介します。

UI・UXが非常に優れている

Concurは2015年にグッドデザイン賞を受賞した経験もあり、非常にユーザーからみて分かりやすいUI・UXが特徴です。

複雑な経費精算・請求書業務などを非常に優れたインターフェースで簡単に操作することが出来ます。

様々な言語・通貨に対応している

Concurは世界中で利用されいてるサービスであるため、日本語以外にも英語やフランス語など様々な言語での入力が可能です。

例えば、海外に支社がある企業で日本の本社と使用するツールを統一したい場合や、外国人労働者が多い企業などは、使い勝手がいいサービスであると言えるでしょう。

更に言語だけでなく、通貨も世界中に対応しているため、クラウド請求サービスに求める必須の機能がしっかりと備わっています。

世界で6600万人が使用している安心感

Concurは世界的に6600万人が使用しており、国内でも経費精算システムで売り上げトップのサービスです。

更に、一度導入した企業の99%は継続する高い顧客満足度が大きな魅力です。

ぐるなびやじゃらんなどの外部サービスとも連携しているため、手軽に経費精算が出来ます。このような手軽さから国内外で高い信頼を得ています。

面倒な経費入力の作業を削減

ConcurExpenseを使用することで、以下の3つの機能で従業員の経費入力の作業を大幅に短くすることができます。

1.コーポレートカードの利用履歴を自動経費登録
2.SuikaやPASMOなどの利用履歴を登録可能
3.スマホから簡単に経費精算できる

システムの信頼性が非常に高い

Concurはセキュリティー対策において第三者機関からの認証を得ており、高い信頼性を持っているシステムです。

ISO 27001(ITセキュリティ管理業務の世界標準)やISO 20000(ITサービス管理業務の世界標準)などの規格にも対応しています。

実際にConcurExpenceは一般的にセキュリティ水準が高いと言われている大的金融機関でも導入されています。

Concurの機能・料金プランは?

Concurは現在、Concur Expense 経費精算、Concur Invoice 請求書精算、Concur Travel 出張管理の3つのサービスを提供しています。

料金はどの程度、機能をつけるかによって変わってくるため、詳細な見積もりを知りたい場合は、公式サイトで問い合わせてみると良いでしょう。

コンカー公式サイト/お見積もりフォーム

Concurを導入すべき企業とは?

では、実際にどういう企業であれば、Conkerを導入すべきなのでしょうか。

旅費などの経費のデータを分析したい企業

Concurには経費の申請・支払状況などをログとして保存し、それを自動で統計データとしてグラフなどにまとめる機能があります。

使用した経費全体を把握することで、現状の経費の見直しやプロジェクトにかける予算なども改めて戦略的に設計することが出来ます。

移動や出張の頻度が高い企業

Concurは従業員の出張や移動などを一括で管理することができるサービスです。

実際に出張の際のホテルの選定から航空券の手配までを行うことが出来、いくつかのサービスを利用したときに起きる水増しや入力ミスをなくすことが出来ます。

そのため、経費精算の入力の時間や手間が削減できます。

社内ルールが多い企業

Concurは社内ルールなどを細かに設定することが出来る点が大きな魅力の一つです。

サプライヤーや金額ごとにフローを変更することが出来ます。

例えば、1000円の申請に対して毎回、役職者に承認を必要とした場合、決して効率が良いとは言えません。

そのため、1万円以上などのf一定の金額を超えた場合にのみ承認のフローを適応すると設定をすれば、結果的に請求書プロセスの効率化を図ることが出来ます。

導入事例

ここでは、Concurの公式サイトを参考にConkur導入企業の実際の事例を紹介します。

実際の声を聞いて、自社にあってるかどうか判断する材料にしてみてください。

事例①全世界・全ブランドで経費処理の統制を6ヶ月で実現!

ファーストリテイリング株式会社 業種:製造、小売

Concur導入前の課題

2010年に経費精算含め、グループで統一した管理を行うことを目指した。

しかしながら、実際の業務に合わせてアメリカ系企業のパッケージソフトをフルカスタマイズした結果、安定したシステム管理ができるメリットがある反面、要因の確保やサーバ強化を自社で行う必要があり、非常に大きなコストがかかる問題があった。

Concur導入後の感想

導入当初は、アメリカでのトランザクションが遅いという課題があったが、ブラウザのバージョンアップとチューニングによってすぐに解決をすることが出来た。

これ以外はほとんど問題はなく、ストレスなしの作業及びに業務効率化に成功し、非常に満足している。

事例②Concur Travelの導入によって間接材集中購買で間接費の適正化を推進!

オムロン株式会社 業種:FAシステム事業、電子部品事業など

Concur導入前の課題

同社は2003年から旅行代理店の集約を行っていたが、実態は効率的とは言えなかった。

会社対会社の契約は結んでいるものの、依頼・納品などは支店ごとのやり取りになっており、発注は各庶務担当の手作業であったため、時間や手間がかかり、ミスの発生に対する対策も万全とは言えなかった。

Concur導入後の感想

Concur Travelは出張予定者が自ら検索して適切な瓶を選択すれば終了であり、たった数分で終わるため、手間もかからないため、旅行代理店の手数料も削減することが出来た。

今後は、ConcurExpenseの導入を検討し、経費の可視化を図ることが、今後の戦略的購買の加速に繋がると考えている。

まとめ

今回は、世界的に有名な経費精算システムであるConcurについて、機能やプラン、導入企業の事例などについて紹介させていただきました。

こういったサービスを導入するときは必ず、自社の業務フローを一度棚卸しした上で、実際にどのくらいのコスト削減が見込めるのかについて考慮した上で検討した方がいいでしょう。

「経費精算ツールの導入を考えているけどどのツールを使えばいいか分からない」
「何個かのツールを比べてから導入を決めたい」

こういったお困り事があれば、お気軽にリカイゼンにご相談ください。
リカイゼンではITにおける様々な問題に対してお手伝いをしております。
お気軽にお問い合わせくださいませ

DX支援開発(AI、IoT、5G)依頼先探しなら、
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社をご紹介いたします!

かんたん3ステップ
お急ぎの方はお電話で 080-7948-5770
※サポートデスク直通番号
受付時間:平日10:00〜18:30
上記お電話が繋がらない場合はこちらまで
080-7948-5480 / 080-7948-5807

DX支援開発(AI、IoT、5G)依頼先探しでこんなお悩みはありませんか?

お悩み
  • 会社の選び方がわからない
  • 何社も問い合わせるのが面倒くさい
  • そもそも依頼方法がわからない
  • 予算内で対応できる会社を見つけたい

発注サポート経験豊富な専任スタッフが
あなたのご要望をお聞きし、最適な会社をご紹介いたします!
ご相談から会社のご紹介まで全て無料でご利用いただけます。
お気軽にご相談ください!

DX支援開発(AI、IoT、5G)依頼先探しなら
リカイゼンにおまかせください!

相談するだけ!プロがあなたにぴったりの会社を無料でご紹介いたします!

サポートデスク

まずはご質問・ご相談なども歓迎!
お気軽にご連絡ください。

DX支援開発(AI、IoT、5G)の関連記事

クラウド会計ソフトfreeeとは?|詳細や評判などを解説!

クラウド会計ソフトfreeeとは?|詳細や評判などを解説!

freee(フリー)はクラウド会計ソフトと呼ばれる、会計ソフトの一種です。 Google出身の佐々木大輔氏が創業したfreee株式会社が販売しているサービスです。 freeeは確定申告や日々の経理業務などをまとめて効...

concur(コンカー)とは?|詳細や評判などを解説!

concur(コンカー)とは?|詳細や評判などを解説!

Concur(コンカー)は日本で売上NO1、世界でも6600万人が利用する世界的に有名な経費精算システムです。 日本では現在、1000社以上もの企業から利用されており、ファーストリテイリンググループやサイバーエージェント...

【10分で分かる】自動運転とは?|自動運転社会実現に必要なこと

【10分で分かる】自動運転とは?|自動運転社会実現に必要なこと

最近、テレビや新聞などのメディアで自動運転が取り上げられるケースが増えてきました。 ただ、自動運転についてしっかりと理解をしている人は少ないのではないでしょうか。 そこで、今回は、自動運転とはどういったものなのかにつ...

【10分で分かる】ITによって変わる農業の未来

【10分で分かる】ITによって変わる農業の未来

テクノロジーの発展が急速に進む昨今、様々な領域でITの活用が進んでいます。 農業分野においてもアグリテックという文脈でIT化が進んでいます。 今回は私達が生きて行く上でなくてはならない野菜や穀物を育てる農業分野におい...

【10分で分かる】AIによって医療業界どうなる?

【10分で分かる】AIによって医療業界どうなる?

テクノロジーの発展が進む中で、様々な領域でAI技術の活用が進んでいます そんな中でも医療業界は法や倫理などの様々な障壁が存在しているため、他の分野に比べ中々参入が難しいと言われています。 そういった問題と折り合いを上...

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

一括見積もりはこちらから

見積もり依頼や発注先探しのご依頼のほか、
依頼に関するご質問なども
お気軽にお問い合わせください。

お申し込み後のフロー
お急ぎの方はお電話で
080-7948-5770 電話で一括見積もり 080-7948-5770 ※サポートデスク直通(平日10:00〜18:30) ※サポートデスク直通(平日10:00〜18:30)
上記お電話が繋がらない場合はこちらまで
080-7948-5480 / 080-7948-5807
必須お名前
必須メールアドレス
必須電話番号
必須会社名
任意依頼内容・希望
利用規約及び、個人情報保護方針にご同意のうえ、送信ください。

申し込み完了後、サポートデスクから
お電話またはメールにてご連絡させていただきます。

本サイトは、reCAPTCHAとGoogleにより保護されています。(プライバシーポリシー利用規約)
13年のマッチング実績。完全無料0円!